りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月

ひさびさ


またしてもとっても間があいてしまった。
あんなに毎日書いていたのがうそのようだなー。
最近は本と落語のブログの方を週に一回更新して、あとはtwitterでくだらないことをだーだー垂れ流している感じ。
twitterはずいぶん昔からやっているけどここ数年なんか妙に好きになってきてしょっちゅう見てる。見たくないものがリツィートで流れてくることもなくはないけど、基本的には自分が好きな人をフォローしているので、ばかばかしいつぶやきがほとんど。
仕事でいらっときたり、政治のことで不安な気持ちにかられたとき、そういうばかばかしいつぶやきを見ると、思わず力が抜けてぷぷっと吹き出してしまう。これがほんとにありがたい。
性格的に何か少しでも嫌なことがあるとそれが頭から離れず悶々としてしまう性質だけど、もうできるだけそんな風にならず気楽にほよっと生きていきたい。
無責任だとかなんとか言われてももういいんだー。

で、久しぶりなので近況。

・すみれ、デビューが決まる。
・ずいぶん昔から投稿をしていたけれど、夏休みに投稿した作品で賞をとり、デビューということに。
・本人、デビューを目標にしてきたけれど、いざデビューが決まってみると、そこがゴールではないということをはっきりと知り、喜んでいたのは2日程度であとはなんかずずーんと暗くなっていた。
・まずは増刊号にデビューが決まった作品が載るのだが、その後誌面に載るかどうかは毎回コンペになるらしい。
・本誌に連載が載るような漫画家はごくわずか。そこで人気が出て単行本が出るようになれば一人前だけど、そこにはいたらず消えていく人が多いのだという。
・前はデビューが目標だったので、カフェとかで働きながら漫画書いてデビューを目指す、なんてことをほよっと言っていたのだが、いざこうなってみると、こんな不安定な状態でフリーターはむしろしんどいかも、と気づいたらしく、今は「ちゃんと就職したい」と言うように。
・美術系の大学には行きたいけど、その中でも比較的就職率のいいところに入りたい、と言っている。
・しっかりしてるんだかいないんだかわからないけど、まぁとにかく漫画はずっと続けていてずっと大好きで頑張ってるから、その情熱が消えないうちは頑張れ~と思う。
・この間、デビューのお祝いに担当さんがフランス料理に連れて行ってくれたらしい。
・豪華メニューも大好きなデザートも緊張のあまり全く味が分からなかったらしい。
・担当さんから漫画家の心得のようなことをあれこれ言われ、ますます「ひぃーーー」となっていた。
・結構現実的なことを言われていてきびしいのう…と思ったが、本人はそれに引くことなくやる気になっているからまぁよかった。

・ひばりも就職が決まり、春からついに社会人。
・そこの会社では社風に慣れるためにというのでバイトを奨励されているのだが、なにもそんなにまで働かなくてもいいのではというぐらいシフトを入れている。
・ようやくキャンプの方は後輩に譲ったのでこれで少しはゆっくりできるのかと思ったら、暇さえあればバイトに入り、空いてる時間はアイドルの追っかけをし、キャンプも手伝いに行き…で、全く家にいない。
・まあこの人は家にいるときはほんとに打ち上げられたトドのようにソファーにどべーーーっと寝そべって部屋も散らかしほうだいお菓子も食い散らかしほうだいなので、いっそ出かけていてもらったほうがいいといえばいいのだが。
・働いて少しお金が貯まったら一人暮らしをしたいとも言っていて、寂しいなぁというきもちと、その方がいいのかもなぁというきもち、両方。

・子どももどんどん手がかからなくなって、これで家を出て行ったりすると、保育園だ学童だ学校の役員だと振り回されていたのが嘘のようだなぁ…。
・私よりも旦那の方が燃え尽き症候群になりそうだなー。大丈夫か。
スポンサーサイト
【 2017/11/23 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

健康診断

今回は今まで行っていた健診センターではなく、オフィスのあるビルの中にある健診センターに変えてみた。
どちらかを選ぶことができたのだが、総務さんから「ビル内の方が設備も新しくて機械も最新」と聞いたので、ほとんどの人がこのビル内の方を希望したようだ。

入ってみると、ぱらららら~ん♪ とてもきれいな室内。静かにクラッシックが流れ、私の他に人もいない。
なんかセレブな雰囲気ね!
更衣室で囚人服に着替えてインフォメーションへ。
受ける人が少ないのでほとんど待つことなく、検査から検査へと流されていく。

お腹の超音波で「今まで超音波の検査を受けて何か言われたことがありますか」。
ええ、なんですか、どこかに脂肪が膜を張っていて、悪性じゃないから今のところは何もしなくてもいいけど経過観察って言われて、何回かMRI受けてたけどここ数年めんどくさくて受けてないです。
ええと。どこだっけ。肝臓だったかな。

「肝臓ですか」
ちょっと驚いた風だったので、え?あなたあんまり知識ないんじゃない?なんて思いながら検査を受けていてしばらくして思い出した。
「あ、肝臓じゃなくて腎臓でした」
「ああ、腎血管筋脂肪腫?」
「そんなだったかな」
「右ですか左ですか」
「どっちだったっけ…」
「大きさは何センチぐらいですか」
「あら…映らないですか?もしかしてなくなった?」
「いえそうではなく」

…だめじゃん。
やっぱり来年こそまたMRI受けに行こう。
って昨年もそう思ったんだけどな。

マンモではいつものようにもともと薄い胸を引っ張られ挟まれぎゅうぎゅうに押しつぶされ、イタイ~。

バリウムではちょっと油断して最初に飲む小さいやつをゆっくり飲みすぎて「げふ」となりそうになり、「スピードつけて飲んでください」と言われる。
その次のコップに入った白いやつはいつもの(ビールの)要領でゴクゴク飲んで「いいですね!」と褒められる。
右に回って左に回って二回右にぐるっと回って…るうちに、右も左もわからなくなるのはいつもの通り。

問診をうけるために廊下を歩いているとモソ男とすれ違い「おっ。ちわ!」と言われ、待合所に行くとNくんとも会う。モソ男は想定の範囲内だったけどNくんもいるとは思わなかったわ…。
もういいや、どうでも(←すぐにどうでもよくなる)。

笑ったのが肺活量の検査。
長く息を吸って長く吐くのと、一気に吸って勢い付けて吐く、っていうのをやらされたんだけど、担当のお姉さんが「はーーーい、すってーーーーーーーーー!!!!もっともっともっと!吐くーー!ぷはーーーーーーっ!!!!まだ吐けるまだあるまだまだ!」
「ろうそくの火を一気に1本消すつもりではいっ!ぶーーーーーーーーっ!!!!」
ものすごい本気で掛け声をかけてくるのでおかしくておかしくて。笑いをこらえるのに必死だった。

結局2時間ちょいで終了。
同じビル内だからすぐにオフィスにも戻れて楽ちん。
来年もここで受けよう~。

あ、でも一つだけ不満なことがあったんだ。
それは…「はかりが悪い」。
体重も腹回りも…家ではかったのと同じ、正確だったのがね…。
前のところは体重は少し少なめにはかってくれてたのよ。そこがちょっと残念だった。

【 2017/09/30 (土) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

健康診断前夜

社内スケジュールをチェックしたら、明日の健康診断、同じ時間帯にモソ男も受けることが判明した。

健康診断では、そこのセンターに用意された囚人服のようなガウンを着ないといけない。
あの恰好で会社の人に会うの、いやだなぁー。
しかもモソ男とはよく喋る仲だからな…。これが今年の新人男子とかなら「あなたなんて知らなくてよ」というふりもできるけどさー。

そういえばずーっと前に健診センターでボスと一緒になったこともあって、あれも最悪だったなぁ。
先に私の方が気が付いたから、見つからない場所をキープしようと思っていたら、名前呼ばれちゃって…。変なテンションで「おっはよーございます」とあいさつしたんだよな。

なんてことを旦那に朝話したのだが、「ふーん」と鈍い反応。
「だってさ。レントゲンとかもあるから下はパンツ一丁だよ。ノーブラだよ!」と言ってもまだ反応が薄いので「手ブラだよ!こんなだよ!」とやって見せたら、ぷはっ!!と吹き出して朝ご飯が鼻に来た!と苦しんでいたから、いい気味である。
ぶわははは。

※ここから下はババチイ話なので、食事中の方は読まないほうがよいです。


で、健診には検便があるので、それを取らなくちゃならない。
いつも会社でいたしているので会社で取ろうと思っていたら、おととい午後にもよおしたので、いざ取らん!と容器を持ってトイレへ入り、個室でいたした後、採取しようと立ち上がったら、なんとセンサーが反応して勝手に流しやがった!
おいっ!よ、余計なことを…!

その反省をいかして、昨日もよおしたときは、センサーに気が付かれないように、立ってないですよーまだ座ってますよーと見せかけながら非常に無理な姿勢で採取…。
やりづらいわ!

便利なようで不便ですわね…。
【 2017/09/28 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

海パンくん

新入社員の海パンくん(新人歓迎会の時、海パンになってその肉体美を披露)、結構なイケメンなのだが、天然というか無邪気な子で、非常に母性本能をくすぐるタイプなのである。
この間、休憩室にコーヒーをいれに行くと、海パンくんが誰かのおみやげのビッグアポロチョコを食べていた。
ショールーム2号さんが「おいしかった?」と聞くと、海パンくん満面の笑みで「おいしかった~!!」。
か、かわいい…。なんやその無邪気な笑顔は。
思わず私も「よかったね…」と声をかけてしまった。

彼がいなくなってから2号さんと二人「ほんとにかわいいよね」「なんかざわっときますよね。この気持ちはなに?みたいな」と語り合ってしまった。

***

キャンプも終わって「これからはいっぱいバイトしていっぱい遊ぶぞー」と宣言したひばり。
その言葉通り、就職先の会社のバイトに行ったりしゃぶしゃぶ屋のバイトに行ったり。
バイトのダブルヘッダーもしていて、ほんとによく働きよく遊び…なのだなぁ、と感心する。

高校生の時からやっているしゃぶしゃぶ屋のバイト。
もう5年以上続いているので、バイトのランクもかなり上がり、ついに「売上金を銀行に持って行ける」「店のカギを開ける」ランクまできたらしい。
「でももう終わりだし、その権利は放棄したよ」と言っていたけど、まぁよく続いたもんだよなぁ…。
私も高校生の頃からかなりバイトはやっていたけど、私はほんとに長く続かないほうで…唯一4年間続けられたのは珍味の袋詰めのバイトだけ。
ケンタッキー(バイトのテンション高すぎ)、パン屋(パワハラ店長)、おさわり喫茶(おさわり専用の喫茶店なわけじゃなく、普通の喫茶店だけどマスターがおさわりしてくる)、コンビニ(男子大学生ばかりでやけにもてた)、ステーキハウス(サークル気分)、中華料理屋(店長がドケチ)、…など1年以上続いたバイトはなかったんじゃないかなぁ…。

私の場合は、客商売は向かないなぁとつくづく思ったので、この仕事(SE)を選んだのだった。
SEならコンピュータと向き合えばいいんだろうと思ったら大間違いで、実際にはお客さんとかチームメンバーとか協力会社とか…人にもまれることが多かったけど、でも合わない向かない言いながらここまで続けてこられたんだから、まぁいい選択だったんだろう。

ひばりはどうかな。
楽しく働けるといいな。パワハラとか不条理な目に遭わないことを祈るばかり。

【 2017/09/24 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

液タブ

すみれの漫画は応援してやりたいけど、睡眠不足と腱鞘炎が心配だ。
漫画を描いているとどうしても時間が足りないもんだから、締切り近くになるとレッドブルを飲んで徹夜したりしていて、寿命を縮めているのでは、と気が気でない。
腱鞘炎は、おーまがピアノのリサイタルを開いたときに練習のしすぎて腱鞘炎になって、それは苦労していたのを見ていたので、とにかくそうならないように…筆圧とか描き方でどうにか腕や手への負担を減らしてもらいたい…とこちらも気が気でない。

漫画の世界もデジタル化が進んできていて、トーンを貼るのも今はデジタルでやる人がほとんどらしい。
そういえばすみれも一時、とある新人漫画家さんのアシスタントに行っていて、勉強になるわお金ももらえるわで大喜びしていたのだが、その漫画家さんがトーンをデジタルでやることにしたため、アシスタントはお払い箱になってしまったのだった。
トーンにかなり時間がとられているので、自分もそれをデジタルでできるようになれば、時間も労力も軽減できる…と言うすみれ。
旦那が「操作を覚えるのは若いうちのほうがいい」と言うので、それでは…と本人の貯金と親が半分出してやって、PCと液タブを購入。
「それは大学に入ってから本人がバイトして買ったりするべきものなんじゃないか」と旦那とも話したのだが、ひばりは高校で英語科だったので夏休みにイギリスにホームステイをして結構な金額がかかったのだが、おかげで本人は英語で喋ることに抵抗がなく、就職の時もそこがアピールポイントになったわけで、それと同じことじゃない?と言われ、それもそうだな、と…。

まぁ私の場合は母子家庭で貧乏だったからそんなことをしてもらったことは一度もないし、でもそういう育ちだからこんなに会社や仕事が好きじゃなくても仕事は続けなくちゃ!と思って、いまも続いているわけで。
若いうちの苦労はした方がいいのか、あるいはしなくていい苦労はしない方がいいのか…いろんな考え方があるだろうが、そうしてやりたいと思ったことをしてやれるのは、共働きで頑張ってきたおかげなのかと思うと、普段は嫌々行っている会社にちょっぴり感謝したりもするのであった。
【 2017/09/17 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR