りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2003年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2003年04月

一人で新幹線

今朝、初めて一人で新幹線に乗って大阪に行ったひばり。

飛行機の方が途中下車の心配もないし「子ども一人旅」といって、スチュワーデスさんが何かと気を配ってくれるサービスもある。
でもでも万が一飛行機が落ちたら?
あの日航機の事故は東京と大阪間だったよね。
たかだか1時間だけど、そして飛行機が落ちることはめったにないけれど、ひばりが一人で乗った飛行機が落ちない保証はどこにあるんだろう。
そう思うとなかなか踏ん切りがつかない私。

かといって新幹線も、前にのぞみに日本刀をもった男が立て篭もったことがあったよなぁ。
変な人に目をつけられてだまされて途中で降ろされたりしたら…。

多分今回も2人でじっくり話しあったら、私が一緒についていくことになっただろう。
しかし仕事がこんな状態だし、「かわいい子には旅をさせろ」と言うし、やらせたい気持ちと危険を避けたい気持ちの間で結論が出ないまま当日を迎えてしまったのだった。

今回は旦那が連れて行くことになっていて(前回の新幹線乗り遅れ事件で、信用0の私…)、私は玄関先で見送ったのだが、もう胸が締めつけられて涙が出てしまった。
私って本当になんでこうかっこつけなんだろう。
「過保護」にはなりたくなくて、できるだけ手をはなしてやろうと表向きは言っているけれど、本当はものすごく心配性で手元に置いておきたくていつもぎゅっと手をつないでいたいのだ。

会社に着いてからも気が気じゃなかったが、さっきおかあさんから「無事に着いたよ」と電話があった。
ひばりの「一人で来たよ。おもしろかった!」と言う元気な声を聞いて、本当にほっとした~。

今日がリリース前日だというのに、なんかのんびりムード。少なくともうちの会社は管理担当の人たちはほとんど来てないしほげーっとした感じ。>だから不信感を抱かれるのか。
土曜日も大事な(とお客さんは考えていた)打ち合わせにうちの会社だけ出席しなかったとかで怒りのメールが届いていたよ…。
私が出た方がよかったのかしら…。でも関係ない気もするし。ううむ。
指示系統がはっきりしていないと言われつづけたうちの会社だが、それは一生変わらなかったよ…。
スポンサーサイト
【 2003/03/31 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

本番間近?

今日は朝からようこちゃんの家に出かけて行ったひばり。
やれやれ、本当にこの人は友達の家で暮らしているようだ。たまには家に友達連れて来ればいいのにと思うけど、来たら来たですみれが錯乱するから、「外で遊んで来い」と追い出したりするんだけど。

すみれが「こえん行くー」「ミニーのじしぇんしゃ(三輪車)で行くー」「あそび行くー」とうるさいので、午前中は近所の公園へ。
午後はすみれに昼寝をさせたかったのでドライブ。
例によってマックのドライブスルーでおやつ。
最近いつも週末はこんな過ごし方だなー。

そして明日から木曜日までひばりは一人で大阪に行くことになっている。
せっかくの春休み、あまりにも「お楽しみ」がないので、せめてもということで急遽決まったのだ。
これで学童のお弁当から解放されると思うとうれしいけれど、ひばりがいないと寂しくなるなぁ。
旦那も「毎日平日はすみれと二人っきりか」とかなりげんなりした表情だった。
うーん、私もできるだけ早く帰ってきたいけれど、非常事態が起きない限りは今週が本当に本当に山場なのだ。
なんていったって本番リリースなんだから。ぷぷぷ。ほんとかよ。

明日は深夜に稼動確認があるから、Sちゃんは朝まで待機を言い渡されている。
そして次の日からまずはうちらのチームの処理がばんばん動かされるのだ、おそらく。
ひぃぃぃ。全然自信ない~。それにぜったい例の共通関数で落ちるんだー。間違いないんだー。あーあんな関数いっそ使わなければよかったよ。

‥なんてことを言っても後の祭りなのだ。

あー逃げ出したい。
【 2003/03/30 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

剛毅な人

今日も例によって9時からケントとゆかと遊びに出たひばり。
買ったばかりのローラーシューズを3人で交代でやるんだ!とはりきって出かけて行った。

11時半ごろに電話がかかってきた。
「あのね、ケントのお母さんがね、今からファミレスにお昼食べに行くから、ゆかと私にも一緒に行こうって言ってくれてるの」

えええ?と思ったが、ケントのお母さんに限って、子どもに押し切られて渋々‥なんてことはないだろうと思った。
会ったことはないが、何回か電話で話している感じではすごくさっぱりした人だし、子どもから話を聞く限りはダメな時はだめ!と言って追い返すようなきっぱりした人だし、そうめったにあることじゃないから(!)、じゃあお言葉に甘えさせてもらいましょう。
ケントは一人で昼を食べることも多いみたいだから、今度はうちでお昼をごちそうするとして‥。

「いいよ」と答えると半分あきらめていたらしいひばりは「ほんと?ありがとう!」とうれしそうだった。

1時半くらいになったらまた電話がかかってきた。
「あのね、ケントのお母さんがこれからみんなでカラオケボックス行こうかって!お母さんにかわるね!」
え?と思ってかわると、「こんにちわ~。いやぁひばりちゃんって本当に面白くてかわいいですね~。私本当は女の子がほしかったんですよ~。もう盛り上がっちゃって!これからみんなでカラオケ行こうと思ってるんですけど、いいですか?昼間だと安いんですよ!」なんて言う。

まぁ~。どうやら気に入られたらしいよ、ひばり。
ひばりも前からずっとカラオケ行きたがってたからなー。「大喜びでしょう?すみません。よろしくお願いします~」と言うと、「こちらこそ~。お嬢さんお借りしますね~」

どうやらカラオケのあとにはみんなでゲーセンに行き、さらに盛り上がったらしい。
ケントのお母さんはピストルで撃つゲームがやけにうまくて人が集まってきて、エキサイトしたお母さんは負けそうになると「千円札くずしてきて!早く!ケントよりひばりちゃんのほうが足が速い?」なんて言って、おかしかったらしい。
剛毅な人だとは噂に聞いていたが、やはりそうらしい。
私も会ってみたいよぉー。きっと仲良くなれる気がするー。
【 2003/03/29 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

ずるいやつ

昨日、ユーザー研修でうちの画面で障害が発生したとメールが流れてきた。
頭に来たのは、本当は関数のエラーで落ちていたのに、発見したのがその関数の設計者だったものだから、エラー箇所を伏せてあたかもうちの画面そのものが障害を出したように報告してきたことだった。

私はもともと闘争的な方ではなく、議論したりするのは苦手だ。好き嫌いは多いけれど、基本的にはみんなと仲良く楽しく生きていければいいな~とおき楽に考えている。

でもお客さんは明らかにうちの会社を嫌っていて目に見えた差別をしてくる。
障害があがっても、うちの会社の分は容赦なく報告をあげ、癒着している会社には便宜をはかる。
そういう中で常に罵倒されながら仕事をしていると、「気に入られているあそこの会社が隠し切れないくらいの障害を出せばいいのに」というどす黒い気持ちになることも正直ある。
それでも自分と同じような立場で仕事をしている人たちに責任はないんだと思っていたのだ。

しかし今回のことで私は本当にぶち切れた。
管理担当の人たちが、「今後この関数で障害が出たらそちらのチームで対応するようにお願いしよう」等とちまちま話をしていたが、あんたたちじゃ埒があかないんだよ。
どうせ何を言ってるかわからないような自信のないメールになるに決まってるだから。たかがそんなメール1つ出すのになんでそんなに時間がかかるんだよ。

怒りにまかせてはっきりとその関数の設計ミスであることを明記したメールをお客さん全体のメーリングリストに書いて出してしまった。
もう我慢も限界だ!!

************************************

かっかと怒っていた夕べは良かったのだが、今朝起きたらなんかめちゃくちゃブルーになっていた。
もう仕事に行きたくない…。
だいたい男どもは平気で1日も2日も休むじゃないか。私だってたまにはずる休みしたっていいじゃないか。
しかも夕べはすみれの夜起きに3時から4時くらいまでつきあっていたので眠かったのもあって、ひばりの弁当だけ作ってまた布団にもぐりこんでいた。

それが8時過ぎになったら急にゆかが遊びにやって来た。
学童は9時からなのだが、待ちきれなかったらしい。
元気な2人を見ていたら私もなんだか元気なった気がして結局出社した。
【 2003/03/28 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

さよなら、かわいこちゃん

うちのチームのIちゃんが今月いっぱいで抜けることになった。
Iちゃんは、もともと派遣で庶務をやっていてプログラマーになったという変り種。
2年ほど前に結婚したのだが、いわゆるかわいこちゃんで、とにかく男の人にもてるもてる。今でもドラえもんは彼女と話していると鼻の下びろーんだ。
でも「責任感もないしスキルもないから、大きな仕事は任せるな」と最初から言われていた。
以前一緒に仕事をした後輩の女の子からも「全然仕事ができないし、ぶりっこして甘ったれてる」と聞いていたので、最初は警戒していた私だった。

確かに「えーそれは私にはできないですう」と言ってくるし、難しいとすぐにあきらめてしまったうところはあったが、私は彼女が嫌いじゃなかった。

一番簡単なプログラムを担当してもらっていたこともあって、比較的早く手があいたIちゃんは「何かお手伝いできることがあれば言ってください」とにこにこと言ってくれた。みんな自分のことでいっぱいいっぱいだったので、そう言ってくれるのは本当にありがたかった。
作業があれば、毎晩遅くまで残ってやってくれた。責任感がないと感じることはなかった。

新人君が抜ける時は本当に佳境だったので送別会をやってあげる余裕がなかったのだが、Iちゃんは「夜ご飯食べに行きましょう」と誘ってきた。
私やSちゃんだったら、気になりつつも仕事を優先したと思うけど、彼女がそういう風に言ってきた時、この子は普通の感覚を持っているんだなぁとしみじみと思った。

それに、もう本当に気持ちがくさくさしている時に、かわいいIちゃんがにこにこして座っている姿を見ると、なんだかとても心が和んだのだ。(ああ私、本当に心底おやじになっている…)

もともと飲める方なのだが昨日は最後だからということもあって、Iちゃん飲む飲む。4人でワイン4本あけたけど、2本くらいはIちゃんが飲んだ。
最初はげらげら笑って笑い上戸なIちゃんだったのだが、最後は「りつこさんがー本当にすごく頑張ってたのにー全然上の人たちが何もしてくれなくてー私も全然なにもできなくてーもう私悲しくなっちゃってー。でもりつこさんいつも明るくてー、何か手伝いたいと思ってもー、私ばかで何もできなくてー」と泣き上戸になってしまった。
わはは。おかしいよ。こんなIちゃんは初めて見たよ。

でも笑いながら気づいたら私も泣いていた。
【 2003/03/27 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

異常も続けば日常

うちの会社に限らず、今回4月にリリースするシステムの品質があまりにも悪いので、本当にリリースするか否かをエンドユーザーのえらいさんがおととい判定することになっていた。
だからお客さんは例によって「それまでに絶対全部!」と大騒ぎしていた。

でも長いこと「ここまでに絶対××!」と1週間おきに期限を切られる日々なので、もう慣れっこになってしまっている私たち。
実際に鍵を後ろ手で締められるくらいのことでもされないと、もうびくともしない。

絶対にリリースしないということはないだろうと踏んでいた。
だって本気で品質のいい物をリリースしたいのであれば、そんなジャッジをリリースの1週間前に行うわけがない。
これは「内容に納得してないけど出すかんね。その代わりリリース後に何かちょっとでも不具合があったら死んでもらうかんね」という姿勢のあらわれなのだ。

昨日その旨を伝える会議が上層部で開かれ、「リリースまでに総合点検を行うこと、残障害は全て今月中に対応することとユーザーからの通達があった」というメールが送られてきた。

5ヶ月かけても終わってない結合テストをあと2日くらいで全部やれ。障害は全て対応しろ。そう言ってるわけである。

そのメールを見て「これは避難勧告ですかね?いよいよ非常口から全員避難する時がやって来ましたかね?」とスーパーおじさんに聞きに行ったら、「うーん、怖いから見なかったことにしよう」と言って、すたこらさっさと帰ってしまった。
おじさんだけじゃなく夕べはうちの管理担当の人たちは誰も残っていなかった。
飲んだ翌日は必ず休むドラえもんは全休だし。
異常も続けば日常。
緊急事態も続けば平常ってことらしい。

*************************************

俺様が今月いっぱいでこのプロジェクトを去る。
勤怠についてきぃぃっと思うことも多かったけれど、システム全体を理解していて、しかも開発側を向いてくれている数少ない人だったので、なんだか心細くなるなぁ。
そういう人事を決める時に、私たちに一言も相談してくれないんだよなぁ>管理の人たち。

「困るんですけど」と新課長にメールしたら、「彼の方が強固に抜けたがったので引き止められませんでした」と返事が来たのだが、帰る時にちょっと聞いたら「一度も引き止められなかったよ」だって…。
どういうこと?
【 2003/03/26 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

新グループ長登場

4月の組織替えでグループ長がかわる。新グループ長が社員に会いに来ているので、喫茶店に集まってくれと言われ、出かけていった。
喫茶店でふんぞり返っているおやじを見た瞬間にいやな予感がした。

「いろいろ苦労しているようだが、やり方は幾らでもある」と先制パンチをくらわせてきた新グループ長。
私たちが揃いも揃って無能だからこうなったと言わんばかりだ。
今度からは違うと言うのだが、交渉するのが営業になるという以外は別段何も策はないらしい。

「何か言いたいことはあるか?」と聞かれたら、スーパーおじさんがなぜこうなったのか、現状どうなのか、どうしてほしいのかということを言ってくれた。うれしかった…。本当にちゃんとこういう時に言ってくれる人なんだ!と見直したよ…。
しかしおじさんの言葉を遮って「今までちゃんと客とバトルしてきたのか」と言うグループ長。
ちゃんと言うことは言ってきたと答えると、「客を追い詰めても何もいいことはない」「正論を言ってもだめなんだよ。泣きを入れないと」。

皆の目が一斉にうつろになったのに気づいたのか、今度は「一人一人意見を述べろ」と言う。
しかし何か言うと、最後まで聞かずに「そんな交渉の仕方はない」「サブリーダーとして君は何ができるのか?」「君ができないなら上もできない」とのたまう。
そして最後には「ああもう時間がない!以上!」と逆ギレモード。

それにしてもこういう時にドラえもんのおとなしいこと。
「私が危惧しているのは…」なんて言って、どうでもいいことを述べる。
あんたの存在自体を皆危惧しているよ!

そして4月からまた自社に戻る予定だと言う。
「即日対応を求められる以上、絶対に客先にいた方が効率がいい」「まだ関数が変更になったりしているから、最新の環境を常に取込めた方がいい」と訴えたのだが、恩着せがましく「まあ帰ろうぜ」なんて言う新グループ長。

そりゃ自社に帰った方が気持ち的にはずっと楽になるけど。
でも9月に自社作業にしたからこうなったんだ!とえらい責められたじゃないか。
張本人のドラえもんは「帰った方がいいと思う」なんてしゃあしゃあと言っている。
どうして学習しないんだ?

だめだこりゃが皆の一致した見解だったが、次のフェーズは契約しないつもりだという言葉が聞けたことが何よりもうれしかった私たちであった。
【 2003/03/25 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

電話で怒る

3連休はなんとか無事に休めた。
しかし土曜日に、「テスト中にこういうデータの時にプログラムが落ちた」と電話が入った。

待機している中に仕様がわかる人がいなくて、お客さんからは「前もこういうケースで落ちた。その時スーパーおじさんに口頭で確認したら、そういう仕様ですと返事があった」と言われたらしい。
その横であなごが(って寿司かよ。うちの会社の契約社員で、お客さん側でリーダーをやってるおやじ)、「2月から言っているのに直ってない!放置した責任は重い!」みたいなことをまくしたてたらしく、言われた人はびびりまくって私のところに電話してきたのだ。

お客さんが言ってる通りの現象が起こっているのであれば、そんな仕様は入れた覚えはないのでプログラムのミスだろう。
ただし、どこでおちたのかわからないので、エラーになっている箇所を教えてほしい。
スーパーおじさんが私に何も聞かずに「仕様だ」と答えるはずもなく、私自身初耳なので、その点ははっきりさせてほしい。
そう伝えて電話を切った。

しばらくすると電話がかかってきて、「再現してもらったんですが、○○処理エラーいう障害画面が出ていました」

おいおい。○○処理といえば、うちが呼んでる共通関数だよ。
それでこれが落ちるっていうのは必ずデータ不正なんだよ。

ということを電話してきた人に言ったら、「そうなんですか。でもわからないんで、やっぱりうちで調べないと」と気弱な返事。
えええ?でもさー、それは共通関数を作ってるチームに調査は依頼してよ。
そう言っても「でも調べないとうちのせいにされちゃうんで」の一点張りだ。

あーーもう!!
「じゃあ、Sちゃんでも呼べば!」
そう言って、ぶちっと電話を切った。そして電話の電源も切った。

しかし切ってしばらくしてから、私は切れる相手を間違えたよと思い直した。
一番悪いのはあなごだ。
今までの経緯を知ってるはずなのに、なんだってんだよ。

すぐにあなごの携帯に電話した。
そしてその旨を伝えたら、「あ、そうか。それならいいんだ。原因がそこならデータが悪いっていうのはわかってるから」「そっちにまで電話がいったんだ。悪かったな」と言う。

多分彼は、お客さんの前で一緒にうちの会社の管理担当者を責めることで、「俺はこいつらの仲間じゃないよ」と見せたかったのだ。
全く信用ならないおやじだよ~。
【 2003/03/24 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

完治?

これは1週間コースかと覚悟していたひばりの嘔吐下痢。
医者にも「のども赤いから流行のお腹にくる風邪でしょう。2日ほど吐き気が続いて、その後下痢が2、3日続くと思う」と言われたのだが‥。

病院から帰ってきてからコタツでぐったりと寝てしまったひばり。
昼過ぎに起きたと思ったら「おなかすいた」。
素うどんを作ってやるとぺろりとたいらげた。そして「もう食べても気持ち悪くないよ」と言う。
その後下痢はしていたようだがなんか妙に元気。
夕飯も本人はほしそうだったが、親のほうが怖かったのでまた素うどん。まだ足りなさそうにしていたので、炊き込みご飯をやるとそれもぱくぱく。

今朝になったら、「普通のうんちだった!」とうれしそうに言う。
えええ?1日で治っちゃったの?
ってことは、風邪じゃなくて食あたりだったのかしら。でも私たちはなんともないしなぁ。一人食あたり?
あるいはものすごい治癒力があるとか?

医者に「体力ありそうだからこの後そんなに悪くなるとは思えないけど」といわれたけど、それにしてもあっという間に元気になってしまったので、なんだったんだ?!という思いが拭い去れない私たちであった。

今日もようこちゃんの家に誘われていて、オーガニックとうさんとお菓子を作る予定になっていたのだが、もし風邪だったらうつすと悪いと思って、断らせた。
しかしなんだか元気なひばり。
「でもトイザラスには行ける?」なんてことをぬかしやがる。

ひばりは子どもチャレンジをやっているのだが、その付録で「くりあがりくりさがりマシーン」というのがついていた。
それに1分間で出題される計算問題に何問正解できるかというゲーム(?)があって、いつもやっているひばり。
常に15問正解ぐらいだったので、旦那が「3月中に20問いくようになったら何か買ってやろうか」と口を滑らせた。
以来ひばりは朝も晩も常にピコピコやっていて、先週ついに20問をクリアーしてしまったのだ。
本当にこの人、面白いくらい物につられる‥。

で彼女がほしがっているのが、ローラーシューズ。普通の靴のように見せかけて、踵にローラーがついているという代物。危ないということで、最近は駅やデパートでは禁止になっている、あれ。
休みの日に近所で遊ぶ時だけという約束で買ってやることになったのであった。トイザラスで9999円もするんだよ、とほほ。
【 2003/03/23 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

慟哭

今朝はひばりの慟哭の叫びで目が覚めた‥。
8時半頃、もう一人で起きて居間にいたひばりが、「うぉーん、うぉーん」と泣き叫んでいる。
これは具合が悪いんだな‥。

めったに病気をしないひばりは病気に弱い。親と同じだ。具合が悪くなった自分が悲しくて、それはもう大騒ぎするのだ。

目覚めが悪くてやはり泣きながら起きたすみれを抱いて居間に行くと、ひばりが「気持ち悪くてもう2回吐いた」と言う。
街に遊びに出ると必ず後で具合が悪くなるなぁ。
先々週すみれかかった嘔吐下痢の風邪と同じかな。
今朝は旦那がサッカーに行っていていなかったので、すみれとひばりと3人で病院へ行った。

今までは「病院に行く」と言っても喜んで出かけていたすみれだが、少し知恵がついたらしく、「びょいん、やなの。行かないの」といやがる。
待合室にはたいした人数は待っていなかったのだが、一人一人の診察に妙に時間がかかって、結局1時間も待たされてしまった。
その間「かえる!びょういんやや!」と叫びまくりのすみれ。ずっと立って抱いていてへろへろ。

ようやく名前が呼ばれて診察室に入ると、まずはひばりが診察を受けたのだが、その間ももう大泣きのすみれ。
先生の話も聞こえやしない。
「いつからこんなに機嫌が悪いの?」と聞かれて、「ええと、今朝からです。待合室で待っているうちに、できあがっちゃって」と答えたら、先生が「わははは。できあがっちゃったのね。ほんと、そういう感じね。ぷぷぷ。」と大うけ。

あまりに機嫌が悪いので「もしかして中耳炎かもしれないわね」と言われ、「時間がかかってかわいそうだけど週末だし耳鼻科でもみてもらってね」と言われてしまった。とほほ。

耳鼻科といえば、前に「保育園に行ってんじゃ、治るものも治らないな!」と言い捨てた医者がいる。医者は4人いるので確率的には4分の1だけど、あの先生じゃないといいなぁ。

と思っていたらビンゴだった。
やはりできあがった状態のすみれにあからさまに顔をしかめて「すごいな、こりゃ」。
すごいなこりゃと言われても。
「耳垢がすごくて見えない」と、簀巻きにされて顕微鏡で見て取ってくれた。もちろん大絶叫のすみれ。
耳垢をとって見た結果は「シロ」であった。よかった~。
こんな先生に何度も会いたくないよ、全く。

帰ってきたらひばりは少し元気になっていたけれど、完治には時間がかかりそうだ。
【 2003/03/22 (土) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR