りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2011年03月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2011年05月

けんか上等

「けんか上等!」

眉間にくっきりVの字が浮き出てきたココアさん。
ねぇ、どうしたの?眉間に皺寄せちゃってるみたいよ?
何か不満がある、わけじゃないよね?ね?








***

休日も待機命令が出て、お客さんから電話がかかってきたり。
サーバーのサイジングがどうの、基幹系のサーバーをリプレイスしたらカートに入れたときに応答が返ってきてどうの、キャッシュがどうの、クラウドがどうの、もううんざりなんじゃーーーー。

そんで、DBの世界でどんなにえらいか知らんが、すぐに「そもそも」言う、すぐに「え?え?え?」ってニヤニヤ笑いながら言う、キモブタが大嫌いなんじゃーーー。

嫌いな人と我慢しながら付き合いたくないの。
たとえ仕事でもいやなの。
めんどくさいの。
さよならしたいのーーー。

会社、やめたい…。 
スポンサーサイト
【 2011/04/29 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

すりすり

週末、大阪のおかあさんが自分のお泊り用の荷物を宅急便で送ってきた。
おかあさんが来るのを心待ちにしていたすみれは、荷物を見ると「ああ、おおさかのおーまのカバン!」と言って、うれしそうに顔をすりすりしていた。

超照れ屋なので実際に会うとそっけない態度をとるけど、こんなにもおかあさんのことを大好きでいるんだなぁと思ったら、なんかじーん…。
私も孫からこんな風に愛されたいなぁ…。

***

高校の部活選びに苦労しているひばり。
中学時代のバスケ部が本人的には「失敗」だったので、どうしても慎重になってしまうみたいだ。

・週に7日間練習があるのはいや
・強烈な子がいるのはいや
・柄が悪いのはいや
・オタクもいや
・ゆるすぎるのもいや

…おいおい。
そんなこと言ってて入れる部活なんかあるんかい?
確かに「人」も大事だけど、まずは「自分がやりたいこと」で決めた方がいいのでは?

私と旦那のお勧めはハンドボールかソフトボールなんだけど、ハンドは女子が少なすぎてむさくるしく、ソフトは女子がキョーレツそうだから嫌なんだそうだ。
うーむ。

***

昨日高校で体力測定があったらしいのだが、反復横とびの記録がクラスで一番だったというひばり。
「なんか結構運動苦手って子が多くて、ひばりちゃん運動神経いいんだね!かっこいい!なんて言われてびっくりしちゃったよ」と言う。

まさか自分のムスメが(低レベルでの争いとはいえ)「運動神経いい」と言われる日が来るとは…。
わからないもんである。

***

ひばりの今のクラスにはオタクが多いらしい。
本格的なオタクというものを高校に行って初めて見た!と言う。

「なんかさ。ほんとにヒソヒソしゃべるんだね!なんちゃらかんちゃら?いや、なんちゃらはなんちゃらですから!ひそひそひそ、みたいに!」とコーフンしている。
うーん、なんとなくわかる、その感じ。

「で、結構オタク度がつよーーい感じの女の子でカバンにチュッパチャプスのキーホルダー下げている子がいたから、思わず”あ!スケットダンス?”って聞いたら、”え?知ってるんすか?なんか意外~”って言われちゃったよ。」
「え?なんで意外なんだって?」
「”なんかオシャレだからマンガなんか読まないと思った!”だって。」

で、その後その子としばし漫画話で盛り上がったらしい。
だけど、その子がこゆーいオタク仲間と4人ぐらいでヒソヒソ盛り上がっているところにはさすがに怖くて入れないらしい。

ぶわははは。
ちょっとおかしいぞ。

***

すみれがココアを抱っこしながら、何かぶつぶつ話しかけている。
何て言ってるのかなと聞いてみると、「ココアさん。愛してるよ。結婚して下さい。結婚して下さい!」と言っていた。

…え、えええ?

***


「え?でも、あたし女の子だし。しかもうさぎだし。結婚は無理じゃね?」

【 2011/04/27 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

点鼻

昨年の手帳を見たら、4月も歩いていたことがわかりショックを受ける、るるる~

気が付けば花粉症の季節はほぼ終わったらしく、マスクをしている人も少なくなった。
そろそろ終わりなのか?と思い、私もこの週末はマスクを付けず、久しぶりに窓を開けて過ごしてみたら、今朝起きた時、くしゃみと鼻水と目の痒みがハンパない。
おれの花粉症はまだ終わってないぞーーうおーー。

もうさ。花粉症とかそういうちっちぇえことは言いたくないわけよ、今さら。
なのに言っちゃってるわけよ、こうして。
痒いのと痛いのとどっちがまし?どっちだと思う?うううー。
痛いよりはいいか、痒い方が。そうよね、うん、そうだよね。
痛かったら多分あたし会社休んだり家で暴れたりしてるもんね。
暴れもせず仕事もできてるってことは、たいしたことじゃないってことだよね。うん、そうだよね。わかってるわかってるーー。んがーー。

なんかね。今年薬が良かったのか案外楽だったって話をよく聞くわけ。
私はいつものヤブ医者から薬をもらって飲んでるんだけどさ。別に全然よくなってないわけ。
ま、ヤブだから仕方ないのかもしれないけどさ。ふっ。
でもなんで、なんでなののーー。

と思っていたら、この間あわわさんが「僕、今年もらった薬が良かったのか、例年よりずっとましなんです」と言うのよ。
だから「あんたなんの薬もらったの?!薬の名前を教えてちょーだい!」って迫ったの。
そうしたら「点鼻薬なんですけどね」って言うじゃないの!
点鼻薬?!うおーーー。
おれ、あれ、臭いから使わないって言っていつももらってないのーー。あれが今年画期的によくなったって?!うおーーー。やられたーー。

来年からは臭くても我慢して点鼻するよ、よよよ…。

***

ひばりのお弁当作りを頑張っている。むん!

ってえばるほどのものじゃないんだけど。まだ1週間ちょっとしかたってないし。
でもまぁ高校生ともなると量も多いので、テケトーに埋めようと考えると案外きついのだ。
なので、とりあえず1品はまじめにちゃんとしたものを作ることにしているのだ。
日曜日に少し下ごしらえをして冷凍しておいたりとかして。

なにせ飽きっぽいのでいつまで続くかはわからないけどな。ふっ。

***

辞めることが決まって気が楽になったのか、最近ヤングくんに悲壮感やとげとげしさがなくなった気がする。
A社の対応についてあれこれ話をしていると、「ああ、この人昔はこんなだったなぁ」と思って、ちょっと泣きそうになる。

ボスも社長もこの子のことを全然助けてあげなかったと憤りを感じるけれど、自分だって何もしてあげなかったじゃないか、と苦い気持ちになる。
なにもかもがホントにだめだめだ、最近の自分。

***


「反省だけならサルでもできるのよっ!」
ぬん!

【 2011/04/25 (月) 】 | TB(0) | CM(2)

寝休日

最近、週末は寝ているうちに終わってしまう。

午前中軽く家事をして、お昼を作って食べるともう目を開いていられなくなり、そのままばたり。
気がつくと夕方。
うおーーー、何もしないうちにお休みが終わってしまったーーー。
そんな土日がもう何週間も続いている。

旦那に愚痴ったら、「あら?でも前からそうじゃなかった?」という反応。
え、えええ?そうだったっけー?
前はもう少し有意義に過ごしていたような気がするんだけど、前からそうだったっけ?
もうなんか思い出せない…。

花粉を言い訳にしてとんと歩いていないしねぇ。
怖くて体重計乗れないし。
でも確実に私の細い骨では支えきれないぐらいの体重になってきて、腰がいたくなってきているし。ぎっくり~さんになる日も近いよ。やばいよやばいよ~。

***

あさって、大阪のおかあさんが泊まりにくる。
平日だし二泊だけだからあまり一緒に遊びに行くこともできなくて、残念~。でもちょっとうれしい~。

今日、おかあさんのバッグが宅急便で送られてきて、すみれは「ああっ!大阪のおーまの荷物!うれしい!」と、カバンにすりすりしていた。
「長く泊まって行ってほしいなぁ…」と言っていたので、2泊と聞いてがっかりしていたけど、でも「ココアに会ってもらえる!」とうれしそうだった。

そういえば昨年はGWにおかあさんが泊まりに来てくれたんだよなぁ。
あの時おかあさんが「のだめ」にはまってて、かわいかった。そして、我が家で読みきれなかった分を大阪に帰って大人買いしていたな。ぷっ。

おかあさん来るのに、全然掃除ちゃんとしてないから、すごい状態なんですけど。
ま、いいか。あはははは~。(←どこまでも自分に甘い)

***

毛づくろい中。

「お風呂に入る必要はないの。これできれいにしちゃえるからね。ええ。あたし、汗もかかないのよ?合理的でしょ?」


【 2011/04/24 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

小熊先生

 実家暮らしの小熊先生に、「先生はおかあさんが作ってくれたご飯を食べてるんですか?」と聞いたというすみれ。

え、えええ?あんたが先生にそんなプライベートな質問をしたのー?
ていうか、先生に話しかけられるのー?
だってスモールハート先生のときは2年間で一度も話をしたことがないって言ってたじゃない?

「うん。話せるよ。小熊先生とはね!」

はぁ~。
すみれってほんとに大人は打ち解けられないんだなぁ、大人が苦手なんだなぁと思っていたけど、人によるってことなのか。

スモールハート先生のときから日記の宿題がよく出ていたのだが、毎日ほっんとうに当たり障りのないつまらない日記しか書いていなかった。
「別にいつも”なになにをしました、楽しかったです。”じゃなくてもいいんだよ。今日はこういうことがあっていやだったとか、腹が立ったとか、そういうマイナスの感情も書いていいんだよ。日記なんだからさ。」と話していたのだが、「そんなこと書けないよ!書いたら何を言われるか…」と。

「小熊先生はね。日記の文章にはチェックを入れません、って言うんだよ。素直な気持ちを書いてほしいからって言ったんだよ!」
「小熊先生ね、今日の給食を見て、”あ!チャーハンだっ!”ってうれしそうに言ったんだよ」
「小熊先生の口癖はね、”ま、明日やればいいか”なんだよ!」

…ほんとに良かったね、担任が小熊先生になって。
あとはほよほよしていて隙だらけの小熊先生が、うるさい親に糾弾されないことを祈るばかりである。

***

「ゆでたまご。ゆでたまごゆうたらね。」

坂東英二のモノマネだけはみょうーーーーにクオリティーが高いひばり。
なんで坂東英二?

***

干草も最後の方になると短いものや粉っぽいものが残る。
干草入れの中に入れても埋もれてしまって、なかなか上手に食べられない。

で、すみれが赤ちゃんの頃に使っていたプラスチックの食器に細かい干草を入れて、ケージに置いてみた。

すると、そこからも結構喜んで食べているココア。
おお、これなら粉っぽい部分も捨てずに済むし経済的かも!と喜んでいたのだが。

今日の昼間、皿にまだ干草がたくさんあるのに、「ちょーだい」アピールをしていたらしいココア。
「え?まだお皿にあるよ?なんで?」と、旦那が見てみたら、どうやらその上におしっこをしたらしく、干草がびしょびしょだったらしい。

「いや、干草ある言われましても、おしっこでびしょびしょですやん。こんなもん食べられまへんわ~」

そう言いたいのだな?ココア…。おまえってやつは…。

***


畳をがしがしがしがし。
「ここに穴を掘ろう思ってますの。ええ、いつかはやりとげますよ、わたし。」
【 2011/04/20 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

賞味期限

非常食にと思って生協で注文したインスタントラーメンの賞味期限がまさかの半年。ららら~。
さすが生協!日持ちが悪いぜ!

***

今年ほど「ええ加減にせぇよ!」と思った年はない。

まだまだ花粉症なのである。
花粉とか言ってるばあいではない!と思うのだが、4月に入ってからもおさまる気配がなく、常に鼻がずびずびいって大量にティッシュを消費しているのである

地震のあった日、電車が止まっていたので徒歩で帰ったのだが、歩くこと自体はなんら問題はなかったのだが、思い切り花粉をあびてしまったせいで、目は腫れるわ鼻水とクシャミは止まらないわで、大変だった。
その後ティッシュペーパーやトイレットペーパーが店頭から消えた後も、大量に出続ける鼻水に、「今それどころじゃないっちゅうねん!資源の無駄だっちゅうねん!空気読めや!」と何度キレたことか…。
しかしキレることなく出続けているのである。

鼻が出続けているのが気持ち悪いので、ティッシュを鼻に詰めて寝ているのだが、明け方になると今度は鼻が詰まってくるらしく、ふんがっ!とイビキが出て、その音で目が覚めるのである。
私のどすのきいたイビキのせいで、隣で寝ているすみれは悪夢にうなされ、明け方号泣。

ほんとに無駄なエネルギーを使ってるわぁ…。これを使って自家発電できないものだろうか。>できねぇよ…。

***

あきらめかけていたグリーンラベルをまた店頭で見つけて、テンション上がる!イェイ!
買い占めない買い占めない、ああ買い占めないとも!
でもとりあえず1パック買っておくよ、おくとも!

***

早朝目が覚めると、隣で寝ているすみれが号泣している。
なんだろうと気になったが、めんどくさいので見て見ぬふりをした。(←スパルタ教育)

朝聞いてみると、「すごく残酷な夢を見た」と言う。
地震で逃げ出さなければならなくなり、パパがココアは連れて行けない、と言ったと。だからここで処分していくしかないのだ、と。
いやだいやだと泣くすみれを一喝して、ココアを上から落として殺した、と。
本当に悲しかった、と言うすみれ。
明らかに旦那に対して恨みを抱いている様子。

「ママはどちらの党?」
「ほえ?」
「いざとなった時、ココアを連れて行く?それとも殺す?」
「え、えええ。そりゃもちろん連れていきたいけど、でも状況によるかなぁ。避難所とかに入るには難しいだろうし…」
「パパは?」
「おれは連れて行く党だよ!!」
「ふーん…(←不信の目)」

大切なものを持つということは、守りたいものができるということで、それはうれしい半面、ものすごく重いことでもあるのだ。

***


大好きな解放ターイム!るん♪

【 2011/04/19 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

恐怖の役員決め

ひばりの高校の入学式の後に、役員決めがあった。

教室に移動して、書類の受け渡しとか、担任の先生からの挨拶等があった後、役員のおかあさんが入ってきて「父母の会の役員を二名出しやがれ。出すまで帰さないぞ、ゴラァ」と。

子どもが席に座り親は参観の時のように教室の後ろにずらっと立っていて教壇に立った役員が「活動内容はこれこれで」「ぜひお力を貸して下さい」「質問があればどうぞ」と訴え、父兄はみな顔を伏せて、しーーーん…という恐ろしい状態。

しばらくしーんが続いたあと、横に立っていたやり手じじい風のお父さんが「役員に男は何名ぐらいいるの?」と質問をした。
うおっ!あなたやる気だね?ええどええど!
で、役員が嬉々として「会長を始めとして男性も3名ほどいます!」「おとうさんにご協力いただけるとありがたいです!」と言い、どこからともなく会長@挨拶で噛みまくりが教室に入ってきて、「私でもできるぐらいですので!大丈夫です!ぜひぜひ!」と訴えると、やり手じじいが一言「いや、おれはやらないけどね」。

…あんた…やる気がないならなんでやる気がありそうな質問をするのさ…。ちっ。
そしてまたにらみ合い状態が続く。
うおおーーー、耐えられないこの雰囲気。もうやるって言っちゃう?言っちゃう?あーーーでも負けちゃだめ、負けちゃだめーー。きーー。

するとやり手じじいがキレ気味に「こんな風ににらみ合っててもどうにもならんでしょう!どうせ誰もやりたくないんだから!じゃんけんで決めるしかないでしょう、じゃんけんで!こんなの時間の無駄無駄!」と言い出した。

出たーじゃんけんーー。
じゃんけんとかクジっていうのは、揉めに揉めた最後の手段なんだけど、案外早い段階で出たわねぇ…とほほ。
そしてじゃんけんと聞いた瞬間、自分が負けて拍手をされる図が浮かんでくる、ジャンケン劇弱な私。

すると私の隣に立っていたおとなしそうなおかあさんが「はいっ」と手を挙げた。
うおっ。やってくれる?る?とみんなの期待のまなざしを受けながら、彼女は言った。
どーーーしてもできなくても負けたらやらなくちゃいけないんですか?私、どーーーしてもできないんですけどっ!絶対無理なんですけどっ!それでもやらなきゃだめですか?」

ジャンケン負けてもあたしはどうしてもできない宣言、キターー。
これをやりだすと一気に場の雰囲気が悪くなるのよね。
あたしゃ仕事をしているんだ、何言ってるんだ好きで働いてるんだろ、ゴラァ、それよりあたしゃ介護があるんだ、あたしゃこう見えても妊娠5ヶ月なんだ、あたしゃアル中なんだ、おらぁ夫のDVに耐えているんだ、…言い出したらキリがないのよね。ヘタしたら掴みあいのけんかになりかねないのよね。
子どもの見ている前でこの状態は避けたかったわよね…。はぁぁ…。

と、ヘタれていると、すみの方に立っていたおとなしそうなおとうさんがハイと手を挙げて言った。「ぼく、やってもいいです」

きゃーーー!ブラボー!
零下20度ぐらいに冷え切っていた教室にあたたかな春風がふわり!
そして「あと一人!あと一人!」の無言のお囃子に屈したのか、ブランド物のスーツに身を包んだぱきっとしたお母さんがハイと手をあげ、「じゃ、私やります、経験者なので」。
うぉーーブラボーブラボー!と拍手喝采。ようやくお開きとなったのであった。ふぃ~…。

帰り道ひばりが言った。
「大人ってこわいね…。ジャンケンまじやばかったね。ジャンケンって聞いた瞬間、ママ、ピーーンチ!!!って叫びそうになったよ。よかったね、ジャンケンにならなくて。そしてあの場にパパがいなくてよかったね。絶対あの沈黙に耐えきれず、”やります”って手を挙げてたよね」

…おっしゃる通り。
見苦しいところを見せてしまい、申し訳ございませんでした。



「あんたたち、いい年して往生際が悪いわよっ!ぬん!」

【 2011/04/18 (月) 】 | TB(0) | CM(12)

入学式

金曜日は、ひばりの高校の入学式に行って来た。

・卒業式のとき、普段着で行ったら、父兄がみなスーツやワンピースでばしっときめていて、コートを脱げなかったのだ。だから今回はちゃんとスーツだぜ。すごのびスーツだぜ。すごのびがその威力を発揮しきってなおかつパツパツという状態だぜ!

・校門の前で写真を1枚パチリ。旦那からのミッションだったんだけど、後ろに人が並んでいると、度を失ってしまう私。あわあわしながら撮った一枚は、後から見たら妙に「引き」の絵であった…。ちーん。

・体育館に入ると、子どもと親は離される。
・次々入ってくる親子たちを「イケメンはいるか?」「不良(!)はいるか?」「ギャルはいるか?」「キョーレツな親はいるか?」とチェック。>他にすることがないから。
・その結果、イケメンも不良もギャルも目に付かなかったけど、キョーレツな親はいたyo!いぇい!

・壇上の「入学式」っぽい絵を必死に写真に撮ろうとしている親や、先生紹介の時にビデオを頭上に上げて撮ってる親が何人かいたのには驚いた。
・壇上の写真とかいらなくね?先生紹介を後からビデオを見たい?…おれにはその気持ちがわからねぇ…。
・ま、あれか。TDLに行って必死にパレードをビデオに撮ったり、動物園で動物をビデオに撮るのと同じか?

・在校生の歌(アカペラ)が素敵でちょっと感動。
・でも校長の話が長くて寝る。
・PTA会長がちょーー緊張していて、生徒を着席させずに話し出し、しかも噛みまくっていて、最後の日付も間違っていた。ぷっ。
・祝電で寝る。かなり本気で寝てしまい、よだれがだらー。マスクしてて良かった!
・校歌が暗い…。なぜ短調?
・ネイティヴの先生に、超イケメンを発見!うぉーー!

・式が終わり、教室に移動。
・親が教室に入りきらない!
・教室が狭いのか、来ている親が多いのか。
・ドアのところに、TKOの木下に似て蝶なおやじがポツン。木下のくせに遠慮がちで中に入ってこない。
・「木下、入りなさいよ!ほら、ぐぐっと!入っちゃえば入れるんだから!」と、視線を送るが、最後まで入ってこなかった。
・木下のくせに。

・ひばりの担任は、さばさばした感じの女の先生。
・あ、これはいい感じ。多分ひばりはすぐに仲良くなれそうね。打ち解けられそうね。
・とりあえずほっ。
・先生からは、「勉強は私たちががっつりやらせますから、みなさまにお願いしたいのは健康管理です」と言われる。
・とにかく朝早く起こして学校に行かせてくれ、と。
・めんどくさいだろうけど、できるだけ弁当を作ってやってくれ、と。
・合点承知!

・それにしても家にいる時は、のへ~ぐで~としていて、張り倒したくなるようなひばりが、ああやって学校にいると、妙に透明感があってかわいらしいのはなぜだろう。
・ひばりが知らない子たちに混じって着なれない制服を着て緊張気味に座っている後姿を見ていたら、なんか胸がいっぱいになった。
・自分の子どもが高校生になるなんて。なんかほんとにいろんな人に、いろんなことにありがとう!!っていう気持ちでいっぱいだ。


「ひょろひょろちゃん(ひばり)の抱っこには結構しっくりきちゃうのよね。」

【 2011/04/17 (日) 】 | TB(0) | CM(4)

物欲

最近すっかり物欲がなくなってしまったんだけど、この間久々にとあるサイトを見ていて、燃え上がる物欲!うはうはきすぎて草のにほひをかいだ犬になってうん〇をもよおす!という状態になった。
それがこちら

干し草を収納するボックスがほすぃー。
うさぎと一緒にチェスができる?できないでしょう~?!あーーでもばかばかしいーー。ほすぃー。
うさぎ写真のノートほすぃー。クリアファイルほすぃー。全部ほすぃーーーー!!
そんでもって、なにこのうさぎアーティスト祭りって?!
うさぎをモチーフにした作品を販売するの?そんでもって2000円以上買うとクローバーの鉢がもらえるって?うぉーーココアにクローバー食べさせてやりてぇっ!

…ぜいぜい。

「わさお」を見に行ったら上映期間が終わっていて傷心になって帰って来た大阪のおかあさんのこと、もう笑えない‥。

***

歯医者に行った時に待合室で女性週刊誌を読んだんだけど、その内容にびっくりした。
自分の身を放射能から守るには、というような記事に下記のような記述が…!

・飲料水、料理にはミネラルウォーターを使う
・洗いものは仕方ないから水道水でするが、洗ったお皿はすぐに拭き自然乾燥は避ける
・心配なら洗ったお皿に上からミネラルウォーターをふりかける
・野菜は産地を確かめてできるだけ九州産を買う
・休日は気晴らしも兼ねてできるだけ西へ遊びに行く

え、えええ?なにそれ?!
洗ったお皿にミネラルウォーター振りかけてたら、いくらあっても足りないだろうよ…。だから大量買いか…。
産地を確かめてって…なんじゃそりゃ。
そして休みの日は西へ行こうって…。え、えええ?

なんかほんとにびっくりした。
まぁ女性週刊誌を鵜呑みにする人なんてそうはいないのかもしれないけど、でも…。なんかさ。活字になると本当っぽい感じがするじゃない?

もともと嫌いだったけど、ますます嫌いになったよ、女性週刊誌。
もう一生買わねぇ…。


「最近写真撮られるのにも慣れてきたわ…。」

【 2011/04/14 (木) 】 | TB(0) | CM(2)

あれこれ

・大好きなグリーンラベルが店頭から姿を消し、度を失う。あうあうー。

・最近、ほんとに申し訳ないぐらい会社に行くのが嫌で、会社にいる時間が苦痛でしょうがない。
・楽しく仕事をしていた頃が思い出せない。笑っていた自分が思いだせない。
・重症かも。

・ひばりの高校の入学式が、震災の影響で1週間遅くなった。
・やれマックだ、サイゼだ、カラオケだと遊びまくっていたひばりだが、さすがに遊ぶ相手もいなくなってきたらしく、一日中家でごろごろしている。
・ごろごろしていると眠くなるらしく、昼寝なんかもしているらしい。
・家で仕事をしている旦那は、「ほっんとに嫌だ…。頼むから早く学校に行ってほしい」と言っている。

・今週から塾に行き始めたすみれ。
・「ようやくだよ!」「うれしいっ!」と大喜びだ。
・こんなにも勉強が嫌いなのに、こんなにも塾に行きたがって、こんなにも期待している…。
・すみれって…。

・ココアを和室に解放すると、私たちを基点にして動き回るのが、めちゃくちゃかわいい。
・例えば、私が壁際に坐っていると、私の足をくんくんくんくんにおったり腕に乗ったりしたあとで、ぴょぴょーん!と窓側まで走って行って、ぐるりと回って、また私のところに戻ってくる。
・それがもう、かわいくてかわいくて。
・走り出す時に、後ろ足でびゅん!って蹴られると結構痛いんだけど、痛いことすらうれしいのであった。


***


「干草は常に満タンに用意しておいてよ。頼むわよ。
言われてからやるんじゃなくて、よ。わかった?」
【 2011/04/13 (水) 】 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR