りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2009年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2009年04月

ホテルでランチ

週末は会社の新年会で当たったホテルの食事券を使って家族でホテルランチしてきた。
リッツカールトンホテルでおフランス料理ざます。おほほほ~。
 
家族でおフランス料理なんて初めてのこと。
出かける直前に「カジュアルエレガンス」ってなにさってネットで調べたら(←なぜ直前に調べるのだ?)、「ワンピース以上、イブニングドレス未満」「男性の場合は簡易礼服」と書いてあって度肝を抜かれる。
イブニングドレス未満って…簡易礼服って…ひぃー。

ってことはとりあえず、会長服じゃだめってことよ!スーツにネクタイして!
すみれちゃんもデニムワンピースじゃまずいわ!せめてNEW YORKERのワンピースにして!お下がりだけどっ!ただの綿のワンピースだけどっ!
あたしは…もうこれ以上の服はないのよ!って、3980円のカットソーに5980円のスカートで何を言う?!それがあたしの最高レベルってどうなのさ。
でももういまさら服はどうしようもないから、せめてメイクだけはばっちりするわっ!
 
え?すみれのコートがない?はっ。そういえばこの間捨てた記憶が…。
え?旦那のコートもない?はっ。そういえばあまりに黄ばんでたからリフォームの時にざっくり捨てたような気がしないでも…。

もうしょうがない。暑かったふりをしてジャンパーは店の前で脱いでおきましょう!
「お客様その格好では…」と入り口で引きとめられたらもうしょうがないじゃない。だってこれが我が家の最高ファッションなんだから!(とほほ…)
でもきっと大丈夫。ばっちりメイクした私が堂々と立ってればリッツカールトンだって入れてくれるはずよ!ぶひぶひっ。

と、家族には息巻いてみせたけど、実際はかなりドキドキしてたの。
でも服装のみすぼらしさは濃いメイクでカバーしたおかげで無事に店には入れたわ!潜入成功よ!
ってちゃんと食事券もらってるんだから潜入じゃないのよ。あたしたちは正規のお客様なのよ。(←性器ではない)
 
いやそれにしても。
食事券をもらった時、ランチにするかディナーにするか迷ったんだけど、ランチにして正解だったわ。
ランチには結構一般のお客さんも来ていたから、あたしたちのようなおのぼりさんたちがいても多少はまぎれられたけど(←本当にまぎれられていたのか?)、これがディナーだったら…多分全員がホリエモンとかルー部長+愛人みたいな人たちばかりだったわよ、きっと。(←勝手なイメージ)
浮きまくりだったわ、間違いなく。ドレスコードにも引っ掛かりまくりだったはず。
あーーーあぶなかった…。おフランス料理はランチにしておくこと。(←忘れないようにメモメモ)
 
で、肝心のお料理だけど。
サラダもスープもメインのお肉料理もそれはもうおいしゅうございました。
普段は小食なすみれもここぞとばかりに食べていた。無理して食べて顔色が悪くなるほどだったわ。(←なぜにそこまで…)
 
でも一番圧巻だったのはデザート。
デザートはビュッフェで取り放題だったんだけど、まあそこに置いてあるケーキやフルーツのゴージャスなこと!冷凍100円ケーキとか謎のゼリーとかじゃないのよ!(←当たり前)
いちごのタルトとかクリームたっぷりのチーズケーキとかふわふわのシフォンケーキとか。ムースやマカロンや(←間化論じゃない)チョコレートもあるのよ。

デザートは別腹だから!べつばらべつばら!
ひばりと二人でいきまいてみたものの…どう考えてもこの腹だよ!もうこの腹はいっぱいになっているのよ!
どれもこれも食べたい!鼻血が出るまで!と思ったけど、もう全然入らないのよ、よよよ…。

ああ、タッパーに詰めて帰りたい!と思ったけど、どうにか堪えたわ…。
そしてお上品におちょぼ口でちょろっと食べてジ・エンド。
あとでお店を出てみたら、そこに置いてあったチョコレート、一粒300円するの!
あああああ。やっぱり無理して10個ぐらい食べておけばよかった!なんて根性なしなの!意気地なしなの!ばかばか!
 
でもね。
たーっぷり食べたせいで、この日は夕飯の時間になっても全然お腹がすかなくて、結局みんなでお茶漬け食べて終わったの。
ってことは、お昼も夜も浮いちゃったってこと。

いやぁ~ほんとにラッキーだったわー。会社よ、ありがとう。いい会社だよ、ふんとに。(←その口が言うかその口が…)
スポンサーサイト
【 2009/03/31 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

さよなら会長

今日は小学校の卒業式があった。
そして卒業式での挨拶が、わが家のP〇A会長最後のおつとめだった。

もちろん会長の任期が終わったからといって、きれいさっぱりおさらばできるわけではない。
うちの村においては、P〇A会長の任期が終わるということは即ち、村の長老会の入会を意味する。これからもまだまだ村のお祭りとか体育館の立ち上げとか他の小学校との交流とか、いろんなことに関わっていかなければならない。しかも一番の下っ端として。
それでも現役会長とそれ以外とでは、大変さが全然違う。

なにより来年度の会長がきちんと決まっているのがうれしい。
しかも、おだてたりなだめたり脅かしたりして、無理矢理説得したわけではなく、ものすごく気持ちよく引き受けてくれているのだ。
これは本当にありがたいことだ。

思えば2年前、オーガニックとうさんから電話で「P〇A会長になってくれ」と頼まれて、当然断るよね?ね?と思っていたら、「やってみようと思う」と旦那が言い出して。
やると決まったからには私も応援するよと言っていたものの、いざ始まってみると、想像以上に忙しくて、平日の昼間はもちろんのこと、平日の夜や土日も借り出されることが多くて、慣れるまでは本当にぶうぶうだった(私が)。

P〇A会長なんて本当になるもんじゃない。やったもん負けだ。そう思ったし、そんな言葉を旦那に投げつけたこともあった。
今思えば、私は嫉妬していたのかもしれない。
もう私たちのことは二の次なの?って。
そして置いてけぼりを食ってしまったような気持ちにもなっていた。
あなただって私と同じようにそういうことが苦手だったはずじゃない?それなのになんで急にそんなふうになっちゃうの?って。
勝手だね…ほんとに…。

それでもP〇A会長を2年間やりきって「大変だったけど、やらないほうが良かったとは思っていないよ」「こんな経験はめったに出来ないしずっと忘れられないだろうし、死ぬ時になったらP〇A会長もやったよなぁって思えるだろうし」と旦那に言われたときには、ほっんとに能天気だよなーとあきれながらも、ちょっとじーんときた。

今日はホテルで大きなホールのケーキを買って帰って、みんなでお祝いをした。
ほんとに2年間ご苦労様。
思い出すのもいやだっていうような目にあわなくてよかったね。
仲間にも恵まれてよかったね。
そして今度の会長の2年の任期が終わったとき、またボールが戻ってこないといいね…。(ぞくっ)

【 2009/03/25 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

ヤッターマン

週末、子どもと3人で「ヤッターマン」を見に行って来た。
すんごく面白かったー!
映画の感想を一言で言うなら、壮大にバカバカしいA級なB級映画。(←ほめてます)
 
ネタバレしているのでたたみます。(初めて使うぞ、この機能←何をいまさら)
【 2009/03/23 (月) 】 | TB(0) | CM(4)

悪意

私はつくづく人の悪意に弱い人間だと思う。
悪意に強い人間なんているのかどうかわからないけれど、悪意を感じた時に、「なにくそっ!」とはねかえせる人と、「ああ…もういやだ…だめだ…」って力が抜けてしまう人間がいると思うんだけど、私は圧倒的に後者なんだよなぁ…。

いやあのマリオカートなんですけどね。
最近も毎日のようにカートをやっていて、通信で国内や海外の人たちとレースを楽しんでいるんだど、時々、嫌がらせをするためだけに参加している人ってのがいるのだよね。

今日もね。ただひたすら人の妨害だけをしている人がいてね。
無敵になってただただぶつかってきたり、アイテムを1人でぜーーーんぶ取ってみたり、橋で待ち伏せしていて人が通るのを待って突き落としたり、わざわざバックしてきて進路を妨げたり。

やっていてすぐに「あ、この人、そうだ」ってわかったんだけど。
もうほんとに嫌な気持ちなったよ。
気分が悪くて気持ちが悪くて、大好きだったマリオカートが嫌いになりそうだった…。
ううう。悲しい。なんでそんなことするんだろう。何が楽しくてそんなことするんだろう。

すぐにそのチームは外れたんだけど、それでもその悪意に触れたことで、自分のHPが10ぐらい下がった感じがする…。

そんでさ。そういうことするのってたいてい日本人なんだよね…。
対戦する時に、国内か海外かを選べるんだけど、海外でレースした時にそういう人に当たったことってないんだ。
なんだかなぁって思う…。

【 2009/03/18 (水) 】 | TB(0) | CM(4)

良い歯バッチ

すみれが歯医者に行きたがっている。
4月になると学校で歯科検診があるのでそれまでに虫歯を治しておきたいのだと言うのだ。
 
い、いやいいんだけど。虫歯だという自覚があるなら行くに越したことはないし。
でもなんか順序が逆って気がしないでもない。
私と旦那が納得できずにいると、すみれが言った。

「良い歯バッチがどうしてもほしいんだよ」
 
歯科検診で虫歯がないと良い歯バッチがもらえる。
すみれの学校では良い歯バッチは校帽に付けるならわし(?)があるのだ。
「すみちゃん小さいから、3年生になってバッチが2つしか付いてないと、絶対2年生に間違えられちゃうよ。だからそういう意味でもどうしても良い歯バッチはほしいんだよ」
 
わははははは。
眉をしかめて「そういう意味でも」とか言っちゃって、おかしいなぁ。
まあ切実な理由があることはよくわかったよ。
小さい頭で結構いろんなこと考えてるんだね。
 
***
 
 
3月から会社に新入社員としてナナちゃんが入ってきた。
おかあさんがルー部長のお知り合いで帰国子女だというナナちゃんは、私よりもずーっとひばりの方に年が近い。
いやまあそれを言っちゃうと、ヒロくんもヤングくんもそうなんだけど、でもなんつうかかわいらしさというかフレッシュさが今までここの会社にはなかったものなので、とっても新鮮なのである。
 
かわいい女の子が一人いるだけで会社が華やぐよねぇ。
飲み会の時に私が「かわいいっ!」「フレッシュ!」「しかもいいにおい!」と言ったら、みんなに「りつこさん、おやじっぽいっす…」ってあきれられた…。
 
悪かったね!おやじで!
でももとはと言えば、あなたたちが若いわりに全然フレッシュじゃないのが悪いんじゃないの!
私だって、あなたたちがもし相葉ちゃんのように素直でかわいければそれはもうかわいがりますって!うはうはになりますって!舐めて育てますって!
なのに!全然かわいくないからっ!(←逆ギレ)ぜいぜい…。
 
【 2009/03/17 (火) 】 | TB(0) | CM(2)

バリウムの後始末

*今日の日記はお食事中の方や、ばばちい話が苦手な方は読まないほうがよいです(←あたしの日記って、こんなんばっか…)*
 

バリウムを飲んだ後のうん○って大変。
っていきなり単刀直入でごめーん。
いやしかしまじで実際のところみなさんどうしていらっしゃるのか、とても知りたい。
 
私は昨年初めてバリウムを飲んだもんで、その時は何の前知識もなく当たり前に家のトイレでいたしたわけだが、まあそれがもう大変だったのだよ。
我が家のトイレの水洗力がかなりよわよわっていうことも後押しして(←そんな後押しはいらない)、まあ流しても流しても流れやしない。
忘れようとしても過去を振り切ろうとしても忘れさせてくれない。
失恋から立ち直るには新しい恋よね!と新しい出会いを求めにいっても、ここぞというところで「おれのこと忘れちゃいないかい?」と顔を出しなさる。
もうそろそろ許してくれたかなとのぞくと、まだいなさる。
とにかくソレの痕跡が完璧に消えるまでに何週間かかかったのだ。これはもう大変なことですよ、あなた。
 
だからね。バリウム飲んだ後のうん○を家のトイレでしちゃいかん!というのが前回の教訓だったわけですよ。
しかしね。それならどこですりゃいいのかって話なんですよ。
 
たとえば会社のトイレでいたしたとしたならば。見る人が見ればわかるじゃないですか。
「はっ。これ、バリウム飲んだあとのうん○!」って。
「バリウム…健診…あらやだ、これりつこさんの!!!」
 
…ぎゃーーーー。ありえなーーーい。
トイレでおならをするのにも音消ししている恥ずかしがり屋さんが、そそそんなことっ!できない、できやしないさっ!
 
ってことはあれか。駅のトイレとかデパートのトイレとか、あとくされのない場所で?
いやでもあれだ、駅のトイレとかデパートのトイレって結構並ぶじゃない。
ようやく自分の番が来た!といさんで入って、ソレが残っていたら…「あたしの前に入ったあの女ね?!!!」ってことになるわよね。

…ぎゃーーーー。ありえなーーーい。
そもそも人が並んでいたら、うん○も引っ込んじゃうような小心者が、そそそんなことっ!できない、できやしないさっ!
 
じゃあどこですればいいの?!
いろいろ考えたけど、健診センターでいたすのが一番なのではないかと考えたわけよ、私は。
健診センターのせいで(せいで?)このような事態になったわけだから、そのおとしまえはつけてもらおうじゃないの!
それにきっと健診センターだったらそのようなうん○に対するノウハウもあるはずよ!掃除のおばちゃんもおそらく、私とか会社のビル掃除のおばちゃんよりは、そういううん○に対するスキルが高いから、「ああ、これね。これはこの薬をかければきれいに粉々になるのよ」みたいな魔法の薬みたいなものを持っているはず!
いや、魔法の薬は持っていなくても、すんごいテクは持っているはず!
だから健診センターでいたすのが一番なのだ!適材適所ってことなのだ!
 
というような腹黒い気持ちで昨日の健診にのぞんだんだけどね。
そんなにすぐには出ないのさ~ららら~。
健診終わった時に下剤を渡されるんだけどね。飲んですぐピーってわけじゃないわけさ。そうは問屋がおろさないわけさ。

結局どこでもよおしたかといえば。
夕べ家に帰って夕飯食べて子どもが寝静まって一人でマリオカートやってる最中ですよ、ええ。
つまりは家のトイレでってことですよ、昨年同様。

そして…ええ…今もヤツは顔を出しておるわけですよ。流した!消えた!さようなら!と思っても、しばらくすると「…と思わせて?」と顔を出してくるわけですよ。
そしてなんのノウハウもテクもない私が泣きながらああしたりこうしたり四苦八苦しているのですよ、よよよ…。
何かいい方法ないのかちら。お願い、おせーて…。

【 2009/03/11 (水) 】 | TB(0) | CM(6)

人間ドック

今日は人間ドックに行って来た。
今回はボスと一緒じゃなかったからかなり気が楽だ~。
おそろいの囚人服に身を包み、何度もすれ違ったり、後ろ姿を見られるっていうのは、かーなーり恥ずかしかったからねぇ。
そもそも男女一緒のフロアーというのはいかがなものか。だってガウンの下はパンツ一丁だぜ。紐がほどけたりしたら、ポロリもあるよ。ひぃーーーー(←リアルに想像)。
 
まあ今回はポロリもなく(当たり前)、嵐くんたちに遭遇することもなく(嵐が情報処理健保に加入しているわけもなく)、「素敵な人だ…君の名を教えてほすぃ」と迫られることもなく(どんな期待を持って人間ドックにのぞんでいるんだ)、当たり障りなく検査してもらいましたよ。

バリウム飲んで普段ビール飲んだ時みたいに上手にゲップを出しそうになったり、くるくる回ってて右も左もわからなくなったり、マーモグラフィでもともとぺちゃんこのおっぱまるをさらにぺちゃんこにされたり、おっぱまるの超音波で緊張しすぎて腕がぷるぷる震えたりしたけど、それはそれ。想定の範囲内っていうか、問題にもならないっていうか、むしろバッチグーだった!と胸を張れるんじゃないかしら?って誰に張るのかしら?そもそも。

人間ドックの前の日は20時までしか飲み食いができないのですよ。
でも夕べはトラブルがあって会社に残っていて、これでは夕食を食べ損ねてしまう!と気がついて、慌てて近くのファミレスに駆け込んだのだ。
夕飯は外で食べて帰るよと家に電話をしたら、「おおーーー。そりゃ子どもが喜ぶよ」と旦那が言うのだ。

…え?今なんと?
「いやあのさ。生協で鯛の刺身がきたからカルパッチョにしたのよ。そうしたら子どもがうめぇうめぇってすごい剣幕でさ。刺身自体たいした量なかったから一人4切れだったんだけどさ。夕飯食べて帰るってことは、あんたの分はいらないってことだよね?」

…え、ええ。いいですわよ。どうせ帰ってからはもう何も食べられませんから。
しくしく…食べたかったなぁ。カルパッチョ。切ない…。

気を取り直してファミレスに行ったら、おすすめメニューに「アボガドハンバーグ」っていうのがあったのだ。
アボガドにとことん弱い私。
しかもメニューには「タルタルソースと照り焼きソースのコラボレーション」と書いてある!
おおおお。ここの照り焼きソースはおいしいんだよね。
嘘かほんとかわからないけどカロリーもそれほど高くないし、これにしちゃおうっと。るん♪

出てきたハンバーグを見ると、あれ?照り焼きソースかかってなくない?いやでも…色は薄いけど味は付いているのかもしれないよねと食べてみると…味がしないんですが。むむむ。
でももう食べちゃったしタルタルソースもかかってるから味は足りているといえば足りているし。
でも照り焼きソースのかかってない照り焼きハンバーグなんて…冷えてない生ビールみたいなものよね…しょぼしょぼ…。切ない…。

【 2009/03/10 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

めったにないようなすごい店

昨日のお昼に一人でお気に入りの韓国料理屋に行ったらものすごい行列ができていた。
雨の中長い時間一人で並ぶのも嫌だと思い、向かいにある中華料理屋に入ってみた。
「長崎ちゃんぽん」という文字に以前から心惹かれていたのだ。
 
ドアを開けた瞬間、しまった!と思った。
なんかダメな店のにほひがする…。
 
店内はそれなりに混んでいた。
私が入ると「いらっしゃいませぇ」と声をかけてきたおばちゃんは、私の顔も見ずに「傘は傘立てに入れてください」とちょっと責めるような口調で言ってきた。
あーはいはい、傘立てね。なくならないかちょっと心配だけどね。

私が傘を入れるとおばちゃんは「昼時は混んでいるので相席で」と言い、おじさんが座っている席の向かいをあごで差した。
あごで指すってなんか感じ悪いわね…。でもわかったわ。相席ね。よくってよ。

席に座りメニューを見ながら、やっぱりここはちゃんぽんよねと考えていると、おばちゃんが顔も向けずに「お決まりでしたら言ってください」と言う。
え?お決まりでしたらってあたしに言ってる?店は結構ざわざわとうるさくてかなり声を張らないと届かない感じなんですけど。ええと…。
するとおばちゃんがまたしても背中を向けたまま「お決まりでしたら言ってください。聞いてますから」と言う。
 
…むっ。
狭いこの店でなぜずっと背中を向けたまま言う?なんだ、その態度はいったい。
 
お店はおばちゃんのほかに、料理を作っているおじちゃんとなんだかあんまり役に立っていなさそうなおじいちゃんがいた。
おばちゃん(でも多分私と同い歳ぐらい。いやもしかすると私より若いかもしれない)はこの役立たずそうなじいさんに向かって「はやくレンゲ洗って!」「あーーそうじゃなくて!」とやたら厳しい。
なんだかいじめを見ているみたいで気分が悪い。
その後もおばちゃんは、「野菜炒めに半チャンはいらない!」「スープも早く入れて!」とおじいちゃんに罵声を浴びせ、できた料理をちゃかちゃかと運んでいた。

そんなおばちゃんに私が入る前からいたサラリーマン4人組の1人が声をかけた。「ご飯とスープがまだ来てないんだけど」
どうやら、定食のおかずだけ来てご飯とスープがまだだったらしい。
するとおばちゃんは「あー、おかずが熱いうちにと思って先に出したもんだから」と言う。

はぁ~?
おかずが熱いうちに出してあげようと思って頑張って出したからご飯とスープを持ってくるのは忘れたと言っているわけ?
そんな言い訳は不要だろうよ。
つうか、お客(あたし)やおじいちゃんに厳しいくせに、自分には妙に甘いじゃないのさ。
そしてお客さんが帰るたびに「どうもでーす」と言うのがなんだか癇に障る。なんだよ、その日本語は。「ありがとうございました」って言えよ。
そして作っているおじちゃんもおじいちゃんに厳しいのも気になる。
二人でいじめているようにしか見えない…。
いやまぁよっぽどおじいちゃんが無能なのかもしれないけれど、それにしてももう見ているこちらがいたたまれなくなるほどっていったい…。はぁぁ…。
 
食べ終わって店を出たら、韓国料理屋さんはがらがらだった。
あああ。こんなことなら雨の中並んで韓国料理食べた方が良かったなぁ。
もう二度と来ないぜ!と思いながら、「ごちそうさまでした」とつい言ってしまった自分が悲しい…。
 
肝心の味の方は、リンガーハットのほうが100倍おいしかった。ちゃんぽんに入っていたエビはなぜか泥の味がした(涙)。

***

誓いも空しく、余計なことを口走ってしまい、とっても後悔…。たいして酔っ払ってたわけでもないのになぁ…はぁ…。
人に忠告なんてするような柄でもないし、そもそも自分はなんぼもんじゃい!なわけだし、言われて変わるようなものじゃないし、恨まれてでも言うような価値もないし、お互い気分が悪くなっただけだよなぁ。ばかだ、あたし。

【 2009/03/07 (土) 】 | TB(0) | CM(0)

新曲

昨日は嵐の新曲の発売日。
今回も初回限定盤A、B、通常盤の3本立てですよ。
そんなアコギな商売もどうなのさと思うけれど、それ以上に思うのは、売りたいのならばーんとプレスしてばーんと置きなさいよ!ってことなのよ。
予約しないと買えないっていったい…。
もう毎回シングル出るたびに、ちゃんと初回限定盤をゲットできるんだろうかってドキドキしてさー。心臓に悪いのさー。それに人に勧めたくてももう売ってないって、ねぇ。
腐るもんじゃないんだからおおめに作ってちゃぶだい…。

いやしかしまじでこのPVはいいっす。最高っす。
もうこの大ちゃんのほうなんか…見ているとふにゃって力が抜けるっていうか、幸せになれるっていうか、元気になれるっていうか、たまらないよ、こりゃ。
私はひばりが帰ってくるのも待ちきれず封を開けましたもの。
封についてたシール、ひばりに見つからないように、自分の手帳にはっちゃったもの。
一度見たらもう止まらなくなっちゃってその後もずーーーっと流してたもの。

いやもうこんなPVを作ってくれて、Jストさん、ありがとう!
と、さっき文句言った舌の根も乾かぬうちにお礼言ってみたりみなかったり。
いや言いますとも!何度でも言いますとも!
大ちゃん、最高だーー!!

そしてBeleiveの方もいいのよーー。
さんざん大ちゃんのPVをリピートして「これだけ大ちゃんをずっと見ていられるなんて幸せだーー」って思って、その後にこっちを見ると、ああ、5人もいいなぁって思うんだよねぇ。やっぱりこの人たちはこの5人がいいんだわ、って。
特に翔くんがかっこいいのなんのって。あんな27歳もいるっていうのにねぇ。ふっ…。

***

いろいろ言いたいことはあるが、ぐっとこらえる。
なんでもかんでも言えばいいってもんじゃない。
ようやくそんなことに気付く43歳。

【 2009/03/05 (木) 】 | TB(0) | CM(4)

お留守番

小学2年生になってまだ1人でお留守番ができないすみれ。
この間は旦那が学校で打ち合わせをしていて少し遅くなってしまって家に電話をしたらしいのだが電話には誰も出ず、あわてて帰って来たら、鍵は開いていてすみれのランドセルはあったのだが本人はおらず。

これは大変だ!と、同じマンションのあやっぴの家に行ってみたけれどいなくて、学童に行ってみたけどいなくて、学校か?!と走っていてふと通り過ぎる時に八百屋さんをちらっと見たら、レジのところにいつもいるお孫さん(保育園児)ともう1人小さい子が!見たことがあるオレンジのパーカー?と引き返してみたら、すみれがそこにーーー!!!
どうやら泣きながら歩いていたところを八百屋さんに捕獲されたらしい。
八百屋さんと顔見知りでよかったーー。
ありがとうありがとう。本当にありがとう、八百屋さん…。

そんなすみれなのだが、学級閉鎖になってこの3日間はお休み。
学童に行くこともできるのだが、それではなんだか本末転倒な気がしてしまう私たち。
いやもちろん二人とも外で働いていたらそんなことも言ってられないんだけどね。
本人も家でまったりできる!という気持ちでいるし、この3日間は学童も休んで家で過ごそうと思っていたのだが、一つ問題が。
それは旦那が結構出かける用事があるのだ。今日は客先で打ち合わせがありその後確定申告。明日はP〇Aの会議。あさっても会議。
時間にしたらそれぞれ2時間ぐらいなのだが、今日は予定が二つ入っていたので実質4時間ぐらいすみれが1人になってしまうのだ。

さて、どうするか。
朝から学童に行くか。一日家にいて、旦那が外出している間は留守番をするか。
学童だったらお弁当を作らないといけないので、今日のうちに決めて!とすみれに聞いてみた。
するとものすごーーーーく迷っているすみれ。
「朝から学童か…あーーー学童かーー。うーーーん…」「4時間留守番。4時間ってバレー部の練習と同じだけってことだよね。あーーーー長いなぁ…長いなぁ…」

あんまり急がせちゃいけないと思いながらも、「どうする?」「どっちでもいいよ」とつい言ってしまう私と旦那。
さんざん、うーんうーんとうなっていたすみれだったのだが、ふと顔をあげたら涙をこぼしている。
「あれ?泣いてるの?」と聞くと「…涙が出てきちゃったよ」と。
そうかーー。1人でお留守番は怖いけどそれと比べても朝から学童に行くのは気が進まないんだねー。なんかかわいそうになっちゃうなぁ。私会社休もうかなぁ。でもいつまでもそんな風にしているわけにもいかないしなぁ。うーん…。

すみれは結局「家にいる」ということになった。
旦那は打ち合わせの後、直接確定申告に行くのはやめて、いったん家に帰って、すみれの顔を見てからもう一度出かけることにしてくれた。

仕事から帰ってきて「どうだった?」と聞いてみると。
前半2時間は、ゲームをしたり録画しておいた「歌のおにいさん」を見たりして楽しく過ごしたらしい。
でも後半2時間はちょっと煮詰まってきて、旦那が家に帰ってみたら、すみれはコタツのなかで丸くなっていたらしい。ちょっと寂しくなってきたんだと思う。

私が2年生の頃は、家に1人なんていったら「ラッキー!」って思ったけどなー。
すみれのこと、ちょっと甘やかしすぎちゃったかな。
でも家に1人でいてコタツで丸くなっているすみれの姿を想像するとなんか胸が痛くなっちゃっうんだよね。

【 2009/03/03 (火) 】 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR