りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2006年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2006年05月

ゴーアラバキ!

明日、仙台に行くよ~ふぉ~!なんとさばさん一家とですよ。<a href="http://gip-news.jp/arabaki/" target=_blank>このイベント</a>に参加ですよ。

ひばりの遠足が5月1日に振り返られてしまい、ひばりは参加できず。最初は「遠足より仙台がいい!」と言っていたひばりだったのだが、学校へ行って友達に「遠足楽しみだね」「一緒にお弁当食べようね」と言われたら、「行けなくなった」とは言えなかったらしい。
「だって私が行かなかったらしずがグループで女の子一人になっちゃうんだよ。やっぱり私が行かないとかわいそうだよ。」

えええーー?と思ったけれど、そういう気持ちになったっていうことはすごくうれしかった。ちゃんとそういう良心とかやさしさは育ってるんだな、って。だから彼女の意思を尊重することにしたのだよ。

ドキドキしながらおーまに電話をして、「30日にひばりを泊めてくれない?」と頼み込む。
「ええ?」
「実は1日に遠足があって」
「ええ?遠足ってことは早起きなんでしょう?!お弁当作らなくちゃいけないんでしょう?」(←弁当作り嫌い)
「ももももうしわけないんだけど、弁当はサンドウィッチがいいって言ってるんで、前の日に作っておいてもらって…」
「ええ?具はツナと卵とハムぐらいでいいの?」

…おっ。やる気を見せてるね?
電話を聞いているひばりとすみれと旦那も「もう一押し!」「ガンバレ!」と無言で声援を送ってくる。

「う、うん、そうね、そんな感じで。買い物とか作るのとかはひばりに手伝わせて」
「朝は何時に出るの?」

いやぁどうにか「いいわよ」の返事がもらえてほーっとしたよ。ありがとう、おーま。恩に切るぜ!ありがてぇありがてぇ。
すみれなんか「大丈夫になるといいね!すみれちゃんも仏様に祈ってるね!」と言って祈祷してたらしいよ。さすが仏の子。

ってなわけで、行って来ます。1泊二日。楽しみだー。
スポンサーサイト
【 2006/04/29 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

学校生活

今日は朝から晩までガッコだったよ~。
仕事をしていた時は、朝9時半頃から終電までとか朝帰りとか平気でしてたけど、すっかり身体と頭がなまってしまったのか、これがきついきつい。
おとといなんて帰ってきたらもうへろへろで起きていられず、22時には眠ってしまったよ。情けなかー。

ああ、でもほんとに楽しくてしょうがないよ、ガッコ。
JAVAの実習なんてもう楽しくて楽しくて、教わることも楽しければプログラムを作るのも楽しくて、なんかこのままずーっとここで教わっていたーい。仕事なんかしたくなーい、って気分。(←本末転倒)

さすがにプログラミングは身体に染み付いてるんだね。すんなり頭に入ってくるし全然抵抗ないよ。ってそんなこと言っていられるのも今だけかもしれないけど。
お金出して人に教えてもらうっていうのは最高の贅沢だね。
そしてここのクラスの雰囲気、好きだなぁー。私も講座が終わったら、アルバイトで雇ってもらおうかしら。なんちって。でへへ。

お昼は、おとといのメンバーで食べにいったよ。一人なんか19歳だよっ!私よりひばりに年が近いっていったい…。あたしゃどれだけ年取ってんだよ!
きっとみんな私の年が知りたいわね?結婚してる?してない?とか思ってるわね?
普段の私だったら聞かれる前に先にばーんと言っちゃうけど、今回はまだ言ってないの。ちょっとキャラを変えてみようかと思って。ふふん。
ってわけじゃないんだけど、なんとなく言ったら引かれるかな?と思うと、ためらっちゃったりして。でもお酒の席だったらすぐに言っちゃうけどね。聞かれる前に。アルコール注入する前に。(←酒の席というだけで緩む奴)

今日は16時半までみっちり実習をやった後、2時間講義。
いやもうこれが眠いのなんのって。なんかめったに使わない頭を使うせいか、授業を受けてるとめちゃくちゃ眠くなるんだよー。別に退屈しているとかそういうわけじゃないんだけど。
で、かなりへろへろになってるところにかなり難解な講義の追い討ち。一生懸命付いて行こうとしていたんだけど、気が付いたら白目むいてたよ、よよよ。私以外の人もほとんど同じ状態だった。
先生も「砂漠に水をまいているような…」って言ってたよ。ごめんよ…。

短期集中ってだけのことはあって進みが速くてほんとに大変。
落ちこぼれないようにがんばんべー。
【 2006/04/28 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

親子

子どもを褒めて育てるというのが、今の時流のようだが、それってどうよ?と思う今日この頃。

私自身、けなされて「なにくそっ!」と頑張るタイプではないので、できれば自分のことは褒めて育ててほしいと思っている。>これ以上どう育つっちゅうんや?!という突っ込みお断り。
だから、ひばりに対してもすみれに対しても、おそらく他人からみたら、良く言えば「寛大なおかーさん」悪く言えば「甘すぎるおかーさん」なんじゃないかと思う。

でもさ。たとえば部活なんかだと、昔ながらの「もっと根性出せー!」ワールドなのだよ。
小学校の先生だってそうそうは褒めてなんかくれないんだよね。

でさ。今までずーっと褒めて育てられてきたから、そういう根性教育にすげー弱いのだよ、ひばりって。
10歳になっても、私がちょっと厳しく言ったりするとすぐに泣くんだよ。厳しくされることに慣れてないんだよね。

これって「褒めて育てる」の弊害なんじゃないかなぁ、って思うんだ。

小さいうちはいつも親は褒めてくれてたわけじゃん。
それが大きくなるにつれて、急に「これぐらいできて当たり前」「10歳にもなってなんでそんなこともできないの?!」って言っても、子どもにしたら納得いかないわけよ。

なんで褒めてくれないの?
なんで急にそんな風になるの?
そんな感じなんだよ、きっと。

確かにさ。褒めて育てるってことでいい面もあると思う。
でも悪いところもたくさんあるよ。そして世間はそんなに甘くないよ。学校に行きだしたら、誰もそんなふうに気を使ってくれないし、どちらかといえば昔ながらの「けなして上がってくるやつを拾う」が主流だよ。
だからこそ親だけは無条件に褒めて抱きしめて育てるべきって思うかもしれないけど、ずっとずっとそのままでいいと思う?ほんとにそれが正解って言える?
最近すごく疑問を感じるんだよなぁー。

かといって、親が子どもに「しつけ」という名の元に権威を振るうことにも疑問を感じてしまう。
本当にしつけのためなの?自分がそうやって鬱憤晴らしをしているんじゃないの?
それは本当に子どものためと思ってやってることなの?そもそも「子どものため」にできることってなんなの?

考え始めると本当にわからなくなってくる。
でも「これで間違いない」と思うより、「どれが正解かわからない」と迷っていた方が、間違いが少なくて済むような気がしている。
【 2006/04/27 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

授業始まる

ついに今日はガッコの初授業。
いやぁ待ちに待ってたよ、この日を。
と言うわりに、送られてきた事前学習用のDVDを昨日の晩、飲みながら慌てて見るという泥縄ぶり。
しかも次回持ってきてくださいと言われていた自己紹介シートやらプリントも全部忘れたよ、ははは‥。ぼけがぼけがー始まってるーーー確実にーーー。ひぃーーー。

講師とは今日が初対面。
うーん、若い。誰も彼も若いと感じる(いや実際若いんだが)ってことは、私が年をとったってことなんだねえ。全然自覚はないんだけどねえ。年だけ無駄にとっていくよねえ。
しかし若いけれど、大学在学中に携帯サイトの開発やってそのまま会社入ってばりばりやって、会社おこして今やシャッチョさんですって。ぷはーっ。
大学出てソフト会社に入って、ずっと化石のような技術だけで仕事をやってて、平社員のままでぼろぼろになって会社辞めた私とは大違いだねっ。ぷはーっ。あ、ビールもういっぱいね‥。

いやでも授業がとてもわかりやすい。
そしてこんな風にお金を払って教えてもらうっていうのはほんとに新鮮だなぁ。
なんていうか仕事をしていく中で、本当に理解しているわけじゃないけど、こうやりゃこうなるっていうところでやってたところも多かったから、こういう風に体系的に教えてもらうと、「ああ、そうなのかー」って納得ができる。
そしてプログラミングが好きだったかどうかももうわからなくなってきていたけど、違う言語を教わってプログラムを作るって楽しいことだなぁって思えたよ。
あーなんかうれしいなぁ。

お昼は、元証券マンの元気なおじさんが「一緒に食べましょう」と声をかけてくれて、5人で食べたよ。
なんかこんな風にお昼食べるのって久しぶり。まだみんなお互いどういう人かわからないっていうのもあって、敬語とタメ口が混ざるあたりが面白い~。ぷぷぷっ。
なんかこっちのクラスは人数も少ないし、地味な人が多くて、でも元気で中心になるおじさんもいるから、すぐに仲良くなれそうだなぁ。

しかし短期コースだから進みが速いよ~。
これ、プログラミング初めての人は大変だよ、ほんと。私は曲がりなりにもずっとやってたからまだ余裕があるけど。(でもきっと今だけだ‥)
あたらしいPCが届いたら、早速環境を入れて家でも開発するぞー。やるぞー。おー。
【 2006/04/26 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

遠足延期

今日はひばりの遠足だったんだけど、いきなり天気予報がはずれて雨で延期。中止じゃなくて延期ってことだから、まあいつかは行けるだろう。
そのたびに早起きしてお弁当作るのは大変なんだよ。今度は晴れますように。なむー。

バレー部では試合の時のお弁当はおにぎりと決まっている。おかず禁止だよ。楽でいいけど。って私は作ったことないけど。たいてい旦那かひばりが自分で握って持っているけど。
だからおにぎりはもう新鮮味がないんだって。ってことでひばりのリクエストはサンドウィッチ。

サンドウィッチといえば。
おーまはお弁当作りを忌み嫌っていたんだけど、たまに作ってくれるとサンドウィッチだったんだよ。
サンドウィッチだったら前の晩に用意しておけるからって言ったけど、サンドウィッチって結構面倒だよね?しかもちゃんとツナと卵とハム、みたいに具もいろいろ分けてくれててさ。
これをやれるなら、普通の弁当も作れるんじゃないか?って思ったものだよ。
料理が嫌いっていうわりに、コロッケや春巻きや餃子は必ず手作りだったしなぁ。おーまの七不思議だな。

あと、基本的におーまを信用していなかった私。
ある年の遠足で、妙にリュックが軽くて、おーまが弁当を入れ忘れたに違いないと思った私。
多分今のひばりぐらいの年だったと思うんだけど、いろんなことが「恥ずかしい」お年頃で、もしお弁当を忘れたってことがみんなに気づかれたら恥ずかしい、とにかくなんとか隠さなくちゃって思って。
山登りの間も、どうやってお弁当タイムを切り抜けるかってことで頭がいっぱいで、まわりの景色なんか何にも目に入らない。
気分が悪くなったって言うかトイレにこもるか‥真剣に悩んでたんだけど、到着してリュックを開けたらちゃんとお弁当が入っていて。へなへなへな~って力が抜けたことを今でも思い出すよ。

旦那は大学時代はおとうさんにお弁当を作ってもらっていたらしい。
おとうさんは調理師免許も持っているような人なんだけど、彼の作る弁当は相当強烈だったらしく。ご飯の上に一面鳥の皮が敷いてあるだけの弁当とか、おかずはちくわのソテーだけとか、あけてぎょっ!ってことも結構あったらしい。

ひばりは大人になって、どのお弁当を思い出すんだろう。
きっとこちらが「不名誉」に思う弁当を思い出すような気がする‥。
【 2006/04/25 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

調子の悪いすみれ

どうにも調子がもどらないすみれ。
普段元気爆発の人が、だるそうにおとなしくしていると心配でしょうがないよ。
昨日はお腹も壊して食欲もなく、夜は「気持ちが悪い」といって寝そべったりしているので、ますます心配になってきた。

これはもしかして急性肺炎なのでは?あるいはマイコプラズマ肺炎?
咳も前よりひどくなってきているし、あの時もたいして熱は出なかったじゃないか。
前は赤ちゃんだったからぐったり~だったけど、今はかなり体力があるからこの程度でとどまっているのでは?

今朝は気持ち悪くないと言うすみれだったが、朝ご飯もほとんど食べないし、どことなくだるそう。本人は「ほーくえんに行きたい」と言うけれど休ませた。
先週行った耳鼻科は小児科が併設されているので、両方で診てもらうことにした。

初めて行った小児科は温厚そう~な男の先生。
やっぱりいまどきはこれぐらい目に見えて優しそうじゃないと商売成り立たないのかね。いや結構結構。(←何様)
症状を話して、前に肺炎になったときもこんな風に熱はたいしてないけど元気がなかったので‥と話したのだが、聴診器で胸の音を聞いた先生は「肺炎にはなってないですね」。
そうなのかなぁ。レントゲンか検査かしてほしかったんだけどなぁ。でもそれ以上も言えないわし‥。なんたってプロがそう言ってるんだもんねえ。もうちょっと様子を見てもいいのかしらねえ。うーん。

*******

病院に行ったついでに銀行に振込みに行ったんだけど、前にカラオケボックスがあった所に新しい美容院ができてたよ。
「おー、こんなところに美容院が」と思ってふと見たら、レジの所に立っているあの人は、すーさんじゃないか!
え?どうしたの、すーさん?まままさか独立?
いやでもすーさんに限って、前の美容院のすぐそばに開店なんかするわきゃないか。
きっと姉妹店なんだな。そしてあのくされ店長も、すーさんのことは信頼していて、新しい方のお店を任せたんだな。そうに違いない。

すごいじゃないか、すーさん!
転職しないで頑張ってきてよかったね!

と勝手に一人で盛り上がる私であった。今度行ってみよ。

*******

そして昨日のロールパンの成功に気をよくして、今日はかぼちゃパンに挑戦中だよ。
旦那がパンは作れないから、えらい感動してくれるのがうれしくってさー。(←単純)
【 2006/04/24 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

パン作り再び!

昨日はすみれと二人、家でまったり。
ひばりは4年の時に仲が良かったOくんとKくんと遊びに出かけて行った。
ほんとにひばりは毎日毎日誰かしらと約束しては遊んでるよ。
男の子ともまだ全然一緒に遊ぶし、クラス遊びといってクラス全員で集まって遊んだりしている。
そういうのを見ていると自分が子供の頃と特に変わるところがなくて、ほんとにほとんどの子が私立中学に行くとか、塾や習い事でみんな忙しくて一緒に遊ぶ子がいないとかっていうのって本当のことなのかなぁと思ってしまうんだよなぁ。地域性っていうのもあるんだろうか。

すみれが鼻水を出しているので外には行かず家で過ごした。
何か作ろうということで、久しぶりにパン作り。ってパンは前に一度作ったきりなんだ。
前に作って成功したバターロールを作ることにした。いろんな形を作れるから、すみれも楽しいしね。

パンはとにかく時間がかかる。発酵させる時間が必要だから、なんだかんだと3、4時間。
待ってる間は二人で積み木をしたり塗り絵をしたりシールを作ったり。

1次発酵させたあと、「あれ?なんか膨らみが少なくない?」と思ったんだけど、2次発酵させてみて愕然。全然膨らんでないんですけど。
ああ、オーブンの温度設定をしくったか。なんでこんなに膨らんでないんだよー。ショック…。
それでももしかして焼けばなんとかなるかと焼いたんだけど、ぜんぜんこの間作ったときのようにならなかった。
食べてみたら…小麦粉を丸めて焼きました、というお味。がーん…。

パンって時間がかかるだけに、失敗したときのダメージがでかい…。
まさか失敗するなんて。とほほほほ。

で、どうしても納得いかなくて、今日もう一度挑戦することにしたのよ。
今日はひばりもいて「私もやりたい!」ってやる気満々だったしさ。

作り始めてから気がついたよ。
はっ。昨日はドライイースト入れるの忘れてたよ。
イーストが入らなかったらパンじゃないですからーっ!発酵するわけないですからーっ。
あほやあほや。しかも作り直して初めて気が付くとは。おまぬけにもほどがある…。
【 2006/04/23 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

Tさんと飲む

昨日はTさんと飲みに行った。

辞めてからもこまめに連絡をとってきてくれるTさん。
私とTさんがこんなに仲良くなるなんてなぁ‥。
最初お昼が二人っきりになった時、「いったい何の話をしたらいいのやら」って焦って、沈黙が怖くて次から次へと自分のバカ話をした覚えがあるよ。
いったいいつから仲良くなったんだっけ。二人きりの時が長かったのと、お互いに本当につらくなった時に似たようなだめになり方だったことで、いつからか仲良くなってたんだよな。

働き始めたTさんの今の職場の話を聞いたり、私の学校の話や沖縄の話をしたり、生ビールを次々と飲みながら話す話す笑う笑う。
一番つらかったとき、二人でランチビール飲みに行ったよね。あの時Tさん目のまわりがもう真っ黒でげっそりやつれちゃってさ。私も話してるとすぐに泣いちゃってさー。二人ともおかしくなってたよね。
それにしたら嘘みたいに元気になったよね。でも時々傷跡が痛むように、自分がだめに思えたり人が怖くなったりする時があるんだ。

フリーで来ているおじさんとまだ連絡を取り合っているTさん情報によれば。
・茶部長は営業に飛ばされたらしい
・カエル課長とヒラメ課長は仙台に飛ばされたらしい
・カバ子も抜けたらしい
・やっさんはまだいて君臨しているらしい
・ダンディさんたちは会社ごと6月で撤退するらしい
・次々人は減っていってるらしい

やっさんがいまだ君臨しているらしいっていうだけで、本当に辞めてよかった‥と思う私。
カエルとヒラメが仙台っていうのは前にも聞いてたんだけど、ヒラメはまだしもカエルが飛ばされたのはかわいそうだなぁと思う。あんなに頑張ってたのに。役にも立ってたのに。
カバ子は会社に認められているから、プロジェクトが落ち着いてきたらきっとさっさと去っていくんだろうと思ってたけど、やっぱりそうだったか。
会社を辞めてなければ私は次々抜けていく人をむなしい気持ちで見送ったんだろうなぁ。

最近はステンドグラスを始めたり、ずっと連絡をとっていなかった友達に会ったりして、楽しくやっていると言うTさん。
同じ職場のおやじが臭くてさーーと笑いながら言うTさんは、地獄になる前の元気で怖いもの知らずのTさんに戻ってたよ。

逃げることも大事。
今、しみじみそう思う。
【 2006/04/22 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

病院でほめ殺し

頭と耳の後ろが痛いというすみれを休ませた昨日。
かれこれ1ヶ月ぐらい鼻水を出して小児科からもらった薬を飲みつづけている。
こりゃどう考えても長すぎる。耳鼻科に行ったほうがいいかなぁ。

今まで行っていた耳鼻科は特に「小児」をうたっているわけではないこともあって、子どもに厳しい。
かなり小さいうちでも泣くと怒られる。
思い切り嫌な顔をされて「すげーな‥」なんていわれたりもする。
すみれなんかそれこそ全力で泣き喚くので、耳鼻科に行くのが憂鬱でならなかった。

最近駅前に小児科&耳鼻科ができたのだが、ひばりのバレー部のお母さんに聞いたら「子どもに慣れてるから優しい」とのこと。
じゃちょっと行ってみるべーか。

耳鼻科と聞いて顔が曇ったすみれ。
「でも今日行くところは子どもの病院だから」
「痛いことするのが子どもは嫌だから、やらないってこと?」
‥そんなわけない。

入ったらきれいだし看護婦さんもたくさんいて愛想がよくて子どもの遊ぶ部屋もあって、ぱらららり~ん♪
すぐに呼ばれて診察室に入ったのだが、女の先生でとても感じがいい。
「すみれちゃん、お耳ちょっとお掃除するからね。がんばってね」
足や腕をぎゅっとつかむ看護婦さん2名と先生で全力ですみれを褒め称えてくれる。

「うわーーえらい、すみれちゃん!すごいね。泣かないで」
「きれいになるよー。うわーすごい、ほら!頑張ってるねー」
耳垢がたまっていたので吸引されたのだが、その時もとにかくほめてほめてほめて。
鼻水を吸い取る時も、全員で励ます励ます励ます。
あの絶叫児すみれが1、2度小さな声で「痛い」と言っただけで、泣かなかったんだよ。

「これだけ長引いているってことは副鼻腔炎を起こしているかもしれないわね。レントゲンを撮ってみましょうか。すみれちゃん、一人でお写真撮れるかな。あっちの部屋で」
(黙って首を横に振るすみれ)
「あらあら。でもね、全然痛いことはしないし、すみれちゃんはお姉ちゃんだからできるんじゃないかな。それで病気があるかどうかわかるんだけど。撮らない?」
「うん‥わかった」

いつもこの世の終わりかというぐらい泣いていたレントゲンも泣くことなく済ませ、鼻の穴を膨らませて大得意なすみれ。

いやぁ普通のお子ちゃまなら当たり前なのかもしれないけど、すみれが耳鼻科で泣かないなんて‥あたしゃ感動したよ。
すみれも成長してるんだね。
【 2006/04/21 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

さばさんが来た(1)

昨日はさばさんに家に来てもらった。
近いからしょっちゅう来て~私も行くから~と言うわりに、なかなか日程があわず実現できずにいたのだ。
どうせ来てもらうなら朝から晩まで!一日全くなーーーんにも予定がない日に!なんて思うから、なかなか実現できなかったんだな。
もっとあっさりと「今日は夕方から出かける用事があるけど来ない?」みたいに考えれば、気軽に行き来ができるはずだ!なぜそれができない!(←いきなり激昂)

さばさん親子が来てくれるからってことで今週は頑張って掃除したのよ。
足の踏み場もないほどだった玄関やハウスダスト渦巻く和室や物の出し入れが困難だった冷蔵庫や。
頑張ってあの程度かよ!の突っ込みお断り。

さばさんは飲まないからなーといいながら、前日大量にお酒を買ってくる私。結婚祝いにもらったワイングラスを冷凍庫で冷やす念の入用だ。>しかも「昼間から飲まないよね?」と聞くと「うん」といわれ、「じゃ」って自分だけそのグラスで飲む私。

すみれはうかちゃんと遊べるのがうれしくてうれしくて。
もてる技は全て見せたいらしく、し○じろうの付録のマジックやら影絵やらメールやら次々披露。まるで料理教室と称して友達集めて鍋を売りつける主婦のようだ。
あれこれ出して次々放り出していくすみれとは対照的に初志貫徹じっくりタイプのうかちゃん。
いやぁ、こういうお子様もいるのね。塗り絵を黙々と塗りつづけ、クレヨンはきちんと順番に箱に入れ、コツコツと集中して遊び。
すみれもひばりもおよそ几帳面なところがないから、子どもっていうのはそういうものなのかと思っていたよ‥。

前回遊んだ時はすみれのハイテンションに引き気味だったうかちゃんが、今回は早めになじんで二人で和室にこもっておばけごっこできゃあきゃあ言っていたのはうれしかったなぁ。
どんどんとっちらかっていくすみれに、「ちょうじゃなくて、おばけごっごでちょ?」「おばけのおうちだからくらくないとだめでちょ?」と軌道修正するうかちゃんが素敵だ。

そして、さんざん来て貰うのを楽しみにしていて、朝から時計を睨んでまだかまだかとカウントダウンしていて、一緒に遊べて天にも上る勢いで喜んでいるくせに、うかちゃんのことを指差して「この人」と呼ぶすみれっていったい‥。
さすが保育園のクラスメイトの名前を3年間把握できず「あれ」呼ばわりしただけのことはあるよ‥。
【 2006/04/20 (木) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR