りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2008年12月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年02月

うまづらお

困っているときに助けてもらうと、きゅんとくるものですが、自分が助けてあげて激しく感謝されるのもきゅんとくるものですね。
今まで「うまづらお」と心無いあだ名を付けて「ぶっさいくな男だよ」と思っていたのに、そんなことがきっかけで気になる存在になったりするものなのですね。
ほんとに恋なんてどういうタイミングで始まるか、わからない。

って、どう森の話なんですけどね。

うまづらっつうか、馬なんだけどね、実際。
夕べ「カギを失くしたヒヒン」と困っておったんだね。
で、今日も今日とて釣りに明け暮れていたらね、カギを釣っちゃったんだね。これはもしやうまおくんのではないかと思い届けたんだ。
そうしたら「ありがとうーーーーーー。きみは命の恩人だよ。きみがいなかったら、ぼく、家があるのに家なき子になっちゃうところだったよ。こんなおっちょこちょいなぼくを嫌いにならないでね、ヒヒン。」って言われましてね。
なんかきゅんとなっちゃって。そうなったら馬面なんかもう気にならなくなっちゃって。うふうふ。

あーーでも私、激しくローン返しすぎてもう行くとこまで行っちゃったみたい。
これ以上の増築はできないんだも。言われちゃった。
しょぼーん…。
これはさ。どう森作ってる人に言いたいんだけどさ。もっともっともっと家を大きくできるようにしてほしいのよ。私のように、目的があるうちは頑張れるけどそれを失うともうとたんに目がうつろになっちゃう人のためにさ。どんなにとてつもない金額でもいいからローンを組んでがんがん家を増築できるようにしてほすぃ~。

私に比べて、すみれの暮らし方はほんとにスローライフっつうの?エンジョイライフっつうの?
まだローンは1回返したきりだからせっまい家に住んでいて。
釣りなんかもめったにしないで、もっぱらゴミ漁りか果物拾い。
小銭がたまると町へ行ってお買い物したり、シショーの技を覚えたり、パーマをかけたり、靴を磨いてもらったり。
空いてる土地に絨毯しいて「舞台」を作って、そこでお面かぶって踊ったり。
とにかく無意味な行動をとり続けているのよ。

この間すみれがやってるところをじーっと見ていたら。
「クスケチャをうざがらせよう」と言って、クスケチャの周りをぐるぐるぐるぐる回ったり、後ろから押したり、行く手を阻んだり、そんなことを延々やっていたのよ。
そうしたらクスケチャが「おい、すみれ!おめぇいい加減にしろよ!仏のおれさまも怒るぜ!」って怒り出してさ。その後もプンスカマークがしばらく付いていたのよ。
あんな風にうざがらせることができるとは、知らなかったわ…。どうでもいい豆知識だけどさ…。

そして、サンタさんが届けてくれたマリオカートにも夢中ですよ。
残業して帰ったら、旦那とすみれが仲良くソファーに腰掛けて遊んでいるんですよ。
「あーーーーくそーーー負けてるよーー」
「コインが11枚もあつまったーーー」
とか言って。
いやぁ楽しいね。ゲームは。
頭がどろどろになってくるけどね。(←どろどろになるまでやってはイケマセン)

スポンサーサイト
【 2009/01/31 (土) 】 | TB(0) | CM(2)

創作ダンス

今日はひばりの創作ダンスの発表会があったので会社を休んで見に行った。
各学校の代表が集まってホールでダンスを披露するのである。

って学校の代表って言っても2クラスしかなく。勝ったほうが出られるわけだ。
前にどこかのおかあさんが「2クラスしかないから優勝か敗退しかなくてかわいそうだわ」と言っていたけど、確かに…。
私の時代は4クラスあったからその中で優勝すればうれしかったし、負けてもまあある意味しょうがないか、みたいなノリがあったよなー。

会社休んで見に行くほどのものでもないとは思ったんだけど、ちょうど仕事も一段落したのでね。
平日休みたかったんだよね。

肝心のダンスは…。
ダンス教室に通ってバリバリ踊れるカレンちゃんが中心になって作ったというわりには、じ、地味やった…。

私の頃も創作ダンスってあってさ。「花の一生」みたいなテーマでさ。最初は静かな音楽でちょろちょろっと踊ってつぼみを表現して、そのうちわーーと広がって大きな花が咲きましたーみたいになって、最後また静かになってしぼんでいく…みたいなね…。そんなのをやりましたよ。
先生が物語を表現しろって言うもんだからさ。中高生に思いつく物語なんてこんなもんでさ。

今回のひばりたちのダンスはまさにそんなだったわ…。
いや、い、いいんだけどね。でもカレンだったらもっとかっちょいい振り付けができるわけだから、がんがん踊るモノにすればよかったのになー。なんて。
先生は物語とか表現とかいろいろ言うけどさ。そんなもんはあとからこじつければいいわけだからさ。

実は私、創作ダンスには積年の恨みっつうのがありましてね…。

高校の時に創作ダンスをやったんだけど、私その頃ロックが大好きだったもんでね、当時大好きだったCozy Powellの曲を選んで持って行ったのよ。
インストじゃなきゃだめって先生に言われてさ。インストのかっちょいい曲なんてあんまりみんな知らなかったのね。
で、私の持って行った曲は結構かっこよくてね。班の子たちも「あーーこれいい!」「かっこいい!」ってノリノリだったわけ。

それがね。振り付けが半分ぐらいできたところでチェックに来た先生がさ「物語性が薄い」とか言ったわけよ、私たちに対して。
「もう少しストーリーが見えないと」と。
そんなもんは適当にかわしてかっこいいダンスをやればええやん!って私は思ったんだけどさ。
体育委員で人気者で素直な良い子の班長のサチちゃんが、「先生がそう言ってたから曲を変えない?」って言い出したのだ。
ここまでできてきたのに、そして結構いい感じになっているのに、いまさらーーー??って思ったんだけど。サチちゃんが班長だったし人望もあったし「サチちゃんがそう言うなら」ってことになったのよ。

「曲は私が探してくるから」って言うから任せたら、なんだかやぼったいぴょろぴょろした曲を持ってきてさ。その曲に合わせた振り付けはこれまたなんかいかにもーーーって感じの、花の一生ですーっていう振り付けになってさ。あーーーーあ、だったんだよね。

私たちの発表は、他のクラスと合同で体育館でやるだけだったんだけどさ。まあそれなりに盛り上がるっていうか緊張感はあったのよ。
そうしたら当日になってサチちゃんが「ごめーーーーん。テープ持ってくるの忘れてきた!!」って言い出して。
「ごめぇーーん」って両手合わせてる場合じゃないですよ。自転車死ぬ気で走らせて取りに帰れよゴラァって話ですよ。
だけど「もう間に合わないからーー自分たちでタンタン歌いながら踊ろう!」って言うんですよ。

ただでさえださださの踊り。せめて音楽でもかかってないと目も当てられないのよ…。
それを私たちの班は「タンタン」「ぱらららー」「らりらり~」言いながら踊ったのよ。
これはつらかった…時間にしたら5分ぐらいのことだったけど、ほんとにかっこわるくて納得いかなくて腹立たしかったなぁ。

てなことを、ひばりのダンスを見ながら思いだしていたのであった。
ひばりはせめて音楽かけて踊れてよかったよ、よよよ…。

【 2009/01/30 (金) 】 | TB(0) | CM(2)

服がない

最近着る服がない。
タンスの中は服でぎゅうぎゅうなのだが、いざ会社に行こうと思って見るとどれもこれもイマイチなのだ。
 
生成りのセーターは汗ジミでできてしまっていて着られない。(クリーニングに出す時にシミのところに洗濯ばさみで印をつけられ、えらい恥ずかしかった→なのに捨てずにまだタンスの中にしまっている)
太って見えるからこの白いセーターは着られない。
黒のカットソーはこんなに胸が開いていなければ大いに着るのだが…。
黒のタートルは会社には暑い。
ベロアのスカートは裾がほつれている。(←とっとと直せよ)
茶色のロングスカートは太った今はもう腰がパツパツで着られない。(なのにいつか痩せたら着ようと思ってとっている)
 
どいつもこいつも頬に傷もつわけあり野郎ばかりだよっ!
 
今まで着ていた服が一斉に似合わなくなる時期っていうのがあるけど、今がまさにそうだ。
持っていた服が全然似合わなくなってきているし、かといってどういう服なら似合うのか、いったい何を着ればいいのかが全然わからない。
そして今が一番太っている状態だから、服を買いに行く気がしないんだよなぁ…。
やっぱおしゃれをしたかったらまずは痩せないとだめって話なんだよねぇ。
 
そういえばさ。
お腹に巻いてブルブルさせるマシンを前に買ったんですよ。
あれってさ。使用時間がきっちり決まっているのよ。体によくないっていうのもあるけど、マシン自体がオーバーヒートしちゃうみたいなのよね。
だから壊しちゃいかんと思って、制限時間をきっかり守っていたのよ、私。
 
営業の腹黒カトちゃんが昨年どえらい痩せたんだよね。どうやったのかって聞いたら、そのブルブルマシンを使ったっていうわけ。
「とにかく家に帰ってから寝るまでずーっとブルブルし続けていた」って言うのよ。
「でもあれって制限時間がありますよね?」って言ったら「あー。そんなん書いてあるけど別に平気やで」「あ、あれか。りつこさんが買うたのは安いやつちゃうん?わしが買うたのは一番ええやつやで。」
 
…むっ。
ブルブルマシンに高いも安いもあるかい!
でもそうか。制限時間なんか律儀に守ってたからだめだったのね、わたし。
まあ帰ってから寝るまでってのはどう考えてもやりすぎだと思うけど、今までの倍ぐらいの時間はやってもいいのかも。

そう思って制限時間オーバーでしばらく使っていたらさ。
壊れちゃったyo!
あははははははは…。ばかじゃん、あたし、ばかじゃん!
 
ってなんの話だっけ。
そうだ。(楽して)痩せる唯一の手段であったブルブルマシンが壊れちゃってるから、そんなあたしに未来はないってことを言いたかったわけよ。

そういえばこの間すみれに言われちゃった。
「ママ、もうシークレットはやらないの?」
 
シークレットと言えばあれですよ。いわゆるステッパー。こいつのことを最初に「シークレット」と呼んだrさんはすでに処分しちまったらしいっすよ。まあなんて思い切りのいい。やっぱりそうでなきゃ物の少ない生活なんてできないのよね。ステキ生活なんか一生かかってもできないのよね。
あたしゃもう何年もほこりをかぶった状態でずーっと部屋の隅に置いているわよ。
1年ぐらい前に久々にやってみたら、さびついてしまったらしく、きぃきぃ音がしてうるさいのなんのって。
あれをまた復活させてみようかしら。

なーんて思ってもいないことを。ほほほ。
【 2009/01/29 (木) 】 | TB(0) | CM(8)

実は、の話

実は(←最近このパターンが多いな)年末からずっと苦しめられてきた機能を月曜日にリリースした。
対応自体もかなり苦しんだけれど、リリースについてもお客さんとちょっと揉めて、天敵@foreverも出てきたりして、「あーもういやっ!」と何度も挫けそうになりながら、ヤング部長にもかなり助けてもらって、どうにかこうにかここまでこぎつけたのであった。
 
なんですぐに書かなかったかというと、書いたらだめになりそうな気がしたからなんだ。

保育園に行き始めたばかりのころは病気ばかりしていた子どもが、免疫ができてきたのか病気をしなくなってきて、「あの頃と比べるとずいぶん病気しなくなったよね」なんて話をすると、まるで罰が当たるかのように次の日熱を出す、なんてことがよくあったもんだけど。
そんなふうに、「大変な機能を無事にリリースした!」って書くと、待ってましたとトラブル報告電話があがってくるような気がしてね、書けなかったんだよね。

でも書いちゃったね…。だから明日あたり苦情の電話がじゃんじゃんかってくるかもしれない…(←どこまでもマイナス思考)。
 
いやそれにしても今回はヤングくんにずいぶん助けられた。
技術面でもそうだけど、天敵@foreverが騒ぎ出した時も、その当たりの強さに屈することなく上手に対処していて、はぁ~ほんとにこの人はすっげぇなぁと思いましたよ。いやまじで。
腹の立つこともあるけれど、でもやっぱりすごいヤツだなぁと思う。
 
年末に飲んだ時にヤングくんが言った。
「いまこの時代に会社に勤めて仕事ができてお金をもらえてるってことをありがたいと思えないヤツはクソですよ」
 
オレ様ならどこへ行ってもやっていけるぜ!って思って当然の彼がこう言い切ったことに、ちょっとぐっときた。
いやもちろん「オレ様ならどこへ行ってもやっていけるぜ!」って気持ちも当然持っているのだろうと思う。でもこういうことをこの若さで言いきれる彼は素敵だと思う。
 
「歌のおにいさん」で、内定取り消しになった健太くんにおとうさんが「なんのために大学まで行かせてやったと思ってるんだ!」って怒ると健太くんが「俺が悪いんじゃねぇよ!時代が悪いんだよ!働きたくても働かせてくれねぇんだから!俺だってもっと楽な時代に生まれていれば…」ってなことを言うシーンがあった。
おとうさんはそんな健太をぶん殴って言う。
「ばかやろう!生きてくのに楽な方法なんかねぇんだよ!それでもがんばって生きていかなきゃなんねぇんだよ!」

なんかほんとにそうだなぁって思った。
そして、このシーンを見た時、ヤングくんの言葉を思い出したのだった。

【 2009/01/28 (水) 】 | TB(0) | CM(6)

再検査

実は旦那が健康診断で引っ掛かって再検査になっていた。
今日、精密検査を行って、問題がないという診断を受けて、心底ほっとしている。

多分大丈夫だろうとは思っていたけれど、でももしかして…と思わなくもなく、この人が病気になって先に死んでしまったら…と考えると、もう心配で心配でどうしようもなかった。
この人なくして幸せはないなぁとしみじみ思ってしまった。

願をかけて結果が出るまではビールを断とう!と思いながらも、金曜日の夜に旦那がうれしそうに缶ビールを開けているのを見るとついつい自分も飲んでしまったり、会社の新年会でも飲んでしまったり。ああ、なんて私は意志が弱いんだろう。このせいで悪い結果になったらどうしよう。なんて情けない気持ちになったり。
もしものために、私はもっと自立しなければならない!と思ってみたり、そう思うことがすごく不吉に思えたり。
とにかく精神的にじたばたした数週間であった。
ああ、何もなくてよかった…。
 
今日が検査だったんだけど、なんと検査の2日前からおかゆとうどん以外は食べちゃダメと言われてしまった旦那。
土曜日は朝もお昼もうどん。夜は家族でうどん屋に行き、子どもと私は天ぷらうどんなんかを食べているのに、旦那は素うどん。しかも中に入っていたとろろも葱もよけて食べる。
もっとかわいそうだったのは昨日の法事。ホテルのバイキングでも彼が食べられるのはお粥オンリー。別に病気なわけじゃないから食欲ありあり状態なので、お粥を食べても食べてもお腹がいっぱいにならない。6回おかわりしていたよ、よよよ…。

で、昨日はバレー部のコーチたちが所属する男子バレー部の公式戦があって、旦那も参加したんだけど。
優勝すればしたで祝賀会があり、しなければしないで反省会があり。まあ要はみんなで集まって飲みたいのだな、この人たちは。
で、昨日はその反省会にも参加してきた旦那だったんだけど、検査の前日19時以降は水かお茶しか飲んじゃだめってことで、ウーロン茶だけ飲んでたらしい。
よく我慢できわねっていうか、飲めない飲み会なんかでないよな普通っていうか、そんなまでしても出たかったのかい!というか…。

いやでもほんとに年齢的にももう何があってもおかしくないというかな。今までほんとに何もなくきていたけれど、これからはそうはいかないんだろうなっていう風には思ったよ。

そして私がいかに旦那を頼りにしているかってことがよーくわかった…。
私、フツウの人間のような顔をして暮らしているけど、それも旦那がいてくれるからこそ、なんだなぁ。本当に精神的な支柱なんだな…。
支えられるだけじゃなく、私も支えてあげられるように頑張らないとなぁ。

【 2009/01/26 (月) 】 | TB(0) | CM(8)

天城越え萌え

生協がビールの販売をやめたっぽい。
お知らせをまじめに読んだことがないので全然知らなかったんだけど、先週注文する時に、あれ?ビールが載ってない?
私の探し方が悪いのか?あるいは隔週になったのか?と思っていたんだけど、今週も載ってない!

かーっ。誰の許可を得てそんなことになったんだーーー。
困るー。困るじゃないかー。ムキー。

***

今日は法事で親戚が集まった。
法事といえば、ホテルでバイキング&昼からビール♪るん♪
あたしゃおやじチームで飲むでー!とはりきっていたら、あなた。今回はビール頼まないじゃないですか!
はぁぁぁ。おじさんたちももう元気がなくなってきちゃってもうお酒も飲めなくなっちゃったのかねぇ。つまらんねぇ。

お酒の出ない法事なんて。気の抜けた炭酸みたいなものだわ。しょぼしょぼ。

***

「天城越え」にはまっていると言うヤングくん。
なぜ今「天城越え」なのか。しかも最近のやつじゃなく、田中裕子版なのか、全くもって謎なのだが、とにかくイイ!と絶賛なのである。

どこがいいのか?何がたまらないのかと聞いてみると。

「たとえば、子どもが歩いていて草履が擦れて痛いというと、田中裕子が頭にまいていた手ぬぐいを破って傷をしばるんっすよ!(←かーったまらないぜ!という表情)」
「逮捕される時も、縄でしばるんですよ。(←かーったまらないぜ!という表情)」
「きわめつけは!取調べを受けていてトイレに行きたくなった田中裕子が言うんです。はばかりに行かせておくれ、って。はばかりに行かせておくれ!って。(←2回言う。(←かーったまらないぜ!という表情)」

…わからん…。まったくわからん…。
それを聞いた営業のケンちゃんが「女性の奥ゆかしさがいいわけ?」と聞くと「それもあります。っていうかなんかすげぇ新鮮」と言う。
「あと、そんなにすげぇ昔ってわけじゃないのに、今と全然違うところがたまらない」と言うので、「じゃ、大地の子を見たらいいよ。アレも悲惨な話でさぁ」と言うと、「悲惨なのを見たいわけじゃない」と言う。

でもとにかく天城越えに萌え~らしい。
しなを作って「はばかりに行かせておくれ」と言われた時は、ひざの力が抜けて崩れ落ちそうになったよ。

この全く理解しあえないところが彼の魅力だと思う。

【 2009/01/25 (日) 】 | TB(0) | CM(2)

矢部さん脱退

矢部さんがカーネーションを脱退するというニュースに打ちのめされた先週。

ここ何ヶ月かの私はもうほんとに嵐以外聴かなくなってしまって、遠征ももう遠い過去になってしまい、ライブもすっかりご無沙汰という、申し訳ない状態。
それでも、そんな私でも、矢部さんがカーネーションをやめるというのはすごいショックで、もうあの3人のライブを見られなくなってしまうのかと思うと、大きな声でわーわー泣きわめきたい気持ちでいっぱいだ。

私がこんなところでわーわー言っても事態が変わるわけではないし、矢部さんがここを読むとも思えない。
だけど、すごく寂しいっていうことと、矢部さんは最高のドラマーだよ!っていうことと、いつでも待ってるぜ!これからもカーネーションと矢部さんを応援するぜ!ってことを言いたいのだ。言わなきゃいけないと思うのだ。

職業はドラマー。それを辞めるということがどれほど辛いことだったのか。
あれだけ強い絆で結びついていたカーネーションを去るというのが、どれほど辛い選択だったのか。
私には計り知ることができない。
それでも何度も見たライブで常に全力投球だった矢部さんを思い出すと、それができないなら自分がやめた方がいいのだ、と考えたのだろうなぁ、と思う。カーネーションを愛しているからこそ去ることにしたのだろう、と私は思う。

残念だとか、やめないでとか、そういう言葉は、今は聞きたくないと思っているのかもしれない。
でも残念だよ。やめないでよ。そう言わずにはいられないよ。
でもそう言った後で、きっとこれは矢部さんにとって前に進むための選択だったんだろうなと思うと、私たちファンもやせ我慢して「わかった…これからも応援してるから頑張ってね!!」と言った方がいいんだろうな、って気持ちにもなるよ。

人生はまだ続く。もう一花咲かせようじゃないか!

【 2009/01/24 (土) 】 | TB(0) | CM(2)

ペンペン草

 ネットワーク技術者として入社したSさんは、ひょろっと背が高くて物静かでおとなしい人だ。
先週、Sさんが体調不良で1週間お休みした。
すわインフル?!と思ったのだが、どうやら胃腸炎だったらしい。

久しぶりに出社してきたSさんに「大丈夫ですか?」と聞くと、2日ほど何も食べられず、その後も胃がしくしく痛むのでずっと寝ていたのだと言う。
みんなでお昼を食べている時にその話をしたら、総務さんが「Sさん、大丈夫かなぁ」と言う。
「胃がしくしくって明らかに心労じゃない?やっぱり…」
「だね…」
 
そうなのだ。私が以前懸念していた通り、Sさんはねずみ男にいじめられているのだ!

っておそらくねずみ男は全くいじめている気はないんだろうけどね。でもあの人とサシで仕事するのはきっついよ、どう考えても…。
 
Sさんがねずみ男に「きみー、マニュアルを読みたまえよ」とか言われている姿をよく目にする。
「え?英語だから読みづらい?…それはきみの能力不足でしょう。僕は知らないよ。読めないのなら読めるようになればいい話であって、読めないから読みませんっていうのはありえないよ」
 
昔サルサくんなんか「君は愚鈍だな」って言われてたこともあったからな。愚鈍だなってあなた…。うどんじゃないよ。ぐどんだよ。え?わかってるって?
…こんなことを面と向かって大きな声で言うような人と仕事をするってきっついよなぁ…。そりゃ胃も痛くなるわなぁ…。
 
なんて話を旦那にしたら。
「ネットワーク技術者で優秀な人ってそういうエキセントリックな人が多いよね」という話になった。

旦那が一緒に仕事をしている人でも、もんのすごーーーく強烈な人がいるのだ。
旦那はその人に結構かわいがられているらしいのだが、それでも時々血も凍るようなメールを送ってきたり、電話で話していて思いもよらないところで激昂されたりするらしく、その人と仕事をする時は気が抜けないらしい。
そこの会社の社長も、その人の下に付けると必ず会社を辞めてしまうので人が育たないと嘆いていたのだと言う。
 
「もうさ。無理なんだよ。そういう人がだれかと仕事をするっていうのはさ。すべてその人に任せるか、あるいはその人が辞めてほかの人を入れるか、どちらかだよ。」
「そういう人のもとでは何も育たないんだよ。何も生えてこないんだよ。ペンペン草さえ生えないんだよ!」
 
ペンペン草さえ生えないって、あなた…。ぐわははははは。おかしい。おかしすぎる。でもわかる。言い得ている。ブラボー。

【 2009/01/22 (木) 】 | TB(0) | CM(3)

優勝

実は新年会の時のルーレットで優勝した。
ゲーム好きなおいら。ルーレットは初めてだったんだけど、やり始めたらもう楽しくて楽しくて。
で、私の隣でサロン部長もやってたんだけど、彼は私以上に勝っていたのだ。でも、勝っていたもんだから、ディーラーに言われて大きなコインに両替させられたのね。で、大きなコインでばーんと賭けたらばーんと負けてあっという間にすってしまったのよ。
そんなサロン部長の姿を目の当たりにしていたものだから、こりゃやめ時が肝心だなと思ってね。手持ちのコインがちょこっと増えたあたりでやめておいたんだけど、それが功を奏したというわけなんだな。

残ったコインの数を競ったんだけど、実はボスと全く同じ枚数だったの。でもボスが譲ってくれたの。ぼくは経営者だからいいよ、って。
多分うちが貧乏なの知ってるから気の毒に思ったんじゃない?貧乏でよかった!おれってビッグ!!(←いやビッグじゃなくて貧乏)

優勝賞品は2万円のホテルディナー券ですってよ。
せっかくだから普段は絶対食べられないフランス料理かなんかに行きたいけど、子ども連れだから、やっぱりランチの方が気が楽かなぁ。
でも2万円自腹で払って4人でフレンチの1万円コースっていうのもいいよねぇ。フォアグラとかポワレとかサー。ポワレってなにさ。
いやでもこんなもん食べたら1週間ぐらい下痢しちゃうかもねぇ。バチが当たるかもねぇ。

って旦那と話し合う内容がとっても貧乏くさいですYO!
でもとっても楽しいですYO!
ありがとう、ボス(譲ってくれて)!ありがとう、サロン部長(負けてくれて)!ありがとう、会社!(←うかれすぎ?←一年分の運を使い果たしたという噂も…)



【 2009/01/20 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

新年会

先週の金曜日は会社の新年会だった。
新年会といえばあれですよ。昨年はワインを飲みすぎて記憶をなくし、やっちゃいけないゾーンぎりぎりセーフ(ほんとにセーフだったのか?)だった、デンジャラスイベントですよ。
 
だから今回の私の目標は。
記憶をなくすまで飲まない。
暴言を吐かない。
ゲ○も吐かない。
当たり障りなく時を過ごし、人間の状態で家に帰り、「歌のおにいさん」を見る。
これですよ。これにつきますよ。
 
今回もセレブなホテルで行われた新年会。
前の会社だったら新年会といえばやるき茶屋だったけどね。場所は銀座でも、店はやるき茶屋。もちろん自腹。
それがまあここの会社では、六本木のホテルの個室ラウンジでオプションにディーラーもついて料金は会社持ちですわよ。おーほほほほ。
ディーラーってなにかと言ったら、あれですよ。車のセールスマンがカタログ持って来て営業活動するんざますよ、おーほほほほ。

…じゃなくて。
ルーレットができるんですよ。コインも会社から支給されちゃうんですよ。花男ですよ。ルー部長とサロン部長でF4ならぬF2ですよ。

…なわけないですよ。
まあほどほどに食べて飲んでルーレットして、暴れることも記憶をなくすこともなく、無事に人間として家に帰りましたよ。
よっしゃ!!!おれってビッグ!!!

ってあなた…。
普通の人ならこんなことは目標なんか立てなくても普通にやることですよ。当たり前だのクラッカーですよ。
なのに私の場合は「よしっ!」と気合を入れて目標として定めないとできないとですよ。そのこと自体が問題ですよ。

というわけで今年はネタになるようなことはせずに無事に新年会を終えることができたのであった。ちゃんちゃん。

***

久々登場、天敵@forever。
もめると飛び出てじゃじゃじゃじゃーん!
うちの会社に非がありそうなことがあると、すかさず飛び出してくる男。それが、天敵@forever。
見た瞬間即死するような血も凍るようなメールをいきなり送りつけてくるのが、ティガー様の得意技ですよ。
 
今回はヤングくんと一緒にやった作業だったので、彼が直接電話して話をしてくれたのだが、電話の後、私に向かって「ありゃなんっすか?」と言ってきた。
「強烈でしょう?」と聞いたら「ありゃだめっすね…」と言った後で、「頭の悪いおまわりさんって感じっすね」と言う。

おおおお。言い得て妙。ブラボー。

「ああいうやつ、小学生の頃いましたね、クラスに1人は」
「そうそう。いけないんだーーーって言うやつね。無意味にえばっててね。」
「そう、えばりたがり。学級のおまわりさん。」

ああ、あのいやさを共有できてうれしい…。
一人じゃないって素敵なこと。
【 2009/01/19 (月) 】 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR