りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2007年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2007年10月

運動会種目見学会

雨で今日も運動会が中止になる、るるる~。
ああ…。これで次は水曜日ですってよ。水曜日も雨だったら木曜日ですて。
明日が振替休日になるからディズニーランドに行こうと思って有休とってるんだよね…。で、火曜日にリリースがあるんだよね…。で、木曜日に一般公開になるんだよね…。水曜日、休めるかなぁ…しくしく…。

平日になってしまったので来られない保護者もいるだろうということで、今日の午前中は学年別に体育館で種目の一部の披露があった。
当日行けるかどうかわからないし(行くつもりだけど)、旦那は会長として来賓席に座っていなければならないので、ビデオ係りとしては「使えねぇ」ので、今日のうちにビデオ&カメラにばっちり収めておくことにする。

すみれたち1年生のダンスはひたすらかわいい。ぽんぽんを持ってお尻をふったりビリーみたいなポーズをとったり…。保育園の時は「年長さん」ということで、「こんなに大きくなって…」という目で見ていたのに、こうして「1年生」として見ると、なんと幼いことよ。
バンダナを頭に巻いて踊るんだけど、なぜかすみれ1人だけが「お岩さん」のような巻き方。かーっ。行って巻きなおしてやりたいよっ。
ほんとにもうこいつはいつもいつも…。保育園の時もはちまきが目のところまで下がってきてたり、立ち位置が悪くて全然見えなかったり…。だめなやつ…。

ひばりたちは5、6年生合同で組み体操。身体の大きいひばりはだいたいいつも一番下で、「重い」だの「痛い」だの「怖い」だのとぶうぶうなんだけど、いやまあ確かにあれは大変だわ…。特に今回6年生は4段タワーをやったんだけど、見ていてほんとに怖かった…。一番上の子が立ち上がった時は「うぉー」と思いながらも、「もういいからいいから。もうしゃがんでいいから。終わり終わり!」って言いたくなったよ。
昨年も今年も骨折者が出ているからねぇ…。よくやるよねぇ…。

でもやっぱり運動会は広い運動場で音楽が流れる中、次々種目を見ていくのが楽しいよなぁ。
水曜日こそ晴れますように。
スポンサーサイト
【 2007/09/30 (日) 】 | TB(0) | CM(3)

運動会延期

ご飯三合半炊いて枝豆茹でてブロッコリー茹でてミートボールを温めて唐揚げ用に油を熱したところで、学校に行っていた旦那から電話が入り、運動会の中止を告げられる。がーん…。
今日は午前授業になって子どもが2人とも出かけて行ったので、掃除も洗濯もしないまま、旦那と2人でちょっとだけお出かけ。と言っても基本的に個人行動なので駐車場で別れて、私は本屋へ旦那はレコード屋へ。

今のオフィスに移転してからはほんとに回りにお店がなくなってリアル本屋さんに行く機会もめっきり減ってしまった。だからたまに行くと度を失ってしまうの。うふうふ。
図書館で借りられる本はできるだけ借りるようにしているんだけど、どうしても手元に置いておきたい本とか図書館にまだない新刊とか雑誌とかマンガとか。旦那との集合時間が1時間半後なのでそれまでじっくり見ることができて満足満足。

衣までつけてしまった唐揚げとデパ地下で買った漬物と塩辛と味噌汁のお昼ご飯。いやぁ米がおいしいからこれでも十分幸せなんだよねぇ。うふうふ。

午後はひばりの友達2人と、すみれの友達あやっぴが遊びに来て、まぁにぎやか…。子どもの部屋で遊べと言い放ち、録りだめていた「どうでしょう」を4本続けて見る。ぐわはははは。おおおもしろい。大好きだ、大泉&ミスター。
子ども部屋に押し込められていた5人は煮詰まってきたらしく、ひばりたちは公園へ、すみれとあやっぴは学童へ遊びに行った。おおお。いいじゃないいいじゃない。ついにすみれもそんなことができるようになってきたか。

夜は家族でもんじゃ焼きを食べに行った。お昼にご飯をたっぷり食べたのであんまりお腹すいてないーと言いながら、もんじゃ3つとげそバターとモダン焼きをぺろり。

明日は晴れるといいなぁ。
【 2007/09/29 (土) 】 | TB(0) | CM(2)

蟹子は元気です

・昨年の夏休みに大阪に帰った時、川に行って沢蟹を2匹つかまえて家に持って帰ってきたんだけど、その2匹が今も元気に生きている。だから蟹子っていっても前の蟹子じゃなくて蟹子2世なんだけどね。捕まえた時はまだ幼児って感じだったんだけど、今ではもう立派な大人。
・この間旦那がふと水槽を見たら、蟹が二匹くっついていたらしい。旦那は「お、お前たち、まままさか…?」と思ったらしいのだが、なんとそれは脱皮の最中だったのだ!2匹じゃなくて使用前使用後だったのだ!
・脱皮ってすげえ…。

・ビールについてるシールを集めて送るとご当地のうまいもんが当たるキャンペーンをやってるじゃないですか。私の友達でもこれで当たっていい目にあったという人が何人かいて、そんな話を旦那にもしていたので、珍しく旦那が乗り気になっちゃって、結構熱心にシールを集めてた我が家。結局6枚1口で15口ぐらい応募してしまった。ってことは…ビール約90本?!それがほぼ全部私の腹に…?ひぃー…。
・で、2人ともおめでたい性格だから応募する時はすっかり当たる気でいるわけだ。
「当たってちょーうれしいものに応募したほうがいいよ。だってさ。肉とつまんない干物と両方に当選したとして、あ、こいつは干物にあたってるからって言って肉の方がだめになったら悔しいじゃん」
「2枚目のハガキはどれに応募する?1枚目と同じ商品に応募して確率をあげる?そんな風に自分で自分をライバルにしてどうするって話?」
・もし当たったらこの日記にて報告するねっ!(←当たる気でいる)
【 2007/09/28 (金) 】 | TB(0) | CM(2)

ダンディMさん改め、サロン部長

9月から会社に二人入って来た。ルー部長とサロン部長だ。
ルー部長はボスと前の会社で一緒に仕事をしていた人。
サロン部長は今私が担当しているお客さんのところで一緒に仕事をしていたデザイン会社のえらいさんだった人。もともとここの会社とは付き合いがあってサロン部長とは他のお客さんの仕事も一緒にしたことがあったので、前の会社を辞めようと思っていると聞いて、営業さんが引き抜いたのだ。で、なぜサロンかというと、まるで日焼けサロンに行ってきたかのように焼けているから。ベタでごめん。

二人ともおじさんだけど、おやじっぽくない。ダンディっていうか遊び人風っていうかちょいワルおやじ(死語?)っていうか。不思議なことにこの2人なんとなく似た雰囲気があるのだな。
で、サロン部長のほうは私が担当しているお客さんを引き続き担当することになったので、何かと話をする機会も多いのだ。

ルー部長に比べてサロン部長のほうは全然腰が低い。女性のことは「女の子」か「おばさん」としか見ていないようなルー部長に比べると、サロン部長は全然ジェントルマンな感じだ。
でもなんかずれてる…。

この間の出張も一緒に行ったんだけど、私の前に立ってくれようとする気持ちはうれしいのだが、とんちんかんな質問をしたりとんちんかんなまとめ方をするので、なんだか「うへぇ」って感じ。そして気の弱いところも、昔の会社の管理職を彷彿とさせる…。
そんな彼と組んで仕事をしないといけないのさ~るるる~。

もともと私がやることになっていてプロトタイプまで作って何度かお客さんに見せたりしていたんだけど、話がどんどんとてつもない方向に行ってしまっていて、もうこのままいっそ立ち消えになってくれればいいのに、と誰もが(おもに私が)願っている案件があるんだけど、わざわざ今週お客さんのところに1人で出向いて話を進めてきてしまったサロン部長。
「まだ技術者が出てくる必要はありませんから」と自分でラフも作るというんだけど、結局プログラム作るの私でしょ…?勝手にやられても困るんだけどなぁ…。うーん…。
そしてサロン部長のおやじ語(「ボールを持ってる」「紙芝居(設計書のこと)」)も鼻につくのだよなぁ…。うーん…。
【 2007/09/27 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

胡散臭おやじ改め、ルー部長

昨日は給料日だったので給与明細が配られた。明細をもらったルー部長(胡散臭おやじ改め)は「おお。初月給!ありがとう!まだ仕事になっていないのに申し訳ない。」と大きな声で言った。
ひぇー。すげー。さすがルー部長。よっぽど自信があるのか心臓に毛が生えているかどちらかだな…。
私は3ヶ月目ぐらいまでお給料が出るとほんとーーに身が縮むようなおもいでいっぱいで、絶対そんなことを口にはできなかったよなぁ。

結構フレンドリーに振舞うルー部長だが、えらそう感は漂いまくっている。
この間も派遣さんとトイレで会ったら、「りつこさんには言いたいと思ってたんですけど、この間ルー部長が私のところに来て、”これ出しておいて”ってはがきを1枚持ってきたんです」と言う。「私もうびっくりしちゃって…」

小さな会社だから自分のことは自分でやるのが基本。派遣さんは確かにボスに頼まれた細かい仕事をしたりもするけれど、別に庶務として雇われているわけではないのだ。だからボスでさえもそんなことを派遣さんに頼んだりはしないのだ。
多分ルー部長は前の会社でそういう雑用的なことなんか自分でやったことがなかったんだろうなぁ…。

いやべつにそんな嫌ってるわけじゃないよ、いまのところは。接点もないし。
でもビッグマウス(←ルー語?)って感じで、苦手なタイプであることは間違いない。
レッツトギャザーだぜ!って言われないことを祈るのみ…。

****

ちょっとマイナススパイラルだったんだけど、やまちゃんとこっそりミーティングして持ち直す。ふぅ。
私は放っておくとどんどんネガティヴになってきてどんどん内にこもりだすので気をつけないといけないなぁ。
【 2007/09/26 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

カーネーション 恵比寿LIQUID ROOM "夏の夜の夢"

土曜日はカーネーションのライブに行ったのだ。
ちょうどバレー部の合宿と重なってしまったので、行けないかもしれないと半分あきらめていたんだけれど、日が近づくにつれやはりどうしても行きたいという気持ちが高まってきた。
旦那には、「4時過ぎには帰る予定だからちょっとの間だけすみれをおーまの家に預けて行けばええやん」と言われていたんだけど、なかなかそれをおーまに言い出せない私…。いまだにおーまに頼みごとをするのが苦手なんだよなぁ…。旦那にはいくらでも平気で言い出せるっていうのになぁ…。

今週の水曜日におーまが家に来た時に勇気をふりしぼって(←おおげさ)言ってみたら、「あらいいわよ」とあっさり。よよよよよかった…。あとはすみれを説得すれば…。
最近のすみれは以前よりもっとヘタレになってしまっていて、ひばりがいないとおーまの家にも行きたがらないのだよ。
それでも、おやつ、ビデオ、パパがすぐに迎えにくるから、この3点セットでどうにかすみれも説得して、4時におーまの家に預けて、レッツラゴー。

・名古屋、大阪と見てきたけれど、東京が一番楽しかった気がする。なんか最初から最後までうれしくて楽しくて顔が笑いっぱなしだった。なんでだろう。
・名古屋で見た時は、曲順とか流れが、ちょっと唐突に感じる瞬間もあったんだけど(「え?この流れから今度はこれにいっちゃう?」「え?もうこれ?」「え?それで引っ込んじゃう?」みたいな)、東京ではそれがなかった。多分ツアーも進化していくのだよな。だからやっぱり最初から最後まで全部見ないとだめなんだよー。わはは。
・実は「 No Goodbye」はそんなに好きな曲じゃなかった。あんまりピンとくる曲じゃなかた。でも今回のツアーで大好きになった。ああ…そういう曲だったのか、ってようやくわかったような気がする。そういえばそんな風にしてライブで見て好きになった曲ってたくさんあるんだよなぁ…。

・直枝さんと西池さんの「グレイトノスタルジア」はほんとにぞくぞくするほど良かった。やるほどに2人の演奏がどんどん研ぎ澄まされていくようで、いやほんとにこれを見られなかった人がかわいそうだよ…。音源がほしい。配ってほしい。
・シュンちゃんのピアノの音がきらきらきこえてくるとRunnin’ Wildのツアーを思い出し、西池さんのギターの音がにゅわんわん~ときこえてくるとWild Fantasyのツアーを思い出す。それだけで胸がいっぱいになるのに、その2人がまたここでこうして一緒にライブをやってくれている!と思うと、ますます胸がいっぱいになって泣けてしまう。

・「学校で何おそわってんの」~「Garden City Life」で一瞬壊れそうになった…。頭からピーっと湯気が出て行くのがわかった。いやまじであの時私の瞬間温度をはかったら相当なことになっていたと思う。
・矢部さんのMCが今回も秀逸だった。「バンドが年をとると演奏が短くなってMCが長くなるのが世の常でございまして」「どうかみなさん生暖かい目で見守ってください」
矢部さんのMCを聞いて腰が砕けている直枝さんと大田さんが素敵だった。
そしてそんなカーネーションを見ながら「もちろん一生生暖かい視線を送り続けるぜ!」と心に誓ったのは私だけではないはず…。
・私は宣伝もばんばんしてほしいの党だよ。オッペケペーだから何も知らずに物販に行くとおそらく慌てふためいて買いもらしがあるからさー。ばんばん宣伝してちゃぶだい。

・直枝さんが最後に「ずっとよろしくお願いします」と言ったのがすごくうれしかった。こちらこそーこちらこそー(←号泣)。
どんな風に変化していってもいい。カーネーションをいつまでもずっと追いかけ続けたい。お前100までわしゃ99まで。(←妙にリアル)
【 2007/09/25 (火) 】 | TB(0) | CM(7)

新しい炊飯器

炊飯器が壊れたので買いに行った。
最初は「なんでもええわ」と思っていた私だったのだが、ああでもないこうでもないと見ているうちに急に「ええもん買った方がええわ」という啓示が…。
そうだよな。だいたいうちは何か電化製品を買うとき、最低レベル+1ぐらいのものを買うことが多い。だけどさ、米は毎日食べるものだし、特に我が家は旦那が精米機を買って毎日精米して炊くほどの米好き。炊飯器ぐらいちょっと高くて高機能のものを買ってもばちは当たるまい。
メーカーも冷蔵庫がすぐに壊れたあのメーカーやだめでもともとのこのメーカーなどではなく、ちょっと割高だけど壊れにくい(ような気がしている)あそこにしよう。
となると、これだ。これに決定だ。

「あのさ、こっちでもいいかと思うんだけど」と旦那が言ってきた時には、すでに心が決まっていて「いや、これにしよう。これがいい。」と言い切った私に驚く旦那。「あ、あんたいつの間に…い、いや、それでいいよ。う、うん。いいと思う」

で、店員に言ったら、なななんと在庫がないと言うではないか。ぬわにおー。
いやもうほんとにこの店の何が嫌いって在庫があったためしがないのが嫌いなのよ。
安売りのチラシが入っていたって行ったらもう売り切れたとか言いやがる。どうせ客寄せで数個しか用意してないんだ、きっと。ほんとーーーに頭にくるーー。
お取り寄せに1週間かかるって…。だったらYとかBに行って買うわい!今日、今、この瞬間に買って帰りたかったから、この店に来たんじゃないかーー。むきーー。

だめもとで近所の電気屋に行こうという旦那。
ええ?あそこはもっと品揃えが悪いじゃーん。しかも店員におばあちゃんたくさん使っててさー。だめだめじゃんー。
ぶちぶち言いながら店に行くとなんとこの店には在庫がある!でもさっきの店より2000円高い。5%で5年保証が付くと言われ、「だけどさっきの店より2000円高くてそれにプラス5%だと…」と旦那と話していたら、「そちらのお店と同じ値段でお売りします」と。おおおお。ほんとにそういうことしてくれちゃうんだ?!

で、炊飯器をゲットして家に帰って来て今日の夕飯は早速これで炊いてみたんだけど。
うまいっ!!これだけの思いをして買ったんだからうまくなくてもうまいと思わないとやってられん!と思っていたけれど、お世辞じゃなくうまい!
あーよかったねー。よかったよかった。やっぱり良かったじゃーん。

大喜びの私に旦那が「あんたって…ほんとに調子のいい時は面白いね…。」とぽつり。

面白がってくれてありがとう。最近ほとんど調子悪いのがなんなんだけどね…。
【 2007/09/24 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

子どもの城

今日はすみれとすみれの友達のあやっぴと3人で子どもの城へ行ってきた。
ひばりの時は保育園時代からよくお友達の家に行ったり来たり泊まったり、仲のいい友達を誘ってどこかに遊びに行ったりしたけれど、すみれには全くそういうことをしてあげたことがなく。そのせいなのか、すみれってほんとに友達づきあいが下手で、下手だからよけい親もそっち方面は避けたくなり、さらにつきあいが苦手になり…の悪循環。
先週、ゆかと3人でジブリの森に行った時、ひばりとおなじぐらいすみれがうれしそうだったので、これはすみれにもそういうことをしてやらなければ!とつくづく思ったのだった。

で、3人で子どもの城へ。
今日もまるで夏のように暑く、駅へ向かう道でも電車でも表参道から子どもの城へ向かう道でもぶうぶうの2人。あやっぴに「あーこんなことなら家にいたほうがましだった」と言われたときには、むかっ!こんにゃろ!ぶん殴ってやろうか!と思ったけれど、どうどうどう…。
生意気言ってた2人もいざ子どもの城に入ったら、ぱらららら~ん♪と目が輝きだし、「すみちゃん行こう!」「うん。行こう!」と手をつないでうきうき。
…ここは「子どもの」城なんだから、せいぜい楽しんでくれたまへ。ぜいぜい。

遊びのペースが違うので、あやっぴがもっとここで遊びたいと言って、すみれがもう飽きて違うところに行きたがり、というようなことはあったけれど、まあそれもどうにか歩み寄り、マックでお昼食べたり、ビデオコーナーで休憩をとったりしながら、結局5時ぐらいまで遊んでしまった。

た、楽しかった。けど疲れた…。ふぅ…。
行きはぶうぶう言ってたあやっぴも帰りは「楽しかった。また行きたい。明日も行く?」と…。いいえ、あしたは勘弁してください。「じゃあさっては?」…いいえ、あさってもだめです…。なんで?なんでって…ええとええと…。

夜はすみれと2人でバーミヤン。
ああ、そういえばこうやってすみれと2人で外食するのははじめてかもしれない。ひばりとはよく2人で行ったけどね。
すみれがいなければ1人ぼっちだった夜。すみれがいるから一人じゃないね。2人だとなんだか静かだね。
【 2007/09/22 (土) 】 | TB(0) | CM(2)

目ぢから

会社のトイレで自分の顔を見てぎょっとすることがある。
…なんちゅうしょぼくれた顔をしてるんだ?!
昔みたいに激務なわけでもないし奴隷のような目にあっているわけでもないけれど、なんかすごーく生気のない顔をしていることが多いのよねぇ。

たぶんこれって年のせいなのかも。年をとるといろんなものが下がってくるけど、顔のパーツも下がってくるんだよね。だからフツーにしてるとなんだか「とほほ」な顔になっちゃうわけよ。
そうか…。だからおばっちゃんは眉をものすごくいかつい感じに描くのだな。それぐらいしないとしょぼくれちゃうってことなんだわ、きっと。

というわけで私も先週からアイメイクにちょっと力を入れるようにしてみている。イマドキの若い子のようにマスカラをたっぷり塗ってみてね。
そうしたら!なんかしょぼくれ度がかなりましになった感じよ。病は気から。空元気も元気のうち。まずは形から入る。ってことで。
こうやっておばっちゃんはどんどん厚化粧になっていくのだな、きっと…。

****

今日は会社で昼休み経営企画会議があった。今の事業が軌道に乗ってきたから、また違う事業を始めてさらなる飛躍をとげよう、ということらしい。
会議は新しく入った胡散臭おじさんの独演場だった。
自らの経歴から始まって、ボスとの出会い、この会社の経営理念、そして今後のヴィジョン…。
外資上がりのせいなのか、とにかく肝心のところが英語になるので、あたしには何を言ってるかさっぱりわからんかった…。
「今会社は更なる発展をとげる第二期に入っているので、今ここで最も肝心なことは、なんちゃらかんちゃら(ヴェラシーだかビラシーだか)であるということではなく、なんちゃらかんちゃら(デラシーだかジラシーだか)であれ、ということなのです」

…むーん…。それはあたかも肝心のサビのところにくると、♪ララララー♪になるかのような肩透かし感。
しかもそんな胡散臭おじさんをフォローするボスの言葉がさらにわからない。
「要するにそれはアカンシー(?)ではなくデカンシー(?)っていうことなわけで」

わからねぇっ!!あたしにゃわからねぇから2人でやってくれ!
でも出されたお弁当(うなぎ&きじ焼き)はうまかった!おかわり!
【 2007/09/21 (金) 】 | TB(0) | CM(7)

あれこれ

・おやじ語は嫌いじゃないけど、「ボールを持ってる」は嫌い。
・<使用例>「ええと、その話は今はお客さんのほうがボール持ってるんだよね?」→(うちのせいで話が止まってるわけじゃないよね?)
・前の会社の管理職がこの単語を連呼してたよなぁ…。(「ボールはどっちが持ってるの?」「そのボールは客が持ってる」「うちがボールを持ってるのは…」)
・この単語を聞いて一番最初に顔が浮かんでくるのがカバ男だ。カバ男、元気かなぁ…。
・新しく私のお客さんの担当営業になったダンディMさんが内部の打ち合わせの時に「ボールはどっちが持ってるの?」を連呼するので、げっそり…。ダンディなあなたがカバ男に見えてきました…。

・ヤングくんの結婚式迫る。
・仲悪しなのに結婚式&披露宴に招待してもらってうれしい。
・着ていく服がなくて結局今仕事をしてる通販会社で買っちった。
・ワンピース&ストールで7000円て!…やすっ!
・何度もテストしている時に、「お。これ。これでええやん」と思って思わずカートに入れてしまったということは、ヤングくんには内緒にしておこう…。

・バレー部のFコーチはほんとに子どもの心を掴む天才だと思う。
・この間の大会の時も、体育館に入る直前に子どもたちを集めて、アタックが決まった時の決めのポーズと相手が失敗した時のポーズを伝授。子どもたちはそれはもう大喜びで、試合前で堅かった表情が一気に笑顔になった。そしてコートに入ってもたってるだけのすみれさえもうれしそうに一緒にポーズをとっていた。こういうことでチームって一つになるんだよねぇ。
・試合中もFコーチが声をかけると子どもたちの動きが見る見る良くなるのだ。
・しめるところはしめて緩めるところは緩める。何をするにも緩急って大切だ。
【 2007/09/20 (木) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR