りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2003年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2003年10月

撤退の日

今日で本当にこのプロジェクトともお別れだ。
仕事的にはもうなんの未練もないので、そういう意味では清々するなー。
すだれ満月、能面おやじ、筋肉バカ、縁側じじい、バーコードよ、さようなら。もう二度とお会いすることはないでしょう。

この選挙管理委員会席ともお別れ。わーい。
でも自社に戻るけど、そちらももう人がぱっつんぱつんで、同じような選挙管理委員会席を用意しているという話だ。またエコノミー症候群になっちゃうよ。しくしく。

とりあえず大塚らしいので、それはうれしい。
自転車だったら40分くらいで来られるかしら。運動になるからそうしてみようかとも考えたけど、私の自転車思いっきりママチャリ(前も後ろも子どもイス&後ろには「○○パトロール巡回中」なんてプレートを貼ってる)で、ちょーかっこ悪いんだった。やめておこう。

今日の3時に引越し。
そして明日からは新たなよれプロジェクト‥。はぁ。
漏れ聞くところによれば、メンバーの士気は下がりまくりらしい。
量が多いだけじゃなくて、やり方がまずいから余計進まないんだよね。
わかるわかる、わかりすぎる。
まさか進捗は捏造してないでしょうね?
ドラえもんみたいなしょうもない管理職がストッパーになってないでしょうね?

きっとしばらくは放っておかれるんだろうなぁ。みんな忙しくてピリピリしてて自分の仕事に精一杯で。
今さら人増やしたって何にもなりませんよ。入ってきても俺は面倒みてる時間ないっすからね、なんて言ってさ。
あー。こうやって自分が人に対してやってきたことを、今度は自分がし返されるのね。
だから人に対しては常に親切にしないといけないのよね。

そういえば先週末のリリースは直前にとんでもないバグが見つかって中止になったらしい。
どうやらひげじいのところでレアケースに対応したらノーマルケースが動かなくなっちゃったらしい。
昨日、原因がわかったとかで、ひげじいが能面おやじの所にお詫びと報告に来ていた。

「ご迷惑おかけしました」ってひげじいが頭を下げたら、能面おやじ、返事もしないでプイってあっちを向いた。
おいおい、いい年してその態度はないだろうよ。
エンドユーザーに怒られてはらわた煮えくりかえってるかもしれないけどさ。
そんなだから誰も付いて来ないんだよ。

私はどんなに頭にきても返事ぐらいはしよう、と彼を見ていて思ったのだった。
スポンサーサイト
【 2003/09/30 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

保育園復帰

今日からすみれは保育園に行っている。
土曜日にようやく医者から登園許可が出たのだ。
毎日だった通院が週に1度でよくなった。塗り薬が処方されたので、これからは家で頭を洗って薬を塗るのだ。
夕べはおそるおそるすみれの包帯を外した。
ガーゼを全て取ると、青々とした頭があらわれて、やっぱりちょっとショック‥。
しかもまだ耳のところと頭の一部は少しだけ出血している。
これは再生したばかりの皮膚が非常に薄いのでちょっとしたこすれで血が出てしまうのだ。
早く乾いてくれるといいんだけど。

髪の毛を洗うのが嫌でお風呂に入るのを激しく嫌がったすみれ。
旦那がペットボトルで一緒に船を作って「これでパパにお湯かけていいよ」と言うとようやく入る気になってくれた。
頭を洗う時はそれでも大絶叫なんだろうなと思っていたら、じっと耐えたらしい。

風呂からあがってきたすみれは少し誇らしげに「ういちゃん、えらかったの。泣かなかったから~。」と言った。
ほんと、すごいよ君。
こんなすみれでももう我慢するということを覚え始めているのだ。

*************************************

このプロジェクトもあと2日で終わり。
誰かが人質で残るのではなく、会社として全員撤退。
これはまさに望んだ通りの決定だ。
7月に戦う課長が抜けていった時は、これから先私たちはいったいどれくらいここに残るのだろう、このままなし崩し的にお金ももらえないまま生殺しなのかと絶望的な気持ちだった。
約束の9月で本当に抜けられるとは思ってなかったよ。
引継ぎも終わったし、残していく案件もないし、まさにバンバンザイなのだ。

でも正直言って少し寂しい。
そんなこと言うと自分がいかに甘チャンかを暴露するようなものなのだが、プロジェクトが解散するのが寂しいのだ。
かといって解散が1ヶ月延びたからと言われれば、それはそれはショックでがっかりして荒れることは目に見えているのだが。

よれたプロジェクトというのは不思議とメンバー同士が結束して楽しかったりするんだよね。
このプロジェクトもそうだったなぁ。
もう2度とあんな思いはしたくないっていう出来事もたくさんあったけど、あの時は笑ったなぁ楽しかったなぁっていうこともたくさんあった。
だから私は今まで会社を辞めなかったんだろうと思う。
【 2003/09/29 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

原宿

ひばりと二人で原宿に行ってきた。

前にひばりが大好きな<A HREF="http://www.san-x.co.jp/nyanko/" TARGET=_BLANK>にゃんこ</A>のHPを見ていた時、キディランドににゃんこのコーナーがあることを知って「行きたい」と言っていた。
夕べ急にひばりが「明日はママと二人でにゃんこのお店に行きたいな」と言い出した。
ひばりと二人で原宿デートか。いいなー。
でもすみれも土曜日にようやく外出許可をもらったし、旦那もそろそろお出かけしたいはず。できれば4人で出かけられるところがいいなぁ。
しかしひばりは「たまには二人がいい。だってすみれがいると静かなお店でお茶も飲めないし、お店もゆっくり見れないし」
ってそれは私のセリフだよ。

朝ひばりが旦那に「ママと二人ではらじゅく行っていい?」と聞くと、「いいよ。行っておいで。」と言ってくれた。
「俺もすみれとどこかに行こうかなぁ。これですみれがひばちゃんぐらいになった時に、もうパパじゃなくてママと出かけたいって言い出したら、寂しいなぁ‥」
男親って結構切ない‥。

原宿に着いてまずはキディランドへ。にゃんこのコーナーは地下にあった。
おおー、さすがの品揃えだ~。
ひばりは完全に目が泳いでいる。
「まあゆっくり好きなだけ見て決めなよ」と言って私もうろうろ。
私もいまだにファンシーな物には目がないのだ~。欲しいものがあったら大人買いしてやる~。
ひばりにはにゃんこのマグカップや日記帳やワッペンを買ってやった。

一通り全部の階を冷やかした後、二人でお昼。
すみれ連れでは入れないような店に入ろうと、二人でおしゃれなカフェに入った。
うーん、確かに普段私の周りには生息していないような人しかいないよ~。
色が白くて細くておばあちゃんみたいな服を重ね着していて、口にはグロスしか塗ってないけど目だけ妙にくっきり描いていて、マスカラを1本一回で使い切りました、みたいな女の子たち。
ひばりはオムレツとサラダとスコーンのプレート、私はドリアを注文。もちろんビールも。うへへ。

その後は竹下通りを歩きながらプリクラを撮ったりアクセサリーの店に入ったりクレープを食べたり。
いやぁ楽しい。しかし人が多い。
途中で旦那から「すみれとNHKに来ている」と電話が入った。おおー、近くに来てたんだ!
合流して帰りは車で帰ってきた。

楽しかった~。
竹下通りなんて15年ぶりぐらいだったよ。
【 2003/09/28 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

Sちゃんへ

昨日の午前中で受け入れ検証も引継ぎ資料まとめも終わってしまった。
ひゃー。やることなくなっちゃったよ。
気の早いSちゃんは資料をシュレッダーにかけたり、PCのデータを整理したりし始めている。
まだあと2日あるから、私はのんびりやろう。

片付けているSちゃんを見ていたら、次の仕事ではもう彼女と一緒じゃないんだと思って急激に寂しくなってきた。
一番つらい時にどれだけ彼女に救われただろう。
状況がきつくなるほどに元気になっていくSちゃんは本当に心の支えだった。
「くそー。またじじいが言いがかりつけてきた。じじいは縁側でお茶でも飲んでいればいいんだ!」「そうだー!」
「関数で落ちたら関数で落ちてるのーー!」
「くそー。俺がやればいいんだろ!やってやるーきぃー!」
二人で暴言を吐いていると無敵な気がした。

逆境に立たされてもへこたれないSちゃんは本当に明るい人だと思う。
一番強いのは明るい人なんだってことを彼女に教えてもらった気がする。
本当にありがとう。また一緒に仕事ができるといいな!

なんてことを思ってたら今日は是非ともSちゃんと飲みたい気分になってきた。
ちらちら顔を覗き込んでいると「え?なななんですか?」と言うSちゃん。
「夕方本社に勤務表入力しに行かない?それでその後‥」
「いいですねえ!」

本社に行くのは久しぶりだ。
行ってみると皆客先に行っているのかがらーんとしていた。が、なんとスーパーおじさんがちょこんと座っている。
声をかけると「お、珍しい!どうしたの?」とにこにこ。
Sちゃんは次はおじさんの管理するプロジェクトなのでどういう仕事なのかなんてことを聞いている。ちょっとうらやましい‥。

勤務表を入力し終わって二人で飲みに誘うと「ええ?俺やらなきゃいけない仕事があるんだけど」と言いながら、さっさとPCの電源を落とすおじさん。わはは。
あーうれしい。飲みに行くのは瓦落多オフ以来だわ。

途中でMっちとI姉さんも呼び出す。
途中でドラえもんからおじさんに電話が入る。うえっ。来なくていいよ、と思ったけど来ちゃった‥。
管理職としてだめだめなドラえもんは他の管理職から結構かわいがられているような気がする。同情?だめな子ほどかわいい?よーわからん。
結局11時半ぐらいまで飲んでいた。
楽しかった。そして本当にこのプロジェクトは終わるんだなと思った。
【 2003/09/27 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

次のプロジェクト(2)

「あちゃー。30日までは黙っていようと思ったのに」と言うドラえもん。
「すぅりんには言わないでね」と釘をさされた。
今週末リリースがあるので、その前に聞いてやる気がなくなると困るということらしい。
あほか。そんなの決まってるなら早く言われた方がいいに決まってるじゃん。
そう言われたからって私たちがやけをおこしてやるべき仕事をやらなくなると思っているのか。
ほんとにあほだよこの人。

そうは思ったものの体調が悪そうなすぅりんを前にすると気の毒で言えない。
で、つぶやいてみた。
‥でも今日はビルドの途中にネットのぞいたりしてないらしい。
で、PCの合間から顔をちらちら覗かせてみた。
‥不気味がられた。
しかし察しのいい彼はすでに気付いていたらしい。
げーと言っていたが、「きっと入ってすぐは放置だろうから、その間は好き勝手やろう」と話す。
「帰りたい時は何が何でも帰ろう」
「おー」
「どうせ上は何ともしてくれないことは今回よーくわかったから」
「そうだー」

あーこうやってよれたプロジェクトばかり巡るようになるのはいやだよー。
火消しとか呼ばれて便利に使われてさ。でも私は便利には使えないか。そんな便利じゃないもんね。ははは。
火消しならまだいいけど「あの人がいるといつもよれてる」とか言われるとやだなぁ。
所詮プロジェクトも当たり外れなので、外れにあたったら、自分の力じゃもうどうしようもないんだよね、たいてい。
でもできることしかできないし。
こんなひどいところでもここまでできたんだから、なんとかなるだろう。

旦那も今の仕事を9月いっぱいで終わりにすると言っていた。
プロジェクト自体が終わるわけではなく、保土ヶ谷に通うのは大変だから、持ち帰り作業がないならこれで終わりにしたいと言っていたのだ。

しかし相手の会社から「10時4時勤務で構わないから残ってほしい。」と言われたらしい。
「忙しい時でも4時に帰っていいから」
「その分を家に持ち帰ってやらなくてもいいから」
規定時間に達しなくても今まで通り払うから残ってくれと言われたのだ。
「子どもの病気で休む日もあるかもしれないので」と言ったが、それでもいいと言われたらしい。
「そこまで言われて断るのも悪いからまたしばらく通うことにしたよ」と言う旦那。

ということでちょっと新たな展開の我が家。
ガンバロー。
【 2003/09/26 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

次のプロジェクト(1)

2週間ほど前にマッシュ課長から「りつこさん次はKプロジェクトだから」と言われた。
そこは私がひばりの育休明けからすみれの産休に入るまで5年間やっていたプロジェクト。今のプロジェクトと同じユーザーで違う部署なのだが、担当に恵まれたのか、不条理な目にあうことは一度もなかったし、この業界にしては珍しくほとんど残業もなく採算もとれていて、課長は同期のひらりん(友達)で、ある意味パラダイスだった。

しかし5年も同じところにいると時代に取り残されている感じがしてくる。
いや実際取り残されていたのだ。そこは汎用機だったから。
今のプロジェクトはVC++で、私は開発はしなかったけれど、やっぱり設計という面でも汎用機とは違うのでいろいろ勉強になった。これからはこちらの方面に移行していきたいなぁとひそかに思っていたのだ。

でもKプロジェクトは楽だったしなぁ。
新たに得るものはないかもしれないけど、自分を必要としてくれているならそれが一番だなぁとも思った。
早速ひらりんに様子を伺うメールを出してみた。
そうしたら、新しい案件があってそれがとれればぜひ私にやってもらいたいのだがとれるかどうかわからないというのだ。
こういうのって本当にタイミングなんだよねー。
でも今の時点でとれるかどうかわからないと言ってるってことは、多分だめなんだろう。

ひゃー。
ちょっと面白みにかけるけど、いい人だし何より私を好きでいてくれるから、そういう人と結婚するのが一番幸せなのよね、なんて思っていたら、相手から断られてきたような気分だよ。
いや、ちがうか。わはは。

Kプロジェクトが消えたということは‥と薄々は覚悟はしていたのだが‥。

昨日マッシュ課長から「Aプロジェクトに決まった」と告げられた。
うえー。やっぱりー。
そこはその名も轟くよれプロジェクト。
単体テストが始まる時期なのにまだ仕様が決まってないとか、お客さんが仕様調整をしないとか、どこかで聞いたような話ばかりで「あそこだけはいやだねえ」と皆で話していたのだ。
しかもそこも汎用機なのだ。いいこと何にもないのだ。

「ひーん。抜けたい一心でこんなに頑張ってきたのに行き先あそこだなんてひどーい」
私が言うと「まあまあ。俺も一緒だから」と言うマッシュ。
‥全然慰めになってない。
「Iさん(お酒の強い女性)もすぅりんも一緒だから」
‥かなり慰めになった。
【 2003/09/26 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

出し惜しむ男

昨日はなんだかばたばたした一日だった。
あれもこれも全部終わらせなくちゃと気が急いて無駄な動きが多く、必要以上にばったばたする。
それでも受入検証もできるところまでは終わらせ、引継ぎ会議で懸案になっていた部分の修正も終わったので、ようやくマッシュにやれやれ言われていたハタボー(もうHさんと呼ぶ気もしない)のチームの手伝いをすることにする。

ハタボーが当然やってるはずと思っていた修正をやっていないことが夕方発覚して、きぃ~っとなる。
あんたさー、ネットで足のページ見てても碁やっててもいいけどさ(ほんとはイケマセン)、それやる暇があるなら少しは仕事しろよ。
これは自分の仕事じゃないって断るのは、自分の仕事がオーバーフローしているか、自分の手に負えない仕事をふられたときじゃないの?
今回の修正はそのどちらでもないじゃん。

でも「それは私の仕事ではありませんから」のセリフを聞かされるくらいなら自分でやったほうがいいわと、きぃーっとなってやる。
本当はこうして手伝うのはよくないのかもしれないが、それでますます彼が腐敗するなら、腐るところまで腐ってしまえ!

きぃーっとなってがーっとやったら7時くらいで終わった。こんなの2時間もあれば終わる仕事じゃないか。
それを、ちょちょっと修正するところをメモしただけで、あとはずっとずっと机の上に置きっぱなしで知らんぷりだもんな。
ほんと、くそみたいなやつだよ。(ぼろくそ)

帰ったらなんか不機嫌モードのすみれ。
昼間はいい子だったらしいのだが、例によって昼寝をしていないのですでに終わっているらしく、ぎぃぎぃ言い通しだった。すみれの機嫌がいい間に帰って来たかったよ。
でも傷もどんどん良くなっているようだし、よかったよかった。
病院でも、包帯をはずす時以外は泣かなかったらしい。そのかわり、行く時は嫌がって大絶叫だったらしいが。

今日は予約じゃなかったので、旦那が早起きして順番を取りに行ったらなんと1番をゲット。
しかも今日はエスティーローダ先生だよ。ひゅ~。
私も会ってみたいなー。でも今日は旦那が病院に連れて行って、その後は母がみてくれるのだ。定時に即効で帰って夕飯作らなきゃ!
【 2003/09/25 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

頑張れ頑張れ言わないで

あー久々の会社。
もう最後の最後にこんな風にちょこちょこ休むことになって、なんともいえず気持ちが悪い。
私の嫌いなデブたちは、自分がプロジェクトを抜けるとわかったとたんに来なくなった。なんだもう先がないんじゃやってるふりしても何のメリットもねーや。そう考えているのが見え見えだ。
私もこんな風に休んでばかりいると、あのデブたちと同じみたいでいやだなぁ。
すみれのやけどの状態が落ち着くまではそんなこと考えもしなかったのだが、状態が良くなったら良くなったで、もう保育園行ってもいいじゃん!会社をそんなに休みたくないんだよと思ってしまう。勝手な人間‥。

久々に来たら、また検証を割り振られていた。あー最後のご奉公だなぁ。それにしても見るからに再現が難しいテストばかりでうんざり。この期限が明日いっぱい。終わるんだろうか。
それからこの間の引継ぎの席で指摘された件について資料も作らなくちゃならない。
そして足フェチ碁キチHさんのチームの引継ぎ資料も手伝った方がいいんだろうなぁ。

そんなことを思っていたら、マッシュ課長がすたすたっと私の方に近づいてきた。
「お子さん大丈夫?」
「いやぁ、なんか今週いっぱいは保育園を休むように言われてしまって。とりあえず今週は旦那と母に見てもらいますので、大丈夫です。」
「そうか。今週いっぱいだからとにかく頑張って!Hさんのチームの修正もいっぱいあるみたいだから、頑張って!最後だから頑張って!ね?Sちゃんもね!」

‥げんなり。
言われなくっても頑張るってば。
頑張れ頑張れってなんだよ、全く。お前は花の応援団かよ。
いい年して、こんな風に頑張れ頑張れ言われるとよっぽど信頼されていないのかと思っちゃうよ。
あなたのそういう無神経なところが嫌いだよ。
私もひばりにあんまり頑張れ頑張れ言うのはやめよう。信頼して黙って見守ることも大事なんだなぁ。人のふり見て我がふり直そう。

明日はまた病院が予約制の日。
何時って言い渡されたかなぁ。
明日は母がすみれをみてくれることになっているのだが、病院まで連れて行ってもらうのは悪いので、病院が終わり次第母に預けるつもりなのだ。
それにしても11時半なんていわれちゃってたら会社に着くの何時だよ‥。せめて10時までだといいなぁ‥。
【 2003/09/24 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

アンバサダーホテルに泊まるぞ!

病院の待ち時間になんとか気をそらせようと「これが終わったらパン屋さん寄ろうね」とか「やけどが治ったら遊びに行こうね」と、楽しそうな計画を話す私。
そんな中で「治ったらディズニーランドに行こうね」という話になった。

ひばりがガイドブックを見せてやったりするもんだから、すみれの行きたい熱はヒートアップ。
「もう治った!今からディズニーランド行く!」といきなり宣言して大人を慌てさせたりする。

どうせ行くなら一度ホテルに泊まってみたかったんだよなぁとHPをあれこれチェックしていたら、目ざといひばりがすぐに気づき「泊まりたい!やったー!」と盛り上がり、もう後に引けない感じになってきた。

ちょうど10月は運動会の振り替え休日があるので、日~月曜日で行けるよなぁ。
い、行っちゃう?
日曜日ならまだ部屋に空きもあり、急遽予約してしまった。ディズニーアンバサダーホテル。わーい。
でも考えてみたら、10月前半だったらまだすみれ包帯外れてないかもなぁ。
包帯は外れていたとしても頭は坊主刈りのままだよな‥。先走りすぎた?

USJですみれはまだこういうところは無理だ!もう絶対連れてこないぞ!と誓っていたのだが、今回のやけどは本当にすみれがかわいそうだったので、せいぜいご奉仕しよう。いや、ご奉仕していただこう>旦那に。へへへ。

すみれなりにディズニーランドを理解していてかわいい。
「あのねえ、お船に乗ってジャングルを行くんだよ。カバさんや象さんがいてね、がおーっていうけど怖くないよ。お船には面白いお兄さんが乗ってて、お話をしてくれるんだよ」と説明したら、夕飯の時すみれがひばりに向かって「ディズニーランドは川から面白いお兄さんが出て来るんだよ」と話していた。
面白いお兄さんが川から出てきたら驚くよなぁ‥。
「あとかわいいお兄さんもいるんだよ」
そんなこと言ってないんだけどなぁ‥。

しかしよくよくHPを見てみたら、ちょうど我々が行く予定の日、ジャングルクルーズは休止だった。しかも安全パイのはずのイッツアスモールワールドも休止だよ。とほほ。
さてどうなるんでしょうか。
すみれはまたミッキーやミニーのストーカーになってしまうんでしょうか。
今のままの包帯ぐるぐる状態でいけば結構親切にされたりして?なんていう悪魔のような考えがちらっと頭をかすめる母なのであった。
【 2003/09/23 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

初めて泣かなかった日

皮膚科の予約が11時半だったので11時に家を出た。
ここの病院って曜日によって予約制だったり予約制じゃなかったりする。
予約じゃない日は7時前に行けば4番くらいがゲットできる。
しかし予約の日は勝手に時間を決められてしまうので、今日のように11時半なんちゅう悲しい時間を指定されてしまったりする。会社を休むから何時でもいいんだけどね‥。

しかしこの予約制もよくわからない。
この間は10時半の予約だったんだけど、10時半の予約の患者が他に3人いた。
すみれは10時半組の中で一番最後になっちゃったから結局11時過ぎに呼ばれた。
ってことは10時半の予約じゃなくて11時15分の予約だったのでは。納得いかないなぁ。

なので今日はちょっと早めに行った。
ところが緊急の手術が入ったとかで、先生が来ない。こ、これはもう何時に呼ばれるかわからない‥。

待合室ですみれは「パパがよかった~」と泣く。
こんな包帯ぐるぐるで「パパがいい」と泣かれると、なんか育児ノイローゼの母(私)が虐待してこんなにしちゃったみたいで居心地が悪い‥。
でも旦那が連れて行った時は「ママがいい」と泣いているのだ、この人は。

結局呼ばれたのは1時前。やれやれ、1時間半も待たされたよ。
処置室に入るなり大泣きのすみれ。包帯を取るときも「痛い~」と絶叫だ。
でもいつが一番泣くかといえば、頭をお湯で洗う時なのだ。沁みるのだろう。かわいそうに。

今日も頭を流されると「あちゅい~!!」と大絶叫。八代亜紀似の看護婦さんが「あら熱い?」と言って水を足してくれた。
ぬるいお湯になったら急に泣き止んだすみれ。頭を流す時に泣き止んだのは初めてだよ!

「ちゅめたいねえ」
「あら今度は冷たい?」
「うん」
多分前ほど沁みなくなったんだろう。
先生にも「随分きれいになってきたね。耳もほっぺたももういいわね。あとは頭だけね」と言われた。うれしい‥。

そしてすみれは今日はあとは全然泣かなかったのだ。
「えらいねえ、すみれちゃん。帰りにママに何か買ってもらおうね?」
「うん。パン買う」
「パンでいいの?わはは。すみれちゃんは保育園に行ってるからこんなにしっかりしてるんだねえ」
しっかりしてるなんて言われちゃったよ、すみれ!そんなこと言われたの初めてじゃないだろうか。

子供ってつらい治療にもこうやって慣れていくんだ。すごいなぁ。
【 2003/09/22 (月) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR