りつこのとほほ日記

Archive2004年07月 1/4

お仕事

納品のときのリリース漏れを防ぐためのツールを作ろうとしている。最初はリリースのたびに、あほの坂田に一覧を見ながらチェックさせろと言われたのだが、時間がかかってしょうがないし不毛な気がする。それより納品の直前にばーんと全部をチェックするようなツールを作ればいいんじゃないの?と考えたわけである。とかなんとか言って、実はツールを作りたくてしょうがないのだ。量がハンパじゃないのでできるだけ人力でやりたくな...

  • Comment 0
  • Trackback 0

二人でとしまえん

昨日から2チャンさんが入ってきた。2チャンさんはどうも上司やお客さんからの受けがよくないらしい。地獄プロジェクトの時も、私より先にプロジェクトに入っていて、それなりにやっているように見えたのだが、お客さんからクレームがついたとかで先にプロジェクトを抜けてしまった。その後今のプロジェクトに入ったようなのだが、私が来る前に抜けていた。今回はとりあえず1ヶ月だけ手伝ってもらうという話で彼は入ってきたのだ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

ばたばたした一日

昨日はなんだかばたばたした一日だった。朝、しんぺーが別のプロジェクトに決まったので、私のところには来なくなったと告げられて、ブルーだった気持ちがぱらぱらぱら~と晴れる。やったー。天はまだ私を見捨てなかったのね。ラッキー。昨日はあほの坂田がお休みだったのに、総合テストで障害が出たとかでプログラムのリリース依頼が相次いで大変。でも一番大変なのは業務をやってる人たちなんだけどね。昨日の夜は、よっすぃやT...

  • Comment 0
  • Trackback 0

プールと矢野顕子(1)

日曜日は午前中阿佐ヶ谷のプールへ行った。すみれもオムツが取れたので区民プール解禁なのだ。午前中ゆかが「遊ばない?」と電話をしてきた。「今日はプールに行くから」と断るひばりに、「ゆかもプールに誘えば?」と声をかけると、満面の笑みになった。車でゆかを拾って阿佐ヶ谷へ。100円パーキングにとめて歩く歩く。いやぁこんなところにこんなプールがあったとは。よく見つけたよ>旦那。ちょっと迷っていたんだけど、プー...

  • Comment 0
  • Trackback 0

プールと矢野顕子(2)

かなり疲れていたけれど、ゆっくりしているヒマはない。夜はBLUE NOTE TOKYOで矢野顕子のライブなのだ。いつも行くスタンディングのライブハウスとは訳が違うよ。なんていったってチャージなしで8500円だよ。表参道だよ。表参道なんて行くことないから「表賛同」なんて変換されちゃうんだよ。ぜいぜい。お店はしっとりと大人の雰囲気。ゆっくり食事をしてもちろんアルコールも飲みながらライブを待つのだ。大人...

  • Comment 0
  • Trackback 0

酒飲みうんちくナイト(1)

土曜日は酒飲みオフ本会。今回の会場は月島の味泉。人気店なので2ヶ月前から予約を入れるという念の入りようだよ。前回のボンバーナイトといい今回といい、酒飲みオフでもなければ多分一生行くことはなかっただろう店だよ。うれしい。月島は本当に久しぶり。ひばりの産休に入るまで、私は勝鬨ばしの近くの客先に3年ぐらい通っていたので、その頃はよく月島で飲んだものなのだ。もんじゃ大好き。味泉はもんじゃ屋ではなく、日本酒...

  • Comment 0
  • Trackback 0

酒飲みうんちくナイト(2)

予約がいっぱいということで2時間半という時間制限があったんだけど、そうじゃなかったら軽く一人1万は超えていただろう。でもそれだけの価値はある。一人だけこんなにおいしいものを食べて、毎日お昼に100円のレトルトカレーを食べている旦那には申し訳ないよ。いつか彼も連れて来てあげよう。子どもが巣立った暁には‥>そんな先かよ!あ、そういえば今回のオフの日記のタイトルは「うんちくナイト」にしようと皆で話してい...

  • Comment 0
  • Trackback 0

しんぺー

昨日の夕方、日記を読んだすぅりんが夕方飛んできて「しんぺーっすか?」とにやにや笑いながら言った。「そうだよー。強烈でしょ」「強烈っすね」「本当にネタに困らないよね」「そうっすね」しんぺーがどのように強烈かというと。1.作っていたプログラムが思うように動かず進捗が遅れていたしんぺー。誰のせいでもない自分のせいなのに、進捗を聞かれて逆ギレして大声で怒鳴って部屋を出て行った。2.そしてエレベーター前に置...

  • Comment 0
  • Trackback 0

増員

昨日課長に「要員の件だけど、2名は入れてもらえそう。強く言えばもう一人入れられるかもしれない」と言われた。G長を説得する為にもう一度見積りを作ってくれと。ひえー。よくわからないけど、あきらめないでよかったってことね?というわけで先週作った見積りにあれこれ手を加える。難しいのは、仕様変更の分の工数を減らしつつ、でも3名は必要だと思わせるように見積もらなければならないことなのだ。夕方課長に見せると、こ...

  • Comment 0
  • Trackback 0

見積りその後

納品の見積りを値切られて以来ムカムカし通しだった私。確かに以前の納品作業に比べれば期間が長いので人数を減らせという気持ちはわかる。しかしそれを納品チェックする業務を絞れだのチェックの質を下げろというのが納得がいかなかった。火曜日戦う課長に「お客さんと合意がとれていないのにチェックの質を落とすのはおかしい。怒られてから直せばいいと思っているのかもしれないけど、だったらそれなりに要員を確保してくれない...

  • Comment 0
  • Trackback 0