りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2009年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2009年07月

休日出勤

昨日はB社のリリースがあったので休日出勤。
9時頃から待機していていただきたいと言われていたので8時40分頃出社したんだけど、連絡が来たのは11時過ぎ。だったら11時で良かったじゃん!こういうことが多いなぁ…。
そして予定より1時間ほど遅れてリリースし、お客さん側の機能もリリースされ、確認できたので帰ってよいですと電話が来たのが16時半。
昨日は家族で外食する予定だったので、よっしゃ!間に合う!と思ったのだが。
 
帰る直前に私の方でももう一度確認してみようと思ってあれこれやっていたら、あれ?これって大丈夫なの?という不穏な動きを発見。
すわ!バグか!と思ったのだが、どうもそうではないっぽい。
これは結構根が深いかもしれない…むむむ。
すぐにお客さんに電話すると、お客さんのところでも他の箇所で不穏な動きをするところが見つかったらしく、「対応をこれから話し合うのでもうしばらく待機してもらいたい」と。
 
う。嫌な予感がする…。
と思ったら、その後電話がかかってきて「元に戻すことに決まりましたので、1時間後に作業を始めてください」と。
 
うえっ。戻すってー?
しかも1時間後って…なんか外食も危ない感じになってきたぞ…。
で、1時間後に連絡を受けて戻し作業に入ったら…いつもだったらすんなり戻せるのに、トラブル発生!ひぃーーー。こここここりはややややばいーーー。
いつも使ってるツールをヤングくんが改修したんだけど、そこに思わぬ落とし穴が…。
あいつめーーーーー。きぃーーー。
まだ作業は終わらないのか?どうなっているんだ?と何度も電話で急かされながらあわあわと作業し、できましたと言ってからまた不具合が見つかったりして、もうぼろぼろ…。
 
旦那はわざわざうちの会社の近くのお店にしてくれていたんだけど、20時の時点で「もうだめだ…」とメール。
そうしたらそのメールに子どもたちから返信が。
「ママ。お仕事がんばってね。(困ったような変な顔文字)ひばり」
「かえれないのかなしい。すみれ」
 
うわーん。たった今日一日のことだし、たいして深刻でもないんだけど、こんなメール見たら、子どもに会いたくてしょうがなくなってくる…。
子どもって親を泣かせる天才だよ…。
 
絶望してたわりに20時半に完了し、「今終わった」と旦那に電話したら、「ぐわははははは」となぜか大笑いしている旦那。
「今お金払ってお店でてきちゃったよー。惜しかったねぇ。」
いやもう遅いしそれはあきらめていたけどさ。でも笑ってもらってなんかちょっと気が軽くなった。
「近くだから会社の前で待っててくれたら行くよ~」と言われ、車で拾ってもらう。
 
車に乗り込むと、部活がどうの、今日の大会がどうのと、我先にとしゃべり始める子どもたち。
あーーにぎやかだ。なんかいきなり休日に戻った感じ。
家族というのはいつも自分を正常に戻してくれる存在なんだなぁ…。ほんとにありがたい。
スポンサーサイト
【 2009/06/29 (月) 】 | TB(0) | CM(2)

待機

結局夕べは23時頃に上位PMから電話があり、「リリースは明朝4時半にすることになりました」と言われた。
私が夜中の1時までいてその後ヤングくんが来て交代することになっていたんだけど、私は23時に帰れることになり、ヤングくんも4時半に来れば良くなったから、よかったよかった。
 
ってちがう?え?
どう考えても不公平なこのシフト~ららら~。
ごめんね、ヤングくん@オナラをプー(←まだ言う)。

いやだってさ。彼がそれがいいって言うんだもん。
私はね。朝まで徹夜して、その代わり次の日代休っていうのが一番うれしいかなって思ったんだけどね。
でも、それは困ると。明日は明日で来てほしいと。それなら、オレ様が今から(18時半頃)家に帰り、深夜0時とかにまた来るからそこで交代しようと。
ま、取締役にそう言われちゃぁねぇ?(←こんな時ばかり素直に従う女)
 
というわけで、結局大騒ぎしたわりに、私は普通に23時半ぐらいに帰れちゃったのだった。
しかも後から聞いたら、ヤングくんってば他の仕事もあったので4時半じゃなく1時には来たんだって。んもう、働き者なんだからぁ。(←こんな時ばっかり)
 
あ。でも私もね。全くなんの傷も負わなかったわけじゃないの。
だって上位PMに携帯の番号教えちゃったんだもーん。今度合コンしようだって!!きゃ~。
ええ?薄毛と合コン~?困るぅ。あたしどちらかというと若い子と飲む方が楽しいんだよねぇ~。若さを吸い込みたいっていうかぁ~。でもおやじは全部いやってわけじゃなくて、いいおやじならいいのよぉ~。
 
…なわけもなく。
リリースが4時半でしたらいったん帰ってもよろしいでしょうか?と聞いたら、帰ってもいいけど何かあったら電話するから電話番号を教えろと。オレ様が電話したらすぐに飛び起きて電話に出やがれと。そして作業があればタクシー飛ばして会社に戻りやがれと。
これを、ものすごくソフトな京都弁で言われたのですわ。帰りたい一心で携帯番号をさくっと教えてしまったのですわ。
 
携帯のマナーモードを解除して枕元に置いて寝るのって、切ないものですね…。
寝た気がしなかった…。
というのはウソで、久々に残業したせいか妙に疲れちゃって、寝た!と思ったらもう朝だったよ。爆睡ですよ爆睡。
しかもすみれによれば、「ママ、すごいイビキかいてた。ゴリラみたいなイビキだった」とのこと…。
ゴリラのイビキを聞いたことがあるのかyo!と思いつつ、私も「これ鉄棒の味がする」とか言っちゃうの党だから、あえて突っ込みは入れず…。

そして4時半にリリースしたんだけどね。
その後また障害が発覚してね。8時にもどしたんだって。
だめじゃーん!!

お客さん側の機能といってもおそらく外注に出しているはずだから、その人たちはほんとに大変だったんだろうなぁ…。
どれくらいに終わるかと責められて、その後リリースするか判定会議で責められて、リリースしたらまた問題が発覚して…。
結果的に、うちもそれに付き合わされたわけだけど、責める気持ちにはなれないなぁ…。
なぜなら、明日はわが身だから、ららら~。
【 2009/06/26 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

役割分担

というわけで、どうやら新ビジネスだけじゃなく営業の方も続けることになったらしいサロン部長。
 
まあ、そうだよなぁ。
いかにも失敗しそうなにほひがプンプンの新ビジネス。
これ1本に絞るっていうのは、あまりにリスキー。
いつボスが非情モードになって、「新ビジネスは別会社で」って言いだして切り離されちゃうかわからないもんねぇ。別会社にでもされたら多分食っていけないだろうからなぁ…。
 
ルー部長はどうせ金持ちの道楽みたいなもんだろうからいいけど、サロン部長はまだまだ働かないとだめそうだもんなぁ。
って人を見た目(ルー部長=富豪、サロン部長=貧民)で判断しちゃいけないね?
 
で、新ビジネスの方でもまあ営業っぽい活動もしているんだけど。
今日もなんかとある田舎で行う肉体労働系の活動に参加するため出張しているサロン部長。
接待とかそういううまい酒が飲めそうなところはルー部長が率先してやって、3K仕事はサロン部長っていう分担らしい。
なんかかわいそうな気もするけど、でもそういう風にいじめられるの嫌いじゃないんでしょ?てかむしろ好きなんだよね?
ってついつい色眼鏡で見てしまう…。

だから会社の飲み会の席で自分の性癖なんか語っちゃいけないんだって…。そんなこともわからないのか、いいおやじのくせに…。

***

そういえば昨日リリースした機能。
今日の10時に公開する予定だったんだけど、障害が発覚したとかで公開が延期になった。
出社したら例の上位PM@薄毛じじい(←勝手に決め付け)から電話が入っていて、メールも来ていて、おお!こりゃまずい!と書いてあった携帯の番号に電話すると話し中で、おお!こりゃ相当あっちは燃え上がってるね!と、私も勝手に燃え上がる。ぼ~!!
 
といっても障害が出たのはお客さんの方で開発していた機能なので、余裕のよっちゃんな私。
ふふん♪あたしゃへっちゃらさ~。ららら~。
と余裕ぶっこいていたら、公開するかどうかの判断を今日の夜20時に行い、その後リリース&監視を行ってほしいので、「待機していてください」と上位PM@髪は薄いがひげは濃い(←さらに決めつけ)から指令が飛んできたよー。

うわーん。やだー。あたしゃ最近は18時半ジャストに会社を出て歩いて帰ってるんだよぉー。うぉーんうぉーん。
しかもよく見ればそのメール、私@シラフじゃ弱気と、サロン部長@どM野郎にしか来てないじゃないのー。
ヤングくん@オレの上司@会社でおならをプーがCCに入ってないじゃない!

「私の上位PM@やっぱ産むのはちょっとムリかも@ただいま奥さん妊娠中もお忘れなきよう」ってメールしちゃおうかなー。うししし。

って朝まで待機しなきゃいけないってのに、何喜んでるんだか。
ってなに日記書いてるんだか。ふっ…。
【 2009/06/25 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

余計な一言

今日、大きな機能のリリースがあった。
うちの対応自体もそれなりに大きかったんだけど、お客さんの方と併せて全体的にかなり大きな対応だったので、大騒ぎだったのだ(お客さんが)。
リリースが延期になったり、急な対応を迫られたり、実際公開するのは明日なんだけど、それもやるかどうか毎回判定会議みたいのが行われているみたいだ(←他人事)。

しかも担当マネージャーが天敵@foreverの弟子みたいな人だったので、なんかとってもやりづらかった…。
メールでやり取りしていても、すぐに「それは無償か?」と聞いてくるし、質問に対する返事もいかにも後で何か問題になった時おれのせいじゃないかんね!って言えるようなあいまいな書き方だし、ほしがる時は早く早く急かすくせに、それでOKとなればなーんも返事をくれないし。
 
ま、すげー感じ悪かったんですわ、ぶっちゃけ。
技術の担当者がフツウの人だったからまぁ良かったけど。
そしていつもメールのCCに、天敵@foreverが入っているわけ。
何かちょっとでもこっちに落ち度があったら出てくるかんね!オレ様が監視してんだかんね!祭りになったら飛び出していくかんね!
そんな感じよ…。
 
ほんでさ。今日になってその弟子からメールが来てさ。
「今夜の深夜作業のため私は今から帰宅します。今週から私の上位PMとしてAさんが参画していますのでこちらもお忘れなきようお願いします」だってさ。
 
上位PMとかって書く必要ある?関係なくね?余計な一言じゃね?
どうせ頭の薄いおっさんなんだろ?(←暴言爆発)
けっ!!!ですよ、ふんとに…。

そこまで書くならいっそ、「今日から私の上位PM、松本@かなりのイケメンが参加します」ぐらい書いてほしい。
「ちなみに私は薄毛です」とか「顔はさっぱりしていますが女性にはしつこいタイプです」とか。
 
私も私で「何かありましたら、ヤングくん@ぎりぎり産める年だけど私の上司@しかも取締役@超生意気だけど仕事ができるからなんも言えねぇまでご連絡ください」って書けばよかったかな。
署名も、「サロン部長@無能」とか、「りつこ@飲んだら無敵」とか書いたりしてね。
 
むふふ。(←想像してたら楽しくなってきた)
ちょっとしたことで仕事って楽しくなるのにねぇ…。
 
***
 
営業部の面接があって、どうやらサロン部長がカトちゃんに訴えたらしい。
A社の担当をはずれたくない、と。A社だけは手放せない、と。
そしてどうやらカトちゃんはその彼の訴えを受け入れたらしい。
 
ってことはあれだ。
私とサロン部長はこれから先も手に手をとってA社をやっていくと。そういうことだね。
また一緒に出張に行くこともあるってことだね。
そして時にはムチで打ったりして喜ばせつつ、やっていくということだね。(←打たなくてよし)

はぁぁぁ…。
あとちょっとの辛抱と思っていたから結構我慢できてた部分もあったのになぁ。
カトちゃんもどうしちゃったんだかなぁ。超冷血なくせに、急に人間らしい温情をかけてみたりしてさー。弱みでも握られたか?

やれやれ…。がっかりだよっ!(←これって誰だったっけ?)
【 2009/06/24 (水) 】 | TB(0) | CM(4)

蚕その4

先週もすみれは蚕を持って帰ってきたのだが、なななんと!繭を作りだしておったよ!
金曜日に見た時は、ふわふわっと作り始めたところだったんだけど、土曜日の朝に見てみたら、もうきちんとした繭が出来上がっていて、その中にすっぽり入ってらっしゃる。
 
いやぁ、すごいもんですねぇ…。
そしてこれを茹でて絹をとってみようと最初に思った人はすごいねぇ…。
どんだけ想像力が豊かなんだ!思いつかないぜ、普通これを見たってさー。これから繊維が作れるんじゃないか、なんてさー。
 
いやしかしきぼちわるいと思っていたけど、案外かわいいわ、繭(←眉ではない。なんで学習しないんだ?!)。
でもこれが最終的には蛾になるんですってね…とほほ…。

***
 
日曜日の夜、証明書用の写真が必要なので、今から撮ろうと旦那が言いだした。
で、私以外の3人は写真を撮った。
(休日の私はスッピン&ひっつめ&超気の抜けただるだるの顔で、当社比10割増しでくたびれているので、平日に撮ってもらうことにしたのだ。)
 
でさ。子どもはさ、いたって普通に撮れるんだよね。
なんつうか、見たまんまっていうか、普通にラブリー。(←バリバリ親ばか目線)
だけど、大人はさ…。
うちの旦那は、P〇Aの集まりなんかに行くと、百戦錬磨みたいなやり手ばばあ役員(←ひどい言いよう)とか、怖いものなんか一つもないわよな女校長先生とかに、「あなた、何一つ苦労してないでここまで来たわねっ!」といきなり初対面で罵倒されたりするくらい、のほほんとした顔立ち。
そんな童顔な旦那ちゃんだけど、こうして写真を撮ってみると…生活に疲れたじいさんなんだよ…。本人もすんごい意識して目だけはぱっちり開けてるんだけど、それがまたイケナイ感じ…。
まず~しさに~負けた~♪(←そもそも喩えがどうしようもなくじじむさい)。
 
「う。おじいちゃんだ、これ」
「う。これもちょっと…」
「う。これもやばい」
と何度も撮り直したんだけど、そのうちもう二人でおかしくなっちゃってげらげら笑っちゃって撮れなくなっちゃって、もういいかこれでってことになった。

苦労知らずだろうが童顔だろうが、40代は40代なんだなぁ…。
 
***
 
金曜日は学校の時のしーちゃんと安西くんと飲みに行った。
二人に会うのは1年半ぶり。

いやぁやっぱり好きな人たちと飲むのは最高の贅沢だ。
会社の話や学校の時の話やお笑いの話や嵐の話や…もうとにかく一緒にいる間中笑い通しだった。たのしかった~。

そしていつも、あの学校に行ったこと、あのクラスになったこと、こうして出会えたことに感謝をするのだ。
あれがなかったら今の私はないよなぁ…。

苦し紛れで行った学校だったけど、ほんとに行って良かったなー。
もうどん詰まりになってしまってどこに行っていいのかわからないという時は、学校に行くというのは一つの手なのだな、と思う。
そして選んだ道が間違っていなかったと思えるのは、本当に幸せだ。
【 2009/06/23 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

サロン部長の告白

先週飲み会をやった営業部。
お昼が営業事務のミオちゃんと二人きりだったので、「飲み会どうだった?」と聞いてみたら、「…最悪ですよ」という思わぬ答え。
え?最悪?あのメンツ(←当たり障りない感じ)で最悪って?
と思ったら、「サロン部長が…」と口ごもっている。

まさかあのサロン部長が酔っぱらって裸踊りでもしたか?
いやしかしサロン部長はあんまり飲まないけどなぁ…と思ったら。

「あのですね。イーデスがね。この前友だちとソフト〇M(←スパムがいっぱい飛んできそうな話題や…)のショーをやってるお店に飲みに行ったって話をし出したんですよ。そうしたらサロン部長がね…そういうの、大好きらしくて、ぼくはその店の常連です、みたいなことを言い出して…。」

うえっ。いきなり自分の性癖を告白ですか。
そ、そりは…確かにドン引きかも…。

「その後、カトちゃんとかイーデスがやいのやいのと聞くもんだから、サロン部長もなんかそういう話をぺらぺらしちゃって。サロン部長がいつもしているベルトがあるじゃないですか。ちょっとハード系の。それもその手の店でもらったんですって…なんかそんな話聞いたら、あのベルト見るだけで、ぞぞぞぞ~ですよ…聞きたくなかった…。」

「あたし…そういうのほっんとにダメなんです。そういう話、聞きたくないんです。気持ち悪い!って思っちゃうんです」と言うミオちゃん。
そうだよね。こんなうら若きお嬢さんを前にそんな話をするのは、セクハラだよ…。
うら若くもないオヤジなオレでもだめだわ、そりゃ。
イーデスとか派遣のマダムAとかはすんげぇ喜びそうだけど…。おれはだめぽ…。
エロくても笑える部分があるならまだいいけどさ…(←結局そこ)

「しかも、そのあとカラオケ行ったんですけど、あたし前に行った時にスピード歌って、それをみんなに歌え歌え言われていやいや歌ったんですけど、そうしたらあとでイーデスが、”サロン部長がねちっこーい視線でずーっと見ていたでー”って言うんです。もうそれ聞いたらほんとに気持ち悪くなっちゃって…」

おえー。それもまたきぼちわるいーー。
誰もかれもがサロン部長に対しては冷たい態度を取るなか、ミオちゃんは結構優しく接してあげてるから、サロン部長、ミオちゃんに対してはちょっと態度が違うんだよね…。
ちょっと強気っていうか、なれなれしいっていうか…うえっぷ。

「りつこさん、打ち合わせの時とか行きも帰りも二人っきりなんですよね。よく平気ですね」ってあなた…。
そんなふうに言われると結構平気じゃなくなっちゃう感じよ…。
いやでも私はもういやなものははっきりいやだと言えるからね。
ミオちゃんもちょっとでもいやだと思ったらそう言いなさい。特にそんな風に飲んでる席だったら、「きもちわるーい」とか言っちゃっていいんだからね!全身でえんがちょしなさいよ!
と激しくアドバイス。

いやしかし、まじきもす…。

【 2009/06/22 (月) 】 | TB(0) | CM(2)

Yes!

この間の朝、会社の近くまで歩いてきた時、向かい側から歩いてきたサラリーマン風の男の人が、橋の下をのぞきこんで思わずといった感じで笑顔になっていた。
あの人は何を見てあんな笑顔になったんだろう?と思い、通り過ぎる時に私も橋の下を覗き込んでみたら、そこにはカモの親子が泳いでいた。

あーこんな川にもカモっているんだ。
なんかかわいいなぁ。
毎日通っているけど気付かなかったなぁ。
さっきの男の人、これを見て思わず笑顔になっちゃったんだな。

カモにも驚いたけど、この光景を見て思わず笑顔になったあの人がステキだったな、と思った。

…イエス、フォーリンラブ(違←使ってみたかった。

***

イーデスから聞いた話なんだけど。
営業部で飲みに行った時、2次会でカラオケに行ったらしい。
カトちゃんもケンちゃんもイーデスも営業らしくカラオケは大得意
場の空気を見つつ、笑いをとりに行ったり、じっくり聞かせたり、昔を懐かしませたり?はお手の物である。

「ほんでな。サロン部長がこの間うたったんやけどな。」
…その出だしだけで笑えてきた…。
「あんな。びっくりするような歌を入れはるねん。超最近の若者の歌をな。で、”えーこんなん歌えますのー?すごーい”言うたんやけどな。いざ歌い出したらな…なんていうか…抑揚がないっていうか、メロディがないっていうか、あんた知らんのやろ?それ知らんのやろ?って感じでな」

「わかった!お経みたいなんでしょう?!」
思わず私が言うと、「ええ?りつこさん、なんで聞いたことがないのにわかるの?ぐわはははは。おかしいーーー」と大ウケのイーデス。

わかるよわかる。なんか目に浮かんできたもの。そして聞いたことがないけど、まるで聞いたことがあるように浮かんできたもの。サロン部長のお経のような歌声が。

「ほんでな。なんていうかな。顔で歌いはるねん。わかる?こういう風な顔をしてな…」
ああ、わかる…。眉をしかめてね。いかにも苦しそうな表情でね。だけど歌はお経のように抑揚がないんでしょ。

「あははははは。もうおかしくて死にそうや。でもな、あの場では、無性に腹が立ってな。“歌えへんのやったらもう消します”言うて途中で曲を消したんや。でもこうやってりつこさんに話してたら、妙におかしいなぁ。ぐわはははは」

わかる。それもわかる。
私も今はめちゃくちゃ笑ってしまっているけど、その場にいたら「なんじゃそりゃー」と怒って、おしぼり投げてる気がするもの…。

【 2009/06/18 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

危うい日常

朝歩いて会社に来ると、そりゃもう汗だらだらで、化粧もほとんど全部とれてしまっている。
その状態を会社のトイレの鏡で見ると、なんかものすごーくシミが目立つんだよねぇ…。
塗り壁とか言われるような厚塗りはしたくないと、長いこと思っていたけれど、ついつい厚く塗りたくなってくるなぁ、これじゃ…。
はふ~…切ない…。
 
でさ。トイレの個室で着替えてから出社するんだけどさ。
着てきた服を脱いで、汗拭きシートで拭いてから着替えるのね。
その時に、もしこの状態で、ばーんとドアを開けたら…おれの人生終わるなぁっていつも考えちゃうんですよ。
 
どんなに毎日まじめに働いても、どんなに礼儀正しくしても、これだけのことで終わっちゃうんだなぁと思うとね。ついついやってみたくなっちゃうっていうかね、やっちゃダメやっちゃダメ思いながら思わずやってしまったらどうしよう!という不安にかられるんだよね。
そういうことってない?
 
私、昔からおっちょこちょいだったから、裏地のないワンピースを裏表で着て行っちゃったり、服の下にパジャマ着てたりってことがちょくちょくあったんだけど、時々「あれ?私、ちゃんとスカート履いてる?」って不安になる時があったのよね。
なんか履いてる手ごたえがない時っていうのがあってさ。
でも考えてみたら、スカート履いてなかったら絶対大騒ぎになってるよね。
騒ぎになってないってことは、ちゃんと履いてるってことなんだよ。
スカート一枚でねぇ…。
 
そう考えると、当たり前の日常って、案外スリリングなものですね。
 
***
 
ひばりが最近胃が痛いと言い出した。
病院に行って粉薬をもらってきたのだが、粉薬が苦手なひばり。
 
そういえばこの人、嘔吐下痢とかになって薬を飲ませると薬も吐いちゃってさ。
吐き気止めの薬を吐いちゃう時はどうしたらいいんですかーーーといつも思ったものだった。
で、ある時、そうだ!オブラートだ!と思いついてね、買っておいたんだよね。
今時のオブラートってちゃんと筒状になっててプラスチックケースに入ってて便利なのだ。
 
で、学校にも持って行って、オブラートにくるんで飲んでいるというひばり。
「どうやって飲んでるの?」と聞いたら、給食を食べた後、ウォータークーラーのところまで行って飲んでいるそうな。
仲良しのリナやタカちゃんも付いて来てくれるらしい。
そしてひばりが薬を飲んでいると、「私もオブラートほしぃ」「あたしにもちょうだい」とねだってくるらしい。
なので、オブラートをあげてるんだと。
そして彼女らは「うめぇ」とか言いながらオブラートを食ってるんだと。
 
…あほな中学生や…。
【 2009/06/17 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

蚕その3

先週も蚕を持って帰ってきたすみれ。
なんと今回は3箱もお持ち帰りだ…(涙)。
 
前に持って帰ってきた蚕くんはお亡くなりになってしまわれたので、代わりに違う班から譲ってもらったというヤツ(かなり大きくなっていて正視できない…)と、ガラスケースに入っていたからアリの攻撃を受けなかったというモト毛蚕たち7匹(これくらい小さいとぎりぎりかわいいと思える)と、すみれ用のちょっと弱った中くらいの大きさの蚕2匹(これもまだセーフ)。
 
なんだい?班には6名ぐらいいるんじゃないのかい?なのに持ち帰るのが隔週ってどういうことだい?
と聞くと、「だって男の子たちは全然だめだめだから任せられないんだよ~」と言うすみれ。
本人たちがだめだめでも、おかあさんがしっかり者なら大丈夫なんだよ!
だいたいしっかりしてない度合いでいったら上位3名ぐらいに入るであろうあんたが、なんで蚕番みたいになってんの?
 
「だってうちはこういうの嫌がったりしないから…」
…そ、それは…。ほんとはママは虫は超苦手なんだけど、でも「アイシテイル」を見ているから…もにょもにょ…。
 
とにかく、またこれらの蚕くんたちを生きた状態で月曜日に学校に持っていくことが、私たちに課せられた使命なのだ!
それには新鮮な桑の葉っぱが必要なのだ!
 
というわけで、土曜日、部活の帰りにすみれと二人、校庭で桑の葉っぱをとって帰った。
3年生が、がんがん桑の葉っぱをとるもんで、低い位置にある葉っぱはスカスカ状態。
小さい蚕くんたち用に若くて柔らかい葉っぱを持って帰ってやりたいけど、残っているのは肌のざらざらしておじさん葉っぱばかりだよ。(←自分の比喩におえっぷ…)
ああっ。もっと桑の葉がもっさもさ生えているスポットを見つけたい!!若くてピチピチしていて肌の柔らかい桑の葉っぱがほすぃ!!
とはいえ、とにかく今はこのおじさん葉っぱを持って帰るしかないのだね…。
 
いやもうとにかくね。すごい食欲なんだわ、蚕って。
むしゃむしゃ食べてどんどん大きくなるの。驚くほどだよ。
土曜日にたくさん葉っぱを持って帰ったのに、日曜日になったらほぼ食べつくしてしまってね。
ひばりがマンションの庭にも桑があったような気がするっていうから、探しに行ってみたんだけどね。なんかどれが桑なのかわからないのよ。どれかわからないというよりは、どれも桑に見えちゃって…。ほら、あたしって信じたいものを信じてしまう性質だから。
ほんとは入っちゃいけないエリアだから気が気じゃないしね。

やはりこれは確実に採れる所に行かなければだめだ!と思って、また学校に行っちゃった。
ノーメイクにひっつめ髪に旦那のおやじサンダルだったから誰にも会いたくなかったのに、部活で一緒のママには会っちゃうわ、野球部は練習しているわで、目撃されまくりの私。とほほ。
 
結局いやだいやだ言うわりには、蚕のことばかり気にして、しょっちゅう糞を掃除したり桑の葉っぱをやったりして、私の週末は終わったのだった…。
【 2009/06/16 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

シミ

この2週間ぐらい、朝は会社までオール歩きで行っている。
踏切にはまらなければ1時間ぐらい。
帰りに歩くより、物悲しさがなくていいのだ。
だけど汗がだらだらですごいのよね。
だから、下着と上着は着替えを持って行って、会社に着いたら着替えるようにしているの。
 
今日もね。家を出るときはTシャツで行って、会社で昨年お気に入りだったシフォンのチュニックに着替えたんだけどね。
着てみてびっくり。なんか前面に黄色いシミが…!
か、カレーでもこぼした?あるいはしょうゆ?
とにかくちょっと目を引くくらいのシミなのであるよ。ひや~っ。
とはいうものの、もうこの汗でべっちょりのTシャツを着直す気にはなれず。とりあえず一日黄色いシミをつけたまま過ごさせていただきましたわ…。
 
そういえば先週もね。打ち合わせの予定があったから、おニューのブラウスを持って行ったんだけどね。
着替えてみたら、なんか…ロックスターみたいなんすけど…。イメージでいうと、70~80年代のロックスターね…。ヴァンヘイレン…?
しかしもちろんTシャツで客先に行くわけにもいかないので、ロックスターで行きましたよ…。
 
というわけで、着替えには気をつけようね>自分。
 
***
 
ヤングくんに「あ、りつこさんのソース(プログラム)、あまりに酷いんで作り直しちゃいました。すんまそん(←全然これっぽちも悪いと思ってないという顔つきで)」と言われる夢を見た。
「課題管理表にも記入しておきましたから」
って妙にリアルなんだけど、私たちがそんな話をしている横で、ジョージクルーニーが泡風呂に入っているんですyo!
 
さすがオレの夢だぜ!
たとえ仕事の夢でも、仕事だけでは終わらないというね。悪いこともあれば良いこともあるというね。ポロリもあるよ、なね。

マイナスプラスプラスでむしろプラス。いぇーい。
 
***
 
こんなことを書くとまた怒られそうなのだが、最近お昼がつまらない。
営業事務のミオちゃん、派遣のマダムたち、時々イーデスとでお昼を食べに行くことが多いのだが、話がね…面白くないんだよね。
つまりはあんまり話が合わないってことなのかもしれないんだけどね…。みんなで話をしていても、あーなんかつまんないなぁって思ってしまうのだ。これなら1人で本を読んでたほうが楽しいなぁ、って。
だけどそんな気持ちになるのはものすごく悪い気がして、何か面白いこと言わなきゃと思って、あれこれバカな話をしたりして、場を盛り上げてみたりして、だけどそれもなんかちょっと空しくなって「あーあ」と思っちゃうのだ。
 
つまらないなら行かなきゃいいんだけどさ…。
でも誘ってくれるのはうれしいし、もともと人と関わるのが上手じゃない上に年をとるほどに気難しくなっている感じもしていて、もっと人ときちんと交わらなければ!という気持ちにかられたりもするんだよねぇ…。

なんか昔のことは美化されてしまうようで、前の会社の時は楽しかったのになぁ…なんてことを思ってしまうんだけど。
でもまあ昔も一人で行くことも多かったような気もするし、決まった人たちといつも一緒に行っていた時も、どの協力会社が使えないみたいな話になって居心地が悪~くなったり、行きたい店に行けなくてストレスが溜まったり、そんなことも多かったんだよな…たぶん。
 
私なんかママ友もいなくて学校関係で全然きちんとした人間関係を築けてないわけだから、せめて職場では女同士仲良くしなくちゃと思うんだけど、なーんかねぇ…。自分が「好き」と思える範囲が年々せまーくなっているような気がしてならない。
 
そんなこんなも飲んでしまえばすべてOKになっちゃうんだけどね…ふっ。
【 2009/06/15 (月) 】 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR