りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2008年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2008年08月

生協

冷蔵庫を開けたら見慣れぬヨーグルトが入っていた。
ああ、今日は生協が来る日だったっけ。だけどなんでこのヨーグルトが?私、こんなもん頼んだ覚えないんだけど。
だって「なまちち」って…。おいらも旦那もすみれも牛乳苦手だからできるだけ乳くさくないヨーグルトをいつも頼んでいるんだけど、なぜに「なまちち」が?

私が呆然としていると旦那が「あのさあのさ、今日の生協なんだけどさ。決して非難しているとかじゃなくてさ、むしろ笑いをありがとう!って気分なんだけどさ、いつも来ないようなものばかり来てるんだよ。ちょっといい?」と言う。
え?普段頼まないものばかり…?

「まずさ、これ。ビール。先週来たばかりだったのにビールが来てさ。しかもいつもの銘柄じゃないんだ。微妙に違うの、ほら」
…あら、ほんと…。いつもは淡麗のグリーンなんだけどこれはただの淡麗だね…。
確かにビールは頼んだ気がするけど、グリーンにしたつもりだったんだけどなぁ。

「あとさ、ヨーグルト。生乳のほかに来たやつもいつもと違うんだ」
…あら、ほんとだ…。確かにいつもヨーグルトを2種類頼んでいるけど、これもいつも頼んでいるのと違うわね。こんなもん、頼んだ覚えはないよ。

「それからこれ。ぷぷぷっ。ヨーグルトドリンク!」
うわっ。あたしゃヨーグルトドリンクは苦手なんだよ!我が家で唯一牛乳が好きなひばりでさえヨーグルトドリンクは嫌いって言ってるから、我が家では飲む人はいない飲料なんだよ!

「あと焼き豚」
や、焼き豚て!!!んなもん頼まないわ!
「それから納豆も来たんだけど、微妙にいつもの銘柄じゃないんだ。ほら、小粒納豆…」
小粒も頼まん…。

「で、一番笑ったのがこれ。す、すごく量の少ない…ぷぷっ、高級ステーキ肉。ほらこれ。ぶわははは。」
あ…ほんとだ…牛ヒレステーキ肉がこれっぽっち…。4人家族にこれっぽっちって…あ、ありえねぇ。まずヒレっていうのもありえねぇ。うちはみんな大食いだからステーキ肉っつったら質より量!そして脂身多め!が基本なんだよ。

「もしかして他の家に行く分が来ちゃったかとも思ったんだけどさ、箱の名前は間違ってないし、微妙に種類は違うけど妙に数は合ってるんだよ。ヨーグルトが2種類とか飲み物1本とか。でもこの高級ステーキ肉はないよなぁと思ってさ。こんな少量で…しかもヒレって。ぶわははっ」

全部が全部頼んでないものだよ!3軒先の櫻井さんちに届くはずだった分じゃないの?!
と、いさんでネットの注文履歴を見てみたら…た、確かに頼んでいるわ…ヨーグルトドリンクもなまちちも小粒納豆も…。
そして焼き豚が680円?!ひぃーあんなちょっぴりで?!
極めつけは牛ヒレ肉。1800円だよ!あれっぽっちで1800円!ぐあーーー。

多分見てた注文用紙と注文ページが間違っていたのだろう。だから微妙に種類が違っていたのだ!
たまにやるんだな、わし…。
前も業務用みたいな巨大な袋に入った冷凍たこ焼きが来てびっくらこいたことがあったし…4個入りパックの卵豆腐が4個届いたこともあった…(遠い目)。

まあ今回は頼んだ量が少なかったことがせめてもの救い…。と思っていたんだけど。
昨日の朝、なまちちヨーグルトを食べてみたら…うえぇー苦手な味ーー。牛乳くっさいーーー。むりー。
ひばりもすみれも食べられず、全て引き受ける旦那…。
ヨーグルトドリンクも飲むのは旦那一人…。
それも彼とて苦手な味であることに変わりないのだ。しかし出されたものを残せない性格なので残さないだけなのだ。

そんな旦那…。ヨーグルトをたくさん摂取したせいか、腸が快調らしい…。
よ、よかったね…。
スポンサーサイト
【 2008/07/31 (木) 】 | TB(0) | CM(4)

宿題くんを見て元気になる

ショックを受けたり落ち込んだりしていたファンの人たちが「宿題くんを見て元気になった」と書いていたけれど、私もその例にもれず、見て元気になったよ。

所詮ファンですから。テレビを見て好きになったわけですから。見える姿が全てなわけで。
自分が見たい姿を見ているだけなのかもしれないけれど、それはそれ。それでいいじゃん、べつに。

なんてことを思う火曜日の夜。
明日はリリースが二つ!がんばんべ。
【 2008/07/29 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

静観

私にできないこと。…それが静観。

ファンになってから見るようになったブログがいくつかある。
なぜか私が好きだなぁと思うブログを書いているのはOちゃんファンが多い。
だから私の好きな人たちが今回の件をどう受け止めたのかというのは気になるところだった。でもどのブログもアクセス数がハンパじゃないし、書いているのは大人な人が多いから、そのことについて書いたりはしないのかもな、とも思っていた。

そんな中で、私が一番好きなブログに「Oちゃんのことをただただバカだなぁと思う」ということが書いてあった。
真実はわからないし記事に信憑性はないと思うけど、そういう風に見られてしまうような写真を撮られてしまったことが残念。だけどこのことで彼のことを嫌いになれるわけもなく、とにかくこれで活動が制限されたりすることがありませんように…と祈っている。
というような内容だった。

私はそれを読んで、「ああ…私も同じ気持ちだよ…」と思った。
ものすごくアクセスが多いのに、そしてそれに対してコメントが山のように付くことは予想がつくのに、そういう風に書いてくれた彼女に感謝した。
その記事にコメントしている人たちもほとんどがそういう内容だった。

だけど中には「静観すべきだ」「こういう記事は書くべきじゃない」とコメントする人もいた。
検索されることがないように細心の注意を払って書いていた記事だったけれど、それでも「この記事は削除したほうがいい」という意見を書くファンの人も何人かいた。
確かにこの記事を読んで初めて今回のことを知った人もいたかもしれないし、ある意味ファンにとっては地雷のような内容だから、荒れることも予想された。そして事実、コメントを書いている人同士でちょっと不穏なムードになり、彼女は結局その記事を削除した。

こういう時、「静観すべき」とよく言われる。
そして確かに結果的に見れば静観するのが最良の策なんだろうと思う。
だけど…だけどね…と思う。あくまでも私は、なんだけど。

私は彼女のその記事とそこに集まったコメントを見てすごくうれしかった。自分の気持ちも整理できた。
Oちゃん本人がそこを見ることはないだろうと思うけど、でももし見たらきっとすごくうれしかったと思う。励まされたと思う。
応援してるよ!と思っているファンの人がみーんな「おとな」で静観してたら、確かに鎮火するのは早いかもしれないけど、ファンの人の本当の気持ちを知ることはできないよね。…いやそんなことは絶対ないだろうけどさ…。

私もね。あの時いっぱいコメントを書いてもらって本当にうれしかったんだよ。
1人も書いてくれてなかったらきっとものすごく一人ぼっちな気持ちになってあのままやめていたと思う。
でもね。あの時私が学んだのは、なんでもかんでも正直に書けばいいってものじゃないんだな、ってことでもあったんだな…。
ブログを長くやっているとだんだん感覚が麻痺してくるのか、「自分の中のだめな部分や汚い部分や葛藤も書かないと不誠実だ」とか「炎上する可能性があるような内容でも書いたほうがいい」というような気持ちになるときがある。
でもそれは間違った考えなのだ。それはほんとにそう思う。

だから書かないほうがいいことや、静観していたほうがいいことって、あるんだよね…。
今回のこともやっぱりそうなのかもしれない。
でも…でもなぁ…。
Oちゃんがここを見ることがあるかもしれないなんてこれっぽちも思っていないけれど、それでもやっぱり私は言いたいのだ。
がんばれよ!応援してるよ!こんなことで嫌いになったりはしないよ!と。
【 2008/07/29 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

スキャンダルに想う

出ちゃったねぇ…。

私は、アイドルとしての責任がどうだとかファンを裏切ったとかそんなことを言うつもりはないんだ。
そもそもあんな記事うそっぱちだって思ってるし。昔の写真を一番高く売れるときをねらって出すという根性も腐ってるし、ファンだったらあの顔がいつもの「変顔」だってこともわかるし。
でも私だってショックだったしへこんだから、もっと幼いファンはどれだけショックだっただろうと思うと、胸が痛む…。

できればひばりには知られたくなかったけど、そうもいかなかった。
彼女がどこまで理解したのかはナゾだけど、かなりショックを受けてるし動揺している。
そんな姿を見ていると、「Oちゃん、なにやっとるんじゃ?!ばかばかばかっ!」と思わずにはいられないのよ。
何でそんなことしちゃったの?じゃなく、どうしてあんな写真を撮られちゃったの?っていうところなんだけど、そこが悔しい。

アイドルを好きになるっていうのはさ。夢を見させてもらってるのと同じことだと思うんだよね。
ファンっていうのは、自分の求める理想の異性の姿をそこに見ているんだと思う。
ただその全てが幻想とか勝手な思い込みかというと、100%がそうだとは言い切れない。
ふとした瞬間に見せる素の表情とか発言とか姿勢とか、そういう素顔(と私たちが思うもの)に惹かれて、夢中になるんだよね。
その真実と幻想(妄想)の境界のあいまいさがファンの醍醐味なんだと思うのだ。
だからいかに「誤解」を与えられるかというのが、彼らの腕の見せ所じゃないかとも思うのだ。

夢を見させてもらってるわけだから、プライベートにまでどうのこうのと言うつもりはないの。だけどやっぱり知りたくないし見たくない。
だから上手にやってよ、と言いたい。
仕事の場を奪われる可能性があるようなことはしないでよ。気をつけてよ。
そして私たちファンにいつまでも夢を見させてくれよ、と思う。

今は昔以上に露出が多いから、その人のことを深く知っている気になってしまいがち、っていう面はあるような気がする。
だからこそ余計に「裏切られた」という気持ちになってしまうんだな。
大変だよね…アイドルも…。

事実がどうなのかっていうのはわからないけど、あんな写真公開されたら…私だってへこむわ…。
私にだって絶対に知られたくない姿とか、記憶から抹消したいこととかあるもの。そんなところを写真に撮られて公開されるなんて…ほんとにつらいよね…。

それに、悪意を持って近づいてきた人には太刀打ちできないよなぁとも思う。
あれだけ売れてきたら、どれだけの人が悪意を持って近づいてくるのか…。それをショーバイにしている人が本気でかかってきたら、火のないところでも火事になってしまうんじゃないだろうか。悪意に満ちた視線で写真を撮られたら、そうじゃなくてもそう見えるように撮られてしまうんじゃないだろうか。
隙があったあなたが悪いのだといわれればそうだけど、隙がない状態では友だちもできないよね…。楽しくないよね。そして隙のない人なんて魅力ないよね。

だから、Oちゃんには頑張ってほしいな、ほんと。
歌も踊りも素晴らしいし、芸術家としての才能もあるし、なによりもあの無防備で天然なところが彼の魅力なのだから。そこが損なわれないといいなぁと思う。
きっと彼も動揺して傷ついてぼろぼろになっているんじゃないだろうか。
だけど何もかもを失ったわけじゃない。とにかく仕事をがんばれよー。応援してるよ!

***

2008.8.2 追記

別にそんなにショックじゃないと思ってたけど、やっぱりショックだったんだな、と今になって思う。
だけどいつもの番組を見たり、昔のまごまご見てたら、ああ、Oちゃんはやっぱりほんとにほんとにいい子だなぁと思って、もうこんな記事はほんとにどうでもいいことだなーってすっきりしちゃった。

そういう風に気持ちが吹っ切れると、あんな記事に動揺したってこと自体も消したくなってくる。
そうか。それを見越しての「静観」なんだな…。
やっぱり正解は静観なんだな、きっと…。

でもじたばたしたからこそ今の気持ちがあるわけだから、一応消さずに残しておこうかな。と今のところは思っている。
【 2008/07/28 (月) 】 | TB(0) | CM(3)

バイバイ

全国1千万人のファンのみなさん、こんにちは。あたしよ、蟹子よ。
毎日暑いわね。みんな元気にしてるかしら。

あたしの力を借りておばさんがこの日記を再開したのは6月のことだったわね。
おばさんは「嵐のおかげ」なんて言ってたけど、98%ぐらいはあたしのおかげよ。それは自信を持って言えるわ。あたしのお・か・げ!そこんとこ、よろしく。

でさ。突然で申し訳ないんだけど、大人気だった蟹子日記は今日で最後にさせてもらうわね。
実は…。そろそろお迎えがきそうなのよね。
ていうか、もうきちゃったの…。
ほんとは黙って去ろうかとも思ったんだけど、それじゃ1千万人の蟹子ファンに申し訳ないと思ってさ。

ああ…そんな悲しそうな顔しないで。
沢蟹の寿命って2、3年なの。だからあたしは天寿を全うしたってわけ。

大阪の川で捕まえられて車に揺られて東京に連れて来られて。ほんの出来心でブログを始めたら大人気になっちゃって。今でも時々「蟹子日記」で検索してここにたどり着く人もいるって知ってた?いったいどういういきさつで「蟹子日記」でググってるのかしらね。いまだにナゾだわ。
でも一つだけ言えることは、あたしほど有名な蟹っていないってことよね。ふふん。

おばさんはあたしの亡骸に向かって泣きながら「あたしこれから先、絶対に沢蟹は食べないから…」って誓ってたけど…どうなんだろうね。あたし、このおばさんの「絶対」を、これっぽちも信用してないのよ。
カリカリに揚がった沢蟹の唐揚げとか、油で炒めてオレンジ色になった蟹に塩をふったりしたら、ビールに合うわよ?その誘惑に勝てるのかしら?

まあいいわ。
とにかくあたしは楽しくて幸せな蟹LIFEだったって満足してるわ。
みんなもあたしみたいな最期を迎えられるように、前を向いて生きていってね。物事はとらえかたによって全然違ってくるものなのよ。

じゃ、バイバイ!
【 2008/07/27 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

会社のあれこれ

席替えして、後ろから覗き込むサロン部長がいなくなったので、すっきりさわやか~。
背後霊がいなくなったって感じ。じょ、除霊?
今の席だと、後ろにボスと社長がいるので、総務さんからは「監視されてるみたいでいやじゃない?」と心配されたんだけど、いやいやいや全然大丈夫!ノープロブレム。
見ようとして見られるのと、見えちゃったから見られちゃうのとでは、視線の重さが全然違うんだよねー。

***

ボスが社員をもっとねぎらわないといかん!と思ったらしく、リリースをしたらそのたびに何かちょっとしたものをあげよう!と言い出した。
最初はダルマ?とか言っていたんだけど、そんなもんもらってもうれしくなかろうってことで、もらってうれしい消耗品にしようということになったらしい。

「りつこさんにはビールでいいかな」
…いいですともーーー!いえーい!

***

総務さんは悪い人ではないのだが、スモールハートだ。

とにかく何に対しても「お。いいじゃん」っていう反応が返ってくることはめったにない。
何に対しても「えーいやだー」とか「めんどくさーい」とか「だめだよー」だ。まず否定から入るタイプなのだな。
そして自分に厳しく人にも厳しい。

嫌いじゃないよと言いながら、時々「この人って何が楽しいんだろう?」と思う時があって、そう思う時の自分の冷ややかさにどきっとする。
私って案外冷たいのかもしれない。(案外、じゃないか)
【 2008/07/25 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

平泉さんソロ

昨日は平泉さんのソロに行って来た。
COUCHもいいけど、ソロもいいんだよなぁ…。

平泉さんの作る音楽が好きだ。私にとって一番気持ちのいい音楽。メロディも歌もギターも全てが心地いいんだよなぁ。
最近ギターのサポートが続いてしばらく歌っていなかったから…とちょっと弱気なことを言っていた平泉さんだったけど、昨日のライブのときの少しかすれ気味の声も良かった。確かにノリノリで前のめりになる感じではなかったけれど、少し立ち止まりながら確かめるように歌う、あの感じも好きだった。

あーー行けてよかったー。
なにせ今回は…。

予約したつもりで予約していなかった。(最近この手のミスが多い…)

慌ててメールしたらすでに定員に達したため締め切りになっていて、キャンセル待ち。

毎日メールチェックしていたけれどキャンセルは出ていなくて。

金曜日に会社の子たちと飲みに行き、土日は祭りで忙しくて、メールチェックできず。

月曜日にメールチェックしたら「キャンセルが出たので参加する場合は週末までにメールをください」とメールが来ていた。ひぃー。もう週末終わっちゃった?!

あわててメールしたらとりあえずそれで行けることになった。

が、当日いきなり17時からお客さんのところに行くことになる。17時から会議て!!!

早く終われー終われーと念じ続け、客先からライブハウスに直行!

セーーーーーフ!!!!

という紆余曲折があったのだ。危なかったのだ。ふぃ~。
【 2008/07/24 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

花より男子ファイナル&ジャニーズショップ

祭りも無事に終わり、今日は子どもと3人で「花より男子ファイナル」を見に行って来た。
ひばりはすでに一回見ているんだけど、私とすみれはこれが一回目。(って最低でも2回は見るつもりですでに前売りは買ってあるのだ。)

いやぁ想像通りの楽しい映画だった。
「花男」って結構つらいんだよね。すれ違ったりジャマが入ったり困難に次ぐ困難みたいな感じで、「うっとり♪」浸らせてくれる部分が結構少ないの。でも映画は今までのそういう鬱憤をはらすような内容で、いやぁ~満足満足。こんな「あまあま」な映画を見て、うへら~とにやける自分が恥ずかしくもあるけれど、いやでもいいじゃないの!
ここまでやってくれるその心意気が大好きなのよ。そこに一番ぐっときちゃうのよ。
そんな花男が好きなのよ。そんなマツジュンが好きなのよ。

で、花男を見た後、行ってしまいましたよ、子どもと一緒にジャニーズショップへ。それも公認ショップじゃなくて、オタクのショップの方へ。ほほほ…。

どのようなものかよくわからなかったので子どもには「あんまり期待しないでね」「思ってるような店じゃないかもよ」と牽制。
ひばりは「いいよ。Oちゃんのグッズが一つでも買えたら」、すみれは「嵐の定規が買えればいい」と。大野くんのグッズって結構ハードルが高いような…。そして定規って…えらい具体的なんですけど…。

ネットで場所を調べてまずは1軒目の店へ。おおおおー。ここには生写真が。ああっ。マツジュンの写真がこんなにたくさん!
おおー。大野くんのこの顔かわいい!ここには翔くんの写真が!
3人でうはうはになり、早速欲しい写真の番号をチェック。
はっ。でも待てよ。もう一つのほうがすごそうだったんだよ。ここで慌てちゃいかん。そっちの店も見てそれから何を買うか厳選したほうがいい。

というわけで次の店へ。
入り口においてあるショーケースを覗いたひばりが「ああっ!!ダンチッチストラップだ!」、店の中をちらっと見たすみれが「うわーー嵐のうちわがある!!」。
中に入ると、嵐の下敷きに嵐のクリアファイルに生写真にポスターに古いドル誌にテレビ雑誌に…。ぐおおおー。こここここりは想像以上にすごいかも!

予算を決めてそれぞれに欲しいものを選ばせてみると。
すみれは嵐の書類ケースに翔くんの下敷きに翔くんの生写真。
ひばりは大野くんのクリアーファイルに生写真。
私は、ファンクラブ会報に初回限定盤のシングル。
しめて5800円でしたよ。5800円て…。あほ?私たち…つか、オレ…。

いやしかしまじでほんとに夢のような店であったよ。
また行きたい…。いや行く、絶対…。
明日からまた頑張って働こう。
【 2008/07/21 (月) 】 | TB(0) | CM(13)

夏祭り

昨日、今日と村のお祭りなのだ。
今年もバレー部ではヨーヨーを売るんだけど、今年は私、夏祭り係になっちゃったのだ。
係りになった他の2人がまだ入部したてってことで、私がメインでやらなければならなくて、ちょっと大変~。
って言うほど大変でもないんだけどね。

むしろ、メインでやるわけではないけどイニシアティブをとることを期待されている、みたいな中途半端な状態のほうがもっとやりづらいかも。(昨年の私だ)
今年は世話役の人たちからも「とにかく全部りつこさんに任せたから!」と一任されてしまっているので、もう基本1人で勝手に決めてやってしまっているし、頼めるところは人に頼み、そうじゃないところはもう自分でやっちゃうので、気が楽と言えば楽かな。

昨日は午前中ヨーヨーを死ぬほど作り、夕方から設営して、あとはヨーヨー売って、コーチ陣におつまみ出して、お母さんたちにビール配って、コヨリ作って、ヨーヨー補充して、また売って。
まあ祭りは「やる側」に回ったほうが断然楽しいね。
見に行く側だとお金使うだけだもんね。

しかしまあ今日は筋肉痛ですよ。
重いものを運んだり、無理な姿勢でいたせいかわからないけど。よれよれ…。

まあ、今日もがんばろう~。今日のほうがヨーヨー少ないから早めに終われちゃうかもな~。
【 2008/07/20 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

くだらない争い

ひばりのクラスでなんかちょっともめているみたいだ。

ボスざるみたいな男の子がいて、そいつが例の「うざ男」イチくんと権力争いをしているらしい。
そんなもんは猿同士で勝手にやれ!と思うが、関係のない女子まで巻き込んでなんだか大事になっているようだ。

昨日は別の男子からひばりに電話がかかってきたのだが、「で、ひばりはどっちに付くの?」という内容だったらしい(よくはわからんが)。
はぁ?なんじゃそりゃ?どっちに付く?ってわざわざ電話してくるやつの気持ちがわからない…。

で、今日は同じバスケ部のハナちゃんから電話がかかってきたのだが、ハナちゃんはボスに弱みを握られているため、ボスに付かざるをえないらしい。
ひばりは「ハナちゃんは利用されていてかわいそうなんだけど、でも私はどちらにも付きたくないんだよ!」と。
「ハナちゃんの弱み」とは、体重を知られていること、らしい。

はぁ????あーほーか?!
男のくせにくっだらねぇやつだなっ!!!
嵐を見習え!嵐をっ!!

***

「ほんとにいい子に育ったよね…すごい成長だわ…」
思わずつぶやくと、旦那が「え?ひばりのこと?それともすみれ?」と驚いている。
「あ、ご、ごめん。嵐…」
「嵐かよっ!!」

***

ひばりのクラスの担任は結構フレンドリーな女の先生だ。
先生が「で、ひばりは嵐の中で誰が好きなの?」と聞いてきたので、ひばりが「大野くん」と答えると、「え、ええええ?大野くん?…悪いけど私はあの髪型がどうしても好きになれないわ~。私はやっぱり翔くんと相葉ちゃんが好きだわ」と言ったらしい。

「ふっ…。先生、まだまだ初心者ね…。大野くんのよさがわからないなんて」
「だよねーーー」
「髪型とかそういう問題じゃないのよね。あの子は。魂の問題だからね。あれがわからないようじゃ先生もまだまだだね。」
「だよねーーー。あ。先生がいっちばん好きなのは、もこみちなんだって。ママと同じで東京タワー見て好きになったらしいよ」
「ああ…。もこみちはいいよね!(ころっ)」

…結局、ただのミーハーなのであった。
【 2008/07/17 (木) 】 | TB(0) | CM(10)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR