りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2002年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2002年07月

交代勤務

昨日は、今度家に帰ってこられるのはいつかしらなんて思っていたんだけど、今日も帰ってきてしまった(笑)。

付き添いで入院していると、すみれがベッドの上で眠ってくれれば、電話をかけに行ったり売店までお茶を買いに行ったりできるんだけど、そうでないと一歩も部屋から出られない。
いやもちろんどうしても我慢できなくなったらトイレくらいは行くけど、それでももう矢のように早く走って帰ってこないと、その間大絶叫だから気が気でないのだ。
だから旦那が来てくれると本当にありがたい。
こうして考えると、へそを手術する予定になっている病院は家からかなり遠いのでよろしくないなぁ。これじゃあ行ったり来たりできないもんね。
今の病院は頑張れば自転車でも行ける距離なので(20分~30分くらい)やっぱりいいかも。うう。へそもこっちに転院するか?!

忘れちゃいけないのがひばりの存在なのだ。
彼女を家に一人で残しておくわけにはいかないので、休みの日はまだいいのだが、平日は彼女が学校から帰ってくる時間を考えなければならなくて結構大変。
しかも病院は15歳以下の子の面会はできないので、ひばりは病院に来ても一人で待合所で待っていなければならないのだ。
だから旦那との引継ぎもあわただしい。
しかしこれで旦那に全然手伝ってもらえない人はどうしたらいいんだろうか。おばあちゃんに助けてもらうしかないよなぁ。でも普段あまりなついていなかったりしたら大変だよなぁ‥。

同室の人は、2歳の妹がすみれと同じ状態で入院していて、幼稚園児のお姉ちゃんがいるのだが、旦那さんは沖縄に出張に行っていて、自分の親に出て来てもらってお姉ちゃんと泊まってもらっているようだ。
本当によく頑張ってるなぁ。えらいなぁ。
彼女を見ているとつくづくそう思う。

昨日沖縄から旦那さんが帰ってきて面会時間ぎりぎりにやって来た。
これまでの経過をぶちぶちと旦那さんに話す彼女は、それでも心底ほっとしたような笑顔を見せていて、私も他人事ながら「よかったねえ」と思ってしまった。
「明日は私も家にもどってシャワー浴びたり掃除したりしたいから、早めに来てね」と言ったら「もう俺のパンツ1枚ももないよ。」と言う旦那さん。
おいおい、洗濯ぐらい自分でしろよ。奥さんもお姉ちゃんも妹も頑張ってるんだからさー、と思ってしまった私だった。
スポンサーサイト
【 2002/06/30 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

大どんでんがえし~

私にしたら珍しく更新が途絶えてしまった。

心臓ばくばくでのぞんだ会議は、自分にしたら本当に初めてと言っていいくらい大満足の出来であった。
だいたい10数年のキャリアがあってこんなに緊張してしまうっていうこと自体、初々しすぎるっていうか情けなさすぎるのだ。
「どきどきだよ~」と言っても、みんな冗談だと思ってるし。とほほ。
でもつくづく感じたのは、結局はったりより中身が肝心なのだなということ。多少声が震えても、自分の考えや案が明確であれば、ちゃんと相手に通じるんだ。恐れることはないんだ。
そんな当たり前のことに今頃気がついた私であった。

意気揚々と家に帰り、木、金は会社を休んですみれの看病に専念するつもりだった。
前の日に旦那が行きつけの小児科に行って「たんなる風邪」とシロップだけもらって帰ってきていたが、熱が37度台になってもぐったりしているすみれ。これは絶対にただの風邪じゃないぞ。やぶ医者め!

木曜日の午前中に、近所の総合病院に行って、今までの経過と下痢がずっと続いていることやぐったりしていることを伝え、「肺炎じゃないかと思っている」ということを話した。
私は本などを調べて「これじゃないか」と思う病名を言うことにしている。
なぜかといえば「なんでそういう風に思うんですか」と聞いてもらえるからだ。そう聞かれれば「この点がいつもの風邪とは違う」ということをはっきり伝えられる。

それでは検査をしましょうということになり、レントゲンと血液検査をしてもらった。
結果は、やはり思ったとおりウィルス性の肺炎にかかっている可能性が高いということだった。肺に影があるらしい。
「長引いていることでかなり体力も消耗しているから」ということで、いきなり入院することになってしまった!!

診てもらった病院は小児入院を行っていないため、大学病院を紹介されて、木曜日の午後から入院という急展開。
確かに入院する予定だったけど、まさか肺炎で入院することになるとは‥。

というわけで木曜日から病院に泊り込んでいる。いやぁ、大変だよ~。
今日は旦那が午後から交代してくれているので、こうして家に帰ってきて2日ぶりにシャワーを浴びたり着替えたりしてリフレッシュさせてもらっているのだー。
夕方になったらひばりをBCGの予防注射を受けさせに行って、その足で病院に戻る予定。
【 2002/06/29 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

一進一退

午後すぐに始まるはずだった会議が、前のチームがまだ終わっていないので待ち状態。あー、もうずっとこうしてどきどきしているのもいやだよー。

**********************************

すみれの状態は一進一退。
先週の月曜日に病院で手術前検査、火曜日はとびひで小児科、水曜日は保育園に行けたものの、木曜日から下痢と熱でずっと保育園を休んでいるすみれ。
私は木曜日の午後にみただけで、あとは全部旦那がみてくれている。
昼寝の合間と夜しか仕事ができないということもそうだが、なにより具合の悪いすみれが一日ぐったりと不機嫌で、旦那の疲れはピークに達している。

月曜日は比較的元気だったすみれだが、昨日は一日中ぐったりだったようで、治るように見えたのがまた後進してしまったことが、より彼にダメージを与えているのだと思う。

私は私で、外に出ていて何も手伝えないお父さんの気持ちが今初めてわかった気がする。

前は逆の立場だった。
「旦那は仕事が忙しいから」と頭ではわかっていても、一日具合の悪い子の心配をして面倒を見ていると、帰って来た旦那に愚痴をこぼしたり、どこか責めるような口調で話してしまったりしたものだ。

しかし今は‥
私は大事な会議が控えていて、すみれのことも旦那のことも気がかりなのに、休めない状態なのだ。
それが歯がゆくてしょうがない。
この一番のピンチの時に、仕事があるからといって2人のことを助けてあげられないのか。
家族の中で自分がとても役立たずに感じてきて、やりきれない。

例えば、以前のように旦那が在宅でなかったとしたら、どうしていたのだろう。
多分、仕事で今のような立場に立つこと自体を避けただろうと思う。
なんだか旦那の言葉に甘えすぎていたなぁ、調子ぶっこいてたなぁと反省している。
【 2002/06/26 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

怒っているのだ

朝からいらいらしているのだ。

一緒に仕事をしている人が、昨日は虫の居所がわるかったのか積年の不満があったのか、妙にひややかな突っかかるような態度に出てがっくりきている。
もともと攻撃的な人なので、そういうところには慣れていたのだが、それでも矛先が自分に向くとかなりこたえる。

がっくりもきているけど腹も立っていて、「自分は3時に出社しておいて何怒ってるんだよ!」と思ったり、「言いたい事があるなら言えば?でもやっぱり言わないで!」と思ったり。
くー。強気でけんかができる人がうらやましいよ。
なーんか結局は自分に非があるような気がしちゃって、いや~な気分なんだよなぁ。

すみれも、熱は37度台に下がったものの、機嫌が悪いし下痢も治らない。
そして「もう手術は絶対無理!中止すべき!」と考える私と、かすかな望みを持っている旦那で対立しているのだ。
って対立ってほどでもないんだけど。

旦那はまた検査をやって日程を調整しても、その時に今のような状態になりかねないのだから、できるものなら今やってしまったほうがいいと考えているが、私は100%万全な体調でなかったらやりたくないと考えているのだ。

しかし実際に休んですみれの面倒をみてくれているのは旦那なのであって、自分は何もしてないくせに口だけ挟んで何様だよ!とも思うわけで。
だからといって、私が今度は休みをとって検査も行くし全部やるから!
ともいえない状況があって。

せめて今日明日は自分が休んで面倒をみたるわ!と言いたいのに、大事な会議が明日に控えているので、そうも言えないので、余計にフラストレーションがたまっている。

さらに、いつも見に行く掲示板でまたしても「保育園上がり」「母親が働いている子は」と当然のように書いてあるのを見つけてしまい、いらいらが募っているのだ。
こういうふうに人を一括りにして言う人って、本当に想像力が欠如しているよ。自分が知ってるほんの1、2人で、全てを知った気にならないでほしいよまったく。

「これを読んで気を悪くされた方いらしたらごめんなさい」って、思いっきり気を悪くしたわ!どあほ!!

ぜいぜい。かなり激昂してしまいました。
これを読んで気を悪くされた方がいらしたらごめんなさい。
【 2002/06/25 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

熱下がらず

今日もすみれは熱があるのでお休み。
木曜日に行なう予定でいたへその手術はもう絶望的だろう。

私はもうとっとと中止にしたほうがいいと思っているのだが、旦那はまだ希望が捨てられないようだ。
というのは、今回を逃すとおそらく手術は数ヶ月先になってしまい、また検査をやり直すことになってしまう。しかも彼の方は今週手術だからということで、仕事先にも話をつけて仕事の量をセーブして、万全の体制をとっているのだ。

あーあ。子どもって本当に絶妙のタイミングで病気するんだよなぁ。
すみれなんて本当に今まで病気をしなさすぎたくらいだもんなぁ。
今までこんなに病気をしていなかったのに、なにも今しなくてもいいじゃんよーと思わなくもないけど、まあしょうがない。
ひばりが保育園に通い始めた時は夏休みあけるくらいまでは本当にしょっちゅう熱を出して休んでいたもんなぁ。
友達と約束してもわざとらしいくらいいつも前の日くらいに病気になって、ドタキャンに次ぐドタキャンで、そのうち約束するのがいやになるくらいだったもの。

まあしょうがない。
今はとにかくすみれの病気が早く治るのを祈るばかりだ。

いつもは喜んで薬を飲むすみれなのに、高熱で錯乱しているせいか味覚が変わってしまったせいか、薬を断固拒否!なのでまいってしまう。
飲まないと治らないよー。たのむ、飲んでよー。
懇願しようが無理やり口に入れようとしようが、全然だめ。
それでもご飯だけは食べるので、じゃあご飯の最中にどさくさにまぎれて飲ませちゃおうと思ったのだが、薬をスプーンであげようとすると顔をそむける。

結局ジュースに混入する作戦。
のどが渇いているらしく、なんとかこくこく飲んでくれた。
が、下のほうに薬が沈殿していたらしく、最後のほうにさしかかったら、ぎゃ~っと泣き出した。
…ばれちゃったよ。

おかげで今朝は同じ手が使えなかった。
昨日と同じコップで出したら、見ただけで大泣き。
仕方が無いので、ジュースの紙パックに薬を混入し、ひばりにも同じ紙パックのジュースをあげる作戦。
ひばりがおいしそうにストローでジュースを飲んでいたら、うらやましがって、自分もほしいと言い出し、なんとか飲んでくれた。

あーそれにしても子どもが病気になると本当にこたえるなぁ。
はやくいつもの暴暴にもどってほしいよ。
【 2002/06/24 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

微妙の答え

金曜日、休ませるかどうか悩んだすみれなのだが、休ませて正解だった。
木曜日は熱もなく下痢もほとんど治ったかに見えていたのだが、金曜日は38度くらい熱が出てきて下痢もしていて、昼寝しても安眠できないようでひいひい言い、だっこしている間は寝るが置くと起きるを繰り返し、それでもようやく布団で1時間ほど寝ると熱が下がってまたちょっと元気になり、でもしばらく遊んでいるとまた具合が悪くなり‥の繰り返しだったらしい。

昨日は夕方になったら、もう明らかにぐったりしてきて、熱を測ったら39度。抱っこすると、ぴたっとしなだれかかってきて、身体が熱いし呼吸は苦しそうだし‥やっぱりこれは何か食べ物に当たったとかではなく、あきらかにお腹にくる風邪なのだろう。

ああ、よかった金曜日休ませて。
休ませて元気だったりするとちょっと損した気分になったりするものだけど、こんなに具合が悪そうなすみれを見ていると、損でよかったのになぁと思う。

しかし下痢もしていて高熱なくせに、食欲だけはあるのだ。
昨日も朝起きたときはそれはもうすごい剣幕で泣いていたのだが、実はそれは「飯を食わせろ」と言っていたようで、私の前の晩のおかずを出してやると、ばくばくばくばく!!と全部食べた。
夜も39度あるというのに、こちらが不安になるほど食べた。
おかげで下痢の量もハンパじゃないんですけど‥。(汚い話ですまん!)

**********************************

今日も近所の友達と朝から遊びに出ているひばり。
お昼を食べに戻ってきたが、午後からまた出かけている。
ああ、こうやって親とは遊んでくれなくなるのね。ちょっと寂しい~。

でも誘いに来てくれる友達ができて、違う保育園や幼稚園の子どもたちなのに本当に溶け込んで遊んでいるようで、そのことは泣きたくなるほどうれしい。
【 2002/06/23 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

なぞのだるだる病

昨日の夕方くらいから、気持ちが悪くなってお腹が痛くなって、足や身体がだるくなってきた。
冷房病かなぁ、なんかそんな感じ‥。とにかくだるくて座ってるのもつらい。

帰りの電車では座れたんだけど、足をずーんと投げ出してだら~んとなりたい気分‥。
気持ちも悪いし、早く横になりたいよー。

家に帰って、何もせずに布団に横になっていたら、少し気分が悪いのが治ってきた。
なんだろう。睡眠不足だったせいか、空気の悪いところで打ち合わせをしていたせいかなぁ。

「この鮭おいしいね」
「だろ?うまいよね、これ」
ひばりと旦那の声が聞こえてくる。
おいしい鮭?た、たべたいかも。食べれば気持ち悪いの治るかも。

布団から出て、夕飯を食べだすも、やはり‥だめらしい。うえっ。
ショック療法と思ったんだけど、気持ちの悪い時になんか食べてはだめだ、ということがよくわかったよ。

結局その後お風呂に入ってすぐに寝てしまった。
はぁ~。なんなんだ、いったいこれは。いやだなあ。
朝起きたらずいぶん良くなっていたけれど、でもやっぱりまだだるいなぁ。

**********************************

「今日も明日も友達と遊ぶ約束をした」と言うひばり。
土曜日はジュンキくんとケンタくん、日曜日はのんちゃんと約束したと言うのだ。
「ジュンキが自分の家に動物の森しに来ていいって。だからケントと公園で12時に待ち合わせしたから」
おいおい大丈夫か。ちゃんとお互いに場所と時間を把握しているのかしら。また奇跡の約束なのでは‥。

11時頃からそわそわしているひばり。
私も心配になってケントくんの家に電話してみた。どきどき。
「あの、今日遊ぶ約束をしてきたみたいなんですけど」と言うと、「あ、さっき”見てくる”って言って飛び出して行きましたけど」
おお、いちおうケントくんは把握していたのね。
しかしジュンキは把握してなかったようで(笑)、家に行ってみたらいなかったそうだ。どうも今日はサッカーの日だったようだ。
というわけで二人で家に帰ってきた。

おお。あなたがケントくんですか。
なんか彼が喜ぶようなおもちゃはないかしら。
え?ピコがやりたい?ちゃんとセッティングできるかなぁ。でもちゃんとやらなきゃ。「なんだよつまんねーな」って思われちゃう!
なんとか接続できたー。二人で楽しそうに遊んでいるよ。
【 2002/06/22 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

微妙

昨日は一日ご機嫌で、お腹の調子もよくなってきたようで、夜には普通のご飯を食べたすみれ。
たいして昼寝もしていないというのに10時20分くらいまで起きていて元気だった。

しかし今朝は目覚めが悪いのか具合が悪いのか、すこぶる機嫌が悪い。
朝食は7割方食べたものの、泣きながら抱っこをせがむ。
こういう時、休ませるか休ませないか、非常に悩んでしまう。

もちろん休ませるに越したことはないのだ。
治ってきたといっても100%の状態ではないわけだし、機嫌が悪いのは具合が悪いのかもしれないし。

休ませる?行かせる?
でも昨日は元気だったしねえ。ご飯も普通に食べたしねえ。
普段の日でもこれくらい機嫌が悪いこともあるしねえ。

今日頑張って行けば明日から休みだし。
来週は手術があるから水曜日からほとんど仕事できないし。
退院してからも1週間保育園を休ませろと言われているから、ということは来週、再来週と交代で休まないといけないんだよねえ。

でも休んですみれに悪いことはなにもないんだよなぁ。
私は、今日はとりあえず休むつもりで会社に言ってきてるから、休んでもいいんだ。
そう言うと旦那も、「来週手術があるから、新しい仕事は受けないようにしているから、休めるよ」と言う。
二人でああだこうだと話し合っていたら、旦那に抱っこされていたすみれがうとうとし始めた。

ああ、やっぱりまだ体調が良くないんだ。
じゃあ来週と再来週のこともあるから、私は今日は仕事に行かせてもらうよ。
ということになって、すみれは休んで旦那がみてくれることになった。

旦那がサラリーマンだった時は、こういう場合は1対4くらいの割合で私のほうが休んでいたけれど、今では逆転した。
旦那は、このためにフリーになったようなものなんだよなぁと思うと申し訳なく感じる。
普通はこういう場合女のほうが会社員を辞めてフリーになるんだよなぁ。
でもそうすると旦那はほとんど育児に参加できないわけで。

「すみれは本当に自分で育ててるって感じがするよ」と言う旦那の顔がにこにこしていることが私の心の支えになっている。
【 2002/06/21 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

お腹

昨日の午前中、保育園で吐いてしまったすみれ。
下痢もしていて、お昼も珍しく残したらしい。

おとといまでは全くそんな兆候はなかったんだけどなぁ。
おとといの夕飯か、昨日の朝食で、何かいけないものがあったかしら。
いろいろ思い当たりすぎて、何が原因なのかわからない。

夕飯の後に、チューペット食べたよなぁ。
メロンも誰よりもたくさん食べてたよなぁ。
朝食に、冷凍しておいたビーフシチューを解凍して出したけど、あれが悪かったのかなぁ。
朝食の後、床に落ちてるご飯を拾って食ってたしなぁ。
お風呂のお湯も飲んでたしなぁ。
とびひのかゆみ止めの薬が結構きついのかもしれないし。
嘔吐下痢に感染したのかもしれない。

保育園では機嫌は悪くなかったらしいが、夕べは夕飯の後お腹が痛かったらしく泣いていて、やはり具合が良くは無いようだ。
かなりひどい下痢だったから、一晩で治るとはとても思えないので、大事をとって休ませることにした。

午前中は旦那、午後からは私がみることになった。
旦那が小児科に連れて行ってくれると言っていたが、月曜日はへその検査で大学病院、火曜日はとびひの薬をもらいに小児科(さすがに例の皮膚科にもう一度行く気にはなれなかった)、そして今日はお腹をみてもらいに小児科へ…。
毎日すみれを病院に連れて行っている旦那なのだ。

************************************

ここのプロジェクトって、本当にコミュニケーションが上手にとれていない。
開発者同士もそうだけど、お客さんと我々との間でもそうで、昨日はお客さんが我々にはなんの打診もなく勝手に作業を割り当ててきて、自分の作業だけでいっぱいいっぱいなのに、これはいったいどういうこと?!もう失敗してもいいってことなんですね?!とみんなの怒りが爆発。

特に、リーダーのTさんは、今でさえ打ち合わせに次ぐ打合せで、全く何の作業もできない上に、今回の無理矢理作業分担でもほとんどの作業に名前を載せられていて怒りが頂点に達して、今日は怒りのハンスト状態に入っている。

本当にうまくいかないプロジェクトにはうまくいかない理由があって、それはもうどうしようもないうねりのようで、破滅に向かってどんどん道を敷かれているようで、無力感におそわれてしまうのだ。

それでも淡々とできることをやるしかないんだけどね。
【 2002/06/20 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

遠足

今日はすみれの保育園は徒歩遠足なのだ。
すみれも保育園の裏手にある公園に行くことになっている。

ワゴンに乗せていくのかベビーカーで行くのか、本当に近くなんだけどまさか歩いて行くってことはないよなぁ。
先生も手間だと思うけど、手間を惜しまずいろいろな行事をやってくれて、本当にありがたい。そういうところがスバラシイと思うのだ、この保育園は。
今日は久々にからっと晴れたし、外で食べるお弁当はおいしいだろう。

いっちょまえに遠足の持ち物には「お弁当、水筒、レジャーシート、ハンカチ、ちり紙、着替え」と書いてあった。
すみれがレジャーシート広げてお弁当の蓋をあけて1人で食べられるわけじゃないもんな。大変だよね。

お弁当も、ひばりの弁当だと、早起きしておかずも何品も作って入れるんだけど、すみれの弁当なんか今朝になるまで忘れていた私。
冷凍してあるミートソースとご飯を混ぜ、冷凍してあるかぼちゃの煮物を解凍してウィンナー入れて、できあがり。

思えばすみれは無認可保育園では毎日お弁当を持って行っていたし、今も除去しないといけない食べ物が多いので、外食の時もたいがいお弁当を作っていっているからなぁ。
あんまり新鮮味がないんだよね。
しかもまだああだこうだ言わないし。

でも考えてみればあのお弁当も、先生がひらいて食べさせてくれるのだから、もうちょっと見栄をはったほうがよかったのかもしれない。

************************************

お昼はタイヌードルのお店に行ってきた。ひさびさ~。
1人の時はよく行っていたんだけど、さすが癖のある食べ物だし、好きじゃない人にしたらつらいだろうからと思って遠慮していたのだ。でも、インドカレーもインドネシア料理も喜んで食べている彼女なので、「どう?」と聞いてみたら、「わーい!」とガッツポーズを作ってくれて、やったー!な私。

あーおいしかった。あービールが飲みたかった。
【 2002/06/19 (水) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR