りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2005年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2005年11月

週明けの決意

土日が休めないと全く気分転換ができないまま週明けを迎えることになってきついんだけど、休んだら休んだでまたこの状況に身体と心を慣らすのが大変でそれはそれでつらい。
人間って勝手なものですね。
きつい苦しいより、楽だ楽しいの方がいいに決まってるもんね。
楽なのにはすぐになれるけど、きついのにはなかなかなじめないものなのよね。

あんまり愚痴は言うまいと思うけど、口を開けば出るのは愚痴ばかりだよ。
愚痴を言うのはやめようと思ったら、言うことがなくなっちゃうんだよ。
やれやれ…。

会社に来たらメールボックスを見るのが怖くて。
内線がくると自分じゃないかと怖くて。
誰か入ってくるとまた怒鳴られるのかと思って怖くて。
なんかびくびくし通しで嫌だなぁ。
もっとばーんと構えられないものかしら。
来るなら来い!って。
心臓にもうもうに毛が生えてほしい。でも根拠のない自信は持っても意味ないからな…。
根拠が欲しい。根拠が…。ってもう遅いよな。遅い遅い。始まっちゃってるんだから。
あとは生きるか死ぬか。
殺るか殺られるか。
あーやだなー。こんな職場。普通に心穏やかに仕事したいなぁ。普通に仕事ってなんだっけ?え?

とにかく愚痴っていても始まらない。やらないと。
やれるところまでやってだめなら誰か殴ってやめよう。そうしよう。
スポンサーサイト
【 2005/10/31 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

刺繍

昨日はジンギスカンを食べに行った。
旦那に言われたときは「いいよー」と答えたわりにあんまり期待していなかった。
北海道で食べたジンギスカンはおいしかったけど、それ以外はどこで食べても「う、うーん‥」な味。あ、あんまり好きじゃないかも、羊くん‥。と思っていたのだよ。

旦那がネットで調べて池袋のジンギスカン屋さんに行こうということになり、100円パーキングに車をとめて、てくてく歩く。
歩いているとぶうぶうな人が約一名。
あまりにぶうぶう言うので耐え切れずすみれをおんぶするひばり。
90歳を背負う70歳。じゃなくて、4歳を背負う10歳。

ちょっと歩いていたら「北海道ジンギスカン」の看板を発見。
目当ての店じゃなかったんだけど、しかもあやしげなビル(その店の他はビデオ個室と覗き部屋)だったけど、店の前でチラシ配ったりしてやる気を見せてるから行ってみるか。

というわけで入ってみたのだが、これが当たりだったのだよ。
知らなかったけど今ジンギスカンってブームなのね?イマドキのジンギスカンは冷凍肉じゃないのね?
全然臭みがなくて、厚切りなんだけど柔らかくて、おいしいじゃないの!!
一口食べて♪ぱらぱらぱら~♪となり、すかさず肉を追加注文しましたよ。
いやぁうまかった。満足満足。

夕べは子どもが寝てからちくちく縫い物。
すみれもピアノを始めたので、レッスンバッグを作ってやりたかったんだ。
忙しくて気持ちがささくれてくるとこういうことをしたくなるんだよね。でもって私最近刺繍をやってみたくなってたんだよね。
今日は午後サティに行ったんだけど、早速手芸屋さんで刺繍糸とフェルトを山ほど買ったよ。

旦那に「刺繍を始めようと思って」と話したら、「ふーん。それでまた糸を死ぬほど買うんだね?」と笑われた。
「え?なんでわかるの?」と聞いたら、「え?なんでわからないなんて思うの?」と聞き返されたよ。

ええ、もちろん最初にばーんと買いますとも。何事も形から入りますから。

ひばりもやりたいやりたいとうるさくて大変なんだけど〔教えベタ&教わりベタ)、でもいいかも、これ。ビーズより手軽にできるし、子どもの持ち物にちょこっと付けてやるとかわいいし。
なによりちくちくと手を動かしていると無心になれていいね。
ま、今度いつできるかはわからないけど。

あーブルーになってきた。今度家族に会えるのはいつになるだろう‥。
【 2005/10/30 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

休日

昨日の夜、最後は「資料の修正はおれがやるから」と言ってくれたやっさんの言葉に甘えて電車で帰った。
もしかして子どもがまだ起きているかなぁと期待して帰ったけど、電気が消えていて、ちょっとがっかり。
でもごそごそやっていたら、寝室のドアが開いて、ひばり、すみれ、旦那が揃って出てきた。

「お帰り!!」
「帰って来ないから倒れたんじゃないかと心配してたんだよ」
「大変だったねえ」
3人の顔を見たらもう泣きそうになった。

一通り話をして「明日もたぶん出勤になると思う」ということを告げて寝た。

今日、旦那は朝からサッカーだったのだが、私が出勤と聞いてすみれを連れて行った。
ひばりは朝から部活。
私は起きたのが昼過ぎ。携帯を見たら留守電が入っていて、聞いてみたらカバ子からで「データ補正はやっぱりりつこさんに来てもらわないとだめということになったので土曜日は9時に戦地に来てください」

‥もう12時なんだけど‥。どうしよう。
電話したらきっと今からでも来いと言われるんだろう。
でももうほんとに行きたくない。
何より家族と一緒に休日を過ごしたい。

どうしよう。知らん振りしていようか。
でも私がばっくれたら間違いなくよりさんに迷惑がかかる。
悩んだ末、カバ子に電話をかけたら、「あ、ごめん。あの話はなくなったから。いろいろすったもんだしたんだけど、結局やらなくていいってことになったの」

‥ほ~っ。ああ、よかった。ほんとによかった。
ほっとしていると、旦那とすみれとひばりが一緒に帰ってきた。
「あれ?まだいたの?」
「今日はお仕事に行かないの?」
すごくうれしそうな3人。
「ママ明日は休める?今日も休んじゃう?一緒にいられる?」
その言葉を聞いたら、もう会社に行く気持ちはなくなったよ。

補正はなくても、よりさんのテストを手伝うために委託室には行こうと思ってたけど、3人の顔を見たらもうムリだよ。ここにいたいよ、私は。
よりさんにメールすると「ゆっくり休んでください」と返事が来て、申し訳ないけどお言葉に甘えることにしたよ。

ああ、家はいいなぁ。
普通の生活ってほんとにほんとにいいなぁ。
普段はなんとも思わないことでも、なんだかいちいち涙ぐんでしまう私。
相当弱ってるな‥。
【 2005/10/30 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

怒涛の一週間

ああ‥長い1週間だった‥。

おかしくしてしまったデータの落とし前をつけるのがほんとに大変。
しかもうちが作ったデータのせいで迷惑しているのがブタのチームだったもんだから、ねっちりNさんは相当なプレッシャーをかけられていたらしく、「早く調べてどうにかしてください!!」とびっくりマーク2つ付きのメールが送られてきたのが水曜日。
うわ、こりゃ大変だーーとやっさんのところに持って行ったのだが、「そんなもんはあわててやるこたぁねえよ」という返事。
でもでも裏にはブタが竹刀をもって控えてるんです。いつ殴りこみに来ても不思議じゃないんです。悠長なことは言ってられないんです。

他の障害にも対応しなければならなかったりして、なかなか手を出せずにいたのだが、やっさんの裏技のおかげでこちらでもデータを調べることができたので、ようやくだめなデータを絞りこめて、その補正案を作り出せたのが木曜日。やりだしたら、相当な補正をしなければならないことがわかり、結局木曜日は徹夜。

業を煮やしたブタが「いい加減にしろーーー」とマスクマンに電話してきたのが金曜日。
あわてたマスクマンが何度も電話をしてきたりしてだんだん騒ぎが大きくなり、それまで「放っておけ」と言っていたやっさんが急に「やっぱり知らん振りてわけにはいかない」と言い出した。

口では「あんなやつは相手にするな」と言いながらも、やっさんとてブタは手ごわい相手なのだろう。急に私に対してあたりがきつくなったり無茶を言ってきたり脅すような口調になったり。
あーあ。もうこういうことに驚かなくなったけど、純粋な頃だったらショックを受けただろうなぁ‥なんて思いつつ、資料を作ったり調査をしたり。

それでもね、一番うれしかったのは、よりさんがやっさんに「りつこさんはまだ残ってないとだめなんですか?あとは俺がやりますからもう帰ってもらいたいんですけど」と言ってくれたんだよ。
おとなしいよりさんがそんな風にかばってくれるなんて、あたしゃ泣けたよ。うれしかったよ。
徹夜したときはTさんが一緒に付き合って資料を作ってくれて、二人で朝ごはんを食べたよ。私の愚痴を聞いて涙ぐんでくれて。
お昼をNちゃんと食べに行った時、子どもからお手紙をもらった話をしたら、Nちゃんの方が泣いちゃって。

とにかくこの土日は休めそうでほんとにうれしい。
月曜日からのことはとりあえず忘れてゆっくりしたい。
【 2005/10/30 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

マミマミとモミモミと

今朝は何日かぶりにひばりに会えてうれしかったな…。
朝帰ってきて寝てしまうと、ひばりが学校に行く8時までにはとても起きられない。
今週は一日だけ(だったか?もう日々の記憶が全然飛んでる)すみれには間に合って、一緒に朝ご飯を食べて保育園に連れて行くことができたのだが。

昨日も深夜帰ると、机の上にひばりのお手紙が置いてあった。
前の日にはすみれがお手紙を書いてくれて(紙に震える字で「りつこ」とだけ書いてあって笑った…)、昨日はひばり。
手紙でしか子どもと話ができないなんてという悲しさと、それでも私に伝えようとしてくれることへのうれしさと。
あー、毎日家族に会えるのが当たり前で、たまに飲んで朝帰りしたりライブに行ってその後飲みに行けてたなんて、信じられないよ…。

旦那ちゃんにはかろうじて朝会えるんだけど、「子どもたちは元気にしている?」って、まるで別れた女房みたいだよ…。とほほ。

あー。旅行に行きたいなぁ。
おいしいものを食べてきれいなホテルに泊まって。
今日はなにして遊ぼうか。なにを食べようか。ってことだけ考えて。
温泉に入ってうまいもの食ってビールを飲んで。
そんなことができるなんて今の私には信じられないよ。
せめて休みは休みたいなぁ。

忙しいだけじゃなくて精神的にきゅうきゅうに追い詰められていてそれがつらい。
今週末もレビューとデータ補正が入りそうだし。
何がいやってレビューが嫌だなぁ。もうねっちりNさんと対面したくない…。
内線が鳴ると、どきっとする。(内戦って…)
人が部屋に入ってくるとまた怒鳴られるのかと身がすくむ。
やだなぁ、こんな生活。
っていかんね、愚痴っぽくなっちゃって。

何もかもほっぽってやめるっていう手もあるんだから。
ここが世界の全てじゃないんだから。
あんまり深刻になるのはよそう。おそろしいことも笑い飛ばそう。

徹夜してへろへろになって仕事をしているとわけもなくテンションが上がる瞬間がある。
よりさんが出したダンプリストが文字化けしてて妙に笑った日があったのだが、昨日もその話になり「あれだけのことなのにおかしかったよね」と言うと、「そうそう。やたらモミモミって出ちゃって」と言うよりさん。
「モミモミって…マミマミでしょうが!やだなぁもう。ぶわははは」
文字化けだけでこれだけ笑っていられるんだから、まだ大丈夫?それともかーなーりやばい?
【 2005/10/27 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

助けを求める

あまりにもつらすぎるのでやっさんに泣きついた。
「私の手には負えません。もう限界です」と。

ちょっと話をしたら、すぐにわかってくれた…。
いやそんなこと誰の目にも明らかだろう。
なのにどうしてうちの上の人たちは何もしてくれないのだろう。
茶部長にも直接訴えたのだが、「うん、わかるわかる」と言っただけで何もしてくれなかった。

やっさんに話すと「そうだろうな。だいたい今出てる障害は全部バグじゃねえんだよ。ほんとは間に入ってる会社が把握して調整しなきゃいけねえことなんだよ」「たく、上のやつらがなーんにもしねえから、こうやって下が苦労するんだよ」
「えらいやつに言わなきゃだめだな」と言って通りかかったC部長に「ちょっとここに座れや」と声をかけ、「なんとかしてやんねーとほんとにりつこさんたちが死んじゃうぞ」と言ってくれた。

私の言うことは聞いてくれないけど、やっさんの言うことなら聞くのだ、この人たちは。
やっさんが「俺が入って面倒みてやんねーとだめだろう。少なくとも仕様を決める打ち合わせとかには全部でてやらないと」と言ってくれたら、「わかりました。考えます」ということになった。

もう本当につらいのでやめようと思った。
月曜日は本当につらくて家に帰ったら涙が止まらなくなってしまった。
もう本当に投げ出してやめようと思ったけれど、自分で助けを求めてしまって、やっさんも助けてやろうと言ってくれたので、やめられなくなってしまった。
よかったのか悪かったのか…。

やっさんも気まぐれだし世渡り上手(すぎ)だしいきなりこちらに対して矛先が向いてがーっと怒鳴ることもあるしで怖いんだけど、それでも今よりはいい。いいはず。

何がつらいってやっぱり全ての事情がわかっているNさんがいきなりあたりをきつくしてきたのが一番つらかった…。
よりさんは猛烈に怒ってたけど、私は怒るより悲しかった。
責められてもしょうがないのかなぁと思うけど、でもそれは私たちのせいだっていうの?っていう気持ちもある。

旦那にちょっと話したら「担当に言われるのが一番こたえるよね」とすぐにわかってくれて、うれしかった。
泣いていたら真夜中なのになぜかすみれが起きてきて、私の涙をぺろっとなめて、「ママの涙って苦いね。ビールのせいじゃない?」と言って笑わせてくれて、それもうれしかった。
【 2005/10/26 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

だみだ、こりゃ

全然電車で帰れないよーと思っていたら、先週は逆に電車で帰れるようになったよ。
…始発だけどな。ふっ。

金曜日は本当に精神的にも体力的にも「底」の状態で、ほんとに「ぎゃーー」と奇声をあげながら走って出て行きたい気持ちでいっぱいだった。

で、金曜日はそのまま徹夜、朝帰り。
土曜日は夕方から出勤して徹夜、朝帰り。
日曜日は午後から出てきて2時過ぎまで。
あーおれってほんとに体力あるなー。
丈夫なこの身体が憎いね!なのにひ弱なこの頭脳が憎いね!

昨日はほんとは昼間ねっちりNさんと打ち合わせして仕様を決めてそのまますぐに対応するつもりで、I姉さんまで呼びつけて構えていたのに、Nさんが私たちだけじゃ不安だと言い出し、結局打ち合わせができたのは夜の21時だよ。

ああ、それでもやっさんが来てくれてどれだけ助かったか。
教えてくれる人がいるってすてきなことね…。
そもそもこれはこうしなきゃいけねーんだよってところがわからないから、ほんとに右往左往しちゃうんだよね、私たちは。
データ調査の話でも、「この項目にはこういう内容が入ってるから」ってアドバイスももらえるし。
茶部長や五木(ひろし…)に「てめーらが段取りをつけてやんねーから苦労してるんだよ!」とどやしてくれるし。>それは言っても無駄なんだけどね。ふっ。

悪い人じゃないけど、茶部長や五木(ひろし…)は低脳だよ。いやまじで。
二人のやりとりを見ていると大映のドラマを見てるみたいだよ。ものすごく誇張されたおバカな上司。テレビで見ていて「そりゃやりすぎだよ!」と思うような。

あのさ、気付いたことがあるんだけどさ。
優秀なプログラマーやSEが優秀な管理職になるわけじゃない。
でも使えねープログラマーやSEが優秀な管理職になることは絶対にない。
SEとしてはだめだったけど管理をやらせるとすげー優秀!なんてことは絶対にないよ。

話をしていると、茶部長って多分SEとしてもだめだめだったんだろうなぁって思う。
人の話をすぐにさえぎるし聞きたいことしか聞こうとしない。理解力がない。
だめなプログラマーでだめなSEだったんだろうな。でも当時は社員も少なかったからえらくなっちゃったんだな。
ま、そういうことだ。
つまり、だ~みだ、こりゃ。
【 2005/10/24 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

弱音

あまりつらいつらいとは言いたくないが、ぶっちゃけつらい今日この頃。
いろんな悪い条件が重なっていて精神的にかなりつらい。

自分の力不足もつらい…。
もっと業務内容を理解できていれば。もっと頭の回転が速ければ。もっと理解力があれば。
もちろんそれで全てが解決するわけじゃないけれど、今のつらさの1/4ぐらいは減るような気がする。

先週末に起こった障害で、役立たずじじいに説明して怒られたのもつらかったけど、その後にねっちりNさんと打ち合わせをして、もう彼が言っていることが理解できなくてそれがほんとに応えたよ…。
よりさんも同じみたいで、ほんとにここに来て初めて「もうだめです、おれ」と匙を投げかけた。
わかるよ…。私も同じ気持ちだよ。

不当に怒られたり痛めつけられるのもつらいけど、わかってないのが一番つらい。
1年間この業務を担当してきて、プログラムで何をやっているかはわかってけれど、そして修正はそれなりに速くできるようになったけれど、なぜそういうことをやっているか、こういう処理を行うことによってシステム全体にどういう意味があるのかということを全く理解していない私たち。

説明を受けてないこと。
とにかく常に改修改修で勉強する時間がなかったこと。
言い訳はいろいろあるけれど、それでもなんで自分がこんなに理解していないんだろうと思うと、情けなくもあるし悲しくなる。
やってもやってもわかるようにならないよ。
だからNさんの言いなりで修正するしかなくて、でも後になって考慮漏れや不具合が発覚して、そうするとみんな自分たちのせいにされる。

ああ、もう私たちじゃ力不足なんだよ。
もう私たちはクビにしてもらっていいよ。
そんな気持ち。

あーあ。珍しく(もないか)弱音を吐いてしまった…。
金曜も土曜もほとんど徹夜してて、土日も両方出て、そしてまた今日も帰れそうになくて、明日からまた新たな障害が出るかもしれなくて、障害対応も補正も検証も報告も全部やらなきゃいけなくて、なんかかなり弱ってきやした…。よろよろ…。

それでも2時間でも家で休みたくて朝帰り、部活に行くひばりと一言しゃべり布団に倒れこみ、ベランダで工事現場ごっこをするすみれのぺちゃぺちゃした声に起こされ、すみれと旦那とお昼を食べて話をして、ちょこっとだけ生き返ったよ。
まだ頑張れるかな、わし。
【 2005/10/23 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

地獄度さらにさらにクレッシェンド

先週出た障害の直しが不十分でまた障害が出る~るるる~。
るるる~ってほんとに全然なんでもなくて、もうあまりにもどうしようもないので苦し紛れに書いてみたんだけど、最近あっちこっちで見かけるようになって、うれしいような悲しいような…。

昨日は戦地に行っていたので、まさに臨場感溢れる!血沸き肉踊る!(地脇二区踊るってあなた…)踊るプログラマーもびっくりの!一大スペクタクルでございますよ!
カエルの声も震えるよ!おえっ!

…なんてな…。
「空元気も元気のうち」が合言葉のおいらだけど、もう空元気も出ないぜよ、よよよ…。

昨日は障害があったからとにかく慌てて委託室に戻ったんだけど、役立たずじじい(客のえらい人)に説明しろということで呼ばれて茶部長と行っただよ。
処理がどうなっているのかわかるように説明しろ言われて説明したけど、全然わかってくれないだよ。
ねちねちねちねちすんげー長い時間すんげー怒られただよ。
相手が天皇じゃなかったから怒鳴られたり竹刀で叩かれたりはしなかったけど、それでも面と向かってあれだけ怒られると、なんだかもうほんとにいやになっちゃってねえ…。

よれよれで帰ってきて設計書直したり障害票書いたりメールに返信したり。
仕様を確認させてもらいに深夜にねっちりNさんと打ち合わせしたら、仕様は一応はっきりしたんだけど、ぜーーーんぶあわせて火曜日の朝に適用してくれと言われたよ。
ってことは月曜日の夕方にはレビューできるようになってないといけないんだよ。
ってことは土日ももちろん出勤。どちらかは徹夜しないと間に合わない。

でもってだめにしたデータの補正もやれと言われ、席に戻って資料を作る。ああ、もうほんとに泣きたい…。
2件だから他の人にやってもらおうと茶部長は言っていたのだが、補正の担当がブタだと聞いて凍りついたC部長たち。「わかる人が行かないと絶対だめ!」と言い張る。

5時半頃に茶部長とC部長が二人でやってきて、「やっぱり今日りつこさんに戦地に行って補正もやってもらいたい」と言い出し、私はほんとにあまりのことに心臓がきゅーーっとくるしくなってしまった。
「プログラムか補正かどちらか優先順位をつけて下さい。両方はムリ」と言うと、「わかった」と言って補正は後回しってことにどうにかなった…。
ああ…。もうほんとにつらい…。限界かも。
【 2005/10/22 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

ムチか竹刀か

昨日は、戦地で検証した後、委託室に戻った。
前の日と同じ原因でだめなデータを1件作ってしまっていたけど、もう原因がわかっているからへっちゃらさ~。いやほんとはへっちゃらじゃないんだけどさ~。なんたってプログラムをまた直さないといけないからね~。

バグだよバグ!考慮もれ!
ってうれしそうに言うなよ。般若に怒られっぞ。
障害でございます。もももももうしわけございません。と女は震えながら言ったのだった。
でなくちゃだめなのだった。
いや謝れば謝ったで、「謝って済むと思ってるのかーーー!!」と怒られるのだった。

なんつうかあれだ。何を言っても話が通じない、ああ言えばこう怒り、こう言えばさらに怒る、そんな暴力教師がいたでしょう。そんな感じだ。それがサラリーマンになってえらくなって背広を着てるんだ。
何を言っても無駄なのだ。だから言葉を発しちゃいけないのだ。
そんなんが3人いるんだよ。いや一人はまだちょっと人間味がある感じなんだけど。>人から聞いた話&見た目のイメージだけど。
でも般若とブタは違う。同じ人間という感じが全然しないよ。

昨日も委託室に戻った後よりさんと話をしていて。
「もうさ何があっても驚かないよね、このプロジェクト」という話になる。
マスクマンから「ちょっとこの間の障害の件で説明してもらいたいんだけど」と呼ばれてよりさんがひょこひょこ付いていったら、部屋に入るなり、鬼のような形相のブタに「ここに座れーーーー!!!」と怒鳴られたんだってよ。
なんだよ、そりゃ。

「その時に、ブタが女王様の格好してても、もうそういうものなのかな、って感じですよねえ」
私が言うと「え?なに?」と驚くよりさん。

「いやだからその時に部屋に入ったらブタが女王様の格好していてムチを持ってても、”ああそうなんだ。あれで叩かれるのか”って普通に受け止めちゃいますよね」
「え?普通に?パンパンって?」
「なによ、その手つきは?」
「ぶわはははははは。そんなことはさすがにないっしょ。ないって!」
「いやあるよ、あっても不思議じゃないって」
「だいたいブタはムチっていうより竹刀ですよ」

ああ、確かにムチより竹刀のイメージだな、ブタは。
今週末のデータ補正には竹刀を持って戦地に来るそうですわよ。防具を付けて出社しないと!
【 2005/10/21 (金) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR