りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2007年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2007年09月

キレる日そしてご褒美

かなり切羽詰ってヤングくんに質問したら、またいつもの「何を言ってるかわからない」をやられ、あーじゃあもういいよ!もう聞かねぇよ一生!と逆ギレしかける、るるる~。
なんかねー。たまに本気でひっぱたきたくなるんだよねー。

夕方、社長と営業とヤングくんがしていた雑談にもキレそうになる。なんつうか、エリート意識っていうか上流思想(蒸留しそうじゃない)っていうかそういうのがたまに鼻につくんだよねー。すぐに「優秀」とか「アフォ」とか言うのも腹が立つんだよねー。貧乏人(金銭的にだけじゃなく頭脳的にもビンボー)のひがみなのかしらねー。

帰りに近所の和菓子屋で麩まんじゅう(不満中じゃない)を買って帰ろうとして、店員のあまりの手際の悪さと感じの悪さにキレ、いやみったらしく店を出る。なんだよー。いらっしゃいませも言わねぇでよー。間違えておいてすみませんの一言もないのかよー。もうあんたのとこでは一生買わねーよー。

ああ、ああ。こんな日もある。こんな日もある。え?毎日?

***

今日でラジオ体操は終了。
無事皆勤できたひばりとすみれは、通常の参加賞(ライトを当てると文字が見えるマジックペンとかいうやつ←100円ショップ←決め付け)と、皆勤賞(ビーチボール←100円ショップで2個で100円←決め付け)をゲットして帰ってきた。
あれだけ頑張ってこれか…。あ、いやいいんだけどさ。ラジオ体操っていうのは参加することに意義があるのであって、それでもらえる景品が目標なのではないのだから。

だいたい何かしたからご褒美っていうの、好きじゃない。100点とったら何かを買ってあげるとか、○○してくれたから××をご馳走してあげるとか。
そういうのって何でも金で解決するのと変わらないよ。
えらかったねぇとほめてあげたいというのはあるけれど、だからご褒美っていうのはなんかいやらしい。そうやって育てると子どももそういうふうに育ってしまう気がする。
いやあのさ。例えば今回みたいに地域主催のラジオ体操で「ご褒美に」おもちゃをあげる。子どももそれを目当てにラジオ体操に出るっていうのはまだいいよ。
だけどそれを親がやるのはどうなのよ。それは違うんじゃないの?と思うわけよ。

旦那のおとうさんはそういう面ですごく潔癖な人だから、旦那には一度も「ご褒美」をくれたことはないらしい。
「わしはそういうのは嫌いやからやらないから。欲しいものがあるならそれは買うから言って」と言われたらしい。
それはとても正しい、と思う。おとうさんのそういうところ、とても美しいと思うし、だから旦那はああいうふうに育ったのだなと思う。
いやでも私たちはたまにやってしまう時もあるけどね。子どもってそういうニンジンに弱いから。でも常習化するのは嫌だなと思うわけだ。

と熱く語りながら、「こんなに仕事をいやいやがんばってやってるんだから何か自分にいいことをしてあげてもいいはずだ」と、自分にはさくさくご褒美をあげる自分なのであった…。
スポンサーサイト
【 2007/08/31 (金) 】 | TB(0) | CM(4)

ぼけは始まっている

会社のドアは4桁の番号を入力して開けるパスワード方式。この番号を夏休みをとったら忘れてしまった。
覚えやすい数字だったからどこにもメモもとっていなくて、何回か試してはエラーになりドアの前でうんうんうなっていたら総務の人が気づいて開けてくれた。
「えええ?りつこさん大丈夫ー?」
「夏休みとったら忘れちゃって」
「まぁ、夏休みボケ?」
なんてことを言って笑いあっていたのだが。

昨日も何度も出入りしていたのにもかかわらず、夕方トイレに行って戻ってきたらまた番号が思い出せなくなってしまった。
うえっ、なんてこったい。ええとええと確か…。いや違う、さすがにそんな簡単な数字じゃなくて。いやこれも違う。なんか続きの番号で。これでもない。
5回間違えたらピーピー鳴り出した。不審者!と思われたのだろう。ヤマちゃんが開けてくれて「り、りつこさん…え、ええ?」と驚いている。
「うん、そう。忘れた。」
「だいじょうぶっすか?」
「だめかも」

いやほんとに前からやばいやばいとは思っていたけれど、ほんとにいよいよやばくなってきたかも、私の脳。ぼけは始まってるよ、確実に…。
仕事もそんなに長くは続けられないかもなぁ…。なんか本気で心配になってきた。

***

先週久しぶりに整体に行った時、先生に「すごく良くなったねぇ」と言われた。
自分でも確かにそうかなぁと思っていた。
一時期毎日飲んでいた頭痛薬をこの2ヶ月ぐらいは全く飲んでいないし、長いこと万年肩凝りだったのが最近は「凝ってる」ということを意識していない日も多い。
整体に行き始めた頃は2週間に1回ぐらい行っていたのだが、今回は1ヶ月ぶり。その間特に肩がひどくなってきたという感じがなかったのだ。

「いやほんとに最初に来た時は驚くぐらいかたかったからね、背中が。はっきり覚えているぐらいに。ああ、こういうのが肩凝りなんだなって思うぐらいだったからね。なんていうかあの時は…おじさんの背中みたいだった」と言う先生。

…おじさんて!!
やっぱりおじさんなんだ?わし?
と思ったら妙にウケてしまって、もう笑いが止まらない。ぶわはははは。顔にタオルをかけられているんだけど、それが落ちるくらい笑ってしまった。

私が行っているのはカイロプラティック整体といって、マッサージだけじゃなくて骨を矯正してくれるんだけど、どうやらそれが私には合っていたみたい。やってもらった翌日は気持ちがいいけどしばらくするとまた凝ってくるというのではなく、通っているうちに徐々に慢性的に肩凝りが解消されてくるとは…行き始めた時はそこまで期待していなかったので、ほんとにうれしい。
先生にも「運動したり時々はケアをしたりしてあとはこれを維持すればいいから」「こんな風に良くなってうれしいですね」と言われた。

うーん。この先生、ほんとにいいなぁ。きっと合わないところに行ったら何回通っても全然良くならなかったと思うんだ。人も好きだしほんとにいいところを見つけたなぁ。
【 2007/08/29 (水) 】 | TB(0) | CM(6)

あれこれ

・毎朝「きょうはもうだめかも」と思わせておいてぎりぎりにどうにか起きてラジオ体操に行くすみれ。ひばりは寝起きが素晴らしくいいんだけど、すみれはほんとに起きないんだよね…。ものすごく機嫌も悪いし。そこまでして行く意味あるの?と思うけれど、泣きながら出かけて行っても帰ってきた時はすっかり元気になっていて、やっぱり行かせてよかったのかも…と思うのだな。

・一生懸命作ったお弁当。一番おいしかったのはポケモンかまぼこだって…。けっ。

・おーまはすっかりダンスに夢中。最初は激しく「いいっ!」と言って夢中になり、ちょっとすると「それがねぇ…」とげんなりしてきて、最後は逃げるように辞めるというのがいつものパターンなので、ちょっぴり心配。でも今はもう楽しくて楽しくて合宿も行こうかと思っているのだと言う。おーまが合宿…。おもしろすぎる…。

・土曜日は九段会館のビアガーデンへ。旦那は運転があるから飲めないっつうのに「1人だけ飲み放題じゃないというのはできない」と言われる。しかも飲み放題のソフトドリンクはウーロン茶だけだってよ。しょぼっ。
・かわいそうな旦那の分ももとをとらなければ!と、おーまと2人でがぶがぶ飲む。飲む。飲みすぎる。
・帰りの車の記憶がナッシング。帰ってからの記憶がナッシング。家族で飲んで記憶をなくすって、最悪…。

・最近お昼を1人で食べに行っている。感じ悪いかなぁとも思うけれど、夏休みが終わってからはなんかそういうことが面倒でしょうがない。はずまない会話をがんばってするのも、入りたくない店に付き合いで入るのもいや。だったら1人で行って本を読みながら食べるほうが100倍楽しい。お昼ぐらい好きにしてもいいよね?
【 2007/08/27 (月) 】 | TB(0) | CM(4)

ラジオ体操2

夕べ寝るのが遅かったので今朝はなかなか起きられないすみれ。
「ラジオ体操、今日はもうやめておく?」と聞くと、半分泣きながら「行く…」と言う。どうやら皆勤賞をねらっているらしい…。

昨年は最後の日だけ出て参加賞をもらったんだけどさ(100円ショップの水鉄砲)、皆勤だとそれとは別にもう一品もらえるらしいんだな。で、ひばりが今年はそれをねらうと宣言していて。お姉ちゃんがもらうなら当然自分ももらいたいわけで。
だけど起きられない。しかも光の加減で今日はお天気が悪いことも察知。寝ていたい。ラジオ体操なんてばかばかしい。でも皆勤賞がほしい。でも寝ていたい。でも…。

葛藤の末、ばかみたいに泣きながら、ラジオ体操に出かけて行きましたよ、今朝も。3人で。

帰ってきたらすっかり目は覚めたもよう。
おお。そういう意味ではラジオ体操って素晴らしいんだな。もうすぐ学校が始まるから、前段階としてとりあえず早起きの習慣を取り戻すっていうのも大事だし。
でも景品は100円ショップおもちゃなのにねぇ。(←何度も言う)ほんとに子どもって「おまけ」に弱いね。あ。おれもか。

そうそう。今朝聞いてびっくり。
なんと会長殿は朝礼台にのぼって体操するらしいよ!うっひょー。
「みんなおれを見てやってる」と言う旦那。「おれが間違えたらどよめいた」と言う。
今朝は無事にラジオ体操第二が録画できていたようだから、今日はエンドレスで見て練習するんだろうなー。ほえー。

****

小学生の夏休みももうすぐ終わる。これでようやくお弁当作りから解放されるよ、よよよ…。
すみれなんかほんのちょっぴりしか食べないから毎日のお弁当もたいして大変じゃない。ひばりが3年生の時の夏休みは本当にもうほとほと困ったもんなぁ。すごい量を食べるからお弁当箱がなかなか埋まらなくて。
とは言うものの、毎日作っているとさすがに飽きてくるというかネタも尽きてくるというか…。

もう少し夏休みっぽいことをしてやらなきゃ!と思うのもしんどいし、ひばりはひばりで「早く夏休みが終わってほしい」とうるさいし(塾の夏期講習に行くのが嫌らしい)…。そろそろ終わってくれてもいいんじゃないかな、って感じ。
いや。大人にも子どもと同じだけ夏休みがあれば問題ないんだけどね…。でもそれはそれできっついか…。むーん。
【 2007/08/23 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

ラジオ体操

おらが村では今日から毎日学校でラジオ体操がある。
バレー部、サッカー部、野球部の子たちは借り出されるので、ひばりは4年の時から参加している。昨年は参加賞目当てですみれも参加した。

で、今年。P○A会長もやらなきゃいけないのですよ。しかも前に出てみんなのほうを向いてやらなきゃいけないと言う…。これは何かの罰ゲーム?

で、「ラジオ体操第一はなんとかわかるけど第二はわからん」と言う旦那。ネットで動画を探したらしいのだが、見つけられなかったらしい。
「こうなったらもう6時半に起きてテレビのラジオ体操を見るしかない」と言う。
そうそう。うちのハードディスク。買ってまだ2年ぐらいだというのに壊れちゃったんですよ。なんとまあ絶妙のタイミング…。だから予約録画ができないんだ。
で、おとといの朝、目覚ましをかけて6時半に起きた旦那。「今日は第二やらなかった…」とがっくり肩を落としている。どうやら第一と第二は1日おきらしいのだな。

ということは昨日が第二の日だったようなのだが、なんと昨日は寝過ごしてしまった旦那。
夕べ帰ると、ネットで見つけた体操の図解を見ながら音楽をかけて何度も練習を繰り返している旦那。
…会長ってほんとに大変だ…。がんばれ…(棒読みで)。

で、今朝。私以外の3人は元気にラジオ体操に出かけて行きましたよ。
そうしたらなんと驚いたことに!100人ぐらい来てるんだって!
つまりは部活で召集された子ども以外の一般ぴーぽーも来てたってことよ!
しかも子どもたち、みんな眠そうな顔をしているんだけど、すごいまじめに体操するんだって!

なんでやなんでや?
参加賞、皆勤賞にはおもちゃがもらえるんだけど、みんなおもちゃ目当てで?明らかに100円ショップですね!っていうおもちゃだけどそれがほしくて?
それとも健康のため?
それとも村だから?(←これが一番ありそう)
いやーほんと驚くねぇ…。
【 2007/08/22 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

ブルーノートと沖縄料理と

日曜日はトロンさんとブルーノートに矢野顕子のライブを見に行った。
ブルーノートはいいねぇ。「おとなっ」って感じ。そしてなにより料金が「おとな」だからねっ。
自由席で入場料が8千円。入場してからライブが始まるまでお食事をお楽しみ下さいって1時間以上時間があるんだけど、生ビールが一杯800円。しかも細いほそーいグラスだよ。そんなくびれはいらないからっ!って言いたいぐらい、腰の辺りがきゅうっとしぼってあるグラスで、だよ。
ステーキは3800円、パンの盛り合わせが1500円、サラダが2000円、デザートが2500円…ぜいぜい…。
でももう私もトロンさんもブルーノートは通いなれてるから。ほほほ。頼む食べ物は決まってるの。サンドウィッチとフライドポテト。以上。

でさ。私たちの隣にカップルが座ったわけよ。
彼女の方が「じゃ、前菜はこれ。あとサラダもいるわよね。あとはお肉か…。これがいいかな。あとパンと…」なんて言ってるわけ。そしたら彼氏の方が「じゃオレ肉はいいや…だってもうこれで4皿だから…すごい量だと思う…」
おそらく彼はすごい量じゃなくて「すごい値段」と言いたかったのだろうよ。「げっ。高いからここでおなかいっぱいになろうなんて思うのはやめようよ!」と言えるような間柄じゃなかったんだろうね。お気の毒…。

でもそんな私もビールをぐびぐび沢山飲んじゃうともうすーっかり気が大きくなっちゃって「やっぱり肉も食べたくない?」なんて言い出しかねないからね。ビールは控えめに!ライブ終わってからプロント行って飲めばええやん!と自分に言い聞かせる。

ライブはすごく良かった。
今回のあっこちゃんは多分ウィッグだと思うんだけど金髪に近い茶髪でキラキラのシャドウにキラキラの口紅にこってりマスカラ。最初に出てきた時、てっきりコーラス担当のギャルかと思っ…(失礼)。いやでもかわいかったよ。ほんとに素敵、あっこちゃん。
今回は選曲がなんかまたいつもと違っていて面白かったなー。そして新曲がなんかとっても良かった。パワフルっていうかパッションっていうか。
とっても満足。

***

昨日は久々にBちゃんと飲みに行った。
沖縄料理のお店に行ったんだけど、これがうまかったわー。さつま揚げもおいしかったし、ゴーヤーチャンプルもおいしかった。思いがけず「おやじ」な店だったけどねー。なんか瓶ビールしかないってすごいおやじっぽいよねー。Bちゃんはこちらが申し訳なくなるぐらい悪がってた…。いいのよいいの。
そしてカウンターには真のおやじが並んでいたわ。なぜか私とBちゃんもそこに通されちゃったんだけどね。なんでかしら。

あんな話やこんな話や。いやー笑った笑った。楽しかったー。
私も今後は、「芸のこやしになってるか否か?」を基準に考えるようにしようと思った。
【 2007/08/21 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

けっきょく…

結局すみれは昨日も今日も学童をお休みさせた。
昨日はもともと休ませるつもりでいたんだけど、今日からは通常営業のつもりでいた。
でもお盆だから学童に来ている子がほとんどいないようなのだ。すみれも別に学童に行きたくないわけではないので昨日も遊びには行ったらしいのだが、いつも遊んでいるような子はほとんどいなくて2時間ぐらいで帰ってきてしまったらしい。

そして行きたくないからなのか休みの疲れが出たのか昨日は夕方から「喉が痛い」と言い出したすみれ。熱をはかったら確かに37度ある。むーん…。しかしこいつは気持ちで熱を上げられるんだよなぁ。いやまじでまじで。でも熱があるのに無理に行かせるのもねぇ…。

今日は旦那が客先で打ち合わせがあるのだが、とりあえずひばりは家にいるので、ひばりに泣きついてすみれを休ませてしまったよ。
ひばりは「ええーー。今日も遊ぶ約束してるのにぃー」とぶうぶうだったけど、「友達とは家で遊んでくれ」と言ったら「わかった…」と。
ひばりがいるから余計にすみれが「なんで私だけ学童に…」っていう気持ちになってしまうんだけど、こうしてひばりにませることもできるから、やっぱり姉がいて良かったのかなぁ…。
でも来週からひばりもまた夏期講習が始まってしまうからこういうこともできなくなるよなー。来週からはきっちり行ってもらいましょう、学童に。

本来あんまり子どもに気を使ったりかわいそうと思ったりしちゃいけないと思うんだよねー。
だけど自分も会社に行きたくないからさーついついね…。
自分に厳しくないと子どもにも厳しくできない。我が家はそこが一番問題なのかもしれないなぁ。

でも会社から帰ってみたら、昼間は元気だったすみれが夕方からだるそうになってきて昼寝しちゃってたんだよね。やっぱり疲れが出たみたい。今日は休ませて正解だったな。
ほんとは明日はばーんと遊園地のプールでも連れて行こうかと思ってたんだけど、家でカウチポテト(←かなり死語?)するしかなさそうだな…。
【 2007/08/17 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

夏休みが終わって

「夏休みが終わっちゃった…」とすみれが号泣した昨夜。
小学生の夏休みは8月31日までだけど、学童っ子の夏休みは親の夏休みと一緒だからなぁ。すみれの気持ちもわからなくはない。というよりわかりすぎる。わかりすぎて痛い。

「すみちゃん、どう森の住人になりたい…。だってお魚釣ってればお金になるし知らない人もどろぼうもいないし楽しいことばかりだもん」
…うん、ママも…。ってだめだめじゃん、わし…。

かーっ。あんたなに情けないこと言ってるのー?!と渇をいれるべきなのかもしれないけれど、すみれと一緒に夏休みが終わったことを嘆き、どう森で暮らしたがる自分がいる…。いかーん!こんなことではいかーん!

なんかさ。たとえばずーっと長い間走っていて、一度休むとその後はすぐに休みたくなっちゃったりするじゃない?今の私もそうなのかなぁってちょっと思うんだよね…。
長く勤めた会社をやめそうでやめそうででもやめないでずっと勤めていてそしてついに辞めて、1年丸々休んで、生まれてはじめての転職をしてまたサラリーマンになって。そうしたらなんかさ、前より息切れしやすくなってるの。前に比べたら全然楽なのに、仕事の内容も前より面白いはずなのに、でも休みたくてしょうがないの。
きっと私はそれが怖くて前の会社にしがみついていたのかもしれないなぁ…。こうなることがなんとなくわかっていたんだよなぁ…。

今の会社に不満があるわけではないけれど(と言ってもう面白くて面白くて好きで好きでしょうがない!というのではないことは事実だけど)、なーんか疲れたなー休みたいなーとあごが出てしまっている今日この頃なんだ。

久々に会社に来たらドアの暗証番号忘れちゃってたYO!
ええと、体が覚えていたはず。わかりやすい数字だったわ、確か。そうそう…確か…、と入力するもエラー。あれ?ちがった?ってことはこっち?と入力してまたエラー。あーーわからん!これか?!とテケトーに入力してまたエラー。
3回間違えたら不審に思った総務の人があけてくれたYO!

「り、りつこさん、なんで?ままままさか?」
「うん。番号忘れちった」
「うっそーーー」
こんな私。仕事しないで家にいたらぼけるにきまってる!働くべし!べし!
【 2007/08/16 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

夏休み満喫!

ただいまー。大阪から帰ってきた~。

・すみれとひばりのプール特訓と称して、帰省中市民プールに2回行った。すみれはふし浮きで5m、ひばりはクロールのタイムを上げないと、次の級に進むことはできないのだと。
で、子どもの特訓は旦那に任せ、私はひたすら水中ウォーキング。じじばばだらけのウォーキングコースをひたすら歩く歩く。痩せなきゃ痩せなきゃ痩せなきゃ…。

・1日は、旦那+すみれはプール、私+ひばりでマイカル詣で。ひばりと2人で買い物は楽しい。ひばりの水着やら、ひばり+すみれの洋服やら文房具やら買いまくり~。
お昼は2人で坦々麺を食べて、買い物の途中でクレープを食べて。楽しかった…。

・大阪帰省中のメインイベントはUSJ。いやとにかく夏のUSJは危険だ。暑いの暑くないのってもうこりゃ死者が出ても不思議じゃないぐらいの暑さ。ぜーんぶコンクリートだから照り返しがハンパじゃないのだ。
それに加えて人人人人。人の量がハンパじゃない。そんな中で120分待ちってもう死ねと言ってますね?って感じ。
・でもって昨年はひばりと2人だったけど、今年はすみれと旦那も一緒。すみれをUSJに連れて行くのはこの時以来だよ。大丈夫か?すみれ連れで楽しめるのか?
・で、今回も金に物を言わせる方式で、ブックレット4を購入。ほんとは7を買いたかったけど売り切れだったのだ。そして4を4人分買って入場したあとふと思いつく。この4をあと4冊買えば全然待たずに8つ乗れる…。いやしかしもう4冊買うってことはさらに1万6千円…。それはほんとにバカじゃないか。USJバカじゃないかそりゃ。いやしかし…。
・葛藤の末、えーい!やはり買おう!と店に行ったらすでに4は売り切れていた。
・なので4つは並ばずに乗り、それ以外はがんばって並んで乗るということに。
・結果的にはそれでよかったと思う。もう1冊ずつ買うっていうのは品がなさすぎだ。でも買わずにあの炎天下120分待ちってのはやはり正気の沙汰ではない…。

・USJのアトラクションはハラハラドキドキがメインなのですみれにはどうかなぁと思っていたけれど、ジョーズもシュレックもスパイダーマンも大喜びだった。いやーよかったー。
・でも私の大好きなショー、ウォーターワールドはだめだった。とにかく怖がって泣いて泣いておびえまくっていた。無理矢理連れて行ってちょっとかわいそうだった…。ごめん。
・5時前にUSJを後にし家に6時過ぎに帰れる幸せよ。しかも帰ったらすぐにおかあさんの手料理(そうめん、お刺身、ポテトサラダなど)が待っている幸せよ。
飢えに飢えていた私たち。がつがつがつとむさぼるように食べた。生き返った。

・今回はおとうさんおかあさんと一緒に2回外食した。焼肉とホテルのビアガーデン。
どちらも楽しかった~。

・そして私はおとうさんと珍しくサシで話し込んでしまった。
きっかけはすみれが手巻き寿司の時にご乱心して、酔っ払ったおとうさんが「いやぁすみれはほんまに面白い子やなぁ。一筋縄ではいかん。ほんまに面白いけど大変な子や…」と言い、私もちょっと酔っ払っていたので「すみれは私にそっくりなんですよ。私もあんな子どもだったし、ハハももし私が幸せな家庭に育ったらああだったでしょうね、って言ってたこともあるぐらいで」と言ったら、おとうさんが私のその言葉に過剰に反応し「いやりつこさん、今何気なく言った言葉がわしは…わしの胸に突き刺さるものがあったで…何気なく言ったけれど…(←泣き出す)」というモードに入ってしまい、それからなにやかにやと話して、おとうさんが最近読んだ本の話になり、私がそれを知っているというとさらに感激したおとうさんが本を持ってきて…。
なんかちょっと面白かったな。こういうの。

・すみれはとにかくおとうさん(じいじ)が大好きでものすごく意気投合している。
おとうさんは酔っ払うとかなり絡んできてめんどくさいんだけど、そしてひばりはそれにものすごく傷ついてしまうので私は見ていてハラハラするばかりで、「もういい加減にしてくださいっ!」とキレたことも数回あったほどだったんだけど、すみれは全く平気なのだ。
おとうさんがしょうもないことを言って絡んできてもすみれは「えええ?やだ!だめ!」ときつーーーく返せる。おとうさんのことが大好きだし全然おそれていないのだ。おとうさんもそれがわかるからすみれにきつく言われるとうれしくてしょうがないみたい。私たちもそれがわかるからすみれのことは放っておける。
こういうとき、子どもが2人いてよかったなぁと思う。相性ってあるんだよね。

・私たちが東京に帰るとき、おとうさんはいつもとても寂しそうだ。すみれは毎回号泣して帰るのだが今回は案外笑顔で「ばいばい」と手を振った。タクシーの中で「じいじ、すみちゃんたちが帰って泣いちゃうんじゃない?」と笑って言っているのだが、すみれの顔を見たらそう言いながら涙がぽろんぽろんと流れていた。
こんなところもすみれはじいじと似ているんだよなぁ…。
【 2007/08/15 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

誕生日

昨日は42回目のマイバースディ。42歳だよ42歳。わっはっは。って最近自分の年齢を言う時、つい笑っちゃうんだよね。あまりにすごい年になってきたから。そのわりに中身が全然伴ってないから。
いやほんとに年だけとるねぇ…。(←ばばくさい)

月曜日に子どもたちは大阪に帰してしまったので、昨日は旦那と二人でシュラスコ料理を食べに行った。
いやなかなかよかったよ。肉好きにはたまらないね、こりゃ。
でもさー食べ放題だったんだけど、たいして食べられなかった。もうあっという間にお腹いっぱいになっちゃって。こんなことなら最初に鶏肉なんか食わなきゃよかった!牛にだけ焦点を絞ればよかった!なんて後悔しても後の祭り。
生ビールピッチャーで飲んだからっていうのもあったけど、ほんとに量を食べられなくなったなぁ…。そのくせ食べた分がぜーーんぶ身になるようになっちゃってね。切ない…。

旦那が誕生日プレゼントに洋服を買ってくれるって言ってくれたのに、なぜか浮かない私。
いやもう今最大級に太ってしまっているから試着するのが嫌で嫌で…。
やばいやばいと言い続けて幾年月だけど、5年前のやばいと今のやばいでは深刻度が違うんだよね…ああ…。
てなわけで、ダイエットを誓う42歳の誕生日なのであった。

****

旦那が在宅で仕事をするようになったときに買ったバランスチェアー。
これに座って仕事をすればさぞやよかろうと思ったんだけど、実際はそう長く座っていられるものじゃなかった。
無理やりおーまに押し付けたんだけど、「やっぱり全然使わないわ」とこの間出戻ってきてしまった。しかもリフォームで一番家がごったがえしている時に持ってくるおーま。ああ、そういう人なのさ、あの人は…。

もうこりゃ捨てるしかない!と思っていたんだけど。
この間隣の席のヤングくんの姿をふと見たら、ものすごく変な格好で仕事をしていた。「この形が楽なんっすよ」と言う。
おおおお。その格好はまさにバランスシートに座っている時の格好だよ!
「そんなあなたにぴったりのイスが家にあるのよっ!」と言うと、「おーじゃ持って来てくださいよ」と言うヤングくん。
まじでまじで?

というわけで今日会社に持ってきたよ。
満員電車にあんな物を持って乗るほど私も根性すわってないので、旦那に車で送ってもらって。
「おお。いいっすね」なんて言って座っていたヤングくんだったけど、1時間ぐらいして見たらフツウのイスに座ってる。
「やっぱり長く座ってられない?」と聞いたら「いやまあ心持一つですけどね。攻めの気持ちか受身な気持ちかにもよるっていうか。まあ今は受身の気持ちのほうが強いっていうか…」
相変わらずあなたの言ってることは私には理解できない…。でもやはり長く座っていられないイスであることは間違いないようだ…。
【 2007/08/08 (水) 】 | TB(0) | CM(8)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR