りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2013年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2013年10月

落語漬け

土日も落語に行くと、疲れがじぇんじぇんとれない~。
って自業自得でごめん~、まことにすみまめ~ん♪(←まだ言う)

特に日曜日の夜は家にいてどっぷりと喪に服したいところなのだが、昨日は天どんさんの真打披露目興行があったうえに、小三治師匠も出るというので、いたしかたなかったのだ。
これを見ないで何を見る。いや見ない。いや見る。どっちやねん。

というわけで、17時開場のところ、15時から並ぶというやる気満々ぶり。
2時間前でも十分やりすぎだと思っていたのだが、行ってみればすでに15名ほどの人が並んでいる。
ほんとにみんなどんだけ落語に情熱を注いでいるんだ?
それにしてもまさか落語に2時間並ぶようになるとは…。ほんとに人生どう転ぶかわからないものよのう。

天どんさんには「天どんギャルズ」と呼ばれる熱烈ファンがいるらしい。
並びながら、いつ天どんギャルズが来るのかとドキドキしながら待っていて、若い女の子たちの集団がきゃぴきゃぴやってくると「こ、これか?!」と注目していたのだが、どうやらギャル=若い女の子ではなく、天どんファンの女はみな天どんギャルズと呼ばれるらしい。
ってことはなにか?あたしも天どんギャルズに含まれちゃってるのか?ええ?心外だなー。
ってさすがに40代はギャルには入らないか?はっはっは。

そんな私は今日から6日間連続落語。
ねえもうばか?ばかなの?
うん、ばかなのー。ははははー。
いくら会社が嫌だからってやけくそみたいに落語に行くこともあるまいに。いや、ほんと…。

***

実は遅ればせながら最後の2か月だけ見ていたのだ「あまちゃん」。
とはいっても朝は見ている時間がないのでもっぱら夜。
見始めたらものすごく好みのドラマで、なんで最初から見ていなかったのだろうか、と後悔しきり。

朝の放送時間、昼の放送時間のあたりは、ドラマの内容をつぶやく人が多いので、その時間帯はtwitterを見ないようにするという念の入りよう…。
最終回の日はその時間外であってもつぶやく人もいるだろうと、twitterは開かずにいたのだが。

外出先で持っていった本を読み終わってしまい、やることがなくなってしまった。
ここなら安全だろうと本のSNSを開いたら、ラストシーンのキャプチャーをはってつぶやいている輩が…!
ねぇなぜ?なぜなの?なぜそんなにつぶやきたがるの?しかもどうしてここで…?

危険があるとわかっていながらネットから離れていることができないのだから私も同罪か…。
しかしあまりにも腹が立ったので、その人のことはお気に入りから削除してやったぜ。ってその人にとったら痛くも痒くもないだろうが。
テレビのキャプチャー貼ってそんなにうれしいか、ごらぁ。

ネタバレが嫌な人はネットなんかするな!という声もあるが、たしかにそうね…と思った出来事であった。

***

こちらを警戒して耳がぴーん。


寄るとますますぴーん。
スポンサーサイト
【 2013/09/30 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

つる人

明け方足がつる予感で目が覚める。
ど、どうにか食い止めなければ!と起き上るも、両足が盛大につり七転八倒。ぐおおおおおーーー。
いいいいいたいいいいーーーとひとしきり布団の上でのた打ち回った。

さびれた薬局によく貼ってある「足のつる人」という張り紙が脳裏をよぎる。
今度行ってみる?

***

昨日はB社で会議。
営業+シャチョでプレゼンした機能をほぼ全部対応することになり、詳細を詰める打ち合わせがあったのである。
提案の時はほぼ蚊帳の外だった私。ちらっと提案書を見せてもらったら「おいおい。またこんなできそうもないこと言っちゃって大丈夫か?」という内容でぞぞぞ…。
しかもシャチョとカトちゃんがやたらと「スピード感!」とうるさく、ちゃちゃっと仕上げろ!みたいなプレッシャーをかけてくる。
内部の打ち合わせの席で、B社の本番サーバーがもう古くてよれよれで負荷がかかるような機能を入れることは無理!サーバーを来年早々に入れ替えることになっているので、その後でないと大規模改修は無理!と伝えると、「またでたよ。ネガティヴ発言が」という反応。
でもお客さんの方もシステム部からそこは釘を刺されたらしく、納得してくれたので、ひとまずほっ…。

それにしても会議の席で、僕ちん自分だけが気にいってもらえればいいんだい!僕ちんを見て!褒めて褒めて!という態度丸出しのきんにくんにげっそり…。
人を踏みつけにしておいて、罪悪感ひとつない爽やかさはあっぱれとしか言いようがない。
すげーなー。田舎のおぼっちゃまくんって。
いずれ田舎に帰って郵便局長を継ぐらしいのでとっとと帰って田舎で僕ちんには頑張ってほしいものだが、多分私の方が先に辞めることになりそう~。ひょろ~。

B社プロジェクトは昨年の新人のおにいさん(息子と言ってもいいぐらいの年だが、背が高くて優しくて穏やかでお兄さんっぽい)が助っ人に入ってきて、彼だけが心の支え。
とはいっても同期の出木杉くんのように出来すぎではないのでそんなに頼りにできるわけではないのだが、一生懸命覚えよう役に立とうとしてくれていてありがたい。
助け合ってなんとかやっていけたらいいんだけど。もつのかなーあたし。

***

眉毛健在。

【 2013/09/27 (金) 】 | TB(0) | CM(0)

3連休最終日

3連休が終わってしまう~。
2週続けて3連休だったから、3日休まないと休んだ気がしないという体になってしまった。
来週からどうしよう。
と言いながら実は今週は25日にも休む予定。
最近ほんとに有休を使いまくっていて、総務の人たちから心配されている。「だ、だいじょうぶ?まだある?」って。
大丈夫。なはず。計算を間違えていなければ。

土曜日は嵐、日曜日は落語、と出かけていたので、今日は家でゆっくり。
一日は家にいないと、ブログも書けないしパンも焼けないし疲れもとれない。
本と落語の感想、週に1回は書いておかないと、もう思い出せなくなっちゃうんだよなぁ。
って別に書かなくても全然いいんだけどさー。
でも書いておかないとぜーーんぶ忘れちゃうからさー。
実は最近、1週間まとめて書くのも結構厳しくなってきた>記憶が。

今週も落語の予定がいっぱい。楽しみだなー。
仕事の方が徐々に忙しくなってきて、心配だなー。

***

熱心に塩分補給。



白目をむいてがんばる。



【 2013/09/23 (月) 】 | TB(0) | CM(0)

嵐&ブラック

おーのー!また写真がどでかかった!
中サイズでもだめなんだな。小でないと。
よしっ、わかった!今度からはバッチシだぜ!(←全然だめそう)

***

昨日はアラ○ェスに行ってきたのだ。
でも行ったことを楽しげに書いたりすると、「行けなかった人の気持ちになってください」と怒りのメールが来たりすることもあるそうな…。
我が家も3人でファンクラブに入っていても全滅することもあったから、その気持ちもわからないではないから、あまり詳しく書くのはやめておこうと思う。
一つだけ自分の備忘録として書いておくとするならば…
「そういうアリーナもあるんですね…」

昔アメトークでおぎが言っていたのだが、ある時みた夢で、すごい巨乳なのにAカップをつけてる女の子が出てきて、それを見たおぎが「そういうAもあるんですね」と言った、と。
今回アリーナだったので、ここここりは一生分の運を使い果たしたかもしらん!!と思ってうはうはになっていたのだが、実際に行ってみたら、まーーーー遠い。
スタンドのもっとも上と比べれば確かに地上だからましではあるけれど、しかし…しかしだね…。遠かったー。
スタンドだったら最初から覚悟はしておいたんだけど、アリーナで喜んじゃってたもんだから、「あああ、こんなに遠いのか」とちょっとショックであった。

私やひばりはすぐに気持ちを切り替えられたのだが、すみれがなかなかそれを受け止められず。
特に背が低いすみれは、自分が低いからこんなに見えない…と思って、かなりじたばたしておった。
「見えない。全然見えない」と涙ぐむすみれにひばりが「しょうがないでしょ。この雰囲気を楽しみなよ。楽しまないと損だよ」と言い聞かせていて、ひばりも大人になったんだなぁ、と思った。
泣いていたすみれもMCの後からは何か吹っ切れたようで楽しんでいるように見えて、少しほっとした。

地元に帰ってきてから3人でガス○で打ち上げをしたのだが、そのときにすみれが「期待が大きかっただけに最初のうちはこんなに遠くて肉眼では見えないっていう現実を受け止められなかった。でもMCが楽しくてそれから気持ちを切り替えられた」と言っていて、ちゃんとその時の自分の気持ちを振り返ったり、自分でそれをコントロールしたりできるようになったのだなぁ…とちょっとうれしくなった。

子どもっていうのは、成長していくところが素晴らしいな…。

***

今日はらくごカフェで行われたブラック&左談次二人会に行ってきた。
左談次師匠目当てだったのだが、前に打ち上げで会った人でものすごーいブラック師匠推しの人がいて一度見てみたいという気持ちもあったので、行ってみたのだ。
ブラック師匠については、好きか嫌いかどちらかだろうなと覚悟はしていたのだが、だめだった…。
下ネタ、あんまり得意じゃないんだよね…。あまりに露骨な下ネタをやられると、「落語の男のものなんだぞ。それを女の分際でのこのこ来やがって!」と、拒絶されたような気がしてしまう。それこそ自意識過剰なのかもしれないけど…。

まーいろいろあるわねー。
そういうところも含めて面白いんだけどねー。

***

外を見るココア。
どんな気持ちなんだろうなぁ…。


【 2013/09/22 (日) 】 | TB(0) | CM(2)

手元

ついにやっちまった。
落語のチケットをなくしてしまった。
その週に行く落語会のチケットをカバンに入れて持ち歩いているのだが、昨日までは入っていたのに今日見たらないのよ、よよよ…。
多分昨日電車の中で本を読もうとして取り出した時か鈴本演芸場でお金払った時に落としてしまったと思われ。
酔っ払ってもいないのに失くすなんて最低…。しくしく…。

これからはこういうことがないように、ちょっと大きめのポーチを買って、チケットはこれに入れておくことにした。
年とって頭がもやもやになってきたのは言わずもながなんだけど、手元不如意になってきたのが、なんともかんとも…。

***

先週から会社が前にもまして嫌になってきている。
長い春夫さんにちょっと愚痴ったら「りつこさん…末期症状ですよ」と言われてしまった。

…末期かい。
あたしもう4年ぐらい前からこの状態なんだよなぁ。
ってことは末期のまま4年もったってことだ。ある意味てぇしたもんだ?
旦那にそう言うと「あんたも案外死んでからが長いね」とにこにこしながら言われた。
褒められた?のかな?

***

すみれが応募したイラストが最終選考まで残ったと電話がかかってきた。
すみれに告げると「がんばったら届くんだね。こういうことってあるんだね」と大喜び。
よかったね。私もうれしい。


***

くしくし。

【 2013/09/19 (木) 】 | TB(0) | CM(0)

ぼぼうの想い出

そういえばすみれが保育園時代に反抗して「ばばあ!」と言ったことがあって、ムキーー!!となりかけたらその後に「ぼぼお!」と続けるものだから、思わず笑っちゃったことがあった。
ぼぼおってなんだ?



そういえばすみれかひばりのどっちだったか「ママに言われたことで覚えていることはねぇ」と言うので「え?なになに?あたしなんかいいこと言った?」と思って聞いてみると、「毛は大切なところに生えるんだよ、って。それだけはよく覚えてる。」と言われて、がっくりきたことがあった。
毛は大切なところに生えるって…。
他にももっと伝えなければいけないことがあるだろうに、おれ。とほほ。



家に帰ったら旦那が「〇〇はアトランタでやるんだって」と話しかけてきて、アトランタと聞いて私が思わず、♪ちゃちゃちゃちゃらちゃらららら~ん、ちゃちゃちゃちゃらちゃらららら~ん♪と、アメリカ横断ウルトラクイズのテーマを歌うと、子どもが二人とも「ぐわはははっ!!」「ほんとだっ!!」と笑いだしたことがあった。
何かと思ったら、アトランタと言われた瞬間に旦那も同じ曲を歌ったらしく、子どもに「なにそれ?」と聞かれて、「いやこれはね、昔アメリカ横断ウルトラクイズっていうのがあって…」と一通り説明したあとに、「ママにも聞いてごらん。絶対この曲を歌いだすから」と言ったらしいのだな。
さすがあなた、私のことをよくわかってらっしゃる…。



最近ひばりが旦那のくだらない冗談にやたらとウケる。ひーひーいって笑い、「パパ最近ギャグレベルが上がったね」なんて言う。
すみれとお風呂に入っていても、すみれが髪の毛を顔の中央に集めて「おねえちゃん見て。ヒゲ」とやるだけで、ひーひー笑いころげるらしい。
旦那もすみれも「おねえちゃん、弱ってるんじゃない?」と心配している。



すみれのビッグビッグ計画継続中。
すみれがある時「ココアが飲みたいから今度スーパーに行った時買って来て」と言うと、旦那が「ココアを飲むならミロにした方がいいよ」と言い出した。
「ミロってなに?」
「強い子のミロ♪だよね!」(私)
「麦芽飲料だよ」
「麦芽飲料って?」
「強い子のミロ♪だね!」(私←うれしくて何度も歌う)
「麦芽が成長にいいんだよ」
「ビールも麦芽?」
「そうね。だからママは成長し続けてるわけ(腹が)。」

それはビッグビッグにいいではないか!ということになり早速買ってきた。
すみれがミロを牛乳で溶いていると、それを見ていたひばりが「ちょっと飲ませて」と言って一口飲み「うまっ!!うまっ!!」と喜んでいる。
そして「あたしも飲もう」と言って作って飲んでいる。

そうやってまたすみれ以外の人がビッグビッグに…。

***

眉間にシワのココアさん。



なにさ…。

【 2013/09/18 (水) 】 | TB(0) | CM(2)

うちわ

アラフェスが当選したので、昨日はうちわ作り。
うちわ作りといってももう最初から作ったりはしないで、前に作ったうちわの補修作業。
こうやって補修しながら何回も使っていることを考えると、案外モトはとれるっていうか…なにでなにのモトをとるのかは不明だけど、最初に材料を揃えた時は結構な金額がかかったけれど、それを何年も使いまわしていることを思うと、それほどでもないじゃん、と思ったり思わなかったり…。
昨日はおーまが夕飯を食べに来ていたのだが、そういうちまちましたことが大好きなおーま。
私とすみれでうちわの補修を始めると、嬉々として手伝い始めた。

「ここがちょっとさびしいわね」
「すみれちゃん同じ星をあと3つ作ってよ。ここに貼りたいから」
「この白が効いてるわね。さすがすみれちゃんはセンスがいいわね」
「ここが雑なんじゃないかしら」

まーうるさいうるさい(笑)。
ご飯ができても、普段だったらすぐに食卓につくのに、キリが悪いのかなかなか席につかない。
食べ終わった後もああだこうだと手を加え、私とすみれはもう嫌になってきて「これでいいよ」と終わりにしようとするのだが、「やっぱりこの周りも飾りたい」だの「このままじゃおかしい」だの言ってなかなか許してくれない。

いやぁ、おーまって私以上に凝り性なんだよなーそういえば。
一時期私が編み物に凝った時、おーまが「私もちょっとやろうかしら」と言い出して教えてあげたら、もうあほみたいに集中して編んで、やりすぎて目から血が出たほどだったのだ。

「これならきっと気づいてくれるわよ」
「でもこの右上のところが残念だわ。ここね、お願いね、すみちゃん。ね!」

多分、材料が家にあったら徹夜してすんげーやつを作っただろうな、おーま。
名残惜しそうに帰って行くのがおかしかった。

***

小松菜は好き。



【 2013/09/17 (火) 】 | TB(0) | CM(2)

週末のあれこれ

土曜日はMRIを撮りに行って、歯医者に行って、午後から中学校の茶話会へ。
MRIも定期的に受けているのですっかり慣れてしまい、ほよ~っとしていて朝食抜くことをすっかり忘れておにぎりなんかをしっかり食べて行ってしまった。
台に横になったらいつものように造影剤で気分が悪くなったことはないか、アレルギーはないかなどいつものように質問され、「もう何回も受けてるんだから記録を残しておかんかい!」と内心苦々しく思っていると、「朝食は抜いてきましたね?」と聞かれ、「ほえ?抜かないといけなかったんでしたっけ?」。
あーーそういえば毎回MRI終わると、腹減った腹減ったーとラーメン食べたりサンドウイッチ食べたりしてたっけ。すっかり忘れておった…。
食べてきちゃったと正直に言うと「え、えええ?」と驚かれ、すわ!中止?!と焦ったのだが、早起きしていたのが幸いしどうにか撮ってくれることになってほっ…。

それにしてもよー、8700円もするんだぜー。なんか勿体なくねぇ?もういいんじゃねぇ?
これでまた大きくも小さくもなってませんね、ってことになって、手術しますか?どうしますか?って聞かれて、まだ手術はいいですっていうと、じゃまた半年後にMRI撮りましょう、ってなるんだよなぁ…。むーん…。

詰め物がとれただけじゃなく歯が欠けてしまっていたため治療にえらい時間がかかった歯医者もようやく終了。
なんかしょっちゅう歯医者通いしてるみたいでいやになっちゃう。

すみれの中学校では年に一回必ずなんらかのPTA行事で役員をしないといけないことになっていて、今年は茶話会の当番になっていたので、午後から中学校へ。
役員の仕事としてはお菓子やお茶を各テーブルに配るぐらいで、あとは要するにサクラ。
町会の人や熱心な父兄、それに先生を交えて各テーブルで話し合いをして発表するのである。
知り合いもほとんどいないしどうしよう~と思っていると、先生たちが続々入ってきた。

げっ。理科のゲロムラ先生が来た!
おえー。お前いつまでこの学校にいるんだよ。早く異動しろよ。バーカ。
と心の中で罵りながら、こちらのテーブルに来ませんように来ませんように来ませんように…と祈る。
ほぉ~よかった、別のテーブルに座った。
お、あれはすみれの担任の先生じゃないか。まだ一度も話したことがないからこっち来いこっち来いこっち来い。
うぉおーーー。ほんとにこっちに来たーー。

「ああ、すみれさんのおかあさんですね。はじめまして。この間の個人面談はおとうさんがいらしていたので…」
ええ、母もいるんですよ。男やもめじゃないんですよ。
すぐに先生と仲良くなるひばりと違ってすみれはまったく心を開かないので、どうやら担任とも一度も話したことがないらしく…。
先生も話題に困ったのか、「すみれさんは家で学校の話をされますか?」なんてことを聞いてきて、「ええ、結構します」と答えたら「え、そ、そうですか」と驚いていた。

今回のテーマは震災が起こった時どうするか、ということだったんだけど、いろいろ話していて、この先生好きだなぁと思った。
もう本当にたんに私の好き嫌いなんだけど、でも好きだな、このひと。
すみれは結構男の先生運がいいんだよな。
今年一年は安心だな。たぶん。

夜は家族で新大久保へ。
4人でたらふく食べて6千円は安い!

そして日、月は家に引きこもり。
ああ、楽しいときは過ぎるのが早いなぁ…。もう明日から会社か。どよ~ん…。

***

 久々にPCで見てみたら、写真がはみ出しててびっくりこいた!
【 2013/09/16 (月) 】 | TB(0) | CM(2)

トレース台

すみれがトレース台を自作したいとしばらく前から言い出していた。
それを聞いてメラっと闘志を燃やした人が一人。
旦那である。
ひばりが小学校のバレー部でアタックがなかなか決まらず悩んでいたとき、練習用のネットを作った男。あのネットを公園に持って行って、父娘で練習に励む姿は、バレー部でも話題になったものだった。
その他にも私の文庫本用の本棚、スパイスラックも作ってくれた。あーそうだスピーカーも手作りしてたな。
好きなんだよね、作るのが。
そしてそれが酔狂なものであればあるほど燃えるんだよね。

台風が接近する中、近所のホームセンターに材料を買いに行った旦那とすみれ。
帰ってくるなり強力なカッターで買ってきたアクリル板を裁断している。
台にするのに丁度いいと出してきたお煎餅の缶のなかに、買ってきたLED手元灯を入れてその上にアクリル板を置いて原稿用紙をアクリル板の上に置いてスイッチオン!
期待に目を輝かせていたすみれが、「あー全然ダメだ」と肩を落とした。
見れば光が弱すぎて大して透けてないのである。

あーたしかに光が弱いね。
もっと光度が高くないとダメそうだね。
そうかーこれぐらいの光じゃダメなのかーと言う旦那。電池じゃダメなのかもな。そうかわかった、スイッチつきのソケットにしたらいいんだな。
いやでもそれでだめだったらむしろ最初から市販のトレース台を買った方が良かったのでは?
買い直してやり直してをやってると泥沼になるのでは?

などといろいろ言いつつも、しかし乗りかけた船だ!やはり自作で行くのだ!ということで、午後にまた3人でホームセンターへ。
スイッチつきのソケットとLED電球を買ってきた。
私と旦那はそのあと図書館とスーパーへ行ってから帰ったのだが、先に帰っていたすみれは早速試してみたらしく、私たちが玄関を開けるなり部屋から飛び出してきて「バッチリだったよ!」と笑顔。
ただ入れただけだと光が拡散せずにイマイチだったから缶のなかにアルミホイルを敷き詰めたらいい感じになった!と。

おおお、良かったじゃないか!
充分機能は果たしてるね!
というわけでトレース台完成。パチパチ!

こんな感じ。


親バカパワーってすごいわね、とココア。
【 2013/09/15 (日) 】 | TB(0) | CM(0)

仕事と落語

会社でとても嫌なことがあって、怒ったりしょんぼりしたりの1週間。
ああだこうだと書きかけてはみたものの、あまりにも陰鬱な内容にさすがにアップする気にはなれず。
どうにか生き延びて無事に3連休を迎えられることを喜ぼうと思う。

それでももう本当にがっくりきている時に思わずブチブチと愚痴をつぶやいたら、隣に座ってる北野大に「ほんとにそうだよね…。わかります」と気持ちを分かち合えたことは良かったな…。
同じ社員同士でも、自分の保身のためにメンバーを生贄のように差し出すようなヤツもいれば、「ありゃ酷いよ」と味方になってくれる人もいる。
分かってくれる人もいることを心の支えに頑張ろう。
立場が違えば見える景色も違うのだろう。
他人を変えることはできないから、自分が平気になるしかないのだが、それがなかなか難しい。

そんな中、落語だけはせっせと行っている。
昨日は新宿のテイトミュージックというレコード屋さんで行われた百栄師匠の独演会に行ってきた。
小さいお店にパイプいすを並べてお客さんは全員あわせて30名くらい。

今、鈴本演芸場の夜の部に出ている百栄師匠。
トリをつとめる龍玉師匠とは前座仲間だったので積もる話もあるし…と思って、寄席の後何名かで飲みに行った。
いいおっさんになっても落語家っていうのは集まるとしょうもない話しかしていなくて、その時もよく来るお客さんの話になった。
その中には女性のお客さんもいるのだが、口の悪い落語家が「おれは好みじゃない」とか言い出した。
来てもらえるだけでもありがたいのに、しかも女性に対してそんなことを言うとは…と、百栄師匠はたしなめた。

「僕は昔から自分で言うのもなんなんですけど、女性には優しかったんです。小学生の頃なんかだと元気のいい男子の中には特定の女子に対して面と向かって”ブス”なんて言うやつもいましたよね。僕はそんなことは言ったことなかったし、あんまり目に余る時は”おい、やめろよ”と止めたりもしてました。でもね…。気づいたことがあるんです…。今もそうなんですけどね、女性にもてるのはそういう時に”やめろよ”って言う私じゃなくて、”ブス!”って言ってる男子の方なんです。大人になってもそれは変わらないんですねぇ。これはいったいどういうことなんでしょう?」

そんな話をふにゃと語られると、会社で張りつめていた神経がほわ~とほどかれていくようでうれしくなってしまう。
昨日は障害があってひぃいいーーとなりながら対応したり、無理解なきんにくんのメールに涙がちょちょぎれたりしたのだけれど、そんな一日の終わりに、がはははは!とひたすら笑って「あーーおもしろかったーー」「好きだー」という想いで胸をいっぱいにして帰ってこられるのは本当に幸せなことだよなぁ、と思う。

嫌なこともたくさんあるけど、それを上回る楽しいことや好きなことがあればきっと笑って生きていける。

***

やあやあ!

【 2013/09/13 (金) 】 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR