りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2006年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2006年07月

ライブに登場した思わぬ人物

Scoobie Doにはテーマ音楽があってこれがぞくぞくっとくるほどかっこいい。この曲が流れると、スーツ(たいてい黒。コヤマシュウだけ白いスーツに赤いシャツ)に身を包んだメンバーが登場するのだ。

この間の日比谷でもこの曲が流れて会場に「うわーーーっ」と歓声があがってみんな続々と立ち上がったんだけど、白いスーツに赤いシャツで登場したあの男は…どこをどう見ても…。

マイクに向かったその男は「すくーびー!すくーびー!すくーびーーーにゃーー!!!」
ぶわははははははは。猫ひろしだよっ!
「すくーびー!すくーびー!ねこひろし!ねこひろしっ!」

しかもその後また同じ音楽が流れ、何事もなかったかのようにかっこよく登場したメンバー。
なぜ猫ひろしだったのかの説明は一切なく、怒涛のライブに突入していったのだ。
サイコーだ。サイコーすぎる演出だ。

次の日、「昨日行ったライブに猫ひろしが出た」と話したら、ひばりもすみれも「えええ?いいなぁーー。猫ひろしーー」「ママずるーい。すみれちゃんも猫ひろしーー」とめちゃくちゃうらやましがられた。

******

日曜日の大会のとき、旦那がひばりに「ブロックが全然なってないよ。手はこういう風にしないとボールには当たらないよ」なんて話していたら、にやにやしながらFコーチが近づいてきた。
「ひばりは本当にこの半年ぐらいでうまくなりましたよー」。

Fコーチはいつもこう言ってひばりや親を励ましてくれるのだ。
私が当番の時はわざわざ部室まで入ってきてくれて声をかけてくれる。

Fコーチの娘は2人とも部員でお姉ちゃんは昨年卒業したけど、妹は現キャプテン。
まっすぐなやる気と頑張りとガッツがまぶしいお嬢さんなのだ。
ひばりにはないものだから(もちろん自分にも全く無い)、ものすごく憧れてしまう。あんな風にガッツがあって努力する子だったら、この先の人生も全然安心だなぁなんて思ってしまう。

「ひばりはナツが5年の時より全然うまいですよ」
「いやいやとんでもないですよ。なんといってナツはガッツがあるから!」私がそういうと、「こーんな鬼みたいな顔してね。ぶわははは」と笑うFコーチ。

自分の子どもじゃないのに同じように厳しく優しく教えてくれて、こうして休日も返上でいつも来てくれて、本当に頭が下がるよなぁ…。
スポンサーサイト
【 2006/06/29 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

また次の課題が

昨日はWEBの日。昨日は実習の後に、間課題についての説明がさらに2時間。も、もうへろへろ…。
プログラムなら何時間やっててもそんなに目はやられないんだけど、画像系は慣れないせいか疲労が激しいのだ。

そして噂には聞いていたけれど、WEBの中間課題は大変そうだ…。
いやJAVAのほうも大変っちゃあ大変だったけど、なんといってもプログラム作るのは慣れてるからなぁ。
WEBのほうは見た目が命だから、手を抜いたらそれこそ本当に恥ずかしい~結果になることが目に見えてるんだよなぁ。しかも頑張っても頑張ってもあの程度なんだよな…。ふっ…。

しかも来週までに企画書書いてプレゼンってあなた…きっついじゃないですか…。
しかもJAVAの課題と時期がかぶるんですけど。
どどどうしよう。
できれば同じサイトにしちゃったほうがいいんだけど、環境(言語)が違うからなぁ。むむむ…。
大変だけど頑張るのだー。頑張らないとこうして学校に通う意味がないもんね。うりゃうりゃーーー!

で、授業のあとは飲み会。
アシスタントの人が来週で終わりなんでその送別会。
ぶっちゃけ、JAVAクラスのほうが全然飲み会が楽しかったので、一瞬躊躇…。って躊躇してるのかお前?ってぐらいすぐに「行きます」に手を挙げてたんだけどさ…。

自分が構えているせいなのか、たまたまいつも一緒にいる人たちとかみ合わないのか、話が弾まないの…。
いやそういうことあるよね、あるある。とは思うんだけど、お互い「仲良くなりたい」と思っているのがわかるだけに、いい人たちなのがわかるだけに、「なんで?なんでなの?」って気持ちなんだよ。

でもま、酒が飲めればええやん。あんまり相手のことなんか気にせずに自分が面白いと思う話を一方的にすればええやん。(←いいのか?)
そう思いなおし、かわいこちゃんたちを前に自家発電の話なんかしたりして、ビールぐいぐい飲んだりなんかして、兄さんに突っ込みいれたりなんかして、そうこうしているうちにだんだん楽しくなってきたよ。
やー酒の力は偉大だ。

就職が決まって学校を去るアシスタントさんとも、新しいアシスタントさんともたくさん話ができたし、めちゃくちゃセンスが良くてすんげーと憧れていたクーちゃんとも話ができてしかもなんと彼女とは通じ合える感じがあったし、オタ話に一瞬気を失いかけたけど、概ね楽しい飲み会でよかった。
【 2006/06/28 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

忙しい週末

なんだかとっても忙しい週末だった。

・土曜日は朝からバレー部の当番。当番自体はたいしてことないんだけど、この日は日曜日にうちの学校で行われるブロック大会の準備をしなくちゃいけないってことで、控え室にする教室の掃除をしたり張り紙をしたり立ち入らないように紐を張ったり。ああ、ほんとにお母さんって大変…。

・それにしても新会長のTさん。てきぱきと手配をしてお母さんたちに役を振ってほんとにすげー。当日もソツなく司会までこなしていたよ。ただ者じゃねえ…。ああいう人にはほんとにかなわないよ。って私がかなうって思う人ってめったにいないんだけど。

・夜は酒飲みオフ総会。今回は7名。いや楽しかった。なんのかんのと話がすすみお酒もすすみ食もすすみ、後半失速はお約束。ええと…やたらとトイレに行くようになったあたりから記憶がぷっつんなんですが…。私またなにか…しでかしてはいないでしょうか…。

・帰りの電車で爆睡し3駅乗り過ごす。終電前だったのでまた上りに乗ってどうにか事なきを得る。

・日曜日は大会。8時20分に学校に行き、まずは会場への案内。合宿係でも一緒のMさんの仕切りの下、右往左往する私たち。
このMさんにもなぜか最初から頭が上がらず、完全に「パシリ」と化している私。生まれながらの子分体質が悲しいよ、よよよ…。

・ひばりは今大会で初めてレギュラーの座を獲得し、AチームでもBチームでもずっと試合に出してもらっていた。
まだまだアタックがコースをねらえなかったり、ブロックが全然だめだめだったり(「当たりませんように」と思って飛んでるのが見え見え)したけれど、今まで見てきた試合ではいつも「今日は足が痛いから調子が出ない」みたいなポーズをしていたひばりが、今回は堂々と試合にのぞんでいて、それだけで私はうれしかったよ。

・しかもなんとAチームは優勝。これはキャプテンはじめ6年生の子たちがとにかくすごいからなんだけど、それにしてもすごい。ひばりも初めて自分がちゃんと参加しての優勝だったのでうれしかったようだ。

・夕方からScoobie Doの日比谷野音ライブ。4時から始まって4時間ほぼぶっ通しのライブ。もうほんとーーにサイコーーだった。
コヤマシュウに「今まで見たことのないような踊りを踊ってくれよ」言われ、踊りまくった。
最後にマイクを通さずに「みんな愛してるよ」と言われ泣いた。
【 2006/06/26 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

ネット中毒くん

JAVAクラスにネット中毒くんがいる。

いや私もかなりの中毒者だとは思うけど。
私の比じゃないよ。だってさすがの私も学校ではネットやらないもん。
ググったりするから接続はされてるし、調べ物するのに使ったりはもちろんするよ。
でも高い授業料払って授業受けてるわけじゃないっすか。さすがにここでつぶやいたり人の日記見たりしようとは思わないよ。

でも彼は違う。
初日から当然のごとくネットを立ち上げ、先生の話をネットを見ながら聞いてる姿を見たとき思った。…こいつ相当な中毒患者だ…と。

もしかして金持ちのボンボンで、なんにもしなくても生きていけるんだけど親にうるさく言われて来てるのかな、だからやる気がないのかな、なんて思ってたんだけど、別にやる気がないわけじゃない。いやすごくやる気があるのかといえばそうではないと思うけど。

でもとにかく中毒なのだ。
一瞬でも隙があるとあげちゃうのだ。
で、多分いつも自分が入り浸ってる掲示板とかを見てるのだ。

今日の授業もかなりハード。
16:30で終わる日と18:30で終わる日があるんだけど、これが結構不定期で、配られているスケジュールを見ればわかることなんだけど、なんとなく感覚的におととい18:30までだったから今日は違うよねなんて思ってると、実はあったりするのだ。
で、今日がそうだったの。
で、中毒クンは16:30の時点で集中力が完全に途切れたらしいのだ。

だもんだからその後の時間はほとんどネット見て過ごしてたよ。

なんだかねえ…。
こういうのを見ると、若いやつなんか敵じゃねぇな~なんて思っちゃうわけよ。って暴言?え?

学校に行く前は「若い子と机を並べて…うひひ。」なんて思ってたんだけど(おいおい…)、「はぁ…なんだかなぁ…」と思うのは圧倒的に若い子に対してだよ。
ネット中毒くんとか。
自分の彼氏がいかにすごいかを吹聴するガールとか。
ずっと同じ突込みばっかり入れてる筋肉バカとか。

なんつうかこれが若さなのかなぁ。若さっていうのは恥ずかしいものなのかなぁ。
苦々しく思うのは私が年をとった証拠なのかなぁ。

気が付けば仲良くなったのはおっさんだったりする。
やはり類は友を呼ぶのか。おやじはおやじ同士なのか…。ほほほ…。
【 2006/06/23 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

りえちゃんが来る

明日、同じバレー部のりえちゃんが遊びに来るらしい。
りえちゃんは6年生でAチームの中衛で、ものすごくガッツがあって上手な子だ。彼女のお姉ちゃんのまゆちゃんは今年から中学生になったが、昨年までこのチームのエースアタッカーだった。

私はまゆちゃんのファンだった。
めがねをかけてひょろ~っとしていていかにもスポーツだめそうなのに、いざ試合になったら鋭角アタックをがしがし叩き出す。
性格も優しくて優柔不断でうじうじしているところがひばりに似ていて、「ひばりにもあんなふうになってほしいなぁ」と思っていた。

一方りえちゃんは気が強くていかにもスポーツやってます!な女の子。
たとえ審判講習会のための気合の入ってない練習試合でも、自分がレシーブミスをするとくやしくて、みんなから離れたところに座って悔し涙を流したりするような子だ。

まゆちゃんはひばりのことを最初からかわいがってくれていたけれど、りえちゃんはちょっと馬鹿にしている風だった。
それがようやくひばりもちょっとだけ形になってきてりえちゃんもちょっとは認めてくれるようになり、この間は初めて「一緒に遊ぼう」と家に呼んでもらったのだ。

「だから今度は家に呼びたいの」とひばりに言われたときは、調子よく「おお、りえちゃんが来てくれるのか。じゃそのときはお茶菓子のひとつでも出して接待しないとね」なんて言ってたくせに、いざ「明日りえちゃんが来る」といわれると、「あ、ママは学校だから。勝手にやって」の無責任ぶり。ほほほ。

言っても言っても片付けなかったひばりが、明日はりえちゃんが来るからと、かーなーり必死こいて片付けていたよ。
普段はひばりの部屋(というほどのもんじゃないけど)に洗濯物を干しているんだけど、「明日はどうにかしてね」なんて言いやがるのよ。
やっぱりひばりにしても、りえちゃんが家に遊びに来るっていうのは、ちょっとスペシャルなことなのね。

あそこのお母さんは2年連続でバレー部の世話役をやるような人で、ぞうきんをごしごしきれいに洗ってかたーく絞るような人だからなぁ。家の中もきっとぴっかぴかにきれいなんだろうなぁ。
でもってりえちゃんが帰ってきたら「どんな家だった?」って根堀葉堀聞いてくるタイプだよなぁ。やばいなぁ…。

と言いながらもう片付ける気力もなく、ありのままを見てもらおう…と開き直る私であった。ふっ。
【 2006/06/22 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

benzoを聴いて思い出す

音楽で昔を思い出すことってよくある。
私の場合、結構「固め聴き」をするもんだから、あるアルバムとかアーティストを聴くとその頃の記憶とか想いがぶわ~っと蘇ることが多い。

スネオヘアーの「冬の翼」を聴くと、地獄プロジェクトに入ったばかりの頃にツールを作っていて、雪の降る土曜日に休日出勤した時のことを思い出す。
カーネーションの「Spy For the band」を聴くと、大阪のLOVE SHOWERというイベントを見に行った時のことを思い出す。
古内東子を聴くと、ビーズにはまり始めた頃を思い出す。

きっとbenzoを聴くと学校に行ってた頃を思い出すんだろうなぁ。
今日学校への道を歩いていてそんなことをふと思った。

どんな気持ちで思い出すんだろう。
ああ、あの頃はよかったよなぁ…かな。
ああ、あの時の私はお気楽だったよなぁ…かな。
でも思い出しているときの私はきっと笑顔だろう。遠い目をしてきっと笑っているんだろう。なんかそんな気がする。

今日もJAVAクラスは超ハード。
先週ばばーっと詰め込まれた技をすべて盛り込んだプログラムを午前中いっぱいかけて作るのが準備課題。
「これができないと午後の授業に進めませんから、みなさん何が何でも全員そこまで作ってください」「できるまで昼は食べに行けませんから」

メンバーが少ないってこともあると思うけど、全員を一人残らず引き上げようという先生の姿勢にはいつも胸を打たれる。

「みなさんがこのコースに幾らの授業料を払っているのか、僕は知ってますから。それだけ払っても決して損じゃなかったって思えるレベルまでに絶対しますから」

こんな風に言い切れるってすばらしい。
自信過剰で「はぁ…あんたいいねえいつもそうやって自信満々で」とも思うけど、この気合とこの男気は本当に素敵だと思う。
この先生につけてほんとによかった。この学校にしてよかった。本当にそう思う。

いつも全力投球。出し惜しみしない。
そんな風に生きたい。

自分がどう思われているかとか誰かをうらやんだりとかそんなんじゃなく。
自分が不当に評価されているとか私はこんなもんじゃないとかそんなんじゃなく。

ロック画報のおまけのCDいっぱいいっぱいに曲を入れるカーネーション。
「毎日まじめにやってればきっとお客さんはきます」とにっこり笑うかめも食堂のさちえさん。

そんな風に生きたい。
【 2006/06/21 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

振替休日の姉妹

昨日は振替休日だったひばり。
友達と遊ぶ約束をしそびれて、つまらないーーとぶうぶううるさい。
「すみれが休めばすみれと遊べるよ」と耳打ちすると、「それもいいね」と色よい返事。珍しい~。

保育園ブルーが続行中のすみれ。一週間のうち泣かずにバイバイできるのは1日あるかないか。
月曜日は特にブルーで、起きてくるなりソファーに横たわるというありえないテンションの低さ。
朝食に呼んでも呼んでやって来ず、ようやく席についてからも何一つ口にしようとしない。牛歩作戦か?

そんなすみれに「今日は本当は保育園の日だけどひばちゃんが学校休みだから特別に休んでいいよ」と告げたら、「え?」といきなり笑顔になり、ぱくぱく普通に食べだした。
ったくあんたって人は…。

普段は10分遊んだらすぐにけんかになるのに、昨日はお互いの利害が一致しているせいか終始友好的に遊んでおったよ。
あんたたちやればできるんじゃないの!

******

今日はWEBの授業があった。
お昼休みぼーっとしていると、同じクラスのOさんが「ちょっといいですか」と話しかけてきた。
Oさんも本当は同じJAVAのクラスに通うはずだったんだけど、クラスが始まる直前に事故にあってしまい欠席していた。
1回でも休むと付いていくことは不可能なのでどうするのかと思っていたら、学校側が調整してくれて、もう少し遅くに始まる別のクラスにかえてもらえたらしいのだ。

彼のクラスの方は週に1回だし半年コースなので、私たちのクラスよりずーっと進みが遅い。
全くの初心者のOさんはそれでも付いていけなくなってきていて、自分には無理なんじゃないかと思い始めていると言う。

うーん、わかるよ…。やっぱりこの年になって(と勝手に同じぐらいの年と思っている)職種を変えるのは並大抵じゃないよね。
プログラミングはとっつきにくいしね。何から何まで懇切丁寧に教えてもらえるわけじゃないし。教えてもらったところで理解しきれるものでもないし。

「習うより慣れろなんですよ」
「理屈はわからなくてもこうやればこうなるっていうところさえ抑えてくらいついていけばなんとかなりますよ」

なに人にえらそうにアドバイスしてんだか>私。
てめえも頑張れよ!
はい、頑張ります。
【 2006/06/20 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

COUCHライブ!(1)

昨日は渋谷で行われたCOUCHのライブに行ってきた。

直枝さんソロのライブを見に行って以来、対バンだったCOUCHにはまりまくり。ものすごく気持ちのいいコード進行と胸がドキドキするような好みのギターとさわやかなボーカル。
COUCHがミニアルバム2枚出しているだけなので、それだけじゃ飽き足らなくて、ボーカル&ギターの平泉さんが前にやっていたバンドbenzoのCDも聴いたりして、「ああっ、私は平泉さんの作る曲がすごく好きなんだ!」という認識を新たにして、とにかくCOUCHとbenzoをヘビーローテーション。だから昨日のライブは私にとったらまさに旬!だったのだ。

地図を見ながら迷いに迷ってようやくお店に到着。
チケットはメールで予約していただけだったので受付した方がいいのかしらんと入り口に行くと、中ではリハの真っ最中。
いかした女性が歌っとるよ。かっこいいじゃない。
そしてそれを見ているあの後姿は平泉さんじゃないの。

どうしたらいいのかなーと店の前で立ってると、オダギリジョーのようなかっこいい店員さんがごみを捨てに出てきた。
「7時からのライブを見に来たんですけど」と声をかけると、「別にチケットとかはないんで入った時に名前を言っていただければいいっす」と言う。
店の前にぼーっと立ってたらCOUCHファンと思われる女性が何名か集まってきた。なんかおしゃれなきれいなお姉さんが多いなー。

Aさんと合流していざ店内へ。
おお、ステージと客席がすごく近い。こんな近くでしかも飲み食いしながらライブが見られちゃうんですか。うひょひょ。

ビールと料理を頼んで話をしていたら、先ほどリハをやっていた女性がステージに現れた。
rhythmic basisという2人組なんだけど、二人でどこまでファンキーになれるかを追及しているというその言葉通り、アコースティックなんだけど踊りたくなるような気持ちのいいサウンド。ビールも飲んでとってもいい気分。
しかも後ろを見たら、一段高いエリアは関係者席になっていて、COUCHの人たちが普通に座って談笑している。
なんかこれってすごく贅沢なライブじゃない?
【 2006/06/19 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

COUCHライブ!(2)

そして2番手がCOUCHですよ。
この間見たときはもちろん直枝さん目当てだったわけで、演奏が始まるまではなーんとも思わずぼーっと見ていたんだけど、今の私はCOUCH☆ラブ。私の好きなあの曲を作ってる人がこんな近くにいる~。きゃ~。(←ばかもの)

「この会場はすごく音がきれいに響いて好きなんですよ」と前のライブの時に平泉さんが言っていたけれど、確かにこのバンドにこの会場は合ってる。
そしてやっぱり今の私の気持ちがCOUCH聴きたい!だったからだと思うんだけど、曲が始まるたびにうれしくて「うぉ~!!」と叫びたくなるような高揚感。あーほんとにほんとにうれしいよ。大好きな「BLOW」「放課後」も聴けて。
なんて気持ちのいいサウンドなんだー。私、ほんとにこの人の作る曲が好きだー。ううううー。

至福の時間が終わり、Aさんと「よかったーーー!」と言い合いながら、さらに飲み物と食べ物を追加オーダーしたりして、次のバンドを待つ。
ああでも…。あたしゃこの時点で帰ればよかったよ…。
トリを飾ったトカゲ男が…。

私はかーなーり間口が広いヒトだと思うんだけど…。たいていは好きなバンドの対バンってだけで応援したくなるんだけど。見たことなくても興味なくてもちゃんと聴くのがマナーだと思ってはいるんだけど…。
酔っているのか普段からそうなのか妙なハイテンションでワインのビンを片手になんか歌いながら現れたときからちょっといやな予感はしたんだけど…。

とにかくだめだった。受け付けなかった。
決して下手なわけじゃないんだけど、独りよがりで内輪ウケでふまじめで、馬鹿にするな!って気持ちになって不愉快極まりない。
見ているうちにだんだんだんだん腹が立ってきて、顔がどんどん険しくなってくる。
COUCHで幸せな気持ちになったのが冷水を浴びせられたような…がっかりな気持ちでいっぱいになった。
COUCHファンと思われる人たち…というか関係者じゃないヒトたちは次々と席を立って帰って行った。私も途中からほんとに帰りたくなったけど、前の席だしそれはさすがに失礼だよなと思って耐え忍んでいたんだけど、でもやっぱり帰ればよかった。

最後までいたおかげで出口の所で平泉さんに声をかけることができて、ブックカバーにサインしてもらえて幸せだったけど。
でも楽しい気分が台無しになってほんとに残念だった。
【 2006/06/19 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

図工の授業を参観

金曜日はTさんと飲みに行って、かなりべろんべろんになるまで飲んでしまった。
あほやわたしあほや~。
何もそんなにたくさん飲まなくてもいいっちゅうのに。
次の日二日酔いでもうへろへろですよ。二日酔いというよりは、まだ酔ってる状態でしたよ。

ストレスなくなっても飲み方は変わらない…。
いけないよ、いけませんよ。そろそろ身体のことも気にしないといけない年齢だというのに、若い頃と同じように飲んでちゃいかんって…。
しかも2週連続タクシー帰りって…。だめすぎる。

昨日はひばりの学校の参観。
木、金が自由参観で、昨日はもうちょっとスペシャルな参観。まあ参観が多いこと。
旦那がサッカーに行ってしまっていたので、すみれを連れて見に行った。

校長先生のお話タイムや親子で遊ぼうタイムを避け、2時間目の図工を見てきたんだけど、今の図工の先生は本当にすばらしいのだ。アイデアがとにかくすごくて私も一緒に授業を受けたいくらい。
昨日は手を作ろうってことで、軍手を石膏で固めてたよ。楽しそう~。

みんなうろうろしてるし、わいわいがやがや楽しそうなもんだから、すっかり授業参観に来ている意識が薄れてしまったすみれは「うみうみうみぃー」なんて叫んだりして、ひぃ~。
こわもて担任F先生の授業を参観させればよかったなぁ~。でもそれで学校に対する恐怖心が植えつけられなくて、まあよかったか。なんたってすみれも来年入学するんだもんなー。

しかしどの子もかわいいなぁ。5年生ってまだこんなにかわいいっけ。
何かしでかすと化け物みたいに感じられるひばりも、こうしてみると結構かわいい。(ひどい言いよう)

夜は回転寿司へ。
17時半頃に行ったのにあなた15人待ちですよ。ななななんでみんなそんなに回転寿司が好きなの?!(←お前もな)
いやそれでも今から違う店に移動しても結局食べ始める時間は変わらないだろうということで、待ちましたよ45分。我が家にしたら最長記録かもしらん…。

待ってる間、店においてある漫画をぱらぱら見てたんだけど、「瞬きもせず」なんかが置いてあって、懐かしくて読み始めたらあなた…涙が出てきちゃいましたよ。
ひばりに「え?ママ、立ち読みで泣くっていったい…」とあきれられましたよ。
【 2006/06/18 (日) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR