りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2010年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2011年01月

仕事納め

昨日で仕事納め~。

いやぁ、めでたい!
もううれしくてうれしくてしょうがないよ~。
リリースも終わったし、休みも長めにとってるし、お休みお休みるるるるる~♪
休みに入るのがこんなにうれしいということは、休みが終わる時はそれはもうどうしようもなくブルーだろうと思うわけで、大丈夫か、おれ?行けるのか、おれ?と思わなくもないけれど、それはそれ。
とにかくいまは冬休みを楽しもうじゃないかと。
今が楽しいんだと。今あたし生きてるんだと。あ~よかった~うまれてきてよかった、おかあさん、ありがとう。

ミッチーといえば。
リリース前の超しんどかった時期に、買っちまいましたよ、これ
自分へのご褒美っていうかね、応援歌としてね。
ちょっと歌だけ聴いてると、かのうえいこうの顔がなぜか浮かんできちゃう時もあるんだけどね。えええ?

で、昨日はナナちゃんと久しぶりの再会。
あれこれ話をしていたら、ああ、この子がやめずにいてくれたら私多分もうちょっと元気でいられたんじゃないかな、なんて未練がたら~り~と垂れ流し状態になっちゃったりしてね。
でも厳しい訓練を乗り越えて、来年から2年間一人で海外に行くナナちゃんは希望にあふれていて、ああ、やっぱりこの子は会社を辞めてよかったんだなって思ったよ。
まじめさと正義感と潔癖さが時に彼女の人生を生き辛くしているところもあるだろうけど、でもだからこそ頑張れるんだろうし、人とは違う生き方ができるのだろう。
がんばれ、ナナちゃん。応援してるよ。

そして今日は旦那とすみれが大阪へ。
今年は私とひばりは東京へ残るのだ~。受験勉強&飲んだくれるのだ~。わっはっは~。
生協でちょこっとだけおせちのセットを買って、黒豆(←大好物)だけは煮ようかと思っているのだ。
お雑煮は東京風に鶏を入れて作ろう~。
ひばりは「紅白見る?あーでも笑ってはいけないも見たいよなぁ~。でも嵐が司会だから紅白かなぁ~」と、相変わらずのお気楽ぶり。
あなたっ、なんのために大阪に行かず東京に残っているから忘れないでちょーだいよっ。

スポンサーサイト
【 2010/12/29 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

リリース完了

ついにC社の機能を全てリリース完了!イェーイ!

いやもう長かった‥。
つか、短かった>納期。
辛かった。辛かったようー。うぉーんうぉーん。
こいつのせいでノイローゼになりかけたようー。うぉーんうぉーん。
もうログも見たくねぇや!
なんて言っちゃいけねぇや!

家に帰るまでが遠足。
結婚してからが結婚。
就職してからが地獄。
出産してからが本番。
リリースしてからが本番。

ええ、ええ。わかってますよ、ええ。
明日会社に行ったら大変なことになってるかもね~らららら~。
でもそれはそれ。これはこれ。
とにかく全ての機能をこの短期間に実装してリリースしたんだから。めでたいっ!えらいよ、おれ!すごいよ、おれ!おれバンザイ!(←心にもないことをあえて言うの巻)

そんなめでたいワタクシ。
今日はおニューのセーター来て出社したんですよ、ええ。
晴れの日ですから、ええ。おニューの衣装で出社ですよ、ええ。
でね。夜になってトイレに行って手を洗って手を拭いて‥そしたらなんか脇のあたりで「かさっ」って音がしたのね。
ん?かさっ?なにがかさっ?
そう思ってみたらね。
脇のところに、サイズのシールが貼ったままだったよ~ん。
LLLLLLLLLLLLLって‥。Lサイズを大きな声で主張していましたわね。GAPの野郎が。

ぐわっ。
おれ、このシール貼ったままの状態で朝の技術部ミーティング出て、お昼はオサレなパスタ屋で食べて、また席に戻ってカツカツカツカツ仕事して、超びびりながらキモブタさんに質問しに行って、ちょっと気を使いながら上原に相談して、ヤング部長の席まで行って報告して、また1人カツカツカツカツ仕事をしていたんだね。そういうわけだね。
‥がっくし‥。せめてMだったら‥。なんて言っても始まらない。とほほ。

そして、この絶妙のタイミングでナナちゃんからメールが。
訓練も終わり来年の初めには出発が決まったので、行く前に会いたいと。

うわーん‥。
正直、この辛かった数カ月、ナナちゃんがいてくれたら‥と何度思ったかわからない。
一緒に仕事をした楽しい期間があったから、余計に今が寂しいのかもなぁとも思ったし。
産めるくらいの年の子がいなくなっていつまで寂しがっているんだか‥。ほんと情けないよ、あたしゃ。

でもこのタイミングで彼女から連絡してもらえたっていうのも何かの縁なのかな。
明日は何もなければ飲みに行ける‥何もありませんように‥なーむ。

【 2010/12/27 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

そもそもにヤラれる

もともとの性格もあるのだけれど、最近の自分の落ち込みっぷりとひがみっぷりがかなり激しくて、もう大変なんである。

上原投手(似)にある機能については手伝ってもらっているんだけど、上原もメインでやってる仕事があるわけでそっちが忙しくなるとこっちの仕事は放りっぱなしみたいになったり、「そもそもなんでそんなふうにやらなきゃいけないんですか」と理詰めで責めてきたりする時がある。
この仕事をしている人って基本的に理屈っぽい人が多いから、仕様を伝えた時に「そもそもおかしい」とか「そもそもこうなるべきだ」と言われることがすごく多い。
私なんかはほんとに何も考えてないからたいてい「ふーんそういうもんかー」とか「お客さんがそうしたいならそうするかー」と受け止めてしまうので、「そもそも」言われるとなんかしんどいなーと思ってしまう。
特に今のこの追い詰められた状況で上原に「そもそも」をやられた日はもうほんとにこたえてしまって、その日は帰ってからもためいきばかりついていたみたいだ。

旦那に心配された次の日にふと「なんであの日にそういうことを聞かれたんだろう?」と思って聞いてみたら、「ため息と独り言がすごかったから」と言われて、びっくりした。
ため息は数週間前にも旦那に言われて「それはよくない」と思って気をつけていたつもりだったし、独り言に関しては全く自覚がなかったのだ。

「上原に作ってもらうしかない状況の中で、そもそも言われて先に進めなくなったのが辛かった‥」と旦那に話すと、「あーーそれさー俺も時々やるんだけど、めんどくさくなっちゃってるときなんだよね、たいてい。」と言われた。
「やりたくねぇなぁ、めんどくせぇなぁって時に、言ってもしょうがないってわかってて、そもそもなんでやるんですか?って言ってるんだよ。上原もきっとめんどかったらからそう言ってきてるんだよ」と。

落ち込みモードが激しくなってくると、自分で作れないっていうこととか、お客さんに対して優位に立てないこととか、そういうなにもかもが情けなくて恥ずかしくて、上原に対しても顔も合わせられないよみたいな気持ちになってしまって、どんどん内にこもってしまう。
まあ確かにそれはそうなんだけど、でも落ち込んでいてもなにもいいことはないんだよね。
わからなかったら聞くしかないし、それでもできなかったら助けてもらうしかないし。
結果を出すことが大事なわけで、嘆いていてもなーんにもいいことはないのだ。
わかってる、わかっているんだけどね…。なかなかそういう風に考えられない今日この頃なんだよなぁ…。

最近、過去の日記を読み返したりしているんだけど、私、1年前は結構元気だったんだよねぇ…。
1年前の今ごろやっぱり面接があったんだけど、そこでマネージャーになれといわれ、お客さんを3つ持て言われ、会社の王道になれ、と言われたんだよね。
それまで自分は会社の隙間産業でやっていこうと開き直っていた部分があったんだけど、王道になれといわれたことで、なんか道を塞がれたような気持ちになったんだよなぁ…。

多分私は開き直らない限り、ここの会社で仕事を続けていくことはムリなんだろうと思う。
だって前の会社での経験なんて、ほんとにたいしたことないんだもん…。WEB系のことたいして知らないし。リーダーシップもないし。
だけど自分なりの味ってもんが多分あるはずで、会社からはそこを買ってもらっているわけだから。あんまりマジメにならず開き直って楽しく仕事したいな…。それが本当にできなくなったら、次の道を考えよう。
【 2010/12/25 (土) 】 | TB(0) | CM(4)

やばい状態?

おとといの朝、旦那に「大丈夫?じゃないよね?」って言われた。

「え?なに?」と聞くと「仕事、辛いんでしょう」と。
「え?う、うん。」
今回のリリースが終わったら少しは楽になる見込みはあるの?」
「ない(←きっぱり)。次はA社の大改修が待っているけど1人でやることになると思う。他の人たちもいっぱいいっぱいでみんなやってるし‥」
「そうかー。それは‥まずいね…。ていうか、これから先楽になる見込みがないって言いきれてしまうところが問題なんだと思うんだよ。その精神的に、っていうか‥」

旦那にはもう少し負担を減らしてもらうようなことはできないのか?と聞かれた。
例えば今の私は裁量労働で働いているんだけど、時間で働く人もいてそちらに切り替えてもらえないのか、と。
でもそれは確かにそれで働いてる人もいるけど、技術でそれをやってる人はいないし、ボスの考えがそもそもそういう働き方で技術職が務まるわけがないっていう考え方だから、そちらの形式で働きたいと言ったら、それはもう脱落したということであって、そこまで身を落としてここの会社で働くのは無理なんだよ。
そう言うと、「うーん‥」と。「だけど今の状態で続けるのは難しくね?多分さ、このままやってたら病気になると思うんだよ、心の。もう無理でしょう?」

無理‥無理‥無理なのかな。
だけど今ここで辞めるのは本意じゃないっていうか、逃げたみたいになっちゃっていやなんだ。
まだ頑張れるはずだしもっと頑張ってできるようになって技術的にも出来てお客さんとの綱の引き合いも出来てプロジェクトも3つぐらい1人でこなして‥それが会社から求められているし、それができるようになればいいわけだし。

「でもできるの?つらくない?自分の身を削ってまでやることないんじゃない?おれも前はそうやって頑張ってできるようになればいいんだろうって思ってたけど。最近のあんたを見ていると本当にしんどそうで‥このまま続けるのはきついんじゃないかな。」

そうなんだ。そうなんだけど、でもね。出来るようになればいいんだよ、私が。
何が辛いって出来ないことが辛いの。技術的な面でもそうだし営業的な面でもそうだし。
会社から期待されているのにそれができないことが辛い。
あと何かあっても誰も助けてくれない。一人ぼっちだなぁ…って思うのがすごく辛い。
私が本当にだめになって倒れてしまったらきっと誰かがどうにかするんだろうけど、そうならない限りは誰も助けてくれない。
いやもちろん作業的に誰かが手伝ってくれることはあるけど、でもそれは手伝いにすぎないから、ほんとになんとかするのは自分しかいなくて、でもその自分がちゃんとできなくて‥。

とそこまで言ったら、もう涙がどばーーっと出て来てしまった。
あーーなんか私会社で1人ぼっちだなぁ…。
でも1人ぼっちなのは私だけじゃないんだよな。
あわわさんも森のくまさんもみんな1人ぼっちでちゃんとやってるのに。
なんで私だけこんなに心もとなくて怖がってておかしくなっちゃったんだろう。

やめたいという気持ちと、やめたくないという気持ちと。
まだ頑張れるはずという気持ちと、もうだめかもという気持ちと。
最近ほんとにしんどくて、精神的にもちょっとヤバイ状態になっていて、自分で自分をコントロールできなくなってきている。
年齢的なこともあるんだろうなぁ、とも思う。
あーーーどうするかなぁ、私…。

とにかくC社のリリースが来週の月曜日。そして29日から冬休み。今回は有休を使って10日まで休む予定でいる。
家でゆっくりしてリフレッシュしてそれからじっくり考えようと思っている。

でもね。
旦那が、ここまで頑張ったってことがすごいことだと思うし自信を持っていいんだよと言ってくれたのがすごくうれしかった…。
最近の私はほんとに自分がだめだめに思えていて、これで逃げたらまた前と同じになっちゃうとか、そもそもこんなにできないのにこの仕事をこうしてやっていることが間違いだったんだとか、そんなふうにしか思えなくなってきていたんだけど。
仕事していなかったら私に価値がないとか、やめたら今までやってたことが全てゼロになるとか、そんなこと全然ないんだって…そう言ってもらえたのがなんかすごくうれしかった。

【 2010/12/23 (木) 】 | TB(0) | CM(12)

リリース。ミッチー。

リリースしたー、イェーイ。
無事に…とは言いがたかったけど、とにもかくにも公開できてよかったー、イェーイ。
よくあれをこれにしたよ、おれ。えらいよ、おれ。すごいよ、おれ。イェーイ。
空元気も元気のうちだぜ、イェーイ。
まだ終わったわけじゃないけど、あともう一息だけど、そのもう一息のハードルが超高いけど、でも喜べる時に喜んでおかないと喜べる時がないからね。
今はとにかく喜んでおくよ、イェーイ。

今の私のお気に入りは、これ。

もう素晴らしいよね…、ミッチー。
昔から、心意気を感じさせてくれる人にめっぽう弱いので、ミッチーのことも悪からず思っていたんだけど、これを見て予感は確信に変わったよ。
この人は本当に素晴らしい!

この数ヶ月、ブルーが過ぎて、音楽が聴けなくなっていたんだけど、本のSNSで「最近私これを見て元気をもらってます」という書き込みを見てふと見にいったら本当に元気をもらえて、次の日にはDVDとCDを買っていたよ。
 
圧倒的なサービス精神。常に全力を尽くす心意気。そしてそんな自分を冷静に見る客観性。
ほんとに素晴らしいよ。
一度きりの人生なら、こんなふうに生きたい。ほんとにそう思う。
ありがとう、ミッチー。

【 2010/12/15 (水) 】 | TB(0) | CM(8)

キモブタさん

キモブタ(←キモい豚だから。←「嫌い!」がほとばしるあだ名)はヤングくんが連れてきたDBのスペシャリストだ。
そのDBのことを調べると必ず彼の記事に当たるというぐらいの有名人だ。
だからDBのことは彼に相談しろと言われている。

だけどね。質問の仕方を間違えると、超いらっっっっとくるんですよ。このキモブタさんが。
で、その状態になると、「ええとまってください。それはこれこれですよね?」「そもそもこれはこれこれですか?」「でもこれはこれこれだから」と、ものすごく攻撃的に理論攻めしてくるんですよ。
もうこれがほんとに怖いの…。

この間なんか私思い切り地雷を踏んでしまったみたいで。
「このコマンドは何をやっているんですかーーーーーーー!(←自分はわかっていて聞いている。)」って大声出されて、もうまじ泣きそうになったよ。
ていうか、泣いたよ、実際。
ファンデーション落ちてノートに肌色べったりついたよ、よよよ…。

で、明日のリリースの前準備で今日はDBの設定をあれこれしないといけなくてね。キモブタに聞かないわけにはいかないシチュエーションになってしまったんだね。
もうほんとにいやでいやでいやで。
豚なんかもう食べられない!っていうぐらいいやで。
そのわりにお昼はハンバーガー(WITHアボガド)食べちゃったけど。(←合挽き、と言いたい)

手に「の」の字三回書いてから話しかけちゃったyo!
今日はキレられなくてよかったyo!
でも何回か危ない場面があったyo!
最後うまくいったからお礼を言いに行ったら、自分の仕事がテンパってたらしく、「ああっ!!」ってちょーーー嫌そうに拒否られたyo!

豚豚言うけど私も最近ストレス&家飲みでもう大変なことに…。
史上最大にでぶっていますよ~。双子妊娠中っていってもいいぐらいですよ~。あははあははあはは~。
この間はひばりに腹のツボをくいっくいっとやられて、「痛いでしょう?ママ、痛いでしょう?」いわれたけど、脂肪が厚すぎてなーーんも感じなかったよん~。
やばしっ!

仕事が落ち着いたらまた頑張って歩こう…。
と日記には書いておこう…。
【 2010/12/14 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

リリース近し

今週はついにリリース、イェーイ!
でも期限を延ばしてもらったから、今週は基本機能のリリースで、残りは12月最終週にリリース。つまり年末までこの苦しみが続くのだよ、よよよ…。
それでもようやく形になってきて先が見えてきたので、朝まで眠れるようになってきた。

今回、上原投手(似)にほんとに助けてもらった。
彼は更新系のところを作ってくれたんだけど、それ以外にもわからないところは教えてくれて、どれだけ心の支えになってくれたことか…。
「出産祝い、ゴーカなの期待してるから!」(←もうすぐ二人目が生まれる)ってけろっと言ってくれるようなところもすごくありがたかった。
「困った時はお互い様ですよ」って言ってもらったけど、上原投手(似)が困っている時に私が助けてあげられることなんかあるんだろうか。わからないけど、私も誰かを助けてあげられるように、頑張らないとなぁ…。

***

土曜日、すみれを料理教室に連れて行った。

1回きりの教室だったんだけどハンバーグの作り方を教えてもらえるというのでね。楽しいかな、と思ってね。
行ってみたら、来ているのがみんな私の苦手なチエママ(@裸焼肉←なんていうと、ほんとにやったみたいじゃないか!)みたいな素敵ママばかり。
ひぃーー。なんでみなさんブーツインーー?
子どももスパッツ履いたりブーツ履いたりしてオシャレだしーー。
料理教室に行かせようなんて考えるのはセレブだけなのーー?
って参加費1000円だよーー。どこがセレブやねんーー。

人見知りの激しいすみれは集まった子どもたちを見て超びびっていたけど、「だいじょうぶだいじょうぶ。」と送り出し、2時間時間を潰す。
本屋に行ってお昼ご飯にプデチゲ食べてコーヒー飲んで教室へ行ってみると、「まだあと20分ぐらいかかりますぅ」と告げられ、ビルの1Fのベンチで本を読んで時間をつぶしていたら…そのまま爆睡してしまう。
気付けば言われていた時間より10分過ぎていた、ひぃーーーー。
慌てて教室に行くと、すみれが不安げに私の姿を探してうろうろしていた。
あーーーごめん!すみちゃん!!ママはここだよっ!

ハンバーグはとてもおいしかったらしく、今度家で作ってくれるらしい。
楽しかったようで、よかったよ。

***

志望校も決まりようやく本気モードになってきたひばり。
最近は結構机に向かっている時間も長くなり、そうだそうだその調子だーーと思っていたら、珍しく勉強をしたせいか、先週半ばぐらいから「頭が割れるように痛い」と言い出した。

もともとひばりは肩凝りが酷く、しょっちゅう頭が痛いと言っているんだけど、今回のは今までにないくらいキツイと言うのだ。
心配なので、先週は内科に連れて行ったり(旦那が)、マッサージに連れて行ったり(旦那が)、ほんとに世話が焼けるのよねぇ…。

そして旦那が数学を見てあげていたんだけど、この間「ひばりの弱点がわかったよ」と言うのよ。
「え?なに?どこ?」と聞くと、「あいつ、古文が全然できないんだよ」と。

古文といえば私の出番じゃないですか。(←日本文学科卒業)
古文なんてねー、ご寵愛と敬語と謙譲語がわかれば勝ったも同然なのよー。あ、でもそれは大学入試か。高校入試の古文ってどんなだったっけ?
で、週末家族で本屋に行って問題集なんかをいろいろ買ってきたんだけど。
ひばりが「勉強の仕方がわからない」言うんですよ。
そりゃあなた何もわからないのに問題集やったってできっこないでしょうよ。
まずは基本的な文法と単語を覚えてだなー。
そういうと、もう時間がないし、塾では数学と英語をもっと頑張れ言われていると言う。

あーーー。もうね。これだけ覚えればいいからっ!
と我慢しきれず単語帳を作り出す私。
受験するムスメのために単語帳を作る親って…あほでしょうか…?
でもなんかもう見ていられないんだよーー。

【 2010/12/13 (月) 】 | TB(0) | CM(4)

しんどい

「正直がっかりだよ」
「できないことをやれと言ってるわけじゃない。できると思ってるから言っているのだ」
「嫌なことなんかムリにやらなくていいじゃない」
「何もかも一人でやる必要はない」
「(私)らしさを出してくれれば、それが一番期待しているところ」
「困った時はお互い様」

もしかして私もうだめかも。限界かも。おかしくなっているのかも。
そんな絶望的な気持ちでいたところを、叱咤激励されたり優しい言葉をかけられたりして、涙腺が崩壊。
面談で泣いてしまったり、上原投手(似)が仕事を手伝ってくれて朝まで仕事をしたり、いろいろあった先週。

いやぁ、しんどい…。正直しんどい。
なによりしんどいのが、自分が何をしたいのか、どうしたいのか、明るい自分をどうやったら取り戻せるのか、自分のいいところはどこなのかが、わからなくなってしまっていること。
完全に自分を見失ってしまっているなぁ…。
でもそんな自分に驚くほどまわりは優しくて、申し訳ないと思う。ありがたいと思う。がんばらなきゃと思う。

来年はもう少し楽しく仕事をしたいなぁ…。

***

この間帰ったら、ひばりの前髪が「パッツン」になっていた。

前の週に美容院に行ったんだけど、そのときに前髪を切るかどうかさんざん悩んでいたひばりは、スーさんの説得もあって「やっぱり切らない」ことにしたのだ。
でも家に帰ってきてから、「やっぱり切ればよかったなぁ」と。
受験の時に前髪が切ってあるほうが印象がいいというようなことを聞いてきたらしいのだ。
「だったら美容院に行けば前髪だけならタダで切ってくれるよ、きっと」と言ったのだが、それはスーさんに申し訳ないし、それだけのために行くのは面倒くさいと。

それでひばりがどうしたかと言うと、旦那に「だからパパ前髪切って」と頼んだのである。
「いやもうまじで怖かったよ」と言う旦那だが、ひぃひぃ言いながら慎重に切ってやり、本人も「いいね!」と大満足だったのである。

いやしかし中3で父親に前髪切ってもらうって…。
しかも最近成績が伸び悩んでいるひばりは、毎日旦那と数学を勉強しているのだ。
旦那は「ひばりに関してはもう俺の出番はないと思っていたけど、そんなことないんだな」とうれしそうだった。

【 2010/12/05 (日) 】 | TB(0) | CM(4)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR