りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2006年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年11月

塾の見学

昨日はひばりの塾の見学に行った。

実はひばりが行きたいと言っている塾は、私が小学生の時に行っていた塾。
当時は開講したばっかりで、塾長は大学出たての長髪の兄ちゃん。頭が良くて内向的な先生だった。

このO先生、ある時私が本を読みながら教室に入ったら、青筋を立ててもう壊れるんじゃないかというぐらいの勢いで怒った。普段全然怒らないへにゃへにゃした人だったので私のショックは相当なもので、その後はもう先生がいつキレるのか気が気じゃなくしばらくしてやめてしまった。

あの塾まだあるんだー。ってことはまだO先生がやってるのかなー。いまにも潰れそうだったけど、生き残ってるんだったらたいしたものだよなぁ。

そんなことを思いながら、ひばりと2人で塾を訪ねた。
「私が塾長です」とやって来たのは紛れもなくそのO先生だよ。あれから30年。確かにおじさんになったけど、でも間違いなくO先生だ~。

この塾にしようと思ったのは、お受験オンリーの塾じゃないからっていうのと、家から近いっていうのと、行ってる友達に話を聞いたら自分で行く曜日を選べたりと、なにかとゆるかったからなんだけど…。
O先生は塾の理念やいまどきの受験事情などを熱く語り始めた。

いやぁ~さすが30年続けてきただけのことはある。
先生、話が上手になったよ…。前はこんなに口が達者じゃなかったよなぁ…。
と、ついつい母が息子を見るような目で見てしまう私。実際は10歳ぐらい年上なんだけど。

先生の話は1時間半にもおよび、ひばりはもう完全に魚の死んだ目だよ。
なのに話が終わったら、「きちんとしたお嬢さんですね」と言うO先生。
「落ち着きがなくて…」と答えると、「いやいや。1時間半こうやってきちんと座って話を聞いていられるお子さんはなかなかいないんですよ。親御さんのしつけがちゃんとしているんですね。」なんておっしゃる。

かーっ。先生ったらちゃんとヨイショもできるようになっちゃって!このっ!このっ!

O先生の熱さにひばりが引くかな?と思ったが、一通り話が終わると「行きたい!頑張る!」と言う。

というわけで、入ることになったのだ。
あとはひばりが先生の逆鱗に触れて火傷しないことを祈るばかり…。
でも通ってるMちゃんの話によるとO先生が怒ったことはないっていうから、多分30年たって先生も成長したのだろう(と思うことにしよう)。
スポンサーサイト
【 2006/10/31 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

レターセット作り

お友達にお手紙を書いたのでかわいい封筒をちょーだいとすみれに言われ、手持ちのレターセットを探してみたのだが、かわいい封筒がない。
あー、ひばりならたくさん持ってるけど、さすがに勝手に出すのは気が引けるねえ。

だったら作ればいいんじゃない?
ダウンロードするサイトとか探せばあるんじゃない?
と探してみたら、まああるわあるわ…かわいいメモ用紙、FAX用紙、便箋&封筒、ブックカバー。ダウンロードしてプリントアウトして、あとははさみでちょきちょき切ってのりで貼ればできあがり。

やりだしたら楽しくて楽しくて止まらない。
がんがん印刷して切って貼ってまた印刷。
ごっこ遊びだと目が死んでしまう私も、工作だったらいつまででもできちゃう。
途中ですみれがお手紙に飽きて違う遊びにうつっても、まだやっちゃう。
もはや「すみれのため」という目的はどこかに飛んで行っちゃってるよ…。

部活から帰って来たひばりが案の定一緒にやりたがり、「そういうばもっといいものを持ってなかったっけ」という話になる。こういうときだけいろいろ頭が動くのはなぜだ?なぜなんだー、ひばりよ…。

おおーそういえば何年か前のクリスマスにサンタさんが、<a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0002YM296" target="_blank">こんなもの</a>を持ってきやがりましたね。
もちろん子どもだけでやれるはずもなく、自分のPCにソフトをインストールしたり手伝ってやるのが嫌で、ほとんど一度もやることなくお蔵入りになってましたね…。
いまこそあれをやるときですね。

というわけで私のバイオちゃんにソフトをインストールしてやりましたよ。
すみれなんかいったいどういうものを想像してるのか、ものすごく喜んじゃって不安になるほどですよ。

すみれがやたらと手を出したがり、ひばりがきぃきぃ言ったりしながらも、ほぼ2人でやって、水貼りシールなぞというものを出力していたよ。
「どこに貼ったらいい~?」とその後いろんなものを取り出してはりまくっておったよ。
部屋は紙ごみだらけになるけど、こういうのは楽しいね。
【 2006/10/30 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

♪どうしてなっのー今日に限ってー

最近休日になるとテンションがめちゃくちゃ下がりもうどうにもこうにも…な状態の私。
昔のように早起きして家族でどこかへぱーっと遊びに行くなんてことはしなくなって久しい。なぜならひばりの部活があるから…。とほほ。
土日はほとんど部活だよ。9時から13時半まで。で、それからひばりがお昼を食べ終わって14時過ぎ。その時間からどこかへばーんと遊びに行くなんてことはかなり難しいのだよ。

最初の頃はぶうぶうだった私たちもなんだか最近はそんな土日にも慣れてきてはいるんだけど。
もうどうせどこも出かけないんだしーと思うと、もう体が動かない動かない…。
お昼食べたら眠くなってソファーにごろり。すみれにDVD見せておいてぐうぐう昼寝。ヘタすると2時間ぐらい寝ちゃうのよ。で、ようやく起きてももう体がさらにだるくなっていてどうしようもないのよ。
で、あとは夕飯を食べに出かけるのだけが楽しみ、みたいになっちゃう。

いやぁ、よくないよ、これは。
なによりすみれがかわいそうだ。
だから今日はだるだるな身体に鞭を打って2駅先の公園へ行ったのだ。
旦那+すみれ+ひばりは本気の鬼ごっこ。私はベンチに座ってほげ~。
…え?それじゃ公園に出かけた意味がない?
…いやだって…体が重くて重くて。とても鬼ごっこなんてできませんって。

いつまでも遊びたがるすみれを「おやつにドーナツ」でどうにか説得し、みんなでミスタードーナツに行ったら、すみれの仲良しのえりちゃんがお母さんと来ていたよ!
大喜びのすみれ。えりちゃん&ママが4人がけの席に座ったのをいいことに、「すみれはこっちでよろしく~」と無理矢理座らせちゃった。
だってこんなチャンスはめったにないからねえ…。

色白できれいなえりちゃんママ。今日はこれからお買い物に行くとかで、ぴしっと黒いスーツを着て、いつものことながら美しい…。
それにひきかえ私ときたら、すっぴん&頭ぼさぼさ&腹が隠れるでかTシャツ&社会の窓が開きっぱなしのジーンズ、ですよ。

ああ…。近所に買い物に行くだけでも、ちょっとぐらいきれいにしてから出かける日もあるというのに。
♪どうしてなっのー。今日に限って。安いサンダルを履いてた~♪

頭をかけめぐるユーミンのdestinyですよ。
え?知らない?こんな名曲を?
【 2006/10/29 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

U-21日本対中国

おととい、家族でサッカーを見に行った。

実は私が身勝手な単独行動をしている時に、旦那は子ども2人連れてサッカー観戦に行ったことが2回ほどあって。
すみれがもつのか?と心配していたんだけど、これが案外喜んで。
たまたま熱烈サポーターの席に座っていた時は、ひばりもすみれものりのりで応援して、すみれなんか上着を振り回すほどで、ひばりもすっかりそのとき見ていたジェフのファンになってしまってたりして。
我が家のサッカーブームから一人取り残されてしまっていた私だったのだ。

おとといはU-21の試合が国立であったのでファミリー席を取っておいた。ファミリー席だと一人500円で見られるんだよー。
3人ですみれを保育園に迎えに行き、スーパーに寄って夕飯になるようなものを買う。ひばりは寿司(遠慮のないやつ…)、旦那は太巻き(質素…)、すみれはおにぎり一つ、そして私は焼き鳥にシュウマイ(あとはビールでおなかいっぱいに…)。

国立競技場に着いたらかなりの人。チケットが全然売れてないって話だったけど、それが逆に宣伝になったのか?
普段は旦那がサッカーを見ていても冷ややか~な私だが、こうやって競技場に足を運ぶとなんだかわくわくしてくるねー。

フェイスペインティングサービスがあって、ひばりはうきうきと並んでやってもらっていた。
私はうきうきと売店に並んで生ビールをゲット。

席について買ってきた夕飯を食べる。暑くもなく寒くもなくちょうどいいねー。芝生がきれいだねー。焼き鳥うまーい。
子どもに焼き鳥をかなり食べられ、さすがに物足りない私。フランクフルトでも買ってくるねーと席を立ち売店に行くとすごい行列。しかも「弁当売り切れ」だって。やっぱり買ってきておいてよかったー。
長いこと待ってホットドッグとカップラーメンと生ビールを買って席に戻ったら、日本がすでに1点入れちゃってたよ。ひぇーー。大事な場面を見逃してしまったー。

などと言いつつ、その後も「次はビールじゃなくてチューハイにするか」なんて買いに行ってたりして。
サッカー見に来たんだか飲みに来たんだか…。

結局この日は2対0で日本が勝ってよかったよかった。

…ってここまで書いてアップしたけど、読み直してみると「サッカーはまあどうでもいいや飲めればいいの~」っていうのが見え見えな日記でしたね…。ふっ。
【 2006/10/27 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

久々のハロ

今日は給付金申請の書類をもらいに久々ハロへ。
担当のおばちゃん、とても親切だった。たいして待たされてもいないのに「お待たせしました」と言ってくれるし、書類もらって立ち上がったら「お疲れさまでした」と深々と頭を下げてくれた。

やー。最初に行き始めた頃は、親の敵に会いに行くみたいに緊張していたけれど、結果的には一度も嫌な目にあったことはなかったなぁ。ハロ。
今日のおばちゃんもほんとにええ人やった。口はくさかったけど。(←余計な一言)

****

ようやく重い腰をあげて、ひばりとすみれの衣替えをした。

そうしたらひばりの服の少ないこと…。
そうだよなぁ。どんどん大きくなるからどんどん着られる服がなくなっていくのだよなぁ…。
最近は私の服でムリめなやつ(痩せたら着ようとか、背中の肉に気づかないふりをすれば着れなくてもないとか、41歳が着るにはプリティすぎ?え?イタイ?みたいな服)はどんどんひばり流し。確かに彼女が着るとどれもかわいい。

旦那には「いっそもう服は(私と)共用にしちゃえば?」なんていわれるんだけど、ぜーったい嫌だ。
だってあいつってばいまだに公園で砂遊びしたりタイヤブランコしてきたりするんだよ。服の汚し方がハンパじゃないんだって。
いまだに食べこぼしも多いし…。

というわけで、今日はハロの帰り、ひばりの服を何枚か買ってきたよ。
すみれにも、いつもいつもひばりのお古じゃかわいそうだから何枚か。
今のところまだひばりの趣味は把握できているので、私が買った服は全部気に入ってくれているけど、そのうちそうじゃなくなるのかもなぁ。

******

で、ハロでもらった書類を持って学校へ。
ここでまた申請書を出して、学校から各種証明書をもらったら、またハロへ行って出すと、職業訓練給付金が出るわけですよ。
いやぁ。お金、減る一方だからさー。って働いてないから当たり前だけど。
ちょっとでも返ってきたらうれしいよー。
砂漠に水をまくように、じゅわじゅわっとなくなっちゃいそうな気がしないでもないが…。

******

そして最後は本屋に行ってFLASHの本を2冊買って帰ってきたよ。
デザインセンスないから大変だよー。でも楽しいかもー。
【 2006/10/26 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

WEBコース最後の日

昨日でWEBのクラスの授業が終了した。
いろんな意味でもやもやが残った最終日。
先生はすごく当たりだったし授業内容にも何の不満もないので、あくまでも自分の側の問題ではあるんだけど。

残すは卒制のみということで昨日はそのオリエンもあったんだけど、先生から説明を聞いていて、今の自分のこのもやもやを卒制で全て吹き飛ばそうではないか!という気持ちがむくむくっと湧き上がってきた。

卒制は基本的に何を作ってもいいということなので、ここはもう自分の利点を最大限に活かして、機能もりもりのサイトを作ろうと考えていた。
それで最近はPHPやAjaxを勉強していたんだけど。
先生の話を聞いているうちに、せっかくWEBデザインコースをとったんだから今まで授業で習ったことの集大成みたいなものを作ろうじゃないか!という気持ちになってきたのだ。

そっちの方じゃ勝負できないからプログラムに力を入れようと思っていたんだけど、勝負にならなくてもいいじゃないか。自分が今まで習ったことを消化できて「このコースをとってよかった」と思えれば。

でもってもっともだめだめだったFLASH。これを勉強しなおしてバリバリFLASHのサイトを作ってみようか、と思い直したのだよ。

実はFLASH嫌いの私。
見に行ったページがFLASHだとまずはSKIPしちゃうんだよね。
だからFLASHでどういう動きができるかとか、どういう見せ方ができるかというようなことに、とんと疎いのだ。

でもこれはこれですごい技術だと思うし、仕事にも活かせると思うんだよね。
いやそういう意味ではこのコースで勉強したことで仕事に活かせないことは何一つないと言っても過言ではないのだ。

よっしゃー。やるでーやったるでー。
まずはFLASHでどこまでできるのか、企画を練らなければ。
それから習ったことの復習もしなければ。
2週間後には企画書を持って先生のチェックを受けなければならないのだ。
がんばるぞー。
【 2006/10/25 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

コレクターズ野音ライブ

昨日はひばりの試合を見に行ったあと、コレクターズの日比谷野音ライブに行って来た。

日比谷に着いて地上に出たらなんと雨。
ひぇ~雨が降るなんて思ってもみなかったよ~。なんてこったい。
入り口の前でカッパを買い、缶ビールを買い、いざ会場へ。
どれぐらいお客さん来るんだろうとちょっと心配していたんだけど、すごい人だよ!Scoobieの時と同じぐらい入ってる!すごいーー。しかも若いファンが結構いるのよ。コレクターズえらいっ!

コレクターズは、カーネーションとかぶるところが多いバンドなので、今までもカーネーションとの対バンで2回見たことがあるんだけど、加藤さんの強烈なキャラクターとポップでロックな音楽にうぉーーとなりいつかワンマンライブに行きたいと思っていたバンドだ。

いやぁ昨日はほんとに行ってよかった!
いいとは思っていたけど、こんなにライブが楽しいバンドだったとは!
途中で私の中の何かがぶちーんと切れて、おかしくてうれしくて踊り狂っちゃったよ。Scoobie Doに通じる楽しさがあるんだよーー。

そして最高だ…加藤さん…。
私、こういう突き抜けた人に弱い…。

20年間続けているだけのことはあるなぁ。濃いよほんとに濃い。この濃さは若いバンドにはないものだよなぁ。これを一度知っちゃうと、ちゃらちゃらした若いバンドなんか見る気がしなくなっちゃうんだよなぁ。(←暴言)
しかも最近のコレクターズときたら、いったいどうしちゃったの?っていうぐらい精力的に活動してるんだよなぁ。DVDボックス発売したりファンと台湾ツアーやったりクアトロでマンスリーライブやったり。
夏フェスなんかにも積極的に出ていたから、あんな風に若いファンもたくさんついたんだろうなぁ。うーん。すばらしい。

「負ける気がしねぇ」「あと20年やるぜ!」って言ってたけど、ほんとにやってほしいよ。
あなたが65歳になったら私は61歳。それでまだバンドが続いていて私もまだライブに行ってたら…
ぐわはははは。ありえないかー?!って気もするけど、もしかしてありえるかもー?!って気もするなぁ。

明るい未来のために頑張って生きていこう。なんてことを密かに思うのであった。
【 2006/10/23 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

発想を変える

バレー部はハルと一緒だから、練習に行くのが憂鬱なんじゃないかなぁと心配していたんだけど、そんなことはないみたいだ。

バレー部に入った当初、ひばりにしてみれば心の支えはハルだけだった。
でもそのときハルが案外冷たくてそれもあって居心地が悪くてつらかったみたいだった。
でもバレー部の中でハルに頼らず自分で自分の居場所を作りあげることができたから、今回みたいなことがあっても多分平気なんだろうと思う。

私の大好きな<a href="http://career.mycom.co.jp/job/tetsuya/" target="_blank">哲也さんの就職相談</a>で、内定がもらえず悩んでいる人の回答に、
「誰かに選んでもらうのではなく、1人でも生きていける方法を考えてみることです。 」とある。

これを読んだとき、ああっ!と思ったんだ。
選んでもらうんじゃないんだ。自分が生きる方法を選ぶのだ。
いくつも会社を受けて落ち続けていくと、自分はもうどこの会社にも入れないのではないかと情けない気持ちになってくる。
でも自分が選ばれるのではないのだ。その会社に入って自分が何を売れるのか。自分は何をしたいのか。なにができるのか。そこが肝心なのだ。
最初に読んだときは、なんとなくはぐらかされたような回答に思えたけれど、いやでも本当にそうだよな、本質をついてるよなぁと思う。

友達だってそうだ。自分が友達に選ばれるんじゃなくて、自分が選ぶのだ。
集団の中での自分という発想じゃなく、あくまでも自分を中心にして考えること。
こうされたああされたじゃなく、それで自分はどうするのか、そういう風に発想を変えていくことが大事なのかもしれないなぁ。

なんて、ひばりのハゲを見つめながらいろんなことをぶつぶつ考える私なのであった。
そうそうひばりのハゲ、かなり目立たなくなってきた。やっぱり専門の病院に行って見てもらって「円形脱毛症じゃない」と言ってもらえたことで本人も納得できたんだろう。あれ以来痒がったり気にしたりすることがなくなった。

まだまだ親を頼ってきてくれるから助けてあげることができるけど、そのうち本当に親には何も言ってくれなくなるんだろうなぁ…。
【 2006/10/21 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

試練のとき

ひばりが仲良しだった友達から仲間はずれにされている。
友達命の彼女にしたらこれはものすごい試練だ。
できればつらい思いはしないで大きくなってほしいと思ってしまうけれど、人間関係のスキルって確かに痛い目にあわないとつかないものだよね…。
何も経験がないつるっとした状態で社会に出ることほど恐ろしいことはないものね…。
貴重な勉強をさせてもらっているのだと思おう。
しばらく手は出さずに口だけ出して見守ろう。

今日はTさんと飲みに行く予定だったんだけど、朝ひばりが「今日ママ家にいる?」と聞いてきて、「あー夜は出かけちゃう」と言ったらなんだかとても心細げな顔をしたのが引っかかって…。
何をしてあげられるわけじゃないけど、今日は家にいてあげたほうが絶対いいなぁと思って、予定はキャンセルした。

昨年の今頃が私は本当に仕事がつらい時期で、ほとんど家に帰って来られなかった。
徹夜朝帰りが当たり前で、1週間ぐらい顔を合わせない日もあった。
あの時にひばりが今みたいな状態だったらいったいどうなってたんだろう。
旦那がいやみでもなんでもなく「やっぱりあんたじゃないと(ひばりは)だめなんだよなぁ…」と言って、私もちょっと考えちゃったよ…。

いればいいってもんじゃないとは思うけど、でもやっぱりここぞという時にはいてあげて助けてあげないとだめだな…。
ダメな母親だけど子どものピンチを感じ取るアンテナだけはいつでもちゃんと張っておかなくちゃと思う。

今日も遊ぶ約束をしないで帰ってきたので、「2人でちょっといい所に行こうか?」と言うと、「え?どこどこ?」と目をきらきら。
前にバレー部のお母さんたちと話しているとき、文房具の卸をやってる店があって、子どもと行くとうはうはになるよと聞いていたのだ。
気分転換には買い物でしょう!ってことで2人で行って来たよ。

いやー、そんなにファンシーなものがバカスカあるってわけじゃないんだけど、それでもそれなりにはあってだいたい2割引きぐらいだから、ちょっとうはうはきちゃったよ。
そして我が家のセロテーパーのために、ついカッターのでっかいやつと一生分ぐらいのセロテープを買ってきたよ。(でもきっと半年ぐらいでなくなる…)
いやぁ、買い物は楽しい~。また行こう。うふ。
【 2006/10/20 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

直枝さんソロライブ

昨日は直枝さんのソロライブに行って来た。

ほんとに最初から最後までゲストなしでアコギ一本で歌いきった直枝さん。
途中で手がつるというアクシデントもあり(この時点で2時間ぐらいやっていた)、「ここまで弾きまくったらそりゃ手もつるよ、まだあと何曲やるつもりだったかわかならないけど、もう終わりにしてもいいよ…」と思っていたんだけど、一度舞台裏に引っ込んでからマッサージをしてもらったと言ってものすごく恐縮して戻ってきて、その後またがんがんやって、終わってみれば3時間全28曲という長丁場。

出せる力以上のものを全力で出す。
見に来てくれたお客さんに100%満足してもらう。
直枝さんの熱い気持ちが伝わってきて、ほんとにこの人はもう…となんかもう胸がいっぱいになったよ。
きっとあの場にいた人たちはみんなそんな気持ちだったと思う。

直枝さんの弾き語りがステキなのはよくわかっていたつもりだったけど、昨日は本当にすばらしかった。
まさにカーネーションの曲の原型がここにあるっていうか、この曲はこんな風にしてこの人の中から出てきたんだなぁっていうのが生に感じられて、ぞくぞくっと鳥肌が立った。

男らしくてナイーブで情けなくて、そしてどうしようもないくらい優しい。
ああ、ほんとに優しいんだ…。
昨日は聞いていていったい何回泣いただろう。

歌の力もものすごい。なんかこの人の歌はもう確実に何かすごい域に入ってしまっているよ。うーん、うまい言葉が見つからない…。

もうとにかくハートを射抜かれまくりの3時間だった。
ほんとにほんとにありがとう。
【 2006/10/19 (木) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR