りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2002年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2002年10月

めそめそは嫌い

夕べ急にセンチメンタルモードに入ってしまったひばり。
「学校に行く時、ママと離れなきゃならないのが寂しい」と言って泣き出した。
たまにこの人こういうふうになる時があるのだ。

しっかりしているように見えることもあるけれど、まだまだ赤ちゃんなところもあって。学校では家のようにいつも自分が中心になっていられるわけではないし、意地悪をする友達もいるし、気がついたら1人っていうこともあるし、友達関係もなかなか大変なのだろう。
授業もひばりにとっては結構ムズカシイようで、楽々遊び半分でできるといった感じではなく、授業中もぼやぼやしているとやりきれなかった分が「のこ勉」になってしまったりするので、気が抜けない。
しかも今の班は暴暴揃いで、話し合いをしてもまとまらなくて、とかく連帯責任になりがちなので、そのたびにヒヤヒヤしたりして心労も多い。

まあその気持ちはよくわかるよ。
私だって、日曜日の夜はいつも気持ちがちょっぴり重くなるんだ。

でもわかるわかる、そうだねえ、なんて優しく言っていると、どんどんおセンチモードがパワーアップしてきてしまって、全く収束しないのだ。
それに、いくらかわいい我が子でも、ぐずぐずめそめそ言われると、途端にいらいらしてきてしまう私なのだ。
がーっ。今学校で君はいろんな勉強をしているんだよ。国語も算数も、人間関係だって不条理なことだって、これから生きていく上でどれも大事な勉強なんだから。四の五の言ってないで精一杯やれー。今頑張らなくていつ頑張るんだ。7歳児が愚痴こぼすんじゃねー。めそめそすんなー。

と心の中で叫んでいたが、私がぶちきれて叫ぶ前にひばりは泣きながら眠りについた。
ほっ。よかった、言葉の暴力を爆発しなくてすんで。

さあじゃあビールでも飲みながら勉強でもすんべー。
そう思ってPCを立ち上げてこちょこちょやっていたら、寝室から泣き声が。
なんといったん眠ったはずのひばりがふとしたことで目覚めてしまい、私がいないので泣いているのだ。
がーっ。やっと寝たと思ったのに。しかも私に聞こえるように大きな声で泣くからすみれまでつられて泣き出してしまった。

「ああもう!いいかげんにしてよ。いつまでめそめそしてるの!すみれが起きちゃうでしょ!眠れないなら寝室を出て一人で静かに起きてなさい!」
もうきぃぃぃっとなって、がーっと怒ってしまったのだった。
スポンサーサイト
【 2002/09/30 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

机購入

ついに私の机を購入した!!

ずいぶん前から家具屋をあっちこっちまわっていて、だいたい机とリビングボードは決まっていたのだが、旦那が「もうちょっと見てから決めたい」と言い張っていたのだ。結構こういうことを面倒くさがらないのだ、この人は。(すぐに面倒になる女>私)
私は毎日曜日に家具屋をまわるのはすみれとひばりに申し訳ないし、買わずに帰ってくると、「ああ、また買えなかった」となんとなくがっくりしてしまうので、もうあれでいいよあれ!暇な時買っておいて!くらいの気持ちでいたのだ。

ひばりは「今日はどこかに遊びに行きたいなぁ」と言っているし、朝すみれのおでこがちょっと熱かったのも気になる。
でもいい加減机モンダイも決着をつけたい。
それにはまず、掃除と洗濯と洗濯物をたたんで(1週間分たたまずにいると、もんのすごい量になる)衣替えをしなくちゃいけない。しかもすみれがひゃーひゃー言うので、大人二人が一度に作業することができない。

一通りの家事が終わるともうお昼。
とりあえずお昼は回転寿司でも食べて景気づけだ!
今回行ったのは全皿100円の回転寿司。
ひばりが大きな声で「ええ?ここって全部100円なの?じゃあうにも100円なんだね?やったー。いっぱい食べていいんだね!」なんて言うんだよ‥。恥ずかしい~。
ひばりは5皿、すみれもなんと4皿も食べた。(しかし最後のシャリは残した)すみれなんか納豆巻き食べながら、「おいちいおいちい」とほっぺを叩いて絶賛。

それからみんなで家具屋へ。
あまり期待していなかったのだが、決めていたのと同じような机がかなり安い~。わー、頑張って来た甲斐があったわー。(いや私は車に乗ってただけで、何も頑張っちゃいないんだけど)
もう今日絶対買っちゃうよ!の勢いがあったので、即ご購入。これで私の机野望がついに現実のものに‥。くー、みんなありがとうー。
その後、目をつけていたリビングボードを売っている店に移動して、そちらもご購入。
10月6、7日に届くことになった。
わー、机が来たら、何をどこにおこうかなぁ。夢はふくらみまくり。でもきっとすぐにごちゃごちゃになるんだろうなぁ。目に浮かぶようだわ‥。
【 2002/09/29 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

送別会

今日は大阪に行ってしまうゆきさんの送別会。
そういえば前に会った時私はお腹が大きかったんだったっけ。育児休暇に入ってから「当分いけなくなるから」と、昼に夜にとよく出かけていたよなぁ、あの頃。

こういう集まりがあると、なんとかして子どもを置いて行こうと考える私。
だって、ひばりはまだしもすみれ暴なんか連れて行ったら、もう暴を抑えるだけで精一杯になっちゃうんだもん。
と言いながら、出かける直前に、「あれ?ママ出かけるの?」と、ちょっとついて来たそうな様子を見せたひばりにも、「大人が集まっておしゃべりするだけだから、つまんないよー」「子どもも来るけど、みんな小さ~いんだよ(嘘)」と言って、「じゃあやめておく」と言うように仕向けてしまった。

食べて飲んでしゃべって‥あー楽しかった。子どもも皆かわいくて、ひばりを連れて来てもよかったなぁと思った。でも次回もきっと置いていく‥。

**********************************

昨日は会議があって、午後から客先へ行った。
おやじから「他チームの実装担当したやつが来るから、(私の疑問が)かなり解決できると思うよ」と電話がかかってきたので、出かけて行ったのだ。

おやじに呼ばれる会議はいつも上の人たちが集まって、抽象的な話が多くて、はっきり言って時間の無駄。でも「プログラムを作った人が来る」と言うので、私以上に忙しい他チームのNさんにも声をかけて連れて行ったのだ。

なのに集まったのは、大嫌いな能面おやじ以下、どう見ても「あんたたちプログラムは作らないでしょ」というメンバーなのだ。
会議の内容もこの期に及んでまだ抽象論。おいおい。今更こんなこと話していて、10月末にプログラムに実現しろっていうのかよー。

しかも、この人たち、妙に明るい。
こっちはもう青筋立てて必死こいてやってるっていうのに。「だったら寿司だな」って、まだ寿司寿司言ってやがるー。

一緒に行ったNさんは、「なんなんですかね、この人たち」と怒りを通り越してあきれ果てていた。
上の立場にいたら、こうも悠長に構えていられるものなのか。
帰り際おやじに「自分が一言言ったら、ハイって次の日には物が簡単にできると思ってるでしょ?」と捨て台詞を残して、帰ってきたのであった。
【 2002/09/28 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

うどん

昨日すみれに卵黄を半さじ食べさせたが、特にぼつぼつは出なかった。ひゃ~。
こんなことならもっと早く血液検査をしてやればよかった?
でも1年前にパッチテストしたときは、物の見事に反応が出たんだよなぁ。
体質が変ったのかなぁ。

保育園にはとりあえず小麦は家でもあげているのでOKですと伝えると、早速昨日のお昼はみんなと同じうどんを食べたらしい。
今までは1人違うものを食べていたんだね、すみれ。みんなと同じ物が食べられて良かったね。
それにしても、今まで麺類の時、すみれのために、別のメニューを作ってくれていた、調理さんにも感謝感謝。あー今ごろ何感謝しているんだ、私は。もっと早く感謝すべきだったんだわ。

連絡帳には「アレルギー検査の結果よかったです!今日は早速うどんをあげると、喜んで食べていました。ケーキも食べられるようになったらいいですね!」と書いてあった。
当たり前なのかもしれないけど、こんなふうに何かあると素直に一緒に喜んでくれて、本当にうれしくなってしまう。

若い先生ばかりなので、最初は頼りなく感じることもあったけど、ベテランならいいってもんじゃないよな。逆に子育て経験があるからっていって、妙に自信を持っていて、自分の子を育てたときみたいに、荒々しく子どもに接する人よりは、よっぽどいいような気がする。いやもちろん、ベテランですばらしい保育士の方もたくさんいるけど。

毎日送り迎えをしている旦那は私以上にそれを感じているようで、「本当にかわいがってくれてるし、卒園までここでいいんじゃないかなぁ」なんて言い出している。
こんなによくしてもらっているのに転園を希望するなんて、なんか恩知らずのような裏切り者のような気持ちがするらしいのだ。

たしかに。ちょっと遠いけど、いつも送り迎えしてくれている旦那に不満がないのなら、それもいいのかもしれない。
何より、ひばりの行っていた保育園と色々な面で違うので、そこが新鮮で面白い。
きっと今行っている保育園でもこれから先いやな思いをすることが少なからずあるかもしれないけど、どうせ何かあるなら、知らないことのほうが、面白がれるかなぁー、なんて消極的なことを考えたりもして。
そろそろ転園願いの期限が切れる頃なのだが、もう出さなくてもいいかなぁと思い始めている。
【 2002/09/27 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

アレルギー検査の結果

今日ひばりは遠足。
春の遠足が「歩いてばっかりだった」そうで、あまり期待はしていないようだが、それでも「お弁当楽しみ!」「どんぐり拾うんだ!」とうれしそうだ。
夏休みは学童がずっとお弁当だったので、できるだけあの時のお弁当とは一味違うスペシャルなやつを作ってやろうと思っていたが、できてみたらとっても普通だった…。

10月には学童の遠足もあるし、すみれの運動会もあるし、なんかこちらまでうきうきうれしくなっちゃうなー。
すみれの保育園からは「お家で作ってきてください」と、ポンポンの元(っていうのかな)を持ち帰ってきた。ビニールの紐をぎゅっとまとめてあって、それを梳いてほそーくする。
妙にむきになった旦那が、梳きバサミを出してきて梳き始めて、床はもうくずだらけ。
それでもまだ出来に満足できないようで「ううん。明日も頑張ってみるか」なんて言っている。い、いいじゃん、それで。十分だと思うんだけど…。

************************************

すみれのアレルギー・血液検査の結果が出た。
なんとシロ。
卵も小麦粉も問題なしだと言うのだ。
えええ?ほ、ほんとう?

それでも今でもたまに、ぶわーっと発疹が出たり、痒そうにしていることもあるんだけどなぁ。
それは食べ物には関係ないっていうのかい?
あとは、認識できていない食物にアレルギーがあるのか。

はっきりさせたくて受けた検査だけど、ますますわからなくなっちゃった。
でもとりあえず小麦と卵の除去はやめてみようと思う。

小麦に関しては、最近は毎朝パンを欲しがるので、卵が入っていないパンを買って来て、あげている。
卵は今のところ完全除去しているのだが、先生からも大丈夫と言われたことだし、今朝は早速ゆでたまごの卵黄を半さじほどやってみた。
これで卵がOKとなったら、なんか外食への道がいっきにひらけるなー。ぱらぱらぱら~♪

なんでも食べるすみれだけど、なんでも食べさせるわけにいかないので、今までは外食しようといったら、すみれの分はおべんとうを作って持っていっていたのだ。
それでもやっぱりみんなが食べている物をほしがるので、私や旦那は、できるだけ辛くないもの、卵が入ってないものを頼むようにしていたのだ。
それが、卵解禁となれば、すみれ用に子どもメニューを頼んでやれるってことじゃないか。ひゃっほー。
【 2002/09/26 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

おやじの気持ち

昨日は1週間ぶりに登園したすみれ。
体調がいいということもあるのだろうが、非常にご機嫌で過ごしたらしい。
帰ってきてからの機嫌も良く、ぎぃぎぃ言うようなこともなく、旦那はすごく楽だったと言っていた。
大事をとって家にじっといた日、月曜日よりよっぽどご機嫌じゃないか。
もしかしてあの機嫌の悪さは、遊び足りなかったせいなのかい?

すみれは保育園の木馬が大のお気に入りで、連絡帳にはいつも「今日も木馬に乗ってうきゃきゃ笑ってました」「木馬に乗って激しく揺らしていました」と書いてある。
この間児童館に行った時、木馬があったのだが、たたたっと駆け寄って木馬にまたがったすみれが、慣れた様子で上手に揺らしていたので笑ってしまった。
しかも転げ落ちそうなくらい激しく揺らしている。
まさに暴れ馬…。すみれにぴったりだ。

一日中ぎぃぎぃ言われ通しだと「暴」にしか見えないすみれなのだが、ご機嫌だと本当にこれ以上のかわいさがあるだろうかと思うほどかわいい(親ばか)。

夕べも「おやすみ」と言って電気を消すと、ひばりはすぐに目をつぶったのだが、すみれはまだ寝る気がしないのか、寝室の棚の上に座って足をぶらぶら。しかししばらくしたら、たたたっと自分の布団の一番下に移動してお尻をつきだしてうつ伏せ寝。
しばらくは目をつぶっているのだが、まだ元気があまっているものだから、その状態からぴょんっと首を持ちあげて、こちらを見る。
私と目が合うと、にこっととろけるような笑顔。
そしてまたうつ伏せになる。
がまた少しすると、ぴょんっと顔を持ち上げてこちらを見る。

そのようすはまるで野うさぎのようなのだ。
そのうちぴょんがなくなったなぁと思ったら、眠っていた。

くうう。かわいい。
そうかかわいかったのか、すみれは。
一日一緒にいると気がつかないけど、昼間仕事で離れていて久しぶりに会うと、ものすごくかわいく見えてしまうものなんだなぁ…。

でもそれってたまにしか子どもに会えないから「かわいいかわいい」って猫っかわいがりする、おやじと一緒じゃん。
そうか、私は今「おやじの気持ち」ですみれを見ているのか。
なんだか愕然とした夜であった。
【 2002/09/25 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

リスケ?

金曜日、水面下でばたばたと動いたリスケの話は、どうやらお客さんともおおむね合意している話らしい。
だから多分そういう方向で話は進んでいくのだろう。

ドラえもんは完全に蚊帳の外という状態だったので、最初に話をもちかけてきたYさんが勝手に言っている話だと思ったようだ。
Yさんは、もともとうちの社員だった人で、ドラえもんとは同期だった。今はフリーなのだが、仕事ができてお酒が飲めてなにかと話を聞き出すのがうまいので重宝がられて単価も高い。
仕事はできるけど、この人、責任感に問題があるんだよなぁ。
今回も彼が動いてくれたおかげで、リスケの話が現実になったというのはあるのだが、「いざとなったら逃げちゃえ」と思っているのが見え見えなのだ。
彼がリーダーとしてもうちょっと積極的に動いてくれたら、なんとかこのプロジェクトも機能するような気がするのだが、「もしそう言い出したらぼったくってやる」と明言しているので、ドラえもんもそうしたくないようだ。

あと同期だったということもネックになっていて、ドラえもんはあくまでも「自分のほうが立場は上」という態度を貫こうとしていて、それがまた良くないのだ。
もうこの際、メンツとかそういうのはうっちゃって、みんなが自分ができることを一生懸命やろうよ。
上だの下だの、俺を通せだの、話の順番がだの、言ってる場合じゃないでしょ。

今回は、とにかく無責任男のYさんが「さすがにやばそうだ」と察して動いてくれたので、私も直接メールを送ったりしてなんとか少しはいい方向に行きそうな気がしているのだが、この手がいつまで使えるか…。

私が金曜日に直接メールを送ったのはこのYさんと、あと私をこのプロジェクトに呼びやがったおやじ。こいつは全くもう何を勘違いしてか、っていうかそれを承諾してしまったうちの会社が悪いのだが、お客さんの側のリーダーになってしまったのだ。
うちの会社からお金をもらっているくせに、まるで自分もお客さんかのような顔をして「あれはまだか」なんて平気で言ってくるのだ。もうあったまくるのだ。

でも私のメールを読んで電話をしてきて、「おまえの言っていることはもっともだ」だってさ…。じゃあ、もうちょっとなんとかしてちょーだい…。
こちらの状況をなんとかわかってもらおうとしたけど、我々の間には深くて暗い川があるらしく、理解してもらえた気がしない。
【 2002/09/24 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

父帰る

昨日の夕方5時ごろに旦那が帰ってきた。
かちゃっと玄関が開く音がしたら、たかたかっと走って行って、リビングのドアにかじりつきになるすみれ。
ドアがあいて旦那が入って来た途端に旦那の足にすがりつき状態。
「やーただいまー。あ、あれ?すみれちゃん?」
カバンを下ろす間もなく、すみれの激しい抱っこコールに迎えられていた。

確かに昨日はすみれも疲れが出たのか機嫌があまりよくはなかったのだが、それでも私とひばりと3人の間はそれなりに過ごしていたのだが、旦那が帰って来たとたん、なんだかどうしようもない状態になってしまった。
大好きなパパがそういえばこの2日いなかったということに、初めて気がついて、「ひ、ひどい!私は暴れてもいいはずだわ!」と思ったかのようであった。

ひばりも昼間は元気だったくせに、夕方になって咳がひどくなってきて、旦那に「大丈夫?」と聞かれると、「ううん。昨日の夜も咳で何度も起きちゃって。1時も2時も3時も。たいして眠れなかった。げほげほ。」なんてぬかしやがる。
がーっ。あんたが自分の咳で起きたのは11:30の1回きりだよ!!なに急に具合悪がってるんだ!

「どうしても行きたいっていうから、土曜日すみれにも無理させて、出かけたんでしょ!今日だって全然平気っていうから公園に行ったのに。さんざん遊んで最後の最後に具合悪いってなんなの、それは!!もう2度と行かないからね!」
きぃぃぃっとなってがーっと怒鳴りつけたら、「ご、ごめんなさい」と謝ってきた。
が、なんだか私の腹の虫はおさまらず。せっかく楽しかった土曜日にもケチをつけられたような気持ちになって、そのあとなかなかご機嫌をもとに戻せなかった。

でも今こうして考えてみると、旦那が帰ってきて、みんな甘えが出たのかなぁ、なんて思う。

今日も学校の友達が「あーそーぼ!」と迎えに来たけど、大事をとって(昨日の発言に対する嫌がらせで?)断らせた。
午後もゆかの家に遊びに行くんだーと下をケントとジュンキが通って行って、すごく行きたそうだったが、昨日の私の剣幕を思ってか、何も言わずにいたひばりだった。
か、かわいそうだった?

ひばりの風邪はすみれのがうつったようで、私もやはりのどがイガイガしているんだけど、いやぁこの風邪なんか性質が悪いよー。長引きそうな予感。
【 2002/09/23 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

クレバーじゃない母

昨日、児童館から帰ってくるとき。
閉館ぎりぎりまで遊んでいたので、子どもはみんなお疲れ気味。ひばりとゆかもちょっと刺々しい雰囲気になる場面もあって、内心ヒヤヒヤの私。
渋谷の駅に向かう人が多いなぁと思っていたら、駅はもうなんじゃこりゃの大混雑。何かあったとかじゃなくて、常時こうなんだよな、渋谷って。>だから嫌い。
特に切符売り場がめちゃくちゃ混んでいて、その中をベビーカーを押して歩いていく気力はないよ、あたしゃ。

ちょっとだけスペースがあったので、「じゃあ、みんなここで待ってて。切符買ってくるから。すみれも置いていくから見ていてね」と言うと、ゆかが「ええ?こんなふうに混んでいる時は離れない方がいいんだよ。迷子になりやすいから。一緒に行くよー」と言う。
ごもっとも…。
ゆかのお母さんは公務員なんだけど、なんでも資格試験にがんがん受かっているツワモノらしく、いかにもクレバーそうな方なのだ。
そうよね。ゆかのお母さんならそうでしょうね。そうよね。
じゃあ、みんなで券売機まで行くか、ということになったのだが、人の流れに逆らえず出口まで出てしまった。ひー。大変すぎるよー。

私はイオカードを持っていたので、「よし。じゃあみんな、今日だけ保育園児に戻りましょう!」
「え、えええ?」
「いいのー?ええ?」
クレバーなお母さんなら絶対にやらないだろうが、いいのいいの、臨機応変ってことで。買いたいのはやまやまだけど買わせてくれないんだから、しょうがないじゃん。(「それは犯罪です」とかいうメールはお断り)
自動改札をひざをちょっと曲げて通るひばりとすみれ。二人ともかなり背が高いのだ。ゆかなんて年中の時から自動改札を通ると、ぴーっと鳴っていたらしい。
渋谷では鳴らなかったけど、代々木では鳴ってどきーっとした。でも私と一緒になんとか突破できた。
「あー、どきどきしたー」「本当はいけないんだよー」なんて言いながら、妙に盛り上がったのだった。

*************************************

今日はゆっくり起きて、たまった家事をやった。が、少しでも離れると足にすがりついてきてピーピー言うすみれ。仕方ないので久しぶりにおんぶ。いやぁ、重くなったなー。肩パンパン。
一通りの家事が終わって、ベランダにシートを敷いて、みんなでぽりぽりおせんべいをかじる。
あー幸せだー。
【 2002/09/22 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

友達と一緒に

今日から旦那は1泊のサッカー合宿に行っている。
私たちも便乗しちゃうかーと思っていたけど、なんとなく邪魔っぽかったのでついていくのをやめた、例の合宿である。
でも今週4日間仕事をセーブして保育園を休んだすみれをみてくれていた旦那に対して、もうぶちぶち言う気持ちは全くないよ、私は。
って、平日の貢献度を考慮して休日の無礼講(?)を許す、みたいでちょっといやらしいけど。でもやっぱりそういうもんじゃない?そういう考え方って低俗?

*********************************

旦那がいないからって3連休をしょぼくれて過ごすのはいやだったので、今日はひばりの友達ゆかを誘って、渋谷の児童館に行って来た。
旦那にくっついて館山に行くことをあきらめた時にすぐに思いついたこのプラン。
すみれの発熱で実現を危ぶまれていたのだが、楽しみにしているひばりとゆかのことを思って、旦那は昨日、平熱に戻っていたすみれをわざわざ大事をとって休ませたのだ。
いやぁ、旦那の子どもに対する愛情はすごいよー。ていうか、私たち夫婦って本末転倒?
でもいいのさ。おかげで今日は本当に楽しかった~。

ゆかはひばりとクラスも学童も一緒の女の子で、一番仲がいいのだが、さっぱりしていて男気があって私も大好きな子なのだ。

朝待ち合わせして一緒に渋谷の児童館へ。
ゆかは「渋谷っていうから、渋い所かと思ったけどそうじゃないんだね」なんて言う。わはは。面白い子だなぁ。
ひばりとゆかは児童館でローラーブレイドをしたり人体迷路(ってただのアスレチック)をしたり、工作をしたり、パソコンをしたり、バカ話をしながら本当に楽しそうだった。
すみれも幼児コーナーで滑り台を上ったり、おもちゃで遊んだり、一日本当に楽しく遊んで過ごした。

私一人でお友達も連れて出かけるというのが実は今回が初めてだったので、万が一事故や怪我があったら大変だ!!と、プレッシャーがあったのだが、何とか無事に過ごすことができたので、ほっとした~。
ゆかちゃんも「楽しかったー」「また行きたいー」と言ってくれたので、よかったわー。
自分の子と仲良くしてくれる子はみんなかわいく思えてしまうんだけど、正義感があって、はっきりしていて、本当にいい子だなぁ、ゆか。大好き。

子どものおかげで本当にいろいろ楽しませてもらってるよ。
【 2002/09/21 (土) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR