りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2014年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年07月

あれこれ

お悔み一つ言わないおーまにもやもやする。
儀礼的なことが苦手というのは百も承知だけど、それにしてもおとうさんがどうだったかとか一言ぐらいないものだろうか。
なんだか薄情っていうか無関心っていうか…自分以外のことはどうでもいい、自分だけが大事というオレオレを感じてしまって、悲しくなる。

あれが自分の母親なのだ、そして自分はそういうおーまにそっくりなのだと思うと暗い気持ちになるなぁ…。

***

先週大阪に行った時、妹ちゃんの旦那さんと久しぶりに再会した。
久しぶりも何も彼らの結婚式の時以来会っていなかったのだから驚いてしまう。
ほぼ初対面に近かったのだが、挨拶して5分もたたないうちに、私たち4人とも旦那さんのことが大好きになってしまった。
なんというかゆるいところがまるで他人とは思えない…。

東京に帰ってきてからも「いい人だったねぇ」「なぜか他人という気がしなかったねぇ」とみんなで話していると、旦那がぽつりと「そういえばおとうちゃんがあの人のことをカズ(うちの旦那ちゃん)とそっくりなんや、って言ってたなぁ」と言う。
「え?」と驚くと、「なんかちょっと残念そうっていうか苦々しくっていうか複雑な表情でそう言ってた」と。

確かに似てる、といえば似てるのかも。
違うといえば違うけど。
結婚式で会ったときに私たちはそんなことは思わなかったんだけど、今回何日か一緒に過ごして、「同じもの」を感じてすごく親しみを覚えたのは、そういうことだったのか。
そしてそれを10年以上前におとうさんは気づいていたのか。

おとうさんとそのことをもっとゆっくり話してみたかったなぁ…。
なんとも言えない気持ちになったのだった。

***

彼氏と別れたといって気落ちしているすみれに「それもみんな芸のこやしやで」と声をかける。
本人、ほえ?という顔をしていたけれど、いやほんとにそうよ、そうなのよ。そういう経験がみなあなたの芸のこやしになっていくのだから。今は辛いかもしれないけど、いつか分かる日が来るから。元気出せ。

***

みょーん。



年を取ると子どもに返るってことなのかしらね。(ココアはん、白眼こわい…)

スポンサーサイト
【 2014/06/30 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

週末のあれこれ

久しぶりに旦那ちゃんが家にいて、なんの予定もない週末。

金曜日は会社をこそっと抜けて末廣亭へ。
お友達が桟敷席の前の方に座っていたので、そちらに合流。こんなにいい席で小三治師匠が見られるなんて!うるうる…。
会長職を離れた小三治師匠が清々しい表情でやった「粗忽長屋」。神がかったように細部にわたって面白く楽しかった…。じーん。
そのあと4人で飲みに行き、またアホのようにビールを飲んでしまった。もうなんであんなに飲むんだろう、おれ。あほやー。
でも楽しかったー。もう今落語が好きで好きでしょうがないので落語の話ができるとめっちゃうれしい。

土曜日はひばり以外の3人で久しぶりの新大久保へ。
私たちの大好きなハンヤン三号店別名説教韓国料理屋がなくなっちゃったので、久しぶりにハンヤン1号店へ。
相変わらず予約でいっぱいだったけど、私たち1時間で食べ終わるんで!と言うと、だったら大丈夫です、と席へ通され。案内してくれたお兄さんが気の毒に思ったのか「2時間ぐらいありますのでゆっくりしていってください」と。
ありがとうよ!!
でも大丈夫。私たちはやいから!とっとと食ってとっとと帰るから!
久しぶりのサムギョプサル、うまかったー。

今日はパンを焼いたりゲームをしたり録画した落語を見たり昼寝したりして過ごした。
ゲームって何をいまさらやってるかといえば、DSでわがままファッション。
もう売上もMAXに達してしまってやり甲斐がないので、リセットしてまた1からやっているという酔狂ぶり。
どんだけ時間があるんだ、っていうね…。
その時間を使って片付けたりカーテン洗ったり床磨いたりしろよっていうね…。
旦那にお昼作ってもらっている間にソファーに寝っ転がってゲームをしてると、おれってクズ?キングオブクズ?というフレーズが浮かんでは消えるね…。え?消えない?消えてない?

楽しい時間はあっという間に過ぎる。
明日から仕事かー。うへぇー。リリースも近づいていろいろ書類を用意しないといけないんだよなぁ。めんどくさいなぁ。ぶうぶう。
でも落語の予定もたくさん。それを励みにがんばらねば。
【 2014/06/29 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

日常

今日から会社。
子どもらは昨日から学校に行っているのだが、私はココアの迎えに行くために…という理由で昨日は休み。
なんだか知らないけど妙に疲れていてソファーに寝転がってスマホを見たりDSをしたりしてはうとうと昼寝…。ああ、もう会社になんか行けるのだろうか…。ぐぐぐ。
今日も休みたーいという気持ちが強かったからか、会社に行くつもりで目覚ましをかけていたのに二度寝してしまい気づいたら11時半!という夢を見て、ままま正夢?!とドキドキして目覚める。
なんだ夢か。あーあ、セーフ。
って何をがっかりしているのだ。

今日は夜、落語友だちと寄席で落ち合い、その後飲もうということになっているので、それを楽しみに会社に行くことに。
友だち二人は有休をとって昼間から居続けると言っていたなぁ。
はっ、忌引きは5日間とれるって会社の規定に書いてあったから今日もお休みにして私も昼から寄席に行く…?
ってそんなことしたらほんとに人間のくずだよ。キングオブクズ。カズじゃなくてクズ。ぷぷぷっ!うまいっ!

ってくだらねー。
私が一人くだらないことを考えて一人でウケている間に、頭が痛いとソファーに横たわっていたすみれが薬を飲んでよろよろと学校へ出かけて行った。
具合が悪いなら休んでもいいんだよと声をかけたのだが彼女の中に休むという選択肢はないらしい。えらいなー。
私もくだらないことを考えてないでとっとと会社に行こう…。

出かける時についでに駅前のクリーニング屋に寄ろうと喪服を持って行ったのだが、お金を払おうとすると財布がない!
ああっ昨日ココアを迎えに行く時に小さいカバンにうつしたままだ。
クリーニング屋のおにいちゃんには「代金は後払いでもいいですよ」と言ってもらったのだが、今日は寄席&飲みがあるから命金だけじゃ足りないや。
仕方なく財布をとりに家に戻り、汗だくだく。
ほんとにやることに無駄が多いよ、よよよ…。

そういえば最近ちょっといいことを思いついても、そのいい考えがぴかっと光ってしゅっと消えて行ってしまうようになって、それを捕まえておくことができないのだ。
昨日もココアを迎えに行く前にスーパーに寄って、夕飯のビーフシチュー用に追加で肉を買ったらいいかも!という考えがぴかっと浮かんだんだけどすぐにしゅっと消えていった。
夕飯を食べている時に旦那に「そういえばさ、せっかくスーパーに寄ったんだから追加で肉を買ってきたらよかったね」と言われ、「ああっその考え、浮かんだんだよ!でもすぐに消えちゃった」と言うと、子どもらに「やばーい」「ママやばーい」と言われた。
ええ、やばいですとも。ママやばいですとも!(←なぜにえばる?)

しゅっと消えていくいい考えをつかまえておく方法を編み出しつつ、毎日楽しく暮らしたい…。
【 2014/06/27 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

別れ

21日、おとうさんが亡くなったと旦那から連絡が入り大阪に行って通夜、葬式を済ませて帰ってきた。
先週末容態が悪化したと聞いて木曜日に大阪に行った旦那。妹ちゃんも帰ってきて、おかあさんと三人で臨終に立ち会うことができた。
まるで三人が揃うのを待ってくれていたようだった。

亡くなったと聞いてショックだったのだが、離れていて実感がわかずにいた私と子どもたち。
通夜の行われる会館に行き控え室へ入った途端、棺に入ったおとうさんが目に入り、ああ、ほんとにそうなのか、と立ち尽くした。

地方や宗派によっていろいろやり方は違うのだろうが、おとうさんが生前この会館の会員になっていたらしく、通夜も葬式も全てここの会館任せ。
ある意味イマドキの葬式で驚くこともあったのだが、なによりも大袈裟にやることをいやがっていたおとうさんが、ここの演出過多な葬式を「やめてくれ!」といやがっただろうなぁと思うと、申し訳ないのとおかしいのと半分半分。
おとうさんが自分の葬式について書き残したメモが後から出てきたのだが、それにはお知らせの文面も素っ気なく、葬式も無縁仏並みに質素なものを、となっていて、それとは似ても似つかないものになったねぇと思うと、おとうさん怒ってるよねぇ、不本意だったろうねぇ、と。
でもそう言いながらここの会館の会員になったのは父ちゃんやし、しかも会館ができてわりとすぐの会員で積立金も相当貯まっていた、と旦那に言われて、そういうところもおとうさんらしいなぁ、としんみり。

家族葬でひっそりやると聞いていたのだが、おとうさんおかあさんの親戚が島根、広島から来てくれて、思いの外賑やかだった。
親戚が来ると気も遣うけれど賑やかになって寂しさも少し紛れる。
ひばりとすみれは初めて会う人も多かったのだが、おかあさんやおとうさんに顔の似た人たちに次々話しかけられ、初めて会ったのに初めての気がしないと笑顔を見せていた。

通夜、告別式では、おとうさんのことを思い出して泣きまくり…。
不思議と思い出すのは元気な頃のおとうさんで、子どもたちと想い出を話していると、私たち以上におとうさんと濃く付き合っていたことがわかって、それが嬉しくてまた泣いて。
遺体には綺麗に化粧がしてあるけど、なんとなく空っぽに見えて、ほんとのおとうさんはどこにいるんだろう、私たちの近くに座っているんじゃないかなぁ、と思ったりもした。
火葬ということを初めての知ったすみれは「残酷だ…」とショックを受けていたけれど、焼いた骨を拾うときは神妙な顔になっていて、こういう体験も大切なことなのだな、と思った。

おとうさん、大好きなお兄さんやお姉さんには会えたかな。
思う存分好きなお酒が飲めてるといいな。
私たちがおとうさんのことを思い出して話をしているときは近くに来てくれてるといいな。
【 2014/06/26 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(4)

やんなっちゃった節

今やってるB社の改修が大変すぎて泣ける…。
改修費をそれなりにいただいているのでいいっちゃいいのだが、お客さんは単なるデザイン変更と思っているけど、それってもう大変な変更なんですからーーーっ!!という部分が非常に多くて本当に嫌になってくる。
あまりにも大きく変更を加えているのでいっぱい不具合も仕込んでいそうなんだようー。

そしてますますカオスになるプログラム。
次の改修ではピノくんの大好きなリファクタリングをやることになっていて、それをやる人としてウナギイヌくんとモソ男の名前が挙がっていて、彼らがこのプログラムを見たら「うんこうんこ」言うことは目にいて、ますます鬱に…。
変な仕様だからどんどんプログラムが複雑になっていくんだよーーー。
だけどお客さんは全然変とは思ってないんだよーー。
でもチーム・ウナギから見たらほんとにうんこ仕様なんだよーー。
いやあのね。誇張じゃなくてね。すぐに「うんこ」言うからね、彼ら。

あーーーーーあーあーあ、やんなっちゃうな、あーーーーーあーあー驚いたー。
そう歌っていた牧伸二も死んだっけ…。ぱおーん。

***

お昼を食べに行ったお店で、隣に座った女子大生二人。就職が決まり来年から働き出すらしく、彼氏と遠距離になりそうだけどどうだとか結婚願望があるとかないとかバイト先の店長がセクハラだとかなんとか…。
そういう「若い会話」に飢えていたので耳ダンボで聞いてしまった。

その中でやたらと一人が「えびぞうえびぞう」言っている。
えびぞう…海老蔵なんていう名前の知り合いがいるのかい?
いや多分あだ名が海老蔵?ってことはあれか、イケメン+女好き+不良+でもブログはまめに更新する男なのか?
いやそれにしてもちょいちょい海老蔵って言うってことはどちらかの彼氏が海老蔵なのか?

よくよく注意して聞いていると、片方の女の子がもう一人の子に「えりぞう」と呼ばれているのだった。
えりちゃんでもえりでもなくてえり蔵。そんな呼ばれ方もあるのですね…。

就職が決まったってことは3年生か…。ってことは2年後にはああいう会話をひばりがしているってことなのか。
若いお嬢さんの会話に飢えてるって…ムスメの話を聞けばいいってことなのか。とほほほほ…。

***

うんこうんこ言うやつキライ。

【 2014/06/20 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

キャンプスタッフ

ひばりは小学生のころ、長い休みがあると子どもキャンプに参加していた。
馬のお世話をしたりポニーに乗ったりスタッフと一緒にお菓子を作ったりゲームをしたり…そういうことももちろん楽しかったようだが、それよりもその時一緒になった泣き虫の双子ちゃんと仲良くなって次のキャンプでも一緒に遊んだり、スタッフの大学生と話したりするのがとても楽しいようだった。

大学に入って子どもをキャンプに連れて行くサークルに入ったのもその時の経験があったからなのだろう。
しかしサークルは思っていたような感じではなく、それならいっそあのキャンプのスタッフに応募してみるか!と思ったらしい。
調べてみるとスタッフの説明会があったから行ってくるね!と早速先週出かけて行った。

行ってみると当時お世話になったスタッフがいてひばりのことを覚えていてくれたのだと言う。
「ひばりがキャンプに来てた頃の写真があるよ!」と持ってきてくれて、そのあまりのダサダサぶりに本人は「ひぇぇぇーーー」となりながらも「ひばりはほんとうに面倒見が良くてわがまま言わなくてなんでも喜んでくれていい子だったよー」と言われうれしいひばり。
「ひばりはもう乗れるから研修は受けずに乗馬教室に参加していいよ」と言われ、さらに説明会の後はスタッフ+説明会に来た他の大学生たちと夕飯を食べに行って、めちゃくちゃ楽しかったらしい。

今週はそこのセンターのバレーボール大会がある!と出かけて行き、早速乗馬教室にも参加するらしい。
「雰囲気がすっごい私に合ってて楽しい!」と水を得た魚のよう…。
よかったのう…。

自分に合うことや好きなこと、居心地のいい場所を見つけるという意味で、子どもの頃の体験って大事なんだなぁ。なんてことをしみじみ思ったのだった。

***

ガツガツガツガツ。



ぷはーっ。

【 2014/06/19 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

検索ワード

jUGEMからFC2に引っ越してしたのが半年ぐらい前。
こちらに引っ越してから検索に引っかかりにくくなったらしく、うれしいようなちょっとさみしいような。
読んでくださっている方はたいてい最初は検索で来てくれているのでそれを思うと検索カモーン!なのだが、一方検索で見つかりやすいとなると会社の人たちに見つかることも大いにありうるわけで、そこは冷や冷や…。

お昼を一緒に食べた時に「この間、文芸漫談っていうのに行ってきたんですけど~」なんて話をして、家に帰って急に心配になって「文芸漫談」と検索して自分の日記が上位に表示されたりすると、ひぇぇぇーー。
やっぱり会社の人にプライベートな話はしちゃいかんな!と思ったり、いやそれよりも「りつこ」をやめて「カトリーヌ」に変える?年齢詐称して若妻を装う?
いやいやいやいや…。

JUGEMの時は、もしかするとすでに会社の人の中には見つけて読んでいる人もいるかもしれない…と思ったりもしていたのだが、FC2ではそんなに検索から来てないので、なんとなく安全地帯に逃げ込んだような気がしていた。
のだが、先週久しぶりにアクセス解析を見てみたら、結構検索から来ている人がいるじゃないか。
半年たってインデックスされた?
塵も積もれば山?

読まれなければ読まれないで「さみしいのう…」と思い、読まれれば読まれれで「やべぇ!」と思う。
ネット日記とは非常にビミョーなものなのである。

それにしても検索ワードを見ていると飽きない。
「仕事 合わない 行きたくない」
…うん、わかる。
「親子遠足 ママ友いない」
…うん、わかる。
「ママ友 撲滅」
…そんなに辛い?
「もうやだよおっさん」
…うん…。
「何を言っても納得しない人」「引き継ぎしない 送別会 出たくない」「疲れ 表情 乏しい」
…来週一緒に飲みに行きませんか?

「バリウム トイレ」「バリウム アルコール」「バリウム 流れない」
…出たー。
「きれいにおしゃれに暮らす」
…ごめんね、こんなブログで。どちらかといえばきたなくださく暮らしてる。
「りつこ.com」
…いや、そんなドットコムじゃありませんて。
「兵隊 50代」「政治の話になっちゃったねブログ」
…なんなんでしょうか、いったい。

検索できてもらっても有益な情報は何一つないのだけれど、「ばかばかしい…」と笑ってもらえたらちょっとうれしいなぁ、と思う。

***

ブログを10年以上続けてるなんて、相当さびしんぼうよ。


【 2014/06/18 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

旦那の災難

日曜日の夜、きぼちわりぃーと言って帰ってきた旦那。
昨日の朝も引き続き気持ちが悪く熱もあり身体の節々が痛いという。
風邪の症状はないところを見るとどうやら食あたりっぽい。

飲み会に遅れて行った旦那。
テーブルに残っていた生ハムやかつおのたたきなんかを食え食えと皿に載せられたのだが、食べてみると生ぬるくなっていておいしくなかったのだという。
さらに、ゴルゴンゾーラのなんちゃらというやつにタバスコを死ぬほどふりかけられて「さあ、どうぞ」(にやにや)と渡されて、無理やり食べたらしい。

…中坊かっ!
胃腸が丈夫じゃないんだからそういうものは断らないと。ふんとにもう…。

結局昨日は一日何も食べず寝込んでいたようなのだが、私が家に帰った時はまだぐったりと布団に横たわっていた。
私が夕飯を食べようとすると、のそっと起きてきて「おかゆを食べようかな…」。
おそるおそるおかゆを食べ始めた旦那、梅干しがうまいっ!!と言って、「もう少し食べようかな」とおかゆ+梅干しをおかわり。「なんか食べたら元気が出てきたぞ」と言って、またおかゆをおかわり。
「なんか大丈夫そうな気がする」と言って、ポトフも食べてどうやら復活したらしい。
いやぁ、1日で復活できてよかったよ…。
体調がイマイチの時って食べ物にあたりやすいから気をつけないとね。

***

会議の席で、ぐずぐずくんが微妙に論点がずれたことをぐずぐず言い出すことに毎回腹が立つのだが、ぐずぐずくんのほうが私よりよっぽど頭がいいし、私が間違っている(古い)のかもしれないし、と思って我慢している。

老いては子に従えとはこういうことを言うのだろうか…。
ちょっと違うか。

***

エレベータに乗ろうとして走って行って明らかに目が合っているのに閉まるボタンを連打する人に腹が立つ。
しかし、開くを押して待っているのに、平気で電話で話しながらゆ~っくり乗ってくるやつにはもっと腹が立つ。

そんなに急いで会社に行きたいのか?一刻を争うのか?と聞かれるとそんなことはないのだが、
とにかくとっとと行ってとっとと帰りたいのである。
行きたくないのに行っているから無駄に待ったりしたくない、が正解なのかもしれない。
殺気立った朝のラッシュ時、行きたくないところに行くところだからみんなイライラしてるのかなぁーと思って、ぎゅうううっと押しかえされたり「ちっ!!」と舌打ちされたり肘てつされたりしても耐えているのである。

***

技術部ミーティングの時。
いつも新人の子がその場で議事録を書いているのをプロジェクタに写している。
今日もその画面をぼけーっと眺めていたら。

「○○へ」と書こうとしたのが「〇〇屁」となってしまっていた。
「屁かよっ!」と思ったらツボにはまってしまいおかしくておかしくてしょうがない。
でもまわりで笑ってる人は一人もおらず、しかもその発言がボスのものだったので、ボスに気がつかれたら怒られる!と思い(偉い人って自分が何か言ったことで笑われると発狂するよね。自分の発言は重くとらえるべし!という想いが強いのか、バカにされることを何より恐れているのか?)、下を向いて必死に耐えた。

「屁」でこんなにウケてしまうなんて…あたしの笑いの沸点って小学生男子並み…。
これだけ落語に通って「笑い」に対してかなりレベルが上がったつもりでいたけれど、むしろ下がっていたのか??
ま、なんにしても「屁」で笑えるなんて、私も幸せなヤツってことなのかも…。

***

ぺろぺろ(塩分補給)。

【 2014/06/17 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

あきらめの早い人

ダンスのパートナー(ジャイ子)とお別れしたおーま。
円満にお別れできたと言っていたのだが、やはりそうは問屋がおろさなかったらしい。

ジャイ子になんて言ったの?と聞くと「肩も痛いし、私は年だからあなたが望むようにバリバリは踊れない」ということを言ったらしい。
言われたジャイ子は「わかったわ…。でもあたしが今まであなたにしたことを他の人たちに言いふらさないでね」と言ったのだという。
私があなたにしたことを…ってことは結構酷いことをしていたという自覚はあったってこと?
そんなしおらしいキャラとは思えないんだけどなぁ…と思っていたら。

パートナーがいない人たちはそういう人たち同士でフリーに踊るらしいのだが、ジャイ子もおーまも新しいパートナーがいないのでどうしても順番で一緒に踊ることがあるらしい。
そういう時にジャイ子はわざと「痛いっ!!!」と言ってうずくまったり、腕をぶんっ!!!と振り回して来たりしては、そのあとリーダーのところに行って何か訴えたりするらしい。
時が経てばおさまるかと思っていたのだが、むしろ時間が経つほど憎しみを募らせているようなのだという。

ジャイ子がそういう性格ということはみんな知ってるので「また始まった…」という感じらしいのだが、されるたびにいや~な気持ちになるのでどうしても教室に行くのが嫌になり足が遠のいてしまうのだという。
教室はそこだけではなく、いろんな人たちからいろんな教室に誘われるので、他のところに行ったりしていたらしいのだが、それを今の教室で言いふらした人がいたらしく、久しぶりに行ってみたら先生や他の人たちからちょっと冷やかな対応をされたらしい。

「ジャイ子が嫌だから行きづらいっていうのを先生に話した方がいいんじゃない?」と言うと「でも悪口は言いたくないから」と言うおーま。
いやそれは別に悪口じゃなくて事実を述べてるわけだからさー。
身体の調子が悪いからって言って休んで他の教室に行っていたらやっぱり先生もいい気はしないんじゃない?
多分ジャイ子にしても年とか体調を理由にパートナーを解消されたのに、今まで通り教室に来たり他の教室に行って楽しそうに踊っているのを見ると憎しみが増しているような気もするし…。
そう言ったのだが、見ていれば分かる人にはわかるはず、悪口になるから先生には言いたくない、の一点張り。

そうなのだ。
おーまっておれおれだけど攻撃力はゼロなのだ。
攻撃されると1度も反撃しないですぐにあきらめちゃうのだ。
そのわりにおだてに弱くて「私だけは大丈夫」と危険人物に臆せず近づいて行っちゃうから、痛い目にあうんだよなぁ…。

それにしても70を過ぎてもまだそういういざこざがあるっていうことに驚くわ…。
ダンスなんて勝負じゃないんだし、それぞれが楽しくできればいいような気がするんだけどなぁ。
なんでもうパートナーではなくなった人を攻撃したり、チクったりするんだろう。
それでもそういう人間関係もないよりはあった方がまし、なような気がするし。
めんどくせぇ、もうええわ!とダンス自体をまるっきりやめちゃわないでほしいなぁ…。

と思う私もおーまと同じくらいあきらめが早いのだった。

***

愛と憎は紙一重。



要するに自分によくしてくれるからよくしてあげてるだけなのよ。

【 2014/06/16 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

週末のあれこれ

土曜も落語、日曜も落語。
ねぇ、ほどほどってなに?どういう意味?そんな週末。

土曜日の落語は夜だったので昼間は家事をしたりブログを書いたり。
ひばりとすみれは二人でカラオケボックスへ。姉妹でカラオケにいくのがすみれはそれはそれは楽しいらしく、すみれがそれほど楽しみにしてくれているのがひばりはひばりでうれしくて、余った時間はすみれが好きそうな店に連れて行ってやろうかな、とまるで付き合いはじめのカップルのように楽しそうにデートプランを考えていた。
姉妹が仲がいいのは親としては本当にうれしくて、いつまでもそんな風に仲良くやっていってほしいなぁ、と思う。
私がどうしようもなくボケてしまったらどうしたらいいか姉妹で話し合ってね…。頼んだよ…ばたり…。

夜は三鷹で落語会。
カフェで紙芝居&落語という風流な会。
行ってみると地元のお金持ちそうなおじいさんおばあさんが大勢来ていて、ちょっと場違いな感じがしないでもなかったけど、それはそれ。小んぶさんが好きだから見に来たのだー!ええやないかー!
ビール&おつまみか、コーヒー&ケーキのどちらかがいただけると言われ、迷うことなくビール&おつまみ!ひゃっほい。
落語が終わってからは友だちと3人で飲みに行き、三鷹ビールというやつをぐびぐび飲みまくったのであった。
あーもうほんとに飲みすぎー。脳細胞死にすぎー。

今日は昼間落語があったので、午前中のうちに夕飯の買い物と図書館に行っておいた。
お昼はひばりと二人でつけ麺を食べ、いざ人形町へ!
人形町なんて一生縁のない町だと思っていたけど、最近落語で週に1,2回は通っている気がする。
今回の落語会も打ち上げ付きで行きたかったけど…そして友だちは参加するということで羨ましかったけど…そして今夜はきく麿師匠の落語会もあって行きたかったけど…そして打ち上げは師匠作の牛すじ煮込みも付いてて参加したかったけど…まっすぐ家へ。しくしく…。
旦那が体育館の行事で朝から夜まで出ずっぱりなので夕飯を作らないといけないのだ。たまには私も家族の役に立たないと!(え?普段は?)

久しぶりに夕飯を作るとなると子供に媚びるようなものを作ってしまうダメ大人。
今夜は春巻きとマカロニサラダやー。料理に自信のないやつに限って揚げ物作るんやー。うちのおーまがそうだったんやー。
でも我ながらおいしくでけたわ。私もやればできるのよ。嫌いじゃないのよ料理は、はっはー。好きだと言ってるじゃないの、ほっほー。

一日体育館でご奉公だった旦那は打ち上げできぼちわるくなったと青い顔で帰ってきて、もう寝てしまった。
漫画友達とのオフ会で一日出かけていたすみれは重い荷物をもって新宿をうろうろしていて疲れたとヘトヘトで帰ってきて、もう寝てしまった。
22時までバイトだったひばりが帰ってきて、春巻きうまそう!ひゃっほーー!と言いながら食べている、なう。
子どもが大きくなってきて家族がバラバラに過ごすことも増えてきたけど、それはそれで楽しいなと思う今日この頃なのであった。
【 2014/06/15 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR