りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2018年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2018年03月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- (--) 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新年会

昨年の売り上げがよかったので、社内の忘年会、新年会の上限金額が一時的にアップ。
せっかくだからと今やってるT社プロジェクト、前にやっていたB社プロジェクトの新年会があった。
B社プロジェクトでは牡蠣の専門店でコース料理、T社プロジェクトでは居酒屋でむやみに高い蟹のコース。
牡蠣の店はとてもおいしくてお店もおしゃれで素敵だったんだけど、次の日、6人中2人が胃腸炎、私とウミちゃんの二人がお腹は壊さなかったけど全身がだるい、という体調不良。
牡蠣にあたったとかではないと思うけど、致死量を超えた感じはあった。

T社プロジェクトの飲み会には今週からインターンで入ってきたフランス人のSさんが参加。
飲み放題プランだったのでぐびぐび飲み、途中から記憶が全くナッシングなんだけど、記憶のない間も元気に飲んだり食べたり喋ったりしていたらしく、Sさんはかなりのカルチャーショックを受けたらしい。
次の日シャッチョさんとSさんがランチに行った時「日本人があんなに飲むと思わなかった」と語ったらしく「え?誰が?」と聞くと「りつこさんとか」。
まさかおフランス人にチクられるとは思わなかったぜ…。ちっ。

あすけんというアプリに食べたものを記録しているんだけど、この日はあすけん健康度16点という最低得点をゲット。
「アルコールのとりすぎです」ってわかってらい!

しかし楽しかったのである。両方とも。
会社の人との飲み会はできるだけ行かないようにしていた時期もあったのだが、それは自分の酒癖が悪すぎて仕事に支障をきたす心配があったから。
でも今は仕事に不満もないし、メンバーと喋っていてもただただ楽しい。
楽しすぎて飲みすぎてしまう危険性はあるのだが、暴れる心配はない(多分…)。
なーんていい気になってると足元をすくわれることが多いから気を付けよう。どうどう。

で、そのチクったフランス人。なぜか私と一緒に仕事をすることになってしまい、フランス語なんてケスクセしか覚えてない~英語も無理~どうしたら~と思っていたら、これがものすごく日本語が達者。
喋る方だけじゃなく書く方もばっちしなので、質問事項があるとチャットで書いてくるのだが、きちんとコミュニケーションがとれるので問題なし。
絵文字まで的確に入れてくるんだから驚いちゃう。
すごいなー。
スポンサーサイト
【 2018/01/21 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

なつかしい人

前の会社の時に通っていたR社。
ひばりの産休に入るまで常駐していたのだが、ひばりが23歳になったということはすでに23年以上前のことなのだよなぁ。
3年ぐらい通っていたと思うのだが、初期開発時は会社から何十人も投入されていたけれど、保守フェーズに入るとどんどん人を減らされて、最後は私とフリーで来ていたしばぞう(本名)の二人になってしまった。
開発時はお客さんと同じ並びに席も用意してもらっていたのだが、人数が減るにつれ徐々に追いやられ、最後は席がない状態。
仕方ないので会議用のデスクにしばぞうと二人で陣取っていると、ちょっと席を外したすきに我々の荷物が隅にまとめられてお客さんが打ち合わせをやっていたりして、いろいろ辛かった~。
席って基本的人権だと思うんだよな…。
そういう意味で、前の会社では客先常駐が多くて、ろくな席を用意されていなくて(ワーク机とか、段ボールを引き出し代わりにしたりとか)悲惨だったなぁ。
今の会社は大きな机といい椅子で、パソコンも定期的に新しくしてくれるし、ダブルディスプレイだし、夢のようだな…。

常駐していたので結構お客さんとも仲良くなってよく飲みにも行った。
開発の時にフリーで来ていた女の人がいて、タバコをすぱすぱ吸い、お酒もがぶがぶ飲み、ガハハ!と笑う豪快さんで、一緒に仕事をしているうちにとても仲良くなった。
その人とはずっと年賀状のやりとりだけをしていたのだが、今年の年賀状に「ノリダーさんもついに結婚することになり、この間一緒に飲んだのですが、りつこさんにとっても会いたがってました」と書いてあった。

ノリダーって誰だっけ?と最初はわからなかったのだが、そうだ、初期開発の時の担当者だった!と思い出した。
とってもポジティヴな人で野心家で神経質でヤンエグ(死語)で、当時私は本当に彼が苦手だった。
憎しみが募って、あいつの机の上にうん〇してやろうか!と思ったこともあった(←低次元)。
それでも私が産休に入る時にはお客さんたちが送別会を開いてくれて、全員で色紙を書いてくれたりプレゼントをくれたりしたのだが、ノリダーはみんなとは別にプレゼントを用意してくれて、なんかじーんとしたのだった。

もう一生会うことはないんだろうなぁと思っていたのだが、ノリダーの結婚祝いを兼ねて当時のメンバーで同窓会をしようという話が出ているらしい。
あの時机にうん〇してやろうかと思ったことも、隅田川を眺めながら「死んじゃいたい」と思ったことも、このビルが明日火事になってなくなればいいのにと思ったことも、今となってはみんないい思い出(笑)。
行けるといいな。会いたいな。
【 2018/01/14 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

あけおめ

あけましておめでとうございます。
すっかり更新頻度が落ちてしまったけど、今年もほそぼそと書くのでよろしく~。

・大阪のおかあさんが「年末、旅行したいなぁ」と言うので、それじゃ年末大阪に行く前に中間地点ぐらいを旅行しよう、ということになった。
・豊橋で一泊して、次の日鳥羽を観光してもう一泊、それから大阪の家へみんなで向かう、という計画。
・だったのだが、予約してしばらくした頃に大阪のおかあさんから電話。
・正月のかまぼこを頼んだんだけど、それが旅行の日に届くことになってるから、どうしよう、と。
・もともと豊橋は泊まるだけの予定だったので遅い時間に合流する予定だったのだが、宅配が何時に来るかわからないとか鳥羽は実は前に行ったことがあるねん、などと言うおかあさんにムキーーーっとなった旦那。
・せっかく予約したけど、おかあちゃんもそんなこと言うし、年末でホテル代も高かったから、キャンセルして行ったつもりで何かうまいもんでも食うか、と言いだした。
・私はまぁそれならそれでもいいかと思ったのだが、旦那がそう言うとすみれが「私はそれを楽しみに生きてたのに…」と涙ぐんだらしい。
・え?そんなに楽しみにしてたの、すみれ?
・ということで、やはり計画通り行くことに。

・ひばりはキャンプの友だちと年越しをするというので不参加。
・3人で昼間に家を出て、車で豊橋へゴー。
・かまぼこが何時に届くかわからないから、遅めの新幹線をとってやったわ!という旦那。
・そんなおかあさんとは豊橋駅で20時半に合流。
・旦那がおかあさんの到着をなぜか20:03と勘違いしていたため、その時間になってもおかあさんが現れないので、ひぃーーーとなった。
・すみれがおかあさんにメールしたら、なーんにも書いてないメールが送られてきて、こ、これは…。
・おかあさん、よくメールの本文なしで件名に本文を書いて送ってくることがあるのだけれど、何も書いてないというのはどういうことなのか。
・と、とりあえず「既読」ってことなんじゃない?
・いやでも電車は到着したのに出てこないっていうことは、乗り過ごしちゃったとか、別の出口に出ちゃったとか?
・旦那が電話しても出ない。
・私が電話しても出ない。
・「おかあさん、いまどこですか」とメールをしたらしばらくして電話が!
・「今新幹線やで」
・到着時刻を聞いて、旦那が勘違いしていたことがわかった、と。
・最近旦那の劣化が…。もともと劣化している私に比べると100倍ましだけど、でも旦那は我が家の良心と言われているので、旦那が劣化すると我が家は本当に困るのだーー。

・とにかくおかあさんと会えたので、ほっとして、ホテルへ。
・夕飯はホテル近くの回転寿司かホテル内の中華料理屋へ行くか、なんて言っていたのだけれど、豊橋の夜は早い。
・回転寿司屋は人気で10人待ち、中華料理屋は21時ラストオーダー。
・仕方なく、はなまるうどん。
・でもすぐに食べられてよかったかも。

・この日のホテルはビジネスホテルということだったんだけど、きれいで広くてびっくり。
・カーネーションの追っかけをしていたころ、名古屋や大阪のビジネスホテルに泊まったけど、まぁ狭い、壁が薄い、エレベーターが芳香剤のかほりがするなーと思ったらほんとに芳香剤が置いてあったり…。
・そういうビジネスホテルとは比べ物にならないくらいきれいでよかったー。
・次の日の朝はバイキングだったんだけど、これも普通のホテルと遜色ない…すごく種類も豊富だしどれもおいしくて、まぁ食べた食べた。
・ダイエットのこと、すっかり忘れた。

・年次展に出す絵、今回は岩を描きたいと言うすみれ。
・それを聞いて、素敵な岸壁を探した旦那。伊良湖に歩いて行ける岸壁がある、ということで、まずはそこへゴー。
・カメラを持って岩にへばりついて写真を撮るすみれ。
・それをアシストする旦那。
・くっついて行くだけの私とおかあさん。
・なかなかシュールな図。
・とてもいい写真が撮れた、とすみれが満足していたのでよかった。

・伊良湖からフェリーに乗って鳥羽へ行く予定だったのだが、フェリー乗り場に行くと乗ろうと思っていた便には間に合わず、一本待つことに。
・お土産屋さんと食堂が一緒になっている道の駅?のようなところで、うろうろ。
・お土産がすごく充実していてうはうは。
・海苔のつくだ煮やあおさ、えびせんべい、会社へのおみやげのお菓子などをたくさん買った。
・バイキングで朝食をたーーっぷり食べていたので全然お腹が空いてなかったのだが、焼き大浅利というのが美味しそうだったのでみんなで食べたのだが、これがほんとに激ウマ!
・ビールに合いそう~と思ったけど、こうやって一人余分に飲むから余分に太るんだわと思って我慢。

・ようやくフェリーが来たので、1時間弱乗って鳥羽へ。
・降りてすぐのところにあった鳥羽水族館へ。
・たいして期待していなかったのだが、ここがすごく広くていろんな魚がいてジュゴンもいてアシカのショーもあって、すごく楽しかった。
・食堂で一休みしたんだけど、地ビールがあってご機嫌~。
・最後に…と見に行ったらっこ。食事タイムに当たったのだけれど、これがすごいショー化していて目が離せなくなってしまった。
・貝がらをお腹の上で割るぐらいなんだろうな、と思っていたら。
・おねえさんがイカをお客さんが見ている側のガラスに投げつけると、らっこがそれをとりにやってきて、ジャンプ!
・じょうずに取って食べて、またおねえさんのもとへ。
・そのうち、おねえさんが合図をすると、らっこが貝がらを持ってガラスのところまで来て、ガラスをかちかちかちかち叩く!
・あと、おねえさんに促されてらっこが手を顔のところへ当てて、にっこりのポーズ。
・す、すごい!
・はっと気づくと閉園15分前。
・おみやげ買わなきゃ!すみれ、Yちゃんに伊勢海老のおみやげ買って帰るって約束してたよね?
・慌ててお土産物屋へ行って選んでいると、蛍の光が流れてきた。
・伊勢海老のキーホルダーを見つけてほっとしているすみれ。
・らっこのぬいぐるみを買おうとあれこれ悩むおかあさん。
・早く早く!
・水族館には1時間ぐらいもいたら飽きるだろうと思っていたのに、閉園までねばってしまったのだった。

・水族館からホテルへ向かう。
・年末で安めのホテルが空いてなかったので、我々にしたら珍しくすごくいいホテルをとってしまっていたのだが。
・これがほんとに素敵なホテルで。
・ついたのが遅かったので夕飯が20:30と言われ、ひぇーー。
・なにせお昼は浅利しか食べてない。
・時間もたっぷりあるから、ゆっくりお風呂に入ろうということで、大浴場へ。
・私はほんとにいつもカラスの行水で、温泉に行っても長く入っていられないのだが、今回は結構がんばった。
・泡がぶくぶくぶくぶく出ているところにお腹を当てて少しでもひっこむように。
・温泉の成分で肌がつるつるになるように。
・普段全く汗をかかないすみれは、サウナに入って一生懸命汗を流していた。

・待ちに待った夕飯は、前菜、お刺身、煮物、松坂牛のしゃぶしゃぶ、ご飯もの、デザート、などなど、すごくおいしくてボリュームもあって、お腹が激すきだったこともあって、おいしいおいしい!
・普段小食なおかあさんも私たちにつられてたくさん食べてた。
・大満足。

・次の日はホテルをチェックアウトして、伊勢神宮へ。
・伊勢神宮と言えば、落語に出てくる江戸っ子が死ぬまでに一度は行きたいと夢見た「お伊勢詣り」。
・彼らに思いをはせながら、雨の中、お伊勢詣り…たのしかった。
・お昼は予約しておいた鰻屋さんへ。
・生まれて初めてひつまぶしというのを食べたけど、おいしかった~。
・鰻なんて何年振り?なんて言ってると、おかあさんが「なんで?」。
・いやだって絶滅の危機って聞いたから。保護してたんです、私たち。
・ひつまぶしは、最初は普通にうなぎとご飯を食べて、2/3ぐらい食べたところで、お茶をかけてお茶漬けにして食べる、と教えてもらってそうしたんだけど、いやぁうまい!
・これ、お茶漬けしたあと、また普通に食べてもいいんだよね、と旦那。
・いや、その食べ方は「戻りうなぎ」と言って、忌み嫌われてるんだよ、と私が言うと、「またまた!」「いやでもなんかありそう!」とみんな大笑い。
・もちろんうそです。

・うなぎ食べてから、大阪の家へ。
・大みそかの夜は紅白を見て、元旦はいつもの神社へ初詣。
・2日に東京へ帰ってきた。
・旅行があったから、大阪の家ではもうごろごろしていただけだったけど、楽しかった。


【 2018/01/03 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

Yちゃん

先週末、嵐のコンサートに行って来た。
今回は、会社のミオちゃんと私、すみれ、すみれの友だちのYちゃんの4人。
ひばりが友だちが当たったのでそちらで行くというので、すみれの友だちに声をかけてもらったのだが試験中ということもありなかなか難しそうと言う。
あーこりゃ私の方で当たってみないとなぁと思っていたら、すみれの中学の時からの友だちYちゃんが快諾してくれたのだった。

小学校の時、クラスの中心にいた女の子にいじめられたため、中学に入ってすぐの時にもノートを隠されたりしていたすみれ。
友だち関係についてはひばりのこともあったのでかなり心配したのだが、同じクラスになったYちゃんと仲良くなってそれからはもう友だちのことをあれこれ心配することもなくなった。
すみれと同じぐらいの背丈で同じぐらいオッペケペーのYちゃんは安心して付き合える友だちで、張り合ったりチクチクやりあったりすることも全くなく実に平和。
卒業してからも一緒に甘いものを食べに行ったりLINEしたり、仲良くしている。

ほんとに友だちって一人いればいいんだな、とすみれを見ているとそう思う。
だからそういう存在のYちゃんにはほんとにずっと感謝をしているのだ。

コンサートを見た後「ご飯はどうする?」と聞くと、「(私たちと)一緒に行く」とYちゃん。
会場を出たところでひばりと合流して地元まで戻り、近所のファミレスで夕飯を食べることになった。

電車の中やファミレスで二人の様子を見ていても、お互いのことをわかりあっていてほほえましい。
必ずしも全部の趣味が合うわけではないけれど、それもお互いに適当に付き合いつつ、でも興味がなければ「あたしはいいや」と断り…当たり前だけどそういうふうに付き合える友だちがいるってほんとに幸せだ。
自分の子どもと友だちになってくれた子はみんないい子に思えてしまうのだが、いやぁ…ほんとにええ子だわ…。

まあそれにしてもこうしてうちの子じゃない子が混ざると、うちの姉妹が結構なオタクであることがわかるな…。
そして相談したわけでもないのに私たち3人とも「チゲ」を注文したのにも笑ってしまった。
【 2017/12/10 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

公式認定

・体重増加が大変なことになっていて、それはもういつもいつもそう言っているのだが、いよいよほんとに大変なことになっちゃったのである。
・どう大変かというと、体重だけじゃなく血液とかそういう数値にも表れてしまい、ついに健康診断で引っかかってしまった。
・引っかかるとどうなるかというと、会社の産業医から注意されたり、健診センターから会社に電話がかかってきてしまうのである。
・つまりこれはいよいよデブが公式認定されてしまったということなのである。
・わかってらい!ほっといてくれ!と言ってもほっといてくれなくなってしまったので、もうほんとにやばいのである。

・というわけでもう何百回目になるかわからないダイエットを開始。
・まずは食べたものと運動を記録するアプリというのを入れてみた。
・そして休日にはウォーキングを再開。ほんとは以前のように毎朝歩けばいいのだが、落語に行くようになって退社時間が早くなった分、朝は早く行っているので、その時間がとれない。
・ほんとはもっと負荷の高い運動をするべきなのだろうが、そんなことできるわけない。
・なので、あんまりやりたかなかったけど、食事の方でカロリーを抑えめにしようと思っているのだが。
・毎日お昼を外食していて、これが結構な高カロリー。
・でもそれよりもなによりも飲みに行った時のカロリーがはんぱねぇ。ぱねぇ。
・飲むときにいままでは平気でポテトフライとかメンチカツとかを頼んでいたけど最近はできるだけ低カロリーそうなものを頼むようにしている。
・でもそんなことをしてもたいしてたしにはならない。なぜなら生ビール中ジョッキが200キロカロリーもあるから、ららら~。
・まさに焼け石に水。じゅっ!
・だからもうしゃーねーや!と諦めた結果が今の私なので、今回はどうにかがんばらないと。
・ひーん。

・子供部屋がもう汚部屋もいいところだったのだが、これはもうカンフルしないとだめだろうと、大きなスチール本棚を買ってやったら二人ともほんとに久しぶりに大掃除をして部屋がきれいになった!
・それを見ていたら私も100年ぶりに掃除をやる気になり、100円ショップや300円ショップで収納用のボックスなどを買ってきて、コツコツ片づけ始めている。
・もうとにかく物が多い。あほのように。
・そしてびっくりしたのが、その存在を忘れられていた引き出しが2つあったこと。
・電話を置いているボードがあるのだが、その上の引き出しには文房具やハンコなどが入っているのでしょっちゅう出し入れしているのだが、その下の段にある引き出しはおそらくこの10年以上開けたことがなかった。
・存在すら忘れていた!
・で、何が入ってたっけとおそるおそる開けてみたら、子ども用のビデオ(VHS)と旅行のムックがぎっしり。
・両方とももういらないやん!

・子どもたちが大掃除をしたとき、ひばりが捨てたものの中に、私の靴下が紛れ込んでいたり、使ってない文房具が入っていたりして、「なんてもったいない!!」と袋を漁って幾つか救済したりしていたのだが。
・いざ自分が片づけ始めると、もうこれもいらねぇやこれもいいや使えるけど使わないや、と捨てる捨てる。
・片づける=捨てる、なのはいかがなものか。
・というか、ほとんどが捨てても問題のないものばかりっていかがなものか。
・でもとにかく片づけようという気が起きるのがめったに起きるものではないので今のこの気持ちを大事にがんばりたい。
【 2017/12/03 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。