りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2002年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2003年01月

秘密の部屋

ひばりがずっと見たがっていた「ハリーポッターと秘密の部屋」の映画に行ってきた。
旦那の実家から自転車で10分くらいのところに映画館があって、新しくてきれいだし、なんといってもいつも空いているので、映画はできるだけ帰省した時にみることにしているのだ。
それでも人気のハリーポッターなので心配で、絶対空いていると思われる、9時の上映を狙って行った。

映画館には上映5分前くらいに着いたのだが、まだホールには空席がいっぱいあった。

映画は、期待に違わない面白さだった~。
ストーリー的には2作目はあまり好きではないけれど、それでもドキドキしたり泣いたり笑ったりして、あっという間の3時間だった。

最近ますます涙もろくなった私は、ハリーをロンが空飛ぶ車で迎えに来るシーンでも、ハリーがロンのおかあさんに大歓迎されるシーンでも、涙涙。
あの子たちがかわいくてかわいくてしょうがないのだ。
すっかり母の気持ちで見てしまうのだ。

パンフレットを買って帰ろうとしたらひばりがハリポタグッズをほしそうに見ていたので、「じゃ何か一つ買ってあげようか」ということになった。
ひばりはキーホルダーやペンをほしそうに手にしていたら最後には「これにする」と、杖を持ってきた。

な、なんじゃこりゃ。
振ると赤く先が光ると書いてあるけど、ただの棒じゃん…。
でもこれがあれば彼女のハリポタごっこもより本格的になるのかもね。

そう思い会計に持っていったら「2500円でございます」。
ひぃぃぃぃー。

ほんの800円くらいのものかと思ったよ。
すごく高くついてしまった…。
これでいっぱい魔法の勉強をしてくれ。とほほ。

お昼を食べてみんなでテレビを見ていたら、私はまた寝てしまった。
すみれが遊んでほしくて私に馬乗りになったりしていたが、それもなんのその、気がついたら1時間くらい眠ってしまっていたようだ。
最近昼間家にいると必ず寝てしまう。
それは旦那の実家でも同じなのだ。
嫁はおやじなのだ。
スポンサーサイト
【 2002/12/31 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

大阪だよ!

やってきました、大阪へ。

いつもは大阪に着いたら旦那の実家に直行するのだが、今回は心斎橋に行ってしまった。
ビーズの本によく紹介されている、いちももとパオロボトーニというビーズショップに寄るためだ。うーん、なんて酔狂。
全財産を落としてしまった私を哀れに思ったのか、旦那が非常に強く行くことを勧めてくれて、お金も持たせてくれた。
これは期待に背いてはいかん。か、買わなければ。後悔のないように。

というわけで、まずは大丸にあるパオロボトーニへ。
ここが出している本が非常にお気に入りで、ちょっと高くてもキットとか変わったビーズとかボタンを買おうと思っていた私。
想像通り、こじんまりとしたスペースに、高いビーズがおしゃれにディスプレイされている。
おおーキットもあるー。えええ?キットが4900円~?ひぃー。

細かくいろいろ買って4900円はへっちゃらな私だが、1つ4900円のキットなんて…。一気に引く私。
でもあきらめずにあさっていたら、うさぎのストラップのキットがあってそれは1250円だった。
こ、これはレアものかも。いいかも。

それから、ベネチアンビーズを中心に、お高めのビーズをちょぼちょぼと買う。
絶対に浅草橋にあるようなビーズは買うまいと、大粒でデザイン性の高いビーズを物色。
お会計したら6500円くらいだった。

その後いちももへ。
ここはお店のオリジナルデザインが売り。
ここが発案したピンクパンサーは作り方を口コミでしか教えてくれないため、レシピがネットオークションで売買されるくらいなのだ。

確かにスワロで作ったピンクパンサーやテディベアはなかなかかわいい。
でもそこで材料を買った人に、その場でお店の人が教えてくれるだけなんだよ。
お店のそこかしこに「デザインを見るために無理に引っ張らないでください」ってあって、なんだかなぁ。
けちけちすんじゃねー。その根性が気にいらねー。
結局ここでは何も買わなかったのだった。

そして旦那の実家へ。
場所見知り人見知りが激しかったひばりと違い、すみれはすぐに慣れ大ハッスル。
反動が怖いと思っていたら案の定7時半頃に眠くなりそれからは大絶叫大会。で、さっきようやく寝た。
明日はハリポタ見に行くぞ!
【 2002/12/30 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

カバンはいずこへ‥

一晩たって、本当に踏んだり蹴ったりだなぁという気持ちでいっぱいで、でも昨日に比べると少し立ち直ってきていて、「これで厄落としができたならまあいいか」という気持ちになってきている。
でも、現金はまだいいとしても、給与明細とか社員証(写真つき)とかを、誰かわからない人、しかも返してくれないような人が持っているのかと思うと非常に気持ちが悪い。
住所も電話も知られていて鍵も持っているんだよ。ううう。気持ち悪いよー。
とりあえず今日旦那がハンズに行ってドアノブを買ってきてくれて、今とりつけてくれている。ちゃんとつくといいなぁ‥。これでうまくいかなかったら、そのときは「鍵110番」みたいなところに言ってつけてもらうつもり。

昨日は誰とも約束がなかったので、ずっと家にいたひばり。
サンタさんからもらったキックボードをやりたくてしょうがないのだが、一人でやってもつまらないらしく、「一緒に公園に行こうよー」とずっと言っていた。
でも午前中は旦那がサッカーに出かけていて、私も落ち込んでいるのと二日酔いでとてもそんな気分にはなれず。
「じゃあ、パパが帰ってきてから連れて行ってもらえば?」なんて言ってお茶を濁していたのだが、旦那が帰ってきてからも、銀行に電話をしたり、携帯を止めたり、あれやこれやで結局遊びに連れて行くことはできず。
面白くなさそう~にしながらも、うるさく言うと怒られるので、じっと耐えていたひばりだった。

今日は朝からケントが電話してきた。
あーこの子って本当にまめでありがたいわ。って家にあがろうとすると「外で遊んできな!」って冷たい私なんだけど。>だってうるさいんだもん‥。
ひばりのキックボードを交代で乗ったり、ケントがクリスマスプレゼントでもらったというベーブレード+スタジアムで遊んだり、二人で犬夜叉ごっこをしたりして、目をきらきらさせて帰ってきた。
お昼を食べていたら今度はゆかが電話してきて「ケントと3人で遊ぼう」と言われ「うんうん!行く行く!」とまたうきうきと出かけていった。
本当にこうやって友達と遊んでくれるのが一番うれしい。

すみれはクリスマスにもらった、わんわん言いながらよちよち歩く犬がめちゃくちゃ気に入っていて、足をつかんだり、無理矢理だきついたり、乗ろうとしたりして、ずっと遊んでいる。
その姿を見ると「ポチにはやるなよ、ポチには。」と思う私なのであった。
【 2002/12/29 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

大ショック

昨日は11時半まで仕事をするつもりでいたのだが、ウィルス騒ぎがあったり、お客さんの納会が始まったりして、なんだか本当にやってられねーという気持ちになってきた。
Sちゃんに「あーもうやってられないねえ」と言うと、「もっともです」と言う。「ねえ?」と目をきらきらさせてみると、「え?」と同じようにきらきらして返してきた。
「い、行っちゃう?」
「行っちゃいましょうか」
ということで、いきなり二人で8時にあがり、飲みに行ってしまった。

鬱憤がたまりまくっているので、二人でがぶがぶ飲み、がしがし食べる。
2次会だーとまた居酒屋に行って飲み、そこらへんから記憶があいまい‥。
どうもかなり酔っ払ってしまったらしく、心配したSちゃんは駅まで着いてきてくれた(ようだ)。
駅でわかれて自転車置き場に行って自転車に乗って帰った‥途中で自転車ごとひっくり返った。
そして自転車のチェーンがはずれてしまったので、とぼとぼと押しながら歩いてふと気が付いた。
か、カバンがない。

さっき横転したときに落としたのだろうか。
酔っ払ってへろへろになりながら、歩いて戻ったが、ない。
ほんの5分くらいの間なのに、なんでないんだ?ええ?
しかしもうどうしようもないのでそのまま帰った。そして倒れるようにして寝てしまった。

明け方目が覚めて、事の重大さにぞぞぞっとする。
お財布も鍵も携帯も定期も会社の入館証も入っているのだ。
そしてなお悪いことに昨日は給料明細をもらっていて、その中には源泉徴収票が入っていたのだ。そこには住所も明記してあるのだ。
ひぃーとなって着替えて昨日帰ってきた道を探し回ったが、やはりなかった‥。

もう絶対に誰かに拾われたとしか考えられない。
そして中には私の名前も住所も電話番号も全部わかるものが入っているのだ。
あとは拾った人が悪い人でないことを祈るのみ‥。

しかし連絡はなかった。
自分の携帯に何度もかけたが応答はなかった。

あああ‥。
カードや携帯はとりあえず全部止めた。
明日は鍵を変えるつもりだ。

なんてあほなんだろう‥。

呆然となっている私にかわって、旦那があれこれ手続きをしてくれた。
ううう。本当にしょうもないよ、私は。
ごめんねと言うと、無事に帰ってきたんだからいいよ、そういうこともあるさ、と言われた。
涙‥。
【 2002/12/28 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

仕事納まらない日

新課長が、メンバーが引いたスケジュールについて、なんでこんなに時間がかかるのかとお客さんにいつも聞かれるのでその理由を説明してほしいから今日の午後話を聞かせてほしいと言って来た。
そういうことをする時間が無駄なんだよなー。
だから言ったじゃないか。話してわかる相手じゃないから、もうやるしかないって。
バカみたいだ。

本当はちゃんと伝えるべきなのだろう。
わかってもらえるまでじっくり話をしなければならないのだろう。
でも私ももう素直になれないのだ。
今までさんざんドラえもんや梅宮に話してきたのに、どうしてその人たちは知らん振りなんだろう。
ちゃんと理解してなかったってことなのか。
もう話したって何もよくならないってわかってて、今さらあの血も涙もないような課長に心を開いて話す気にはどうしてもなれないのだ。
そこで万が一理解が得られたところで、言ってわかる客じゃないだろう。というかもしわかったとしても今更態度を変えてくるとはとても思えないのだ。

今まで何ヶ月もの間、ドラえもんが報告していた嘘の進捗で話が進んでいたのだ。
それによればDBが変わってもほんの一瞬で対応できていたはずなのだ。
今さら本当のことを言ったって、「なんでできないんだ?」って言ってくるに決まってるじゃないか。
他の会社だってそうだ。
実際にかかる時間は同じでも、スケジュール上はドラえもん並みの線を引いて出しているのだ。
そういう体制なのだ。
だからうまくいかないのだ。
でもそういう世界なのだ、ここは。

************************************

今日は仕事納めの日なのだ、一般的には。
うちの会社はこのプロジェクトだけじゃなく、他にも燃えあがっているプロジェクトがあるらしく、納会はやらないらしい。
あっても行かないけど。
そんなのに出るくらいなら早く家に帰って家族で夕飯を食べたいよ。
お客さんはやるらしいので「今日は何時までいられるかわからない」と言われていたのだが、やれと言われたり帰れと言われたりするのがむかついて、今日も23時半まで残るという予定を出していた。
そうしたらお客さんに交渉したらしく(しなくていいってば)、今日もめでたく11時半まで残業できることになったとさ。
あーあ、やれやれ。
【 2002/12/27 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

嫌い嫌い好き

どうも曜日の感覚が麻痺していて、昨日はすっかり木曜日のつもりでいて、あと2日で終わりだーと思っていたのだが、なんだ今日が木曜日じゃないか。
ということはあと3日あるのだ。とほほ。

************************************

私は情に流されやすい人間だ。
たいていのことは「好き」か「嫌い」に分けてしまう。
良くないことだとは知っているが、どうしても好きになったり嫌いになってしまうのでしょうがないじゃないか。
仕事は仕事と割り切ってやっているけど、ここまで極限状態に追い込まれると、人間四の五の言っていられなくなるのだ。そしてやっぱり最後は人間性かなぁと思う今日この頃。

例えば、前は話もわかってくれて現場側についてくれそうだった梅宮が、この状況になっていきなり態度を硬化させてきたことについて。
頭にはきているが、そういうこともあるだろうなとも思う。
仕事ができると言われているけど、所詮その程度の人間なのだ。
新人のころ、「いいかげんなやつ」という印象が強かった。
それがずっと当たりのきついマウスに目をかけられてずっとその下で仕事をしていて、仕切り方とかお客さんや部下への対応の仕方とか、いざという時の逃げ方とか、そういったものを身に付けただけなのだ。
所詮いいかげんな奴であることには変わりがなかったのだ。

例えば、この間の忘年会で私たちにあたりまくったTさん。
そんなに言いたいことがあるなら直接うちの上司に言えばいいのに、言えない。
言えないから発散できない。
それで飲むとそうなってしまうのだ。
でもその分仕事ではいつも我慢しすぎなくらい我慢しているのだ。
上から言われると逆らえないタイプなのだ。

例えばスーパーおじさん。
いつも人とは違う次元を生きているような感じで、わかっているのかいないのか、平然としている。
ピンチになれば呼ばれ、環境を作ったり標準を作ってくれる。必要とあらば残業も辞さない。
でもあくまでマイペース。
上に言われれば、言われたままに下を締め付けたりもするけれど、それを貫ききれず、「俺はもうあきらめてるけどね」ともらしてしまったりする。

そう思ってみると、許せる人と許せない人にくっきり分かれてくる。
そして「許せねー」と思った人とはもう仕事を一緒にしたくないなあと思うよ…。相手もそう思ってるだろうけどね。
【 2002/12/26 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

また無理でもやれと言ってきた

昨日は急に大きな会議に呼ばれ何かと思ったら、またDBのレイアウトが変わるといわれ、しかも今までテストで使っていたデータは引き継がない等と言われ、ぶちきれた。
「それじゃあもう絶対に間に合いません。もうアウトですね。今まで積んだデータが全部だめになるなら、テストは進められませんから」と言うと、「じゃあ、そこだけは引き継ごう」と慌てて言われる。
「DBが変わるなら、共通部品も全部そのバージョンにあわせたものになってないと動きません」と言うと、「え?そうなの?もうそうなってるんじゃないの?」などとのたまうおやじたち。

ばっかじゃないのー。もう新しいレイアウトに対応しているわけがないじゃない。結合環境にあるDBは古いバージョンのままだよ。そのバージョンに対応しているんだから今動いているんでしょ。
こんなになーんにもわかってない人たちが開発のトップに立っていていいんだろうか。いいわけない。だからこんなになっちゃったんじゃないか。それなのに何の自覚もなく「プログラマーのレベルが低いから」なんてよくも言えたもんだ。
おめーらのレベルが低いんじゃ、われー。

どうしても動かせと言いながら、動かす邪魔ばかりしてくるのはなぜなんだろうか。
ムリムリなスケジュールを引いて、それなのにお客さん側が何か決めるとかいう部分だけは線がながーく引いてあるのはどうしてなんだろうか。
どうしてもやりたいなら、そっちにも「死んででもやってくれ」って頼んでみろよ。
おやじがかっこつけるためだけに我々をこきつかうんじゃねー。

会議の最中に「その線はおかしいでしょ。だってそこでDBかえてからテストに入るんだから。そこから数えて何日ってことだよ。」
見るに見かねて無責任デブが言ってくれた。
うう。もう泣きたいよ、本当に。
だからこちら側でいくら線を引いても意味がないって言ってたじゃない。
どうせまた何か無理にでもやれって言ってくるって。
なりもの入りで入ってきた新課長や進捗管理やってる課長は、こんな会議にも出ないでいったいなにを管理しているんだろう。
あの人たちが出てもどうせ何もわからないし、あの人たちが何か言ったって何も受け入れられないのはわかりきっているけど。
こんな状態でどうやってやる気を出せというのだろう。
【 2002/12/25 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

夜泣きにギブアップ

この2週間くらい、すみれの夜泣きがひどい。
昨年の夜泣きがピークだったときは確かに1時間おきに泣いたりして今よりもものすごかったけれど、私は育休中で余力があったし(それでも死ぬ~と思ったけど)、まだすみれの体重も軽かったので良かった。
でもいまは旦那にも私にも全く余力が残っていないのだ。
ほとんど旦那が対応してくれていたのだが、さすがに最近ギブアップ気味になっている。

そりゃそうだよなぁ。
5時半にすみれを迎えに行って、泣かれながら夕飯作って食べさせて、お皿を洗って洗濯物を干して、子供たちとお風呂に入って、二人を寝かしつけて、ということを毎日一人でやっている旦那。
子どもが寝た後から私が帰ってくる1時過ぎまで、旦那は遅れた分を取り戻すべく、びっちり仕事をしている。
しかしそれすらすみれの夜泣きで中断させられたり、いざ寝ようと思ったらまたすみれの夜泣き…。

私も会社から帰ってきたらほとんど死滅していて、当然のように旦那にすみれ番をやってもらっていたのだが、私は本当にいい気になって甘えすぎていたよ…。
夕べは旦那にかわってすみれを抱いて居間に出たのだが、しばらく「パパーパパー」の大絶叫で大変だった。そりゃそうだよな、いつでもパパだもんね。ママ?それ誰?って感じだよね。ごめんね。

それでもずっと耳元で七つの子を歌っていたら徐々に泣きもおさまってきて、そのうちソファーに座ることを許してくれたので、座って抱っこしたままずっと歌っていて、最後は私の布団でなんとか眠ってくれた。
いやしかし毎晩これじゃあ参るなぁ。
それでも二人で協力してやっていかないと絶対にどちらかが倒れるよな。
本当に人生っていろいろな試練があるものなのね…。
って私の試練なんてまだまだたいしたことないけどさ。

前から私はすみれが夜泣きすると七つの子を歌ってしまう。いやそれはひばりの時からそうだったかもしれない。
今日すみれを保育園に送っていったんだけど、自転車に乗っていたらすみれが、♪かーしゅーしゅー♪と歌っていて、すごくかわいかった~。
かわいさで全てを帳消しにできるんだよな、子どもって。すごい。
【 2002/12/24 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

クリスマスパーティ

昨日は家族でトイザラスにクリスマスプレゼントを買いに出かけた。

早朝帰ってきた私は3時間弱しか寝てなかったが、これでまた何もせずにごろごろして一日過ごすと、本当に損した気分なので、無理矢理起き上がる。
私の母にも電話してみんなで車で繰り出すと、私たちのようなバカ親たちが、わんさと集合していた。とほほ。

ひばりとすみれに母と私からプレゼントを買ってやるというのが表の理由で、例年はこっそり用意しておくのだが今年は多忙で用意できないサンタさん分のプレゼントを買うというのが裏の理由。
すみれはまだわからないのでいいのだが、問題はひばり。
旦那にゲームコーナーでひばりをひきつけておいてもらって、私がサンタさんにお願いされていたキックボードとすみれの積み木を持ってこっそりレジへ行き、そのまま駐車場にダッシュ。
うちの車はワゴンなのでトランクがない。後部座席の後ろにプレゼントを置いてその上にソリをおき、その上から毛布をかけておく。
これでさすがのひばりも気づかないだろう。

それから何食わぬ顔で戻り、「ほしいもの決まった?」とひばりに聞くと、私の母にはおしゃれリカちゃん、私には「電脳迷路ゲーム A~!(アー)」」だと言う。
相変わらずくだらないものをほしがるわね‥。
でもこれなら友達が遊びに来た時に一緒に遊べていいのかな。

すみれにはズズのぬいぐるみでも買ってやろうと思っていたのだが、なぜかズズだけ置いていない。
いないいないバーのわんわんのぬいぐるみがあって、すみれはすぐに食いついたのだが値段をチェックしたら2500円。げげ、こんな全然かわいくない物に1000円以上は出せませんぜ。
といわけで、800円のアンパンマンにする。アンパンマンも私的には許せないキャラクター。ひばりの時はポリシーを貫いて一切かかわらないですませたけど、すみれはもう保育園が激しくアンパンマンを推進しているので、まあいいやとあきらめの境地。
いやそれどころか、ひばりの時には「ダッチワイ○みたい」と却下し続けていたぽぽちゃんさえも買ってやりそうになっちゃったよ。
おそるべし、二人目溺愛パワー。

平日はとてもごちそうなんか作れないので(生きてるだけで精一杯)、カナッペやローストビーフのサラダ、チューリップチキンを作り、大人はスパークリングワインを飲んで、食後にケーキを食べて、一足早いクリスマスを楽しんだのだった。
【 2002/12/23 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

協力会社と忘年会1

昨日は協力会社のTさんのチームの人たちと忘年会をやった。
Tさんは、私がこのプロジェクトに入って2ヶ月後ぐらいに入ってきて、私以上にわからないのにいきなり矢面に立たされ、その後、リスケの話などが出るたびに、ともに戦ってきた同志のような人だ。

Tさんはいかにも体育会系の人で、自分の会社の後輩や外注に非常に厳しい。
うちの会社でも新人くんなどには冗談交じりに結構きついことを言ったりするので、私は昔は非常に苦手だった。
でももう一つのチームのリーダーのNさんが11月くらいにはすでにキレてしまっていたのに対して、Tさんはずっと「なんとか頑張って良くしていこう」という姿勢を見せていて、私は何度も励まされたのだった。
Tさんたちが最後にバカ呼ばわりされないためにも、一緒に現状を伝えたり、少しでも事態が良くなるように、協力会社という立場からはいえないことでも、私がかわりに言ってやろう、とずっと思っていたのだ。

しかし新しい体制になってからTさんの様子は目に見えて変わってきた。
まず彼の会社の外注で中心となるプログラムを作っていた女性と完全に決裂してしまって、ずっと矢面で頑張ってきた彼女は「もう限界です」と今月いっぱいで抜けることになった。
新しく彼のチームのリーダーになったMさんといううちの会社の管理職は、仕事はまあまあできるが、人間性に問題ありと噂の人物で、Tさんが休憩室でMさんから説教をされていたり、彼の部下がMさんから直接怒鳴られている姿を見ることもあった。
私はMさんの評判は聞いていたが、「お前がキレるのは百年早いよ」と思って彼らに非常に同情していた。
Tさんも私以上に新体制で参っているようで、ふてくされているような態度になっていた。

そして昨日飲み会好きのTさんがうちのチームの新人くんに催促し、管理職は呼ばずにメンバーだけで忘年会をしようということになった。
Tさんはやはりかなりキレていた。
今までの恨みつらみもあるが、今の体制になって何一つよくならないどころか、今まで普通に話をしていた梅宮が、いきなり態度を硬化させて、「あんた達の会社は生産性が低い」と単価を下げようとしたり、休日もすべて返上して出て来いと営業を通して言って来るようになったということに、ものすごく怒っていた。
上司が態度を硬化させたと感じていたのは、決して私の思い過ごしではなかったのだ。
【 2002/12/22 (日) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR