りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2013年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年04月

週末のあれこれ

旦那とすみれが金曜日から大阪に行っている。
おとうさんが退院してきて、これからは旦那が昔使っていた1Fの部屋を使うことになったので、荷物の整理に行ったのである。
今までは春休みには一人で大阪に行って長いこと泊まってきていたすみれだが、今年から塾もあるので3泊4日で帰ってこないといけない。本人は物足りないだろうが、仕方ない。中学生は結構大変なのだ。

金曜日は会社帰りにデパ地下でタイ料理と韓国海苔巻を買ってきてそれが夕食。
旦那がいないと途端にこんな食事になる。
とっとと風呂に入ってこれらをつまみながらビール。うぃ~。

土曜日はひばりと二人で予備校の説明会へ。
この間高校に入ったと思ったらもう大学受験かい。やれやれ。
あちらさんは商売なので、いいことしか言わないのだ。それはもう最初からわかっているのだ。
まあでもほんとにここまできたら自分がやるかやらないかだから。頑張ってほしいものである。

説明会のあとは、二人であらかじめ調べておいた人気もんじゃ屋へ。場所柄ということもあるのだろうがたくさん芸能人のサインが飾ってある。
二人でチーズもんじゃやあさり天などを食べながら、ひばりはコーラ、私はビール。うぃ~。
家に帰ってきて風呂からあがってまたビール。うぃ~。
飲んでいたらあっという間に眠くなって23時前には就寝。

今日はひばりは昼間は友達と遊んで夕方からバイト。
お昼はインスタントのタイヌードル。からいものにはやっぱりほしくなるわよね、とビール。うぃ~。
夕飯はすみれがいたら食べられないナスを使ってマーボーナス。つけあわせにカプレーゼ。ってどうしてもつまみチックになるな、おい。

こうして書いてみてわかったのは、私は隙さえあればビールを飲む女だ、ってことだな。うぃ。
スポンサーサイト
【 2013/03/31 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

さよなら、上原

今日が上原の最終出社日。
引き継ぎを終えた上原はまるで糸の切れた凧のように、暇そうにぼーっとしている。
辞めていく人が最後の日までガリガリ働いてるようだと残された人は大変なことになるから、これはこれでいいのかもしれないが、でもそんな上原の姿を見るのはなんだか寂しい。

あのひどい送別会が最後だったのかと思うと実に後味が悪いのだが、それも自分の酒癖が悪いせいなのだから仕方ない。自業自得だ。
今日は会社の公式送別会があるのだが、私は欠席。
これ以上醜態をさらしたくない。

最後に会議室にメンバーが集まって色紙とプレゼントを渡すのだが、始まる前に出来杉くんに「りつこさんから挨拶をしていただいていいですか」と頼まれた。
えええ?あたし絶対泣くよ!ヤバイよ!と思ったのだが、最後に「たくさん助けてくれてありがとう」と伝えることができて本当によかった。
そんなチャンスを与えてくれた出来杉くんに感謝!

無神経なことを言われてムキーー!となることもあったけど、なんの悪気もなくて屈託のない上原を見ていると、いつまでも怒っているのがいつもばかばかしくなって、いつの間にか普通に戻っていた。
これぐらい技術力があればそりゃ仕事も楽しかろうよと嫉妬もしていた。
でも底抜けに明るくて頼りになる上原が大好きだった。
ぶっちゃけられる人がまたいなくなって本当に寂しい。

さよなら、そしてありがとう、上原。
またいつか会えるといいな。
【 2013/03/29 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

バレ

ともだちに「会社の人にこの日記バレてない?大丈夫?」と心配される、るるる~。
もしかするとバレてるかもしれない。黙って読んでる人がいるかもしれない。なぜならその道のプロだから、ららら~。

私がホームページってやつを立ち上げた頃はだね。まさか一般ピーボーがこんなにもネットをするようになるとは想像できなかったとですよ。
前の会社の新人研修でインターネットとかウィルスについての講義を受けた時も、なんのこっちゃかまるで実感がわかなかったとですよ。
それがもうあなた…。今や誰も彼もがネットで検索。
我が子がDSでググってこの日記にたどり着いてしまう。
自分の日常や趣味の話なんかしたらあっという間に見つかっちゃう。
芸能情報なんか不用意に見に行くとウィルスに感染しちゃう。
ほんとに嫌な世の中よねぇ…。

facebookやらないの?ってよく聞かれる。
落語家さんのページが読みたいからやってみたいっていう気持ちもあるんだけど、リアルとここがつながるのが怖い。
ここがリアルな人にばれて関係が悪くなることも怖いけどそれ以上にここに書けなくなることのほうが怖い。

始めた頃はそんなことなーーんも考えてなかったから、年賀状にホームページのアドレスを載せたりした年もあったのよね…。ひぃー。
ここでずっとこんな風に書いていられますように。なーむー。(←結局最後は神頼み)

***

今日の全体会議で恒例表作じーさんによる障害についての発表があった。

半年ぐらい前から障害管理表の障害理由に「人為ミス」と入力すると、表作じーさんに呼び出され「再発防止のためにはどうしたらいいか」と対策会議をしないといけなくなった。
これがもうものすごーーく苦痛なのだ。

別にじーさんにすごい責められたりするわけではないのだが、とにかくほとんどが話し合ってもしょうがないような内容。だけどじーさんはじーさんで仕事やってんどー!というのを会社にアピールしなきゃいけないので、それって全然意味ねぇよみたいなことをいろいろ言ってくる。
いやそれはやる意味ないです。
いやそういう問題じゃないです。
いやそういうことじゃないんです。
だーーかーーらーーあんたばかじゃないの?!死ねば?

そんなにすごい時間がないってわけでもないんだけど、明らかに無駄な会議に1時間とかとられるのがものすごいストレス。
だからもう人為ミスだなんて入力しない。
どうせじじいにはわからないんだから、ネットワーク障害とかなんだとかテケトーに入力する。
それは何も私に限ったことではなくみんながみんなそうしてるもんだから、ここにきて人為ミスは激減!
それをじーさん表にして「対策会議をやるようになってから人為ミスがこんなに減りました」って自分の手柄のようにして発表していた。

もうほんとーーにあほじゃないの?と思うのだが、多分みんな同じような気持でいるから、しら~っとした雰囲気。
それに気づいたカトちゃんが「ほんまにプレゼンがへったくそやなぁ!!子守唄みたいになっとるやんけ!誰も本気で聞いておらんわ!来週やり直し!」

…もうええわ!
どーもありがとうーございましたー。ちゃんちゃん。
【 2013/03/27 (水) 】 | TB(0) | CM(0)

卒業&帰国

今日はすみれの卒業式。
イギリス留学からひばりが帰国する日でもあり、でも飛行機到着が朝の5時ということだったので、迎えに行く旦那+ひばりも式には間に合うかと思っていたら、まさかの飛行機が5時間遅れ。
結局、ひばりと旦那は卒業式には参加できなかった。

すみれはおねえちゃんに髪の毛をかわいくしてもらうというのを楽しみにしていたのだが、昨日の夜に旦那がネットで調べていて飛行機が遅れることがわかったのであきらめて、今朝は自分で一生懸命髪の毛をセットしていた>母には何も期待してないので頼んでこない…。

卒業式では卒業証書を渡される子どもが一人ひとり将来の夢を一言言ってから証書を受け取りに行く。
これも子どもが少ないからこそできることだよなぁ…。
女の子で「大工になりたい」、男の子で「バレエダンサーになりたい」という子もいて、会場を沸かせていた。

「漫画家になりたいです」と言って証書を受け取りに行ったすみれは、緊張しているのか顔がこわばりながらも笑顔をこらえているような表情だった。
入学した時はなんだかよくわけがわかっていなくて、森の動物を無理やり人間の学校に入れちゃったみたいな感じがしたものだったが、もう卒業なんだなぁ…と感慨深い。

校長先生の祝辞、来賓の挨拶が終わると、6年生と在校生(4,5年生)による門出の言葉と歌。
1年生からの思い出を語りつつ、途中で歌を挟むという、ミュージカル仕立て(というほどでもない)。
途中絶句してしまった子がいて2分ほど沈黙が続き会場には緊張が走った!ひぃー。誰か助けてあげてーー。
このまま沈黙が続くのか?!と思ったら、副校長先生がその子のセリフを言って軌道修正。
あああ、どきどきしたー。

最後の方で在校生が卒業生に向けて歌を歌うのだが、歌に入ったとたん、すみれの様子がおかしくなった。
なんか落ち着きなく隣にいるヒナちゃんの方をちらっと見る。すみれが見ている間は微動だにしないヒナちゃん。すみれが正面を向くと、今度はヒナちゃんがすみれの方をちらっと見る。
どうやら歌を聞いていたらぐっときてしまい涙が出そうになり、ヒナちゃんは泣いてるかしら、とちら見をしているらしい。
おいおいおい、目立ってるよ。まだ式の最中なんだから落ち着け!

退場の時、となりのクラスの女の先生が号泣していて、それを見てつられて泣く親が続出。
出口の方に立っているイケメン先生、スモールハート先生も泣いていた。
こぶた先生の方はおそらく緊張の方が大きくて泣く余裕はなかったらしく、教室に戻ってから子どもたちに「家でベッドに入って泣きます」と語ったらしい。

ひばりは何でも体当たりだったから、いいこともたくさんあったし悪いこともたくさんあった。
それに比べるとすみれは臆病で、ひばりのときほどぎょっとするようなことはなかったけれど、小学校生活を十分楽しんだと言えるのかしら、とちょっと思ったり…。
それでもすみれの表情は晴れやかで今日の日をむかえてうれしそうだった。
卒業おめでとう、すみれ。

2時ごろ、ひばりも帰ってきた。
とってもとっても楽しかった!と笑顔で帰ってきたひばりは、ホームステイ先の家族から、ひばりが滞在している間の写真をきれいにアルバムにしてもらっていて、こんなことまでしてくれるなんて…と感動。
楽しい2週間だったようでほっとした。
【 2013/03/25 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

週末のあれこれ

堺雅人結婚のニュースにちょっぴりハートブレイクな週末。
追いかけてみるほどのファンだったわけでもないのだけれど、結構悪からず思っていたっていうかわりと好きだったっていうか、私にはあなたの良さがわかるのよってひそかに思ってたっていうか…。
相手が菅野ちゃんと聞いて、「あーじゃあしょうがねぇか。」って、何がどうしょうがないんだか、なにゆえ上から目線なのかあれなんですけど、そういう悪からず思っていた私のような人たちに支えられてきているはず!

交際期間が3か月って短いような気がしないでもないけど、人気者同士だからもう結婚しちゃうしかないのかねぇ。
すぐに離婚したりしないでもらいたいものである。(だから何様…?)

***

昨日は午前中MRIの結果を聞きに行った。
1年間定期的にMRIを受けつづけた結果、脂肪腫の方は「不変」。大きくも小さくもなってないという結果。
「良性だから心配ないといえばそうなんだけどいかんせん大きくてね…。あと場所もあんまりよくないんだよね。だからもし手術して切るとなると難易度がわりと高い。膵臓を傷つけないように取り出さないといけないし、あと肋骨にかかってるので肋骨も削らないといけない。斜めに入ってる筋肉も切ることになる。だから手術前はなにもなかったのに手術したらかえって痛みがあるなんてこともあるかもしれない。あと筋肉を切るとそのあとどうしてもたるんだりしておへその位置が動いちゃったりするんだよね。だから積極的に切ることを勧めはしないんだけど…」
ってあなた…。

そこまで言われてそれでも切ってください!なんて気持ちにはとてもなれませんて。
そもそも今はどこも痛くないしなんの支障もないのだから。
そういうと、「ですよね…。じゃあ経過観察しましょう」

ということで、また半年後にMRIをとることに。
もう具合が悪くなったら来る、じゃだめなのかなぁ…?と言いたくなるのだけれど、そんなことして手遅れになったら…と思うとそうも言えず。
こうやって悪化するまでずっとMRIを撮りつづけることになるんだろうか…むーん…。

***

明日ひばりが帰国する。
早朝の便なので、定刻通りに到着すればすみれの卒業式に間に合うはずなんだけど、どうだろうか。

先週学校から電話がきて何かと思ったら、ひばりってばロンドンですりにあって財布をとられてしまったらしい。
お金は分けて入れていたので20ポンドしか入ってなかったらしいのだが、保険証やPASMOも入っていたらしく、やれやれ…。
でもまあ本人が無事でよかった。
海外に行ってスリにあうなんてショックだったろうなぁ…。でもあの子結構立ち直り早いからきっとけろっとしてそのあとも楽しんだはず…。そう思いたい。

笑顔で帰ってきますように。祈るのはそれだけだ。
【 2013/03/24 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

フフフ

すみれのクラスでお楽しみ会をやるらしいのだが、もう最後だし!ここは景気よく!というわけで、またしてもこぶた先生がうれしくなって下ネタ解禁宣言。
もちろん小学生どもは大喜びでうんこだちんこだ大騒ぎ。
「あ!解禁っていっても直接はだめ!直接は!」ってこぶた先生よ…。
ばかねーほんとにばかねー。
という話をあわわさんにしていたら。

あわわさんに「大きな古時計の替え歌知ってます?」と聞かれた。
「知らない」と答えると「主に古時計の部分を”フフフ”と伏字に歌うんです」。

♪100年休まずにフフフ、フフフ。おじいさんと一緒に、フフフ、フフフ。
今はもう動かないおじいさんのフフフ~♪

直接表現しないで、聞くがわの想像力に働きかけるのが効くのだそうだ。
もしやこぶた先生が求める下ネタもこのクラスか?
…んなわけないか。

***

今日もDS持って出勤。
そしたら昨日すれ違ったのと同じ人とすれ違ってた。
もしかして通勤電車で一緒の人なのかも…。ぱらら~ん。

DS持って通勤してるんですか?
あほやな~。
っておれもか!

***

この間の飲み会の話をボブ子さんにして笑ってもらって少しだけ元気になる、るるる…。
私ってずるいから、ああっもうほんとに独りぼっちだ…!と思った時に、そう言いながらちらっと周りをうかがって「でもこの人はわかってくれるのでは…」という人に話したりするの…。そういうところがあるの…。
当てが外れると孤立感は2倍2倍!になって、もうどーしようもないんだけど(←よくある)、それでもチャレンジせずにはいられないチャレンジ野郎。

ボブ子さんは「わはははははは」と笑ってくれて「きんにくんはお目目キラキラ、未来を信じて歩いて行けば絶対いいことがある!っていう田舎の純朴な青年なので、私たちのような荒んだ女とは合わないんですよ」と。

ううう。泣ける…。泣けてきた…。
私もボブ子さんがいたしてしまったときは全力で味方になるよ…。そう思ったのだった。
【 2013/03/22 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

幽霊村民

とび森熱はまだ続いている。

一通りローンを返し終わってしまってやることがなくなった私は公共事業に目を向け始めているのだがこれがなかなか難しくて。
たとえばコンビニをデパートにするには住民全員が10万円以上買い物をしないといけない。
わが村には、買った当初に数回やったっきりでその後ぱったりやらなくなったひばりという幽霊村民がいる。
家はまだ一度も増築もせずろくな家具もなく家の中ではたき火が燃えて肉が置いてあるだけで郵便物はたまりっぱなし…。
郵便屋さんにも「ひばりさんの郵便が届けられなくなってるので言っておいてくださいよ~」と頼まれる始末。

ったくもう。困るわねぇ。
って、リア充だからやってる暇がないわけでね。咎めるようなことじゃないんですがね。はっはっは。
というわけで、もう見ておられん!あたしに任せんさい!
と、かーちゃんが立ち上がった。

ひばりになりすましてログインし島に行ってひたすら黙々と虫を捕まえてお金を稼ぐ。
そのお金でたぬきち商店に行って買い物をしまくる。
買ったものを入れるために引きだしが必要ね。あとできれば増築してもう少し家具の置き場がほしいわね!

目標が定まった時のあたしってどうしてこうもやる気がもりもりでるのかしら。
もう生き生きしちゃってる!生き生きしてるよ!
リアルでもこうなれればいいのにね…ふっ。

***

この間の飲み会の席にいたミオちゃんにトイレで会ったら言われた。
「あたしあの時に学んだことがあります。会社の人と飲みに行ったらそれはもう本音は言っちゃいけないんだってことです。本音を言ったから何か言われた時にすっごいショックじゃないですか。言わなきゃいいんですよね、要するに。」

あたしもほんとにそう思ったよ。
下っ端同志だからって本音を話したりしちゃいけないんだなって。
でもあたしの場合飲んだら絶対本音を言っちゃうからそう考えたらもう会社の人と飲みに行っちゃいけないってことだな、要するに。
前の会社ではさんざん会社の人と飲みに行って本音トークをしてきたけど、この会社ではだめ。絶対だめだ。
あたしも今回のことでそれがほんとによーーーくわかったよ。
攻撃力をあげることはできないから防御をかためるしかない。いまのところは。
【 2013/03/21 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

子どもの背中

今日から新しいハズレ席のすみれと、号泣した飲み会明け出社の私。
行たくねぇ…ああ行きたくねぇ…と二人でため息をつきながら家を出る。はぁぁ…。
すみれだって嫌な学校に行くんだから私もがんばらにゃ!
小学生の背中を見て気持ちを奮い立たせる47歳…。

来てしまえば何事もなかったかのような無関心な職場。
そうよね、そんなものよね。
もう二度と会社の人とは飲みに行くまい。本音をぽろりとこぼしたりすまい。

それにしても弱ってくるととたんに本音しか話せなくなるのはなぜなんだろう。
元気な時は相手に合せて相手が聞きたがっているようなことをテケトーに言えるのになぁ…。
本音を言って「嫌いです」と言われて取り乱すなんてさー。20代そこらのかわいこちゃんでもあるまいし。まったく嫌になっちゃうぜ。

***

今日はB社の打ち合わせがあったのだが、そんなことをすっかり忘れてオッペケペーな格好で出社してしまっていた私。
どんな感じにオッペケペーかといえば、♪ウィンディスブローイングフロムジエージェ~ 女は海~♪と、腕を広げてばたばたさせるような感じ。
あきらか脇の肉をびろーんで隠そうとしてるやろ?って服ですよ。
しかも黒地に紫の模様どーん!

だけど私は慌てない~。
なぜなら会社に置きスーツしてるから、ららら~。
というわけで、置いてあるスーツに着替え、靴も履き替え、カバンも持ちかえてレッツラゴー。
これ以上太ったら置きスーツが入らなくなるから、気を付けろ!
【 2013/03/19 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

芸の饗宴

今日は芸術劇場で行われた「芸の饗宴 昼の部」に会社を休んで行ってきた。
能と落語の饗宴ということで、ののののうですか…私にわかりますかね…とびびっていたのだが、よくわからないけど面白かった。男の人がちょーまじめな顔をしてきちんと座って顔を真っ赤にして唸りながら歌うのが面白い!あと、リズムがあってないようであっていて、動いてないようで動いているのも面白い!
ってそんな感想かい。

喬太郎師匠、白酒師匠、昇太師匠を目当てに行ったんだけど、前座の昇々さんも面白かったし、遊雀師匠も面白かったし、三喬師匠も面白かった。
中でも一番笑ったのが三喬師匠。
今まで上方落語ってあんまりなじみがなくて敬遠してたんだけど、こんなに面白いんだ!!
あまりにもツボにはまってしまい、師匠がはけていった後もしばらく笑いが止まらなかった。

昇太師匠の「いろんな人がいていいんですよ!みんな違うんですから!」という言葉に涙がぽろり。この人の圧倒的な明るさと軽さはほんとうにいいなぁ。
笑うって本当に素晴らしい。鬱々としていた気分がずいぶん晴れたよ、ありがとう、落語。
ほんとにいい趣味見つけちゃったなぁ!

***

金曜日の朝、家を出る時「今日も寒いなぁ!」と思った。
駅に着いて会社に向かって歩いていて、はっと気が付いた。
あたし、上着着てない!!

セーター一枚で外を歩いていればそりゃ寒いわな…。
それにしても会社近くになるまで全く自分で気づかなかったというのはいかがなものか。

そう旦那にメールを送ると「帽子に手袋入れたまま走るのといい勝負だな」と返事が来た。
最近時間を見つけては走っている旦那。
寒がりなのでいつも走る時はニット帽+手袋をしている。
夕べ走りに行く時「手袋がなくなっちゃった」と言っていたのだが、走り終えて帰ってきて帽子を脱いでみたら帽子の中から手袋がぽろり。「こ、こんなところにあったのか…」と驚愕していた。

それにしても、この間の鍵といい上着といい、あたしゃ大丈夫かねぇ。
年のせいもあるだろうが、そういえば考えてみれば私は小学生の頃、ランドセルを忘れて登校したり、左と右違う靴で登校したり、体育の時間になって服を脱いでみたらパジャマを着てたり、なんてことがよくあったので、前からそうだったといえば、前からそうだったのであった。

【 2013/03/18 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

嫌い

気が進まなかったけど少人数だしこれが最後になるわけだしと行った上原の送別会。
半年ほど前に中途で入ってきた営業のきんにくん(筋肉系)。仕事で遅れてきて私の隣の席へ。
何の話をしていた時だったかもう覚えていないんだけど、はっきりと「嫌い」と言われた。
私の言ったことが気に入らなかったのか、私の考え方がいやだと思ったのか、もうその時点で結構酔っぱらっていたからよくわからないのだが、面と向かって「嫌い」と言われたのはもう本当に久しぶりで、まさに「がーーーーーーん」。

はぁ?あんたなにさ?何もわかっていないくせに!!と怒れればまだよかったんだけど、まともにくらって泣き上戸も手伝ってうわーーーん!!!!と泣いてしまった。
みっともないと思う余裕もなく、ただただうわーーーーんと泣いてしまい、涙が止まらなくて悲しくてしょうがなくて本当に取り乱してしまった。
もうだめだと思ってそこで帰ってきてしまったんだけど、どうやって帰ってきたのか自分でももうよくわからない…。
でもたぶん電車に乗ってそれからタクシーに乗って帰ってきて、お風呂に入って寝たみたいだ。

きんにくんのことは別に好きでも嫌いでもないのだが、でもまあ接点がないなぁと思っていたので、そういわれたからってそんなにショックを受けることもないと思うのだが、2日たった今でもまだ立ち直れていない。
その場にはほかに上原、ピノくん、ミオちゃんがいたのだが、そんな醜態をさらしてしまったことも恥ずかしくて…もう消えてしまいたい…。

もうやめたほうがいいのかなぁ。
その時本当にそう思って、今もその気持ちを消せずにいる。
なんか今まで頑張ってきたことってなんだったんだろうなぁ…。それともやっぱりはたから見たら全然頑張っていなかったんだろうか。
もっと自分に自信が持てればそんなことなんてことないさとはねのけられるのだろうけど、今の自分には無理そうだ。
こんなことがとどめになってやめるなんてみっともないっていう気持ちと、もうそこまできちゃってるのかもという気持ちとで、なんだか溜息ばかりついてるブルーな週末だった。
【 2013/03/17 (日) 】 | TB(0) | CM(6)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR