りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2013年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2013年08月

はじめてのおつかい

好きな漫画家さんのサイン会があるから行きたいと言うすみれ。
場所は二子玉川の本屋さんなのだが、なんでも事前にそのお店で整理券が配られるらしい。

うへぇ、二子玉川かー。遠いなー。まるで土地勘ないなー。
日曜日がサイン会の日なので前日に整理券をもらいに行くかということになった。
のだが、本屋さんに電話して聞いてみると「今のところはたいして予約が入ってないけれど土曜日に来て整理券があるかということについては確約できない」と言う。
わざわざ行って整理券がもらえないなんて嫌だよねぇ…。
じゃ平日会社帰りにすみれと待ち合わせて取りに行くか?と思ったのだが、すみれも塾があったりして予定が合わない。

じゃ一人で行ってみる??と聞くと、行ったことがない場所に電車に乗って行くのが不安、お店にたどり着けるか不安、お店の人にちゃんと整理券をくださいと言えるか不安、と言う。むーん…。
会社帰りに私が取りに行ってもいいけど、それはさすがにやりすぎだよなぁ。
できれば事前に整理券を一緒に取りに行って行き方を覚えさせて、当日は一人で行かせたかったんだけどなぁ。うーん…。

でもなーもう中学生だしねー。
それぐらいやってみてもいいんじゃないー?
どうしても行きたい、ほしい、というんだったら、頑張って一人で行ってみるくらいの気概は必要だよ。
なんてあれこれ思っていたら、すみれが「一人で行ってみようかな」と言い出した。
うぉーー。がんばれー。初めてのおつかいだーー。

というわけで、昨日の昼間一人で出かけて行ったすみれ。
どうしたかなぁと思っていると昼間旦那から「いま無事に店に着いたようです」その1時間半後ぐらいに「帰ってきました」とメールが来た。
うおーやればできるじゃないかー。すごいぞ、すみれ。

ひばりは中学生になったら早々に友だちと原宿行ったりしてたけど、とにかくほとんど家から出ないすみれ。
方向音痴もそうだけど、とにかく常にふわふわと無意識に生きているので、ちゃんと電車に乗れるのか?目的の駅で降りられるのか?と本当に心配。
でももう中学生なんだもんね。一人でできるようにならないとね。

「これでまた人間に一歩近づいたね」と喜ぶ私と旦那であった。

***

最近ココアが荒くれているなぁと思っていた。
解放タイムはあちこち掘りまくり畳をかじりまくり。
ケージにいる時も掘ったりかじったり。
ももももしや…と心配していたら、案の定…。
キターーー。



偽妊娠、キターーーー。顔こわーいーー!

スポンサーサイト
【 2013/07/31 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

火曜日

昨日あれだけ憂鬱な月曜日を嘆き続けていたくせに、今朝会社に向かいながら「あれ?今日って金曜日だったっけ」と思ってしまった。
どんだけ都合がいいんだよ!
まだ火曜日、そうさ今日はまだ火曜日なのさ~。でも今日が金曜日だとちょっと困った事態なのさ~(ののの納期が…)。

***

表作じーさんが技術部宛に送ってきたメールに「小役までご連絡を」という一文があった。
小役って?数を数えて表を作る仕事だから「小役人」って言いたい?それとも小職って言いたかった?
いわゆるオヤジ語なんだろうかと思って検索すると、wikiにはパチスロ用語と書いてあった。きぃーーー。

自分のこと「小役」とか言ってるんじゃねぇよ!
だったらもう「愚生」とか「ヤツガレ」とか言いやがれ。むしろ「愚息」って言え!ってそれだと違う意味になっちゃうぜ。けっ!

と、いちいち言葉尻をとらえてイライラしてしまうのは、表作じーさんが運用チームを立ち上げるという名のもとに入ってきたのに、完全なボスの操り人形と化して、運用チームの話をもやもやとあやふやにしてごまかしているからだ。
「社員のオンコール当番を廃止する」がいつのまにか、「オンコール当番の負担を減らすためにできるだけ障害を少なくする」に、「いずれは運用を外部委託する」が「運用はあくまでも社員がやる」にすり替わっている。
しかもこれはボスの御心一つで決まっているのだ。

技術部はもうみんな「オンコール当番は一生なくならないんだな」とあきらめの境地でいる。
しかしそうしていると、試験的に1プロジェクトだけ運用を外部に委託する、と言い出したりする。
もうまるで一貫性がないし期待するだけ失望も大きいので、あきらめきっているのだ。

全体会議の席で定期的に表作じーさんが呼ばれて「運用について」話をするのだが、もともと口下手な上に、自分の裁量で決めているわけではないものだから言わされてる感満載。突っ込まれたくないからテケトーなことを言ってお茶を濁そうというのが見え見え。
もういつものことなのでみんなが無反応でいると、やむにやまれずボスが立ち上がって「補足です」と言って語り出すのだが、これがまた本音(社員が24時間対応すべき)と建て前(というのをおおっぴらに言っちゃうと反発が大きかろうから少し湾曲に…)とお得意の熱い想い(でも仕事っていうのはそういうもんだ。責任感があれば24時間対応したいと思うもんだ。そうだろう?)が入り混じって、もうなにがなんだか…。

本当に運用チームが立ち上がってオンコール当番が廃止になったら、表作じーさんのこともボスのことも会社のことも見直すんだけどな…。無理だろうな。
【 2013/07/30 (火) 】 | TB(0) | CM(0)

月曜日

トイレを待ってるひばりに「してもしてもすっきりしないのよ~ごめ~ん!」と謝りながら目が覚める。
だめだ。これ以上我慢できん。
起きてトイレに行って布団に戻って何事もなかったように眠りの続きに入ろうとしたら、旦那がごそごそと起き上ってトイレに行った。時計をちらっと見ると5時。
あなたも我慢しながら寝てたのね…と思いつつ、声を出したら負けだと思い、そのまま寝たふりをしていたらいつのまにか眠れたようだ。

朝起きるとクソだるい。
クソだるいクソだるいクソクソだるいと声に出して言いたいぐらいクソだるい。
子ども二人が起きてきていないので、思いきり「だるい」「会社に行きたくない」「いやだ」「めんどくさい」と旦那に愚痴る。
子どもが起きていると、子どもの手前あんまりぶうぶうは言わないんだな、こんなあたしでも。

会社に来ると案の定A社から面倒な見積もり依頼が来ている。
どうもこの案件を是が非でもやりたいがために、今の機能に文句をつけて脅してまけさせようとしているようだ。
私たちにはもう嫌になるぐらいそういうことを言う柔道一直線が、社長やカトちゃんを前にするとまるっきり口をつぐんでしまうのはなぜなんだろうか。
ネガティヴなことを言うと自分の評価が下がるから?
だんまりをきめこまれると上の人に結局何も理解してもらえないので、仕方なく私がああだこうだと言う羽目に陥り、そうすると「やっぱりりつこさんはネガティヴ」と思われて、なんか損な役回りだ。
ああいう時にだまるってどういう戦略なんだろうか?男のやせ我慢?社会人のたしなみ?出世欲?
まるで理解できない。

私とてそんなに人の悪意に敏感でありたいと思っているわけではなく、できればいいように考えておめでたく生きていきたいの党なんだけど、なかなかそうもいかない。
時には「これは悪意があってやってやがるな」と思うことで、自分の身を守れることもあるわけで、まともに食らわらないためにも防御力ぐらいはあげていきたいと思う今日この頃。

でもできればそんなことには我関せずで毎日落語見て笑ってぼんやり暮らしたい。
そんなわけにはいかないか。
というようなことをぶつぶつ思いながら、憂鬱なクソだるい月曜日は過ぎて行くのだった。

***

さらに違う生き物に。

【 2013/07/29 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

週末のあれこれ

金曜日の夜は落語の後、小三治友だちのBちゃんと飲みに行った。
あらかじめお店を調べておいても店にたどり着けない方向音痴。
エイヤ!で入った店で通されたのが宴会やってる席の隣に無理やりスペース作った二人席。これがもう宴会の声がでかいわ煙草の煙も入ってくるわのとほほぶり。
ほんとーーに申し訳なかった!
次回はちゃんと地図をプリントアウトして予習してから会場に行くようにしよう。そうしよう。

一人で行って一人で帰ってくるのも好きだけど、たまにこんな風に一緒に飲めて話ができたらうれしいなぁ。

***

昨日はひばりは学校の後友だちの家のパーチーに呼ばれていていなくて、すみれも夕方から塾。
旦那と二人、隣駅の中華料理屋に自転車で行って飲んで食べてすみれの分をおみやにして帰ってきた。
これからだんだん子ども抜きで食べに行くことも増えるのかもしれないなぁ。

前菜を3品ほど頼み(一皿300円ぐらいと妙に安い)、鶏の唐辛子炒め、麻婆豆腐、焼き餃子を食べたら、もう前かがみになるほどお腹パツパツ。
昔は炭水化物を食べないと満足しなかった旦那も「もう入らないわ…無理」。

めっきり食べられなくなっちゃったなぁ。
それなのに食べた分だけぜーーーんぶ体重に反映するしなぁ。
もう怖くて体重計に乗れてないよ、最近。


【 2013/07/28 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

不在

昨日家に帰ったら家族が誰もいなかった。
ひばりもすみれも塾はないはずなのに…。
もももしかしてついに家族に見放されたか?ひぃーー。

いいいいや、きっとあれだ。旦那が走りに行くのに一緒に付いて行ったんだ。
そうだ。そうに違いない。
ひばりもすみれも慣れない勉強して肩が凝ってるとか頭痛いとか言ってるから、きっと走りに行ってるんだな。

一人で夕飯をあたためて食べて食器を洗ってぼーっとしていると、玄関が開く音が。
あれ?旦那一人?
「一緒に走りに行ったんじゃなかったの?」と聞くと、「ひばりとすみれは二人でプールに行ってるよ」。
なんでも夕飯食べたあとひばりがダイエットも兼ねて泳ぎに行こうかなと言い出し、すみれが「あたしも行く!」と言って、2人で体育館のプールに行ってるのだという。

最近姉妹の仲が良くてなんだかうれしいなぁ。
帰ってきたひばりは「ダイエットと思って行ったのに泳いだ後ついつい二人でアイス食べちゃった」と笑っていた。

***

私は初回しか参加していないのだが、会社の自己啓発研修会、この間は大愚痴大会になってしまったらしい。
どういう意図だったのかは不明なのだが、とにかく今思ってることを正直に言い合おうということになったら、みんなが一斉に愚痴を言い始めたらしい。
角刈りさんが「社長にはもう黙っていてほしい。やる気がなくなるようなことをこれ以上言ってほしくない」とまで言っていたというので驚いた。
あの野心家の角刈りさんがそんなことを言うなんて。よっぽど不満が溜まってるんだろうか。

かわいそうなのは今年の新人くんたち。
まだキラキラお目目の彼らは、ぶちまけられる愚痴の数々に目が点だったらしい。
だろうねぇ…。うーん。
こんなことが上の人たちに知られたらもう大変な騒ぎになるだろうなぁ。
彼らが最も大事にしているのは「何も知らない一番新しい人たち」だから…。

なんか本当にやることが極端なんだよな、うちの会社って。
とにかく何一つ反対意見は言うな、前向きなことだけ言え、というのが基本姿勢なのだけど。
時々、ほんとのことを言え、正直な気持ちを言えって迫ってくる。
まあ、この研修自体は上の人は参加してないから、ある意味「毒吐き場」になってしまっているのかもしれないけど。

でも結局愚痴をこぼしてお互い同じ気持ちだったのねと確かめ合ったところで、それは全て封じ込めてしまうのだから、吐き出す意味もないような気がする。
会社ってこういうものなのかなぁ…。
長いことサラリーマンやってるけど、「正しいサラリーマン」をやってないから、いまだによくわからないや。
【 2013/07/26 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

沸騰

A社について役員との話し合い。
あまりにも社長が何もわかってないのでムキー!!となって、結局ああだこうだと喋ってしまった。
お客さんの壺はいま不満でいっぱいだから、とにかくやることやって不満をなくしてもらって、そこに感謝の気持ちをいれてもらえるようにしないといけないって。は~~?!

こっちが何もやってなくてお客さんが不満のかたまりになってるみたいに言うんじゃねー!
やってますって!!
日ごろの対応の時にはまったく顔を出さずに半年に1回ぐらい雷落としてくるだけの人の言うことを会社全部の意見みたいにとらえないでくれよ!
コミュニケーションを取ってないって言うけど、行ってますって何度も何度も!!
リレーションシップを作れてないって何度も何度も作ろうとしてきましたって!
見てきたように言わないでよ!
ぜいぜい…。

そしたら、わかった、こっちも悪いけどあっちも悪いのね、だって。けっ!
うっせーわ!その壺のたとえ、腹立つから俺の前でもうにどと言うな!(と心のなかで)


でも結局最後はカトちゃんが「俺が行って話してくれば解決や!!」という結論になって、やれやれ…。
もう今までA社の営業やってきた柔道一直線は一気に目が死んだよ。
なんでそうやって人のせいにするのかなぁ。
そういう態度だからみんながやる気がなくなるってわからないんだなぁ。

まー俺が行けばなんとかなるって言うんだから、なんとかしていただきますか…。
反論したから少しはすっきりしたけど、なんか疲れた…。はー。
【 2013/07/25 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

靴を脱ぎたがる男

昨日は会社帰りに国立演芸場で行われた「鯉昇・塩鯛 東西お魚ふたり会」を見に行った。
前の方のいい席だったんだけど、隣に座ったおじさんが靴&靴下を脱いでいるのが嫌だった~。
なんかにほひもするようなしないような…にほひを嗅いだら負け嗅いだら負けと思って極力鼻の息は止めて嗅がないようにしていたんだけどさー。
しかもおじさんが身を乗り出して見だすと腕が触れあうのもなんか嫌で…。
いっそ枯れ枯れのじーさんならまあいいや足の油ももうないだろうよと思えるんだけど、なまじまだちょっと油気があるだけに…うぷー。

スタンディングのライブに行ってた頃は、ぎゅうぎゅうひじで押されたり前へ前へとする人に弾かれたり背後霊のように後ろに立たれたり…結構激しい目にあっていたんだけど。
落語の場合は基本座席があるし、お客さんも全然そんなにアグレッシブじゃないから、しのぎを削ることはなくて楽なんだけど。
それでもこれしきのことで結構神経使っちゃって疲れちゃうのよねぇ。デリケートなもんよねぇ。

***

なんかまたA社とちょっとヤバイ感じになっていて会社でそれが問題視されている。
明日はボス、社長、カトちゃんとそのことについて話し合う会議がもうけられている。
あーーーいやだーー。

もうさーだめなんだよ。どんなに日々の仕事をコツコツ頑張っても。
だって文句言ってくる人、普段全然かかわりがないんだもん。
半年に一回ぐらいばーんと出てきてばーんと文句言って脅して障害だって騒いでただで仕事させようとするんだもん。
もう無理だよー。

なんてことはエライ人の前では絶対に言えない。
言ったらさらに評価が下がっちゃうし、うまくいかなくなったこともぜーーーんぶ私のせいにされちゃう。
だからそんなに悪くはないんですけどねー、やることはやってるんですけどねー、もっと客先に行って提案しないとだめですねー、というような向こうが聞きたい言葉を言うしかない。
こういう会議に意味があるのかわからない。

私も子どもに説教する時についやりがちなんだけど、こちらが「こういう答えを言わせたい」と思って用意している時点で話し合いの意味はないんだよなぁ…。
そんなの話し合いじゃない。自己満足だ。
私も気を付けよう。
【 2013/07/24 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

思い出

今朝旦那に「昨日社員が全員集められてシャッチョさんのありがたいお話を聞かされたんだけど、こんなこと言うんだよ~。なんか嫌になっちゃったよ~」と話したら、「なんか頭の悪い宗教家みたいだね」と笑った後に「でもさ、前の会社でもそういうのあったよね」と言う。

私と旦那は前の会社で同期だったのだが、確かあれは入社5年目ぐらいの頃だったか、社員全員が明治記念館に集められて大々的なイベントが行われたことがあったのだ。
当時バブルが陰り始めた頃で。
ずいぶん儲かった会社もあったようだが、うちの会社はビッグプロジェクトが失敗して見事バブルに乗り損ね、おいおい大丈夫か?という状態であった。
ばーんと会場を借りて、当時会社が掲げたスローガンがばーんと張り出されて、弦楽四重奏かなんかをばーんと演奏して(そのスローガンがタイトルになっていた)、社長が鼻息荒く今後の展望をばーんと語ったのだ。

そろそろバブルもやばいかもよ?みたいな雰囲気の中、社長が掲げたのは毎年利益が2倍2倍!と増え続け10年後には利益が〇〇億!!みたいな計画であった。
そりゃ倍倍で増えて行けばそれだけのことになるだろうけど。そううまくいくんですかねぇ。
ていうか、こんなイベントやってないで、もう少し建設的なことにお金使った方がいいんじゃないですかねぇ。

社員全員でエイエイオーした後流れ解散となったのだが、一緒に帰った先輩たちが「さすが社長。並なバカじゃねぇな。先行き大丈夫か?っていう状態で売り上げ〇〇億!とか根拠もなくあげちゃうんだから」としゃべっていたのが印象に残っている。
案の定と言うかなんというか、その後バブルがはじけ倍倍どころかかなりショボくれてしまい、あのときの壮大な計画はその後語られることもなかった。

そうか。
だからどこでもそんなもんなのか、社長の訓示なんていうものは。あんまり本気で聞いたらいけないんだな、きっと。
あの時の私はそんな会に出たあとも今ほどがっくりきてなかったような覚えがあるもんなぁ。
なまじ小さいから本気で聞いちゃってがっかりしちゃうんだな。

ブラック企業=黒字と理解して、「今年もブラック企業目指してがんばるぞー!オー!」とやってる会社もあるらしいから…。
それよりはいくばくかましということで…。

***

眠くなる眠くなる…。



違う生き物になる…。

【 2013/07/23 (火) 】 | TB(0) | CM(2)

選挙

選挙には欠かさず行っているけれど、政治の流れが自分の意に反する方に反する方に向かっているようで無力感を感じる。
日本はどうなっちゃうんだろう。
もう私たちの子どもたちは子どもを産まないほうがいいのかもしれない…。

選挙速報を見たくなくて録画してあった番組を見ていた。
旦那が21時からサッカーを見始めたら、画面の下の方に選挙速報が表示されている。
「画面の大きさが当社比80%ぐらいになっちゃってる!」とぶうぶう言いながら、速報を見たくなくて、落語のチラシを画面の下の方に貼りつけた。
塾が終わって帰ってきたすみれがテレビを見て「ママたちなにやってるの?!」と大爆笑していた。

***

スルー力って必要だなぁとしみじみ思う今日この頃。
今日も中間レビューということでシャッチョさんが全社員を集めて40分間大いに語ったのだが、「会社のために」「for us」「会社もHAPPY顧客もHAPPY社員もHAPPY」「天命」…すべての言葉に怖気を震ってしまう。
なんでそれらの言葉に嫌悪感しか感じないのか。それは私だけなのか。そんな私は会社員失格なのか。

誰一人それに対して発言もしなければ質問もしなかったということは、みんなそんなに共感してなかった、ということなのかな。
なんかもうわからないわ、世の中が。
でも私は会社や上の人を神様みたいに思うことはできないから、とりあえずそんな言葉もスルーさせてもらうよ…。
本気で受け止めていた人はみーんな会社を辞めてしまった。

***

くしくし。



もっとくしくし。

【 2013/07/22 (月) 】 | TB(0) | CM(4)

画びょう

おーまのダンスの元パートナーがなんだかやばいことになっている。

おーまとパートナーを解消した後、彼女はおーまのことを目の敵にしているおばさんと組んだらしいのだが、その彼女ともうまくいかなくなりパートナーを解消、その後パートナーを組んだ人ともうまくいかず解消。
かたやおーまはクラブの中で最も目立っている若くて気が強いはねっかえりさんとパートナーを組んで、まわりに心配されながらも案外気が合ってよろしくやっている。
元パートナーにしたらもうムカついて仕方がないようなのだ。

この間合宿があって先生が車を出してくれて何名かで乗りあって行ったらしいのだが、旅行帰りに直接来たのか、大きなガラガラを引っ張ってきた元パートナー。
車のドアをあけるなり、ガラガラをどかんと車に入れたらしいのだが、それがおーまの足を直撃!
「いたっ!!!」と思わず叫び声をあげたおーまをちらっと見て「あらごめんあそばせ」。

ぐえっ、そそそれはもしかしてわざとしたってこと?
私がそう聞くと「いやそんなことはないと思うんだけど…。でもドアを開けていきなりどかん!って入れてきたの。なんなんだろ、あれ。あたしゃ旅行帰りなんだよ!って見せびらかしたかったのかしらね」と言うおーま。

おーまが帰ってしばらくすると旦那がぽつりと「予断を許しませんなぁ」。
あなたも聞いてた?ねぇ、なんかわざとっぽいよねぇ?
「うーん…まぁお年寄りって結構手元不如意っていうのもあるからなぁ。でもなんか悪意を感じるよねぇ」
だよね。なんかプリマの座を狙ってライバルのトゥーシューズに画びょう入れる、みたいな。ホームに一人で立ってるときは気をつけろよ!みたいな。

老人の嫉妬もバカにならないのだなぁ…。こわいわ。

***

ひばりがお腹から背中にかけて激痛が走ると言う。
検索してみると、なんか十二指腸や肝臓に疾患が…?さすがに肝臓はないような気がするけど十二指腸潰瘍とか、ない話じゃないなぁ…。

昨日旦那が大きな病院に連れて行ってくれて検査をして帰ってきたのだが。
帰ってきたひばりに「どうだった?」と聞くと「うん、あのね…お腹にガスがたまってますって…。」
え?それだけ?十二指腸は?
「大丈夫だって。」
そ、それはよかったね…。

今日の食後にオ〇ラをぷっとしたひばりに「おお。いいよいいよ!しなさいしなさい!」と私が言うと、旦那も「いいぞいいぞ!むしろありがたくてお礼を言いたいくらいだぞ」。
オ〇ラをして褒められるひばりであった。

***

録画しておいた朝井リョウの情熱大陸を見た。
部屋にもどろうとしていたひばりが吸い寄せられるように見ていて、「あたしこの人好きだ」と一言。

でしょ?いいでしょ?
書いたものもとってもいいのよ。ぜひ読んでほしいなぁ。

【 2013/07/21 (日) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR