りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2002年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2002年09月

二人の土曜日

ビーフオフって…和牛のバーゲンでもやったのかい。>おとといの日記。とほほ。

昨日は赤帽さんが来て荷物を搬出した3時半でお仕事は終了。
若いもんは次の作業場所となる大塚へマシンのインストールへ行き、私は勤務表を書きに本社へ…向かう途中でなぜかビーズがたくさん売ってる所に迷い込んでしまい、1時間くらい気を失っている間に、はっと気がつけば手に紙袋をさげていた…。
新しい本を買ったので、ちょこっと足りないビーズと金具を補充のつもりが、ついつい余分なものもあれもこれもと買ってしまい、気が付けば財布はほぼからっぽだったよ…。
でも元気の出ないときにはなによりのカンフル剤だわ。

************************************

今日ひばりはお友だちの家に泊まりに行っている。
夏休み最後の日に、いい思い出ができてよかったね。
しかしひばりがいないとなんかさびしいんだなぁ。そう言ったら旦那は「すみれがいないのもさびしいんだよ」と言う。
肺炎とへその手術で入院したとき、ひばりと旦那の2人だけになって、本当にさびしい~感じだったらしい。
子供っているとうるさいけど、いないとさびしいものなのよね。

旦那が朝からサッカーで出かけたので、すみれと二人。
金曜日の夜を満喫して2時半までビーズで起きていたのに、すみれに6時に起こされる。とほほ。まだ真夜中の真っ最中って感じなんですけど…。
8時半頃まで、うとうとしながらすみれの相手をして、それから朝ご飯を食べて、掃除と洗濯。
午前中にたっぷり遊べば保育園のように3時間昼寝するかもしれないと、とてつもない野望を抱いて、公園へ出かけた。

しかし暑い。直射日光に当たっていると「やばい」感じがするくらい暑い。
家の前の公園はあまりにもカンカンに日が当たっていたので、自転車で日陰になっている幼児公園を探していたら、ひばりが小さい頃にたまに来ていた児童公園にたどりついた。
幼児用の動物の乗り物と、小さい象の滑り台しかない公園。
今のすみれにぴったり。

でも、誰も手入れをしていないのか、すごく汚い。
草はぼうぼうだし、ごみは捨ててあるし、なんか荒んだ気持ちになってきた…。
ゆっくりあそばせようと思っていたが早々に家に引き上げたのであった。

私の思惑通り、お昼を食べながら眠ってしまった。いやっほー。
でも40分でおきちゃった。とほー。
スポンサーサイト
【 2002/08/31 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

失敗プロジェクト

私はとっても気分屋で、気分のいい時は元気で前向きで社交的なくせに、後ろ向きになるとどこまでも陰気に悲観的になってしまう傾向がある。

最近は徐々に「下り龍」状態に陥ってきていて、仕事も「だめだろうなぁ、きっとだめだな、だめになったらどうするのかな」ということばかり考えてしまう。
というか、そもそも下り龍になってしまったのは、もともとだめそうなこのプロジェクト、いよいよだめだなと、はっきり認識してしまったからなのだけど。

こんなふうに会社として大きな仕事を受けて、自分もそのチームのメンバーとして動いていると、自分がどんなに頑張ってもどうしようもないことが非常に多くて、しかもそういう部分がプロジェクトの命運を分けているので、だめになるのをただ見ているような、どうしようもない無力感に襲われる時があるのだ。

いやこれが私が頭がめちゃくちゃ切れて馬力があって、1を聞いて10を知り、マシンやDBや環境の知識もばりばりにあり、ゴリ押しもごりごりできるような、スーパーエンジニアなら、自分の力でなんとかできるのかもしれないけど。

例えば、「これはいったいどうやって実現するの?」という疑問があった時、ここのプロジェクトではまず誰に聞いたらいいのかを把握している人がいなくて、「じゃあとりあえずそこのチームのえらい人にメールを送っておけ」と言われて、メールを送っても何の返信もなく、仕方が無いとあっちこっちのフォルダーをのぞいて、「こ、こういうことなのかな?」と適当に当たりをつけてみたり、もう直訴しちゃえーと体当たりしてみると、当たる相手を間違えていて「ほえ?」という反応がかえってきたり…。
なんか効率悪いんだよー。
一事が万事その調子で、もうすごいジレンマなんだ。

全体を見渡せる人がいて、そういう人が取りまとめてくれるとか、せめて体制を作ってくれればいいんだろうけど、それって結局はお客さんがやることなんだよね。
でも失敗したら私たちのせいになっちゃうんだよな。ふう…。

とサラリーマンの悲哀をにじませる今日この頃の私。
でもチームとして仕事しているから楽しいことや救われる部分もたくさんあるし、「私1人のせいじゃないもーん」「最後は会社がなんとかしてくれるだろう」という面もあるわけで、あんまり深刻になるなよ自分!とも思うのであった。
【 2002/08/30 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

関内ビーフオフ

昨日はビーズオフ。
関内に集まって、ビーズ屋さんをひやかして、それからお座敷でランチを食べながら、お互いに持ち寄った作品を見せ合おうという内容。
しかも今回のオフは「すてきな奥さん」に写真がちらっと載るらしく、カメラマンも同行するのだ。

「今日はどこへ行くの?」と旦那に聞かれ、さんざん考えた挙句、「せきうち」と答え、「かんないでしょ」と訂正された私。ちゃんとたどりつくことができるのだろうか。
中央線にさえ乗れなかった女なので、待ち合わせしたホームにつーママさんが現れるまでは生きた心地がしなかったよ…。
横浜というと遠い!!というイメージがあったのだが、楽しくおしゃべりしながらだったので、あっという間だった。

関内のおしゃれなビーズ屋さんにぞろぞろと向かう。
9名+カメラマン1名という見るからにあやしい私たち。
浅草橋価格に慣れているので、「こ、これって1粒の値段なの?!」と驚きつつ、でもなんか荒らすだけ荒らして何も買わないのは悪い気がして、かわいいベネチアンがあったので、幾つか購入。>いや単に欲しかっただけなんだけど。

その後、予約してあったお店に移動してランチ。
わー個室だー。
乾杯しているところの写真を撮ってもらって、おいしいランチを食べながらあれこれおしゃべりした後、つーママさんがプラケースにぎっちり入ったアクセサリーを取り出したのを皮切りに、作品見せ合い開始だ。
皆が持ってきたアクセサリーを一通り取り出して机に並べると、もう圧巻。
うわーすてきー。これってどうやって作ってるの?何の本に載ってるの?
きゃ~ゴージャス~。重そう~、え?偽パールだから軽い~。わはは~。

デザインや色合いにそれぞれの個性がにじみ出ていて、本当に面白い。
いっぱいあると、あれもこれも見たいととっちらかってしまって、家に帰って来てから、あーもっとゆっくり見せてもらえばよかったーと後悔しきり。
でも面白かったー。

集合写真を撮らせて下さい~と、撮影用の傘を広げ、1つの机の上にごちゃ~っとビーズを集め、みんなでポーズをとっていたら、カメラマンがそれとは知らずに背中で呼び出しボタンを押していたらしく、お店の人が「お呼びでしょうかか」と入ってきた。
悪い事をしていたわけじゃないんだけど、なんとなくバツが悪かった~。
きっと「今日来たあやしいお客NO1」だっただろうな、私たち。
【 2002/08/29 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

久々の夜泣き

夕べ、すみれを寝かしつけて、ビールをぷしゅっとあけて、ビーズを広げたのが10時半。あー幸せだー。
しかし数時間後に、そんな私のささやかな幸せを奪う、地獄の底から湧き出すような叫び声が…。

すみれの夜泣きだ。
寝る直前まできゃっきゃ言って遊んでいて、いつものCDをかけながら抱っこしていて6曲目くらいで気持ちよ~く眠りについたはずなのに。

最近のすみれはほとんど夜泣きをしなくなり、たまに泣いても少し抱いていれば、またすぐに深い眠りに入っていくのだが、夕べはどうしたことか、抱いても置いても一向に泣き止まない。
広げたビーズを恨めしく見つめながら、すみれを必死になだめるも効果なし。
お茶を飲ませたり、抱いてゆすったりさすったり、あれやこれやしていたらどうにかおさまったのが1時半くらいだった。やれやれ。
すみれを布団に置いて、私もすぐに眠ってしまった。

が、しばらくするとまたすみれの怒声。時計を見れば2時。
なんだよ。30分しかたってないじゃん。
一回眠ってしまったらもう体が動かなくて、しばらく抱き上げることもせず放置していた。

ぎゃあぎゃあ泣きながら私のところまでやってきて、どうにかしてくれとでも言うのか、私にすがりつくすみれを、暴力的な気持ちをおさえきれずに、払いのけてしまった。
泣き声はますますヒートアップ。
ひばりもついに起きてしまった。

泣いているすみれに布団を押し付けて、泣き声を小さくしたいという衝動にかられる。
あーこれで、壁が薄くて隣の人にいやがらせで壁をどんどん叩かれたりしたら、本当にそんなことをやってしまうかもしれないなぁ。隣に住んでいるのが耳の遠いおばあちゃんでよかったよ…。
自分の時間と睡眠を暴力的に奪われた怒りに負けそうになる…。

あーあ、前はこんなのが毎晩だったんだよなぁ。よく乗り切ったな、私。いやあれは一人で乗り切ったんじゃなくて、旦那にものすごく助けてもらってそれでなんとか乗り切れたんだった。
そんなふうに思ってすみれを抱き上げて暗い居間で抱っこしていたら、そろそろ寝ようと入ってきた旦那がかわってくれた。

ビーズをやっていて2時半過ぎまで起きていることもあるというのに、今朝は死ぬほど眠かった。
自分の好きなことをして起きていたら朝もつらくないのに、夜泣きだとこんなにつらいなんて。勝手だね。
【 2002/08/27 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

大掃除

昨日は朝から3時半くらいまで掃除していた。
まずは和室の押し入れにメスを入れることにして、一通りの物を取り出したら、それはもうすごい状態に…。
あーなんでこんなものを私は後生大事に取っているんだーっていう物や、なぜこんな物が押入れに?!っていう物もうじゃうじゃ出てきて、げっそり…。

例えば、旦那に昔もらった宝石箱。どこに置けばいいねん?っていうどでかいケースなんだけど、その中にはとても「宝石」とは言い難いがらくたがいっぱい…。下手したら私が中学生くらいの時に、こんなふうに掃除していた母に「あげる」ともらったんじゃないかというような、明らかに偽物とわかるパールのネックレスや、サイケなブレスレット等がいっぱいあった。
ばらしてビーズのパーツに使えそうな物は別にとっておいて、あとはガンガンごみ袋に入れていく。
中にはとてもプリチーなネックレスがあったので、宝石箱とともにひばりにあげた。ひばりは大喜びだったけど、ひばりの机の上にどーんと置かれた宝石箱。どう見ても邪魔だよな~。今度子ども部屋を掃除する時には、捨てることになるかもしれない。

旦那の仕事部屋もものすごいことになっているので、旦那も旦那で仕事部屋の掃除。
私が心の中で「ごみ溜め」と呼んでいるその仕事部屋は、生協の箱や空になったダンボール、休日にしか使わないママリュック、物置にもう入れられないので置きっぱなしになっている電化製品などで、誇張ではなくごみ溜めになっている。
よくこんなところで仕事できるよなぁ。
文句も言わず、かといって片付けるでもなく、そんな中で黙々と仕事をしている旦那に感嘆の念と深い愛情を抱きつつ、「きったねー!」と口では激しく罵る私なのであった。

ひばりは、旦那の部屋の掃除を手伝ったり、お昼を作るのを手伝ったり、結構役に立ってくれた。
すみれはもちろん邪魔以外の何物でもないのだが、それでも出てきたゴミとたわむれたり、ベランダをうろうろしながら、それなりに過ごしていた。
あーひばりの時じゃ考えられないわー。やっぱり二人目って楽なのかなー。
ただこの人は掃除機を見れば「わしがわしが!」とご乱心してしまうので、なかなか掃除機をかけられなかったよ…。

夕方からひばりのピアノがあったので、「今日のところはこれで勘弁してやろう」と誰にともなく宣言し、大掃除第一弾は終わったのであった。
【 2002/08/26 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

私の机への道

自分の机がほしい。自分のお城がほしい。
最近私は、その野望にとりつかれてしまっている。

ノートPCを食卓の上に置いて使っている私。
しかしこのごろ自力で食卓のいすに座れるようになってしまったすみれ。
この間も、すみれが眠くなるまで放っておこうと、自分は布団の上でごろごろしながら本を読んでいたら、なにやら居間から不穏な音がかちゃかちゃと。
ひええと思って行ってみると、私がいつも座っている席にちょこんと座ったすみれが、マウスをかちゃかちゃ操作していた。行ってみたら、「削除します、よろしいですか?」のメッセージが‥!よろしくないです~。
というわけで、最近パソコンはすみれが寝てからじゃないと広げられないのだ。

そしてビーズ。
私は、スワロフスキーやチェコビーズなどは、100円ショップで買った仕切りのあるケースに色分けして入れて、それをりんご箱に入れている。
これだけの勢いで買っているので、それはそれはものすごい量で重さもすごくて、このりんごの箱をおろすとき、腰が抜けるんじゃないかといつも思う。
そのほかに、丸小丸大ビーズを入れた丸いケースがぎっしりつまった箱、テグスや金具が入った箱などがあり、ビーズをやるべーと思ったら、まずそれらの箱をよいしょっと棚からおろして、コタツ机でやっている。
そして寝る前にまたビーズを棚に上げるわけだ。

ああ、これらをちゃんと置く場所があれば。そしていつでもさっと広げてできるスペースがあれば。
私の机‥。それは、この混沌とした我が家の中で、そこだけきらきらと輝くようなスペースなのだ。(イメージ)

もうこうなると何が何でも欲しい。しかし居間に机を置くスペースなどない。
ということは、あれをこっちにしまって、こっちにしまうためには、もともと入ってる物を捨てるか片付けるかしなければならないわけで、そうやって今居間にどーんと鎮座しているボード(私が学生時代に買った安物)を捨てて、その代わりに横幅は小さくて、しかしもっと高さのあるそしてすごく沢山収納できる棚を買って、あいたスペースに私の机を置くのだ!

というわけで、今日は「私の机野望実現への第一歩」として、和室の押し入れの大掃除。
午前中から3時半までやって、押入れはずいぶん片付いた。でも居間にはまだなんの関係もない‥。
あー道は遠い‥。
【 2002/08/25 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

科学技術館

結局、科学技術館に行ってしまった。
朝起きたらすみれも元気だったし、ひばりはもうすっかりそのつもりでおさまりがつきそうになかったし、旦那がいないからってばーんと遊びに行けないのは悔しいような気がして。

大江戸線で新宿まで行き、都営新宿線で九段下へ。
あーら、意外と近いじゃない~。
九段下から科学技術館までは結構な上り坂だったけど、でも久々に武道館を通って懐かしかった~。
今日は人気のバンドのコンサートがあったようで、午前中からコスプレした若い子がいっぱい並んでいた。お人形みたいなメイクや服装の子が多くて、中には白塗りの子も。
ひばりに「あれはみんなピエロの修行をしに来た子たちなんだよ」と言ったら、「えー?違うよー。お芝居する人でしょ?」なんて言う。
「あの白い顔にしてる子は、あまりにもひどい顔だから、ああやって隠してるんだよ」「ほら、また集団が来た。つかまると仲間にされちゃうよ」
いろいろ言ってみたが、何一つ信じてもらえなかった‥。

で、科学技術館。
2Fから4Fと回っている間は、「あーこれは電力館と一緒だなぁ。い、いまいちだったかも」という気持ちでいっぱい‥。
自転車をこいで電力をおこすとか、パソコンでちょっとしたゲームをするとか、いろいろ面白いブース(?)はあるにはあるのだが、やはり「お勉強」っぽいものが多く、楽しさでいったら「小うけ」程度。
もっとじっくり私が説明してやればいいのだろうが、すみれがちょろちょろするのでそうもいかず、ひばりがわけわからずやってみて、「??」というものが多く‥。
旦那がサッカーの帰りに寄ってくれることになっているけど、とても5時までもちそうにないなぁ。

でも5Fに行ったら、うはっときた~。
部屋中にレールのようなものが走っていて、途中にいろいろな仕掛けがあって、そこを大きなボールが通って行くのだが、その仕掛けを動かしてボールを進めていく、という部屋があって、これが単純なのだがなかなか面白い。
ひばりはもちろん夢中になってやっていたが、すみれもようやくうはっときて、楽しげにハンドルを動かしたりしていた。
他にもパソコンに自分の写真を取り込んで、面白く編集するコーナーや、巨大しゃぼん玉に入るコーナー等があり、結局閉館時間まで、たっぷり5時間遊んだ。

楽しかったけど、疲れたー。一人で二人はきついわー。
【 2002/08/24 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

土曜日の過ごし方

夕べのひばりは10時前にさくっと眠った。なぜなら学童に圧力をかけたから(笑)←使いすぎだって。

すみれは、おとといと昨日は珍しく保育園で「元気がなかった」らしい。
家では結構元気、っていうかいつものように暴暴なんだけど、どうしたんだろう?
久々の保育園で、しかもフルフル1週間だから疲れが出ているのだろうか。
旦那は「1ヶ月くらい行ってないから、先生たちの中ですみれが美化されているんじゃないの?」なんて言ってる。
いつもにこにこ天使の笑顔のすみれちゃんが、なんかきぃきぃ言い通しで、おかしいわって思われてるって?
まさか、そんなことはないだろう。
なんにしても、妙に不機嫌だなぁと思うと、何日かすると具合が悪くなるというのが、お決まりのパターンなので、ちょっと気をつけていよう。

と言いながら、今週も来週も旦那が土曜日はサッカーだから、ひばりとすみれを別行動っていう手をつかえないんだよなぁ。
ひばり一年生の夏休みももうすぐ終わる。もうちょっとどこかに遊びに連れて行ってやりたいなぁという気持ちも強くて、むうう。
すみれに無理させるか、ひばりに我慢してもらうか。
悩みどころだなぁ。

昨日、担任の先生への残暑見舞いに「なつやすみももうちょ(っ)となのでいっぱいあそびにいきたいです」なんて書いていたからなあ。
でもお天気もいまいちだねえ。
室内ですみれもひばりも楽しいところっていったら、渋谷の児童館くらいしか思いつかないなぁ。でも遊びたいフロアーが違うから、「じゃあひばちゃん1人で屋上行ってきて」ってことになりかねないし、それじゃあひばりもつまらないよなぁ。誰か友達でも誘うか?でも誰を?

あとは、丸の内の科学技術館か。
子どもの遊び場ガイドを見て、ひばりがずっと行きたがっているんだよな。
すみれはたいして面白くもないだろうけど、うろうろ歩き回るくらいは大丈夫そうだから、そこにするか。

なんてことをぼーっと考えながら、昼休みは過ぎていくのであった。
あーどうしよう。
【 2002/08/23 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

引越しできるのか?!

実はこのくそのような作業環境とも8月いっぱいでお別れの予定なのだ。
開発に入るので(入れるのか?)自社に戻ることになっているのだ。

しかし何にしてものびのびになるこのプロジェクトのことだから、そんなこと言っても、9月に入っても自社に戻れないんじゃないの?という気がしてならないのだが。
いや、こんなにひどい席でも、「9月で出て行くって言ってたんだから、とっとと出て行け!」って追い出されるのだろうか。その可能性は高いなぁ。

もちろん出て行きたいのはやまやまなのだが、かといって、自社のほうでちゃんと作業が進められるような環境にできるのだろうかという不安も大きくて、非常に複雑な気分なのだ。

しかもドラえもん(課長)が全く頼りにならないから、自社の方でもちゃんと人数分席とマシンを用意してあるのかとっても心配。
何より来てもらっている協力会社の人に申し訳なくて恥ずかしいよ~。頼むよ、そこのところ、ちゃんと段取りつけておいてよ~。

って言うと、必ず「大丈夫」っていうんだ、ドラえもん。でもこの人の大丈夫は常に(と思う。たぶん。でもだめだったらごめん。)が付いているんだよなぁ。

それに実際問題、今この状態で自社にもどってしまうと、ますます情報が流れてこなくなってしまうことは目に見えているのだ。
なんといってもここならサーバーにつながるので、既存の資料ものぞけるし、ちょっとしたことなら人に聞くこともできるけど、今度こそ離れ小島になってしまうので、何かわからないことがあった時、今以上に解決に時間がかかりそうだよなぁ。

そしてこの段階になっても、まだまだわからないことだらけだし、決まってないことだらけで、それなのにもう開発に入ってしまうのだ。そして、今回使うVCのことが全くわからないにもほどがあるので、その部分でもかなり不安なのだ。

せめてこのプロジェクトに入ったからにはVCの1つも覚えたいと思って「私も開発やりたい」って言ったら、何を言っても受け入れられないのに、なぜかその希望だけは聞き入れられて、開発もすることになっている私。
…できるんだろうか。いややるしかないんだけど。
若いもんにまじって、若いもんの足を引っ張らないようにしなくては。
【 2002/08/22 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

プログラム印刷

夕べは実家で晩ご飯。

母の生徒さんたちがジョイントコンサートをすることになって、そのチラシやプログラムを作ることになった私。

母のところには、旦那のおさがりのPCと、母の日にプレゼントしたHP社のプリンターがある。
とりあえずチラシのほうは、旦那が実家に行って、ファイルをPCに落としたり、印刷の設定をして、「ここを押しさえすれば、出ますから」という状態にしてくれて、無事印刷し終わっていた。
次はプログラム。こちらは用紙が横書きで、チラシの時とはマージンなどの設定も少し違う。

というわけで、昨日はファイルを落として、テスト印刷をしてみたのだが…。
家のプリンターはCANONなので、微妙に設定が違うんだよね~。
で、こういうものって見た目が勝負!だから、「色が濃い」とか「タイトルが少し左に寄ってる」とか、その手の微調整が結構大変なのだー。
かんたんに「もう少し右に寄せて」といわれても、そんなに簡単にはできないんだよ~。

そしてようやくブツが出来たら、今度は母にプリントアウトの仕方を伝授しなければならない。
プリンターのせいなのか、使ってるソフトのせいなのか、印刷の設定が保存されないので、いちいち設定しなければならなくて、印刷キーをぽんと押せば出るというわけにはいかないのだ。
「まず、このファイルっていうところを選んで、それからこの印刷っていうのを選んで~。で、ここにあるプロパティを押して」
「え?プロ?どこ?なに?」
激しくぎょえ~っな状態に陥っている母に、ぎゃあぎゃあと印刷方法を伝授。
帰る頃にはなんとか1枚出してから大丈夫だろう(多分)。

こういうとき、冷静に教えられる旦那はつくづくえらいと思う…。
私はすぐにうぎゃー!となってしまうのだよ。

でも私の母は非常に馬力があるので(なにせ、チラシ400枚は1晩で印刷しきってしまったのだ。しかも1枚ずつ)、夕べのうちにプログラムもほとんど印刷しきってしまったかもしれないな…。

おかしかったのは、いちいち設定して1枚ずつじゃ大変だからと、何枚かずつ印刷しなよと教えたら、やたらと「でも紙が厚いのよ」と言うので何かと思ったら、プリンターの中でいっぺんに印刷して出すのかと思っていたらしい。
いっぺんにって、どうやって?
ちょっとなごんでしまった。
【 2002/08/21 (水) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR