りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2002年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2002年06月

発熱

今日の明け方、夜泣きをしたすみれ。
いつもは放っておいたり、背中をトントンすればおさまるのだが、全くおさまらない。
仕方ないので抱き上げて寝室を出たのだが、抱いてみると後頭部が妙に熱い。
あー熱があるんだ。
来るか来るかと思っていたけど、ついに来たか。

居間で立って抱いていたら落ち着いてきて、その後ソファーに座ってみたが寝息が安らかになってきたので、また布団に戻って、とりあえずおなかの上に乗せて寝ていた。
しばらくすると自分からおりて行ったのだが、ちょっとしたらまた泣き出した。

そんなことを繰り返していて、そのうちこちらも泣き声も気にならないくらいの熟睡モードに入ってしまった。
すみれの泣き声だけじゃなく、目覚ましの音も気にならない状態に入ってしまっていたらしく、はっと気がついたら7時過ぎていた。
ひえー。

目覚めたすみれは元気そうだったが熱を測ると38度あった。
今日は旦那がみてくれている。
せめて3時間くらい昼寝してくれればいいんだけど…。

明日はひばりの運動会なのだ。
家族全員で応援!のつもりだったんだけど、これじゃ無理かなぁ。
旦那と私で交代で見に行くことになるのかな。

なんとひばりは選抜リレーの選手にもなっているらしい。
運痴な親には信じられない快挙としか言いようがなく、多分こんなことはこの後二度と起こらないだろうから、しっかり覚えていてあげようね、なんて話している私たち。

隣のクラスでは、ハルが選ばれていた。
ハルは、両親ともにスポーツマンで本人もいかにもこれから先の学校生活は部活にあけくれるんだろうなぁというタイプで、お母さんもそのつもりでいて、さっそくバレー部に入部しちゃってたりするので、やっぱりな~って感じなのだが。

とにかくとっても楽しみ~。
すみれも明日は熱が下がってるといいな。
スポンサーサイト
【 2002/05/31 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

定時

私が今一緒に仕事をしている人は、朝来ない。
午後から来て夜遅くまで仕事している。
もうそういうループに入ってしまって、よっぽど打ち合わせでもない限り、午前中から来ることはめったにない。

基本的に定時で帰る私とは、どうしてもすれちがいが多くなってしまうのだ。
彼が3時出社した日にゃ、2時間半くらいしかシンクロしないのだよ。

しかもここのプロジェクトは非常に会議が多い。
他チーム、チーム内、お客さん等との会議がびっちり入っているので、質問したくてもその時間がとれないのだ。

昨日は彼が「さあじゃあ話を聞きましょうか」というモードに入ったのが4時半。
それから今まで作った資料をチェックしながら、疑問点をあれこれ聞いていたら、結局9時半までかかってしまった。

もうへとへと…。
9時から来てちゃんと仕事してれば夜の8時過ぎたらもう閉店状態なんだよ。
でもこの機会を逃すと、作業が滞ってしまうのは目に見えていたので、「続きは明日にしましょう」という言葉をぐっとこらえる。
彼にしたって前の日遅くまで会議していて、かなり疲れているのだ。

そしてこんな時に限って、いつもは捕まらないおやじが「なんか聞きたいことあるか?」「今ならなんでも説明するよ」というモードで登場。
くうう。あなたに聞きたいことがいろいろあったんだよ。
でももう頭パンクしそう~。

この業界では残業は当たり前なんだけど、でもやっぱりそれってどうかと思っちゃうけどなぁ。
もちろん作業がつまってきて、納期に間に合わせるためにどうしても!っていうのはあるけど、残業が平常になるのはいやだなあ。
時間で奉仕するっていうの、そろそろやめませんかね…。
そんなふうに思いながらとぼとぼと家に帰ったのであった。

帰ったらすみれもしーももう寝ていた。
部屋は荒れに荒れていた。
ああ、ごくろうさま~。大変だったでしょう?と聞くと、いやそうでもなかったよと言われた。すまん…。

************************************

朝起きたら、ひばりは私の顔を見て、ふんふん!と鼻を鳴らす。
「ごめんね、昨日も遅くなっちゃって。今日は早く帰ってくるからね。」そう言うと、ちょっと笑顔になった。
すみれは私の顔をちょっと不思議そうに見て、「あっ!あっ!」と指を差し出して、目潰しを試みてきた。
今日は定時で帰るからね!
【 2002/05/30 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

飲み会

プロジェクト単位で仕事をしていると、プロジェクトの違う人との交流というのはほとんどない。
特に私のように客先に常駐していると、自分が社員だということも忘れてしまうくらいだ。

もっとプロジェクト間にも交流を!
ということで昨日の飲み会が開催されたのであった。

知ってる人同士でばかりしゃべらないようにということで、なんと座席指定。
うえー。なんかそういうのって好きじゃないなあ。一気に気が重くなる。

私の隣は、むかーしからいる協力会社のKさんだった。
このおやじって、仕事をもらうために、部長にパソコンあげたり、旅行を接待しちゃったりするんだよね。
それが効を奏していまだにこうして生き延びているのかもしれないけれど、なーんか「カネ!カネ!カネ!」って感じで、あんまり好きじゃない。

同期で課長になってるAくんがその前に座っていたんだけど、彼はなんというか新人の頃は、いかにもヤンキーっていうか、なんも考えてないーって感じだったのが、そのちゃらんぽらん加減と大きな態度が意外と管理者向きなようで、なんかどんどん出世しそうな勢いがある。

そんな席だったもんだから、いかにもおやじっ!というノリの仕事の話が多くて、つまらん…。
つまらないものだから、ついつい飲んでしまう。
ぐびぐびぐび。

途中で席を移動して、それからはまあまあ話も盛り上がったんだけど、なんか飲む勢いは衰えずがんがん飲んでしまった。

今朝起きたら、頭がガンガン。
誰に無理にすすめられたわけでもないのに、あんなに飲んで二日酔いとは、私って本当にあほだなあ。

しかも、飲むと普段以上に食べてしまう私。
目の前にあった刺身盛を、ほとんど1人で食べちゃったりしてたもんだから、お腹も痛い。

会社に来る途中、何度もうずくまりそうな痛みに襲われて、脂汗出ちゃったよ…。
会社の前に着いた時が一番ピンチで、下半身に異様に力をこめて、とにかくあとちょっとちょっと…とよちよち歩きでどうにか無事にたどり着いたのだった。

そして、こうして書いている間にも容赦なく冬の稲妻が私を襲ってくるのであった…。
【 2002/05/29 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

結婚記念日

実は昨日は12回目の結婚記念日だったのだ。

すっかり忘れていた。
しかも前日のことをまだ根に持ってけんか腰で帰宅してしまった。
しかも旦那は覚えていて、ちょこっとだけプレゼントを用意していてくれた。
しかもしたでに出られて調子こいて、まだぷりぷりしていたら、そのうち旦那がまじでむっとしてきてしまった。

あーだめだだめだ、こんな日は。
何かすればするほど墓穴を掘る。
何かしゃべればしゃべっただけ人を傷つける。
何か書けば書くほど、人を不愉快にさせる。

最近なかなか寝付かなくなってしまったすみれ。
いくら抱っこしてゆすっていても全然寝ない。
しかし私がばたっと寝てしまうと、なぜかたいていあきらめて一緒に寝るのだ。
夕べは10時過ぎに眠ってしまった。

************************************

すみれは今の保育園に入ってからほぼ皆勤賞なのだ。
4月5月はすみれが病気して会社を休む事もあるかもしれないとある程度覚悟してのぞんでいたのだが、すみれの病気で休んだ事はまだ一度も無い。

無認可でちょっと免疫がついたせいなのか。ひばりの時に比べるとうそのように病欠のないすみれ。
なんにしてもありがたいことである。

しかしかなりあやうくはある。
先週は下痢をしていたし、今週に入ってからは咳と鼻水が出てきた。
そろそろ来るかもしれない。
こじらせる前に何とかしなければ。

そして仕事にさしさわりがでないように、前倒しで作業をすすめておかなくちゃ。
【 2002/05/28 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

無防備な背中

ピアノの発表会のビデオを見た後、ひばりが自分が赤ちゃんのときのビデオを見たいと言い出した。
はじまったよ…。
この人は本当に自分が小さい頃のビデオを見るのがすきなのだ。
子供のうちからそんなに過去を振り返ってどうする?!
と言いながら、あんまりかたくなに拒む理由もないので、適当に選んで見せていた。

何がいやって、なーんの緊張感もない自分がぼよーんとうつってるのがいやなのよ。
あと、ひばりに何か面白い事をさせようとして、「ほーら、○○だよーん」なんておどけて言ってる自分の声のおまぬけなこと。
見るたびに「ああもう!」と自分を罵ってしまう私なのだ。

2歳くらいのひばりがベランダでビニールプールに入っている。
私はビデオを回しながらひばりに笑ってもらおうとしているのか、♪ちゃらら、ちゃらら、ちゃらりらららららら♪と歌を歌いながら、いるかのお人形を水の中に浮かべている。
ジョーズのつもりかもしれないけど、それはジョーズじゃなくてゴジラのテーマ曲だよ!しかも全然面白くないし!しかもしつこいし!

踊るひばりを旦那が撮っているのだが、その後ろに風呂あがりでタオルを頭に巻いた私が無防備に写っている。
ああなんだその緊張感のない後姿は!消えろ!

動物園ではしゃいで走るひばりを後ろからだるそうに追いかけていく私。
あーなんか変な服装。でかい尻を隠そうと思ってそういう上着を着てるんだろうけど、逆効果なんだよ!痩せろ!

そのあとひばりがカメラをうばって旦那のアップがうつった。
「あー、何その服?そのげじげじ眉毛!本当にイケてないわね!」
…ごめん。八つ当たり…。

************************************

がー。どんどんうじうじモードに入って行ってしまって、これでは敵(敵なのか?!)の思うつぼだ!
しかも何かを隠しながらそれでも何かを書こうとするせいで、自分の意図からはずれて誤解を招くようなことばかり書いてしまって、これじゃあ本当に友達なくすぞ。
うじうじするな、私。元気だせ、私。
【 2002/05/27 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

ピアノ発表会

ピアノの発表会は無事に終了。
ひばりは1番目で、最初の曲は私と連弾で「さんぽ」。
連弾の伴奏とはいえ、舞台に上がるのは久しぶりで妙に緊張~。
最近物忘れがひどいから、曲の途中で頭の中が真っ白になってしまうんじゃないかと不安でいっぱいの私。
先生の娘さんと思うからか、ひばりの先生も私には全然注意してくれないし、たいして練習してないし、ちーっともうまくならないんだよなぁ。とほほ。
ひばりは前の日から「明日が心配」というものの、なんかそんなに自信なさげじゃなくて、なんとなく私も大丈夫だろうなぁと思っていた。

どきどきの連弾も無事に終わり、その後私はすぐ観客席へ。
次はひばりのソロ。
最近かなりだれ気味で家では気のな~いピアノだったのだが、今日は普段以上に弾けていた。
いくら緊張する~と言っていても、まだそんなに自意識過剰なわけじゃないから、あがったりしないのかも。これからだよね、本当の意味であがったり失敗したりするのって。

母には「友達誘ってよ」と言われていたのだが、子どものピアノの発表会になんて誘われても迷惑なだけだろうと思って、声をかけたのはRちゃんのところだけ。
Rママなら身が軽いし義理堅いから(!)もしかして‥と思っていたら、本当に来てくれた。ううう、感動‥。
その後ちょこっと会場を抜け出してみんなでお茶を飲んだ。
あー本当にこの人はいい人だ‥。今回の育児休暇も、彼女がいなかったら、正直言って私はかなり孤独だったと思う。親子でどれだけ助けられたかわからない。
他の学校の話も聞けて楽しかった。もっといろいろ話がしたかったなー。

*********************************

最近ちょっと凹み気味。
人に嫌われるのってやっぱりつらいなぁ。ましてや自分では本当に心が通じ合っている相手と思っていたから‥。
ふん!ばっけやろーと思う一方で、やっぱり私ってなんか欠陥があるのかも、と思ったり。
今日ちょっとしたことで旦那が私にいらっときた瞬間があって、あ、なんか私ってやっぱり結構だめだめに思われているのかもなぁと思って、かなり落ち込んでしまった。
【 2002/05/26 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

お砂場

明日はひばりのピアノの発表会。
母からは「前の日はあまり疲れさせないでね」と言われていたので、今日はおとなしく過ごすことにした。

旦那は久々のサッカー。そして夜は、日本代表VSスウェーデンの試合を見に行くことになっている。
こんなにサッカー好きな旦那だが、日本代表試合は見に行ったことがない。
それが今回友人から「チケットが入ったんだけど見に行く?」と誘ってもらって、初めて見にいけることになったのであった。
いやぁ、持つべきものは友だねえ。自分が好きなものがあったらとりあえずみんなに好きだということを認識してもらうと、いいことがあったりするんだねえ。
私のHPもたまには役に立ってるじゃないか。

家事をすませたあと、ひばりとすみれと3人で近所の公園へ。
お砂場セットをちゃんと用意して公園に来たのなんて何年ぶりだろう。
すみれにはお砂場着を着せて、「さあ、好きにやってくれ」。
と言いながら、砂を投げたり、口に入れたり、私の服に入れたり、自分の目に入れたりするのはやめてねー。
とやはりちゃんと見張っていないとトンデモナイ行動に走るすみれなのであった。

すごく楽しそうに砂をバケツに入れたり出したりしているすみれ。
ひばりはプリン作り。
私は完璧なおだんご作り。
お砂場にはすみれくらいの赤ちゃんが次々来て、若いお母さん同士みな知り合いのようでぺちゃくちゃおしゃべりしている。
結構強い子がいて、人のおもちゃを取ったり、グーでなぐったりしていて、そのお母さんはみんなに謝り通しだった。
そうそう。そういうことがいろいろあるのよねえ。
これから2、3歳になると、もっとすごくなるんだよー。家の中で遊んだりしてるともう修羅場だよー。
みんな顔は笑ってるけど、いつもいつもやられてると、だんだん腹が立ってくるんだよー。
ああもう私はそういうことで頑張れない‥。いいや誰とも付き合わなくても。
そんなふうに思ってしまって、端の方でおだんごを作っていたのであった。

たっぷり遊んだ後はマクドナルドでお昼。
レジが混んでいてなかなか順番が回ってこない上にいざお金を払おうと思ったら千円札が1枚もない!ひええ。
「すみません、すぐおろしてきます!」と言って慌てて隣の銀行へ行ってお金を下ろしてレジをすませ席へ行くと、すでにすみれはご飯を食べ終わっていた。
【 2002/05/25 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

久々の撃沈

夕べは本当に久々に子どもと一緒に撃沈してしまった。
というか、誰より早く寝てしまった。

遠足でお疲れ気味のひばりは早めに布団に入った。
すみれはまだまだ目に力があって寝そうになくて、部屋を出たり入ったりして遊んでいる。
ああ、どうでもいいけど眠い…ひばりの隣に寝転がっていたらそのまま眠ってしまった。
はっと気がついて見ると、私とひばりの間に行き倒れているすみれ。

寝かしつけしなくて済んじゃった。ラッキー。
さあじゃあ楽しい大人タイムだわ。何しようかな~と思いながら、結局そのまま朝まで寝てしまったよ。
あーもったいねー。

旦那は結局1時頃帰ってきたらしい。
でもその後2回電話がかかってきたと言っていた。

最近朝いつもだるそうな彼なのだが今朝は妙に元気がいい。
一日だけでも異常な状況に身を置いたことが、カンフル剤になったのか?「やだなーなんか今日妙に調子がいいわ」と言っていた。
よれたプロジェクトの妙なハイテンションが伝染したと見た。

************************************

無事に遠足に行ってきたひばりだが「ぜんぜん遊べなかったんだよ。もうずっとずっと歩いてばっかり。もうへとへとになったよ。」と不満顔だった。
うーん、それこそが遠足…。さすがに保育園の遠足とは一味違うということか。

ひばりなんか結構健脚だけど、歩き切れない子もいなかったのかしらと聞いてみたが「みんな歩いた」らしい。
どうも「もう歩けない~って言ったら、そこに置いていかれちゃう」ことになっていたらしい。

だから一番楽しかったのは、お弁当タイムだったそうだ。
「おいしかったよ。おかわりしたいくらいだった」と言う。
もしかしてお弁当箱、もうちょっと小さくなっちゃったかな。
でもいつもぴかぴかに食べてきてくれるから、作り甲斐があるよ。

************************************

「あのさ。クラスのMくんってさ、自分でエッチするんだよ」
ぎょええええええ。
平静を装って「え?どういうふうに?」と聞いてみたら、どうやらいつもち○ち○をいじくっているらしい。
おげ。
そういえば私が小学生の時も、いたなあそういう奴。
今もいるんだ、やっぱり…。
【 2002/05/24 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

連行

旦那が「人柱」としてお客さんの所に連行されていってしまった。
基本的には一緒に仕事をしている人(実際に今回の仕事をとってきた人)と交代で行くことになっていて、彼のほうは昨日とおととい、今日明日は旦那が行く予定なのだ。

その人の話によれば、なんと旦那の分の席もPCもちゃんと用意されているらしい。
こちとら今だってマシンのいっぱい置いてあるゴミためみたいなところに座ってるっていうのに。
私の後から入ってきた協力会社の人たちの席はいまだに用意されていないっていうのに。

…でも在宅でっていう話で仕事を受けているっていうのに、そんなふうに席を用意されてもうれしくないけどね。

しかも、行ったら次の日の朝まで帰って来られないと言うし。
それも「なにかあったときにすぐに対応してほしいから」ということと、俺たちはもうずっと徹夜してるんだかんね!あんたもするんだかんね!みんなで頑張るんだかんね!という、そんな理由で…。

それにしても、前はあたりまえにやっていたことなんだけど、定時の1時間前に会社を出て、保育園に迎えに行って、夕飯を作って食べさせて、お風呂に入れて、寝かしつける。
なんて大変なんだー。
共働きのお母さんはほとんどの人がそうしているんだよなあ。えらいわ…。

と言いつつ、最近すみれの寝起きが悪くて、起きてから朝食食べて支度して家を出る前での間、ぎゃぁぁぁぁぁと大泣きし続けていて、もうへろへろ。
これが不思議と保育園に着くとけろっとしてしまうらしい。
家を出るとき心底ほっとして、これが仕事をしていなかったら、この状態のすみれと一日一緒に過ごすのかと思うと、ぞっとしちゃうのも事実なのだ。
ああ、どちらにせよ楽な道はないのねとつくづく思う今日この頃なのだ。

************************************

今日は先週雨で中止になった遠足のリベンジ!
行けたかなぁ。
もしかしてまた中止になっていたりして。
今朝も1階まではひばりと一緒に行って、ハルが来ていたのでそこで別れて、自転車で二人を追い越して行ったのだが、なんと二人仲良く手をつないで歩いていた。
なんかじーんとしちゃったよ。
【 2002/05/23 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

グルメなランチとグルメじゃないランチ

今週から私のチームに4年目の女性が入ってきたので、一緒にお昼を食べに行くようになった。
1人も確かに気楽だけど、一緒に食べる人がいるのってやっぱりいいな。
そのかわりこれまでのように、毎日エスニックなものっていうわけにはいかないんだけど…。

昨日は前から目をつけていたイタリア料理のお店に行った。
夜はとても入れないような雰囲気なのだが、ランチのパスタは800円から。
いつもお客さんがたくさん入っていて、入りたいなーと思いながらも、一人で本を持って入れる雰囲気ではなかったので我慢していたのだ。
彼女が入ってきたら一緒に行こうと思っていたので、さっそく行ってみた。

メニューに「シェフが休日に家で食べているパスタ」というものがあって、聞けば「フレッシュトマトとにんにくのスパゲッティ」だというので、注文してみた。
麺が細くて、味がしっかり麺にもしみこんでいて、おいしい~。
ああ~ひさしぶりにおいしいパスタを食べたかも~。
しかもおいしい店だと量が少なかったりするけど、ボリュームも十分で、大満足であった。

なんて今はすっかりランチグルメな私なんだけど、出先によっては悲惨な場合もあるのだ。
ひばりが生まれる前に行っていた客先はまさに陸の孤島。周りに全く店もなく仕方なくそのビルにある食堂に行っていたのだが、まずい高い混んでるの三重苦。
一緒に仕事をしているおじさんたちとみんなで食べに行くのだが、またこのおじさんたちが食べるのが早い。一言もしゃべらずがががーっと食べて、まだ食べてる人が終わるのをじっと待ってる。
しかも席が無くて終わるのを待って立ってる人もたくさんいるもんだから、「早く食べなきゃ」と焦る焦る。
もともと食べるのが早い私だけど、あそこでさらにパワーアップしたことは間違いない。
後から新人の女の子が入ってきたんだけど「私お昼の時間が恐怖です」と嘆いていたもんなあ。
あそこで仕事をしている人は今でも馬や牛のように、まずい飯をかきこんでいるのだろう…。あー抜けられてよかった。
【 2002/05/22 (水) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR