りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2013年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年01月

大阪へ

28日の夜、21時半ごろに東京を出て、一晩走って大阪へ。
今回は渋滞はなかったのだがそれでも大阪に着いたのが5時半。
子どもたちは後部座席で熟睡。
私と旦那は20分交代でそれぞれのipodを流しながらバカ話。
高速の出口にたどり着いたときは思わずガッツポーズ!さすがに8時間運転は大変だ~(旦那が)。

昨日はおとうさんも一緒に日帰りで温泉へ。
昨年の正月に階段から落ちて骨折したおとうさん。最初に聞いたときは、このまま寝たきりになってしまうのでは…と心配したのだが、おもいのほか経過がよく、日常生活を送れているようなので良かった。
温泉に入って懐石料理を食べてビール飲んで幸せ~。ぷは~。

夜は文句を言いながら「ビッグダディ」。
六時間なんて長すぎるよー。早く終わらせてくれー。と言いながらここまで見たのだから最後まで見ないわけにはいかない!とよくわからない義務感にかられて結局最後まで。
見終わった時はもうへとへと。あー疲れた。

今日は恒例のマイカル詣で。
最近はクリスマスプレゼントをこのときに買ってもらうことにしているひばりとすみれ。
この頃少しだけファッションに興味が出てきたすみれ。
すみれの好みを熟知しているひばりがぱぱっと「これなんかどう?」とすみれの好きそうな服を選んでくれるので、楽チンだ~。
私は苦手のジーンズを勇気を振り絞って試着して購入。こここれで当分買わなくて済む…ぜいぜい。
いやほんとに最近洋服を買うのが辛い…。自分がデブデブしすぎてて。しくしく。来年こそ頑張って痩せよう…。痩せるのが一番のお洒落だ。

と言いながら大阪にいるとご馳走三昧、ビール三昧で、痩せる要因がこれっぽっちも見当たらないのだった。

***

ココア、元気にしてるかなぁ。

スポンサーサイト
【 2013/12/30 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

年忘れ市馬落語集

昨日は市馬師匠の落語会という名の年忘れ歌謡ショーに行ってきた。
知らないでチケットとっちゃったんだよー。一之輔、兼好、三三と私の大好きな3名の名前があったので「これは行きたい!」と飛びついたんだけど、あとからこれがあの有名な年末の市馬歌謡ショーか!と気付いたのだった。
市馬師匠は好きだけど、そして気持ちよさそうに歌う姿を見てみたいという気持ちはあるけれど、しかし昭和歌謡…お、おれがどうして昭和歌謡…。むーん。

会場に着くと、いつもの落語会より年齢層高め…。や、やっぱりそうですよね…。
前半は落語で後半が歌謡ショー。
もう10何年続いている会らしく、進行もとてもスムーズで長いなぁ…という感じはなく結構楽しめたのだが、しかしやはり間違って来ちゃった感は拭い去れなかった。
市馬師匠がうれしそうに物まねしていたけど、なにせ「元」を知らないし…子守唄を歌われた時は思わずほんとに眠りそうに…ぐー。

それでも年忘れって感じは漫喫できて良かった。
そして今日で仕事納めだしめでたい!ひゃほー。

***

近視が進んだと思っていたが、どうやら老眼が進んだだけだったらしい。
コンタクトの度数を少しあげたら、前より見えにくくなってしまった、とほほ。

***

昭和歌謡ショーて。



昭和歌謡て。

【 2013/12/27 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

組織変更

会社で大幅な組織変更があった。
前々から技術部を幾つかのグループに分けて社員同士を競わせたいという会社の思惑があったのだが、各グループの長にしようとしていた人たちが次々に辞めていきとん挫していたのである。
今回すごいよ。なんとピノくんがグループ長。3年目社員がいきなり管理職ですて。ひょえ~。

辞められると困る人にはどんどん役職を付けていくというのがここの会社のやり方なのだが、いくら地位やお金をあげても辞める時は辞めていくからのう…。ヤングくんなんて5年目ぐらいで取締役になったけど、逃げ足ははやかったからなー。
役職につけて責任は与えるけど何かを決めたりする権利は与えないというのがここの人たちのやり方なんだよなー。
優秀な人を抜擢するのはいいけど、それが逆効果になって優秀な人ほど辞めていってるんだけど、ピノくんは大丈夫なのかちら。
ま、木彫りパワーではねのけるかな、そんなことも。

私はピノグループのメンバー。
明日席替えなんだけど、ピノくんの隣の席だよ。わーい。
分からないことがあったらいろいろ教えてもらっちゃおう!
と、息子といってもおかしくない年ごろのワカモノをすっかり頼りにしている私。ほほほ。
抜擢人事のピノくんが会社に見切りをつけて辞めませんように。なむー。

***

昨日の夕飯はお歳暮でいただいたふぐの刺身に豚と白菜のうま煮。
うま煮は、ひばりがテレビの3分クッキングを見ていておいしそうだったから作ってみたのだという。
ついに3分クッキングを見て料理を作るようになったか…。すげー。

すみれが「おねえちゃん本当に暇を持て余してるみたい。今日も私が学校から帰ってきたら、”ハウルの動く城”を見てたよ。よっぽどやることがないんだねぇ」と言う。
推薦が決まってなければ今頃はもうピリピリして夕飯を作ってもらうどころではなかっただろうし、ちっともあがらない成績とそのわりにネットやLINEばかりやっているひばりに(←決めつけ)こちらもイライラし通しだっただろうから、本当に推薦が決まってよかったよ…。
受験で楽しちゃったツケをいつ払うことになるのかは今は考えないことにしよう。

***

寄ればいいってもんじゃないのよ。

【 2013/12/25 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

振り返る

今年はよく落語に行ったなぁ、いったい何回ぐらい行ったんだろうと数えてみたら124回行っていた。
約3日に1日は行ってる感じでしょうか。はははは…。(←笑うしかない)
よくそれだけ行って会社も家族も何も文句を言ってこなかったわねぇ。私は会社にも家族にも恵まれているのねぇといまさらながらしみじみ思う(遅いよ!)。
特にすごかったのが9月で18回行ってた。18回て…。
9月の日記を読みかえしてみると、左腕がだるいだるいと言っていて整形外科に行ったけど原因がわからず湿布もらって終わりだったんだけど、落語に行き過ぎているせいですよ!とあの時の自分に言いたい。

ほんとに何かを好きになった時の熱中ぶりはすごいなぁと思う。我ながら。
特に落語の場合はライブに比べて回数が多い、チケットも安い、行こうと思えば毎日でもやっている、というのがありがたくもあり迷惑でもあり…。
いったい誰を一番たくさん見ているんだろうと数えてみたら喬太郎師匠と一之輔師匠を35席見ていた。それだけ見てればそりゃ飽きるわな…(飽きたのかよ!)。
一番大好きな小三治師匠が25席。これは独演会や一門会だけじゃなく、小三治師匠が出る寄席にも通ってようやく…の数字。
来年は小三治師匠を中心にあとは飽きない程度にほどほどに通おう。と日記には書いておこう。
過ぎたるは及ばざるがごとし。
細く長く細く長くと自分で自分に言い聞かせるのだった。

***

旦那の外勤も佳境に入り、毎晩帰りが遅いし、週末も持ち帰って仕事をしている。
聞いてみると、私が今の会社に入った当初を彷彿とさせる雰囲気。
これもやらないといけないんだろうか?と質問に行くと、「そもそもやらない理由はなんですか?」と逆に聞かれてしまうのだという。

あーあーいるいるそういうタイプ。
こちらから質問に行くとそういう禅問答みたいな回答をしてくるんだよね。
向こうから頼みごとがある時はそうでもないでしょ?
仕事ができるかもしれないけど人間的に最低だよ、そいつ。だってそのせいで仕事が滞るんだから。

私が息巻くと「おおっ、なんかそう言われてすごくすっきりしたぞ」と言う旦那。
「うちの会社にはそういうタイプ結構いるからよくわかるよ」と言うと「あんたも大変だったんだね…」。
わかりあえてうれしいよ、よよよ…。

***

あっしには関係ないことでござんす。



わしわしわし。

【 2013/12/24 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

メリクリ

少し早めだけど我が家は日曜日にクリスマス。
夕方出かけた旦那とひばり。合格祝い&クリスマスプレゼントに待望のiphone。
すみれのリクエストは天体望遠鏡。最近急に星好きになったすみれ。小学生の時にやっていたチャレンジの付録の望遠鏡で毎晩星を見ていたのだが、ちゃんとしたやつが欲しいと言い出し、ほえーいきなりでんなーと思いながらも、そういう酔狂なことは応援したいの党なので、ネットで注文しておいた。

旦那にはコート。何年か前にプレゼントしたダウンジャケットのファスナーがいかれてしまい、その壊れたファスナーを頑張って頑張ってどうにかあげて使っている姿が哀れを誘う…。一度あがると「もうおろさないようにしよう!」と誓うのだが、暖かいところに入ると無意識のうちにうりゃー!とさげてしまい、そのたびに「あああ…またやってもうた」と肩を落としている。上着を脱ぎ着するたびにそんな苦労をしているなんて…。
おーまにはビデオ。なにせダンスのレッスン中に撮ってないのは私ぐらいなもの!と言うのだ。あと毎回レッスンに行くのに大きなカバンを持って行っているらしいのだが、「みんなガラガラで来ている」とも言っている。「こんなバッグで来てるのは私ぐらいなもん」って…。お前は中坊か!な「みんな持ってる」発言がかわいいおーまである。

私は旦那からコートをいただいた。
あなたが思っているより太っているのよな私は旦那から服をもらうと毎回入るかドキドキなのだが、どうにか入ったのでほっ…。
来年はどうにかして体重を落としたいものである。

クリスマスディナーは私がカナッペを作り、旦那が寿司、ステーキ、そばを。
見事なまでに和洋折衷なメニューだが、寿司とそばは子どもたちに大好評なのである。
安いスパークリングワインを買ってきておーまと二人であける。ぷはーっ、うめえー。
旦那と子どもはシャンメリー。
今年はクリスマスケーキを近所の高級ケーキ屋で予約。最近は予約なんかしていなかったんだけど、昨年ケーキを買うのに結構な行列に並んだことがトラウマになっていて、たまたまチラシが入ったので2週間ほど前に予約しておいたのである。
ミイルというアプリに旦那がはまっていて料理をアップしているのだが、私とひばりも最近始めたので負けずにアップ。写真の出来不出来で「食べたい」の数が変わるので、みんな真剣そのもの。

夕飯を食べた後は年賀状作り。
クリスマスを祝った後に年賀状っていうのが最近の定番。
センスもないし気力もないのでちゃちゃっと作って、「ま、いいやこれで」。参加することに意義がある、ってことで。
【 2013/12/23 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

プログラマー引退説

今週はやけに長いなぁと思ったら、平日5日のうち4日落語に行っているせいだった。
さすがに疲れたよ、ママン…。(←バカ)

仕事の方も忙しくなってきていて、「今日こそ(落語に)行けないかも…」と気が気がじゃない。
もうなるたけ開発は若いモンに任せて…という気持ちでいるのだが、実際にはそうはいかず手を出しまくりで泥沼にはまりまくりでイブも正月明けもリリースの予定が入ってしまい、とほほほほ。
もともとおおざっぱだけど、加齢とともにますますおおざっぱになってきていて、今度こそとんでもないミスを仕出かすんじゃないかと気が気でない。
心配なら綿密にテストをして事前に準備をするしかないんだけど、その「綿密」っていうのが難しい。

私が入社したころはさかんに「プログラマー35歳定年説」っていうのが言われていたけれど、確かになぁ…。
大きな会社だったらもう現場はやらずに管理をしてる年齢だよねぇ…。
なんつって、管理なんかできないくせにそんなことをぼやいてみたり。
ぐずぐず言ってないで出来ることを精一杯やるしかない。
わかってる。わかってるんだけどね…。

この間の陶器のかけらが刺さっちゃった件なんかでも、かけらを拾いきれない旦那ちゃん(←視力が弱ってきている)に、それをピーポイントで踏んづけてしまう私(←危険察知能力が弱ってきている)っていうところに、ああ…私たちも徐々にじじばばになっていくのね…という予感というか確信というかそんなものを感じてしまってちょっとため息。
いやしかし待てよ。あたしたちは若いころからオッペケペーだったじゃないか!年のせいじゃないさ!と思い直してみたり。

そんなふうに考えると、つくづくおーまはすごいなぁと思うのだ。
おーまがスキーに夢中になって私に嘘をついて一人でスキーに行ったりしていたのが私が高校生の時。ってことは今の私の年齢だ。
今もダンスに夢中で当分辞めないつもりだからレッスンを撮るためのビデオが欲しいなんて言ってるし、こまかーーい暗号みたいなシートを読んでダンスの予習をしたりしてるし、そしていまだにレッスンをしてお金を稼いでいるし…。
自分の親ながらすげーなーと思うなー。あんなふうな老人になりたいけど、なれる気がぜっんぜんしない。

***

ガツガツ。とにかく食えてりゃいいってこと!

【 2013/12/20 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

ボンバー

昨日の夜は飲んで帰ったので、風呂から上がってすぐに寝てしまった。
おかげで髪の毛がボンバーボンバー。
「このままの状態で会社行ったらすごいよね」と旦那に言うと、「そういう髪型の人もいるけどね」とよくわからないリアクションだった。
…励ましてくれたのだろうか。

飲みに行ったので昨日は家で夕飯を食べられなかったのだが、旦那が「夕べのご飯も豪華だったよ」と言う。
夕べはすみれの番だったのだが、焼き魚とピーマンの肉詰めだったらしい。
ピーマンの肉詰めなんて作れるんだ、すみれ…。
ひばりもどんどん料理の腕を上げていて、この間はトンカツを作ってくれたのだが、さっくさくでとてもおいしかった。

それにひきかえ、私の当番の時はたいていおでんか鍋にしているような…。まるでひねりがないような…。むー。

***

3ヶ月前ぐらいに中途入社したソモ男さん。
なにゆえソモ男かといえば、しょっちゅう「そもそも」言ってるからである。
あたしゃこの「そもそも」が大嫌いなのである。

元祖ソモ男といえば、キモブタ(←悪意に満ちたあだ名)だ。
話をしてると1分に1回は「そもそも」言いだす。
そもそものあとにはいわゆる「正論」ってやつが入るわけだが、ここで正論言っててもしょうがねぇやろ!というところでのべつ正論を言うものだからイライラする。

ソモ男は入社してすぐバカリくんのやってるプロジェクトに配属になった。
バカリくんはもんのすごく優秀なのだがまだ入社2年目。
そのバカリくんに向かって「それって〇〇なの?でもそれっておかしいよね。そもそも××っていうのはこうあるべきで…」「そもそも」「そもそも」としょっちゅうやっている。
もともとバカリくんが作ったプログラムじゃないし、そういう仕様だからこうなっているわけで、それをいつまでも「そもそも」言ってバカリくんに食って掛かってもしょうがないじゃんよ…。

バカリくんもよく耐えてるなーと思っていたらある日ついにキレた。
「そういうことを僕に言われても困ります。じゃ僕はどうしたらいいんですか?どうしろって言うんですか?」
「いや、そんなこと言われても…別に責めてるわけやないし(←ソモ男は関西人)。ただこうなってるのはそもそもおかしいから言ってるだけで」
 「そもそもおかしいからって言われても僕はどうしていいかわからないです。僕よりソモ男さんの方が経験があるわけですし、ああ、そうなんですかそういうものなんですか、とは思いますけど、だからってどうしたらいいのか…」
「いや別にそんな風に言われても困るし」
「僕も困ってるんです!」

憮然とした表情で席に戻って行ったソモ男に、「あーやっちまった」と落ち込んで肩を落とすバカリくん。

いいよいいよーわかるよわかるよー。
私も絶対アノヒトとは一緒に仕事したくないわー。
2人の会話に耳ダンボになって危険信号がピコピコ鳴っていたのは私だけではなかったはず。

****

危険察知能力は大切よ。

【 2013/12/19 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

思い違い

朝、眠りが浅くなってきたときに「あ、今日は日曜日か。あーー週休二日はありがたいなぁ…」と思いまた寝なおそうとしたところで目覚ましが鳴った。
え?なんで?

日曜日どころかまだ水曜日だった!
一瞬喜んだだけに失望も大きかったよ、よよよ…。

***

今週はずっとひどい筋肉痛が続いている。
土日はごろごろしていただけなのに、太ももが筋肉痛なのはなぜ~。
太ってるとそれだけで筋肉痛になるの?え、ええええ?
それとも金曜日のFUNKYダンスの筋肉痛が遅れてやってきた?え、ええええ?

落語のない日の朝は歩いて会社に行くようにし始めたのだが、歩き始めるや否や右足の足首が痛むようになってしまった。
体重が増えすぎて足首に負担がかかっているのだろうか…。とほほ。
旦那に話したら、もうほんとに無理しない方がいいよ、と言う。
旦那も走っているけれど、足を痛めるから毎日は走らないようにしているらしい。
確かに走るのは負担が大きそうだけど、歩くのぐらいはどうってことないと思うんだけどなぁ…。むー。

頑張りがきかないっていうか、ちょっと頑張るとすぐにどこかを痛めたりする年齢になったのね、とかなしくなるなぁ。

***

本屋の前を通りかかったら、「あらし」「サイン」「キャンペーン」という単語が耳に飛び込んできた。
え?なんですと?
どうやらテレビ雑誌を買うとくじを引けるらしいのだ。
ふらふら~と吸い寄せられて雑誌を買いガラガラと回すと緑色の玉が飛び出してきて、お姉さんが「おめでとうございまーす」と拍手。
まままままさか?!!と思っていると「マグカップか長靴のどちらかをどうぞー」。
サンタの絵の描いてあるダサいマグカップかお菓子の入った長靴かですて…。とほほ…。
迷うことなく長靴をいただいて会社に戻ったのであった。

****

たまにはブサイクじゃないやつを。

【 2013/12/18 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

カケラ

朝食を食べ終わって支度をしようと和室に入る時、足の裏に違和感があった。
うっなんか踏んだ?
足の裏を見てみるとトゲが刺さっている。
トゲを抜くのは得意なのだと毛抜きで引っ張ると、なんかとっても痛い。トゲなら引っ張ったらすいーっと出てくるけど、何かこれは立体的なものが入ってしまったような…。

はっ!
そういえば週末旦那があのあたりで茶碗を割ったような。
その後掃除機をかけていたけれど、かけらが残っていてそれを踏んでしまったのかも。

うえー。陶器かー。痛いわけだー。
でも取らないわけにはいかないし。取る時は痛くても一瞬さ!
そう思って針でぐりぐりっと押し出してから毛抜きでまた引っ張ったのだが、いいいいいいたい。血もたくさん出てきたー。わーーん。
痛いのと面倒くさいのとでテンションダダ下がり。
病院なんて行きたくなかったけど、自分で取るのは無理そうだ。
ネットで調べると自己流で取ったらガラスのかけらが残ってしまって何年も歩くとチクチク痛んだというような人もいて、こりゃもう行くしかあるめぇとあきらめる。

がっくりきている私に旦那が気を使って病院まで車で送ってくれると言う。
近いからいいよと言ったものの、あーーでもやっぱり連れて行ってもらえると助かるかも、と思い直し送ってもらうことに。
ヘアアイロン踏んづけた時もこの病院に来たし、なんだかこういう粗相が増えたわね最近、とほほ…。

診察してもらうと「レントゲンを撮りましょう」と言われてちょっとほっとする。
ななななんかやってくれそうね。大丈夫そうね。ここに来てよかったのね。
レントゲンを確認した先生は「やっぱりここに入ってますね」。
ええありますとも。間違いないですとも。
「取れないようだったら麻酔しますがまずは麻酔せずに取ってみますね」

ひぃーーーキター!いたいんだよいたいいんだよいたいんだよーー。
爪で腕をぎゅううっとつねっていると「はい、イソジン」。
うおっ、消毒?ってことは?
「取れました。茶碗って黒?」
「あ、はい。黒っていうか紺です」
「あ、じゃやっぱりそうだ。はい、これ。」
見せてもらった刺さっていたのはやはり茶碗のかけらだった。

化膿止めもらって終了。
明日も消毒に来なさいって、ららら~。
取れてしまえばこっちのもの。
ダダ下がりのテンションも元に戻り「とったどーー!」と旦那にメールを送った私であった。

***

と、溶ける…



むにー。

【 2013/12/17 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

嵐LOVEツアー

週末は嵐のコンサートへ。
今回は「FUNKY」という曲でお客さんも一緒に踊ってくださいと振付が指示されていた。
子どもと一緒に公式サイトを見てみたのだが、うおおーーむむむむずかしい!めちゃくちゃ複雑じゃないか!おれには無理!ばたっ…。

ひばりはあっという間にマスターし、すみれもどうにか踊れるようになり、あたしゃ当日もやもやごまかそう…と思っていたのだが、当日の朝になって「そんなんじゃだめ!完璧に踊れるようにしなきゃ!」と天から声が聞こえてきた。
ネットで探してみると公式サイトよりずっとわかりやすい踊りマスター動画を見つけ、うおおおおーこれならあたしにも覚えられそう!と俄然やる気になる。
動画を見ながら何回も何回も踊っていたら完璧に踊れるようになった。イェーイ!

前回はグッズを買いそびれたのだが、今回は休みをとっていたので午前中買いに行ってあれこれゲット。
初日は大変な混雑だったらしいが、ほとんど並ばずに買うことができた。イェーイ!

席はスタンドのわりと真ん中あたり。ファンサしてもらえるほど前ではなかったけど、全体を見渡すことができて、バックステージ側に来てくれると肉眼でも見えるぐらいの位置でラッキー!
アリーナだと背が低くて見えなくてひぃひぃ言うすみれもストレスなく見られたようだったし、まわりのファンも穏健な人ばかりで良かった。

会場全員で踊った「FUNKY」めちゃくちゃ楽しかった。
やっぱりおどらにゃ損損、なんである。
ものすごーーく楽しくてHAPPYな時間だった。ありがたやありがたや。
「次のコンサートも来てください」とメンバーの挨拶があった時に「行きたいのはやまやまだけどさぁ…」と心の中でぼやいたのは私だけではなかったはず。
また子どもたちと一緒に行けるといいなぁ。

***

な、なにをする。

【 2013/12/16 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(4)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR