りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2014年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2014年09月

週末のあれこれ

旦那はバレー部のコーチたちの旅行、ひばりはキャンプに出かけ、すみれと二人の週末。

土曜日、すみれは朝から塾の模試。
あーいやだ、あーめんどくさい、あーいやだ、と言いながら、ちゃんと一人で早起きして着替えて支度して出かけていくからえらい。
お昼を食べて旦那が出かけて行き、私も2時過ぎに家を出ようと思っていたのだが、1時過ぎてもすみれが帰ってこない。
12時半ぐらいには帰れそうな話だったのにどうしたんだろう?と思っていると電話がかかってきて、出ればすみれで「自転車、撤去されちゃったの」という。
「ええ?撤去?なんで?」
「いつも自転車を置いてるスーパーの駐輪場がまだ開いてなくてどこに置こうとうろうろしてて、塾の脇のスペースに他の子たちも置いてたからここでいいやと思って置いておいたら、試験が終わって行ってみたら、全部撤去されてたの」

おお。きく麿師匠の「撤去します」(新作落語)と一緒やん!
って喜んでる場合じゃない。
「歩いて帰るからちょっと遅くなるね…」

がっくり肩を落として帰ってきたすみれ。
「今日このあと撤去された仲間で取りに行くことになった」と言う。
まあせめて自分ひとりじゃなかったのが救いか…。
聞けば3駅も離れたところで、しかも駅からもえらい遠いわかりづらい場所。
すみれ一人じゃ絶対たどり着けないけど、友だちも一緒なら大丈夫かな。

私は午後から落語があったので出かけてしまったのだが、その後すみれはともだちと出かけたらしいのだが、迷いに迷って2時間ほど歩いてへとへとになったらしい。
自転車を引き取るのに4千円。
あーあー。ほんとにいやになっちゃうねぇ。やるせないねぇ。
「勉強代と思うよ」とつぶやくすみれよ、よよよ…。(金を払うのは私だ)

落語が終わってからすみれに電話をし、二人で駅前で待ち合わせ。
うまいと評判だけどちょっと高くて家族で行く気にならない焼肉屋に二人だから行っちゃうか?!と行くことに。
たまには贅沢をと思っていたのに、どうしても「上」が頼めない私。
それでも1つぐらいは普段食べないようなものを食べようと思って、サーロインの焼きしゃぶっていうやつを頼んでみたら、これがぱらららら~ん♪なおいしさ!
「こ、こりは!!」
「ちょーうまい!やばいね、ママ、やばいね!」
「やばい!ちょーやばい!!」
バカ丸出しで喜ぶ私たちだった。

今日は夕方、ココアの爪切りをしてもらいにうさぎショップへ。
爪を切ってるところを見学させてもらった。
とにかく爪切りを嫌がるココア。抑える方も切る方も罪悪感でいっぱいになり、もう誰もがやるのを嫌がるようになってしまった。
お店の人はいったいどんな技を使って切っているのか一度見てみたかったのである。

前世はうさぎでした、みたいな草食系のかわい子ちゃんが、「お家では切らせてくれないんですかぁ?」とふわふわ言いながら、ココアをバッグから出して膝の上へ。
ゆるーく頭をなでなですると、静かになるココア。
「こんな感じにーちょっとなでて落ち着かせてからーこんなふうに足をとってー、あんまり強く握らないようにしてこう爪を出してーこういう感じにー(パチン)、ここはちょっと切りづらいんですけどこうやって持ち上げてー(パチン)、それで前足もこんなふうにー(パチン)、色が変わってるところが血管なんでーここまで切ると血が出ちゃうんでー(パチン)、はい、終わりですー」。

ひぃーー。ふわふわ喋りながらなんてことなく切っちゃったよー。
私たちが切ると生きるか死ぬかぐらいの大騒ぎのココアがまったくピクリともしないじゃないか!

「お家だとどこに自分の部屋があるかもわかってるから甘えが出ちゃうのかもしれないですねー。切るときは普段入ったことがない部屋とか、知らない人とかに切ってもらうと、いいかもしれませんー」

…いえ、もうあなたに切ってもらいます。それがお互いの幸せです。

もやもやすることもあったけど、週末も終わり。
仕事、がんばろー。
スポンサーサイト
【 2014/08/31 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

老廃物

ウナギイヌくんは自分の体から排泄された老廃物を悪からず思っているらしい。
机の上に広げたティッシュの上にフケを収集し、またかんだ後の鼻紙もゴミ箱に捨てず机の上に並べている。
ずぼらな私でもこれはさすがに嫌だのうと思っていたのだが、さすがに目に余るということで、昨日総務さんがウナギイヌくんのところにやってきて注意していた。

ショールーム子さんなどのかわいこちゃんたちから声をかけられると「俺とは違う世界の人間だから聞こえましぇ~ん」と思いきりシカトするウナギイヌくんだが(←それもすごい)、総務さんに声をかけられたらさすがに無視はできなかったようで、「はい。わかりました」と返事をしていた。

こういう人間として基本的な行為について注意されるのってめっちゃくちゃ恥ずかしいと思うんだけど、ウナギイヌくんは平気なんだろうか。
まあ平気だからあんな風に老廃物を大事に机の上に飾っているんだろうけど…。

私が前の会社でR社に常駐していた時のこと。
開発の時は良かったのだが、保守に入った途端に席を取り上げられてしまった。
席を取り上げられてもどこかにいなければいけないので、仕方なく私とちばぞう(←うちの会社にフリーで来ていたプログラマー)は、窓際に設置してある休憩コーナーに陣取って作業をしていた。
席をもらえないって人間として扱われてないっていうか相当みじめなことで、黙っていると沸々とみじめな気持ちに負けそうになるので、私とちばぞうはよく二人でバカ話をしたりして空元気を出して仕事をしていた。
そうしたら、ある時そこのマネージャーに呼ばれて「もう少し静かにしてくれ」と注意をされてしまったのだ。

静かにしろという社会人としてありえない注意を受けたということがもう死ぬほど恥ずかしくて情けなくてその時は本当に死にたくなった。
R社のビルは隅田川沿いにあったので、一人川を眺めながら「ここに落ちて死んでしまいたい…」と涙を流したことを今も鮮明に思い出す…。

という話を昨日旦那にしたら「そんなことがあったんだ?!」と驚かれた。
多分自分でもショックすぎて旦那に話すこともできなかったんだなぁ…。
20年ぐらいたってから話すってあたしもどんだけだよ…って思うけど、フケをためて注意されるウナギイヌくんも相当なもんだよな、と思ったのだった。

***

老廃物コレクター?



…どうかしてるぜ…。



【 2014/08/29 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

配属

新人の配属が決まったのだが、私の担当しているA社とB社のプロジェクトには麻呂が配属になった~。おーのー。
どうも昔からこのタイプは苦手なのだがとっても縁がある。

前の会社で3年目の時に配属されてきた新人くんが麻呂だった。
見た目もいかにも麻呂(色白の美少年)だったのだが、立ち居振る舞いも麻呂。
お調子者の先輩が麻呂に親愛の情を示すべくぎゅっとハグをしたら、その後に顔色一つ変えずに汚らわしいものに触れられたというように肩を念入りに叩いて汚れ(?)を落としたり。
お客さんとの飲み会があると言いに行くと「それは…仕事ですか?」と眉をしかめて返事をしたり(「はい、仕事です」と即答した)。
とにかく常にテンションは低く、周りが気を使って軽口を叩いてもにこりともせず、常に殿上人としての態度は崩さない。
相手がこういう態度だとどうしてもこっちがぎゃあぎゃあ歌ったり踊ったりしているみたいになっちゃって、一緒にいてなんとも気まずい後輩であった。

その後も何年かに一人は出現する麻呂。
またしても麻呂が配属になるとは…とほほ。
新人たちの間でも麻呂は絡みづらいと評判らしい。
バイオリンと折り紙が趣味の麻呂…。仲良くやっていけるかちら…(不安)。
でもまあいいや、あちらが殿上人ならこちらは山奥に住む天狗のように時々ばさっ!!と天から降りてくるぐらいな感じで(どんな感じや)。

***

麿呂ね。



呼んだ?

【 2014/08/27 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

夏休み

私の夏休みが終わった。
見事に落語漬けの夏休みであった。
というか、もし落語がなかったら私どうしてたんだろ??一人で??
という気がしないでもない…。うーん…。

1日目の夜に会社から電話がかかってきて、ひぇぇーー。
すわ障害?!と思ったけどそうではなく設計書を提出しないといけなくなっちゃったんですけどどうしましょう~というグズグズくんからの電話。
途中まで作ったやつがあるからメールで送るよ、あとはよきにはからえということでおさまったので、よかったよ、よよよ…。
なんでも準備しておくに越したことはないねぇ。ふんとに。
家から会社につなげる設定をそして短気を起こして削除したりしてなくてよかった~。

昼夜末廣亭にこもったり、昼間は池袋演芸場に行って夜は新宿のレコード屋さんの落語会に移動したり、中野の神社で行われる落語会に行ったり…。
毎日かわら版(落語の情報が載っている情報誌)をくまなくチェックして明日の予定を決める幸せよ。
基本的には一人で行っていたんだけど、会によっては落語友だちも来ていて落語の後は一緒に飲んだりもして、それもまた楽し。

老後はこんなふうに過ごせたらいいなぁ。>できるのか?そして許されるのか?
そのためには今は頑張って働かないとなー。
遊ぶために仕事頑張ろう!と思えるだけでも夏休みの意味はあるよなー。
なんてことを思ったのだった。
リフレッシュ!

***

休むって素敵



じーー

【 2014/08/26 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

リリース

日曜日はリリース。
以前は自宅で作業をしていたんだけど、いろいろうるさいことを言われるようになったため、前回からは会社で作業するようになった。
休日出勤ほど嫌いなものはないのだが、前回からグズグズくんも一緒にリリース作業をするようになったので、会社に一人っきりじゃないのが救い。
グズグズだのもそもそだの文句ばかり言っているが、実は結構頼りにしているのだった。

私のPCの調子がイマイチで、さあこれから作業!という段になって動かなくなって再起動しないといけなくなったり、グズグズくんがコマンドを間違えてデータを壊してしまったり、意図してないエラーが起きたりというようなあれこれはあったけど、どうにか予定通りに完了。

夕飯はひばりとおーまと3人で外食しようと言っていたのでひばりにメールをして地元でお寿司を食べることに。
お寿司なんて久しぶり!と喜ぶおーま。
「連絡が来ないから行けないのかと絶望していた」と。
へえへえ…。すんませんのう…。
「でもよかったわ、早く終わって。よかったー。連絡来ないからないかと思ってたわ。早く終わって良かった!」
へえへえ…。よかったですわ。

でもなんだかなんだかなーな気持ちになるのはなぜだろう。
自分とご飯を食べに行くということが一番の関心事だから、なんだろうな…。
いやそれはそうだけどそれは今日じゃなくても行けるでしょ、っていう。
リリース>あなたとご飯だよ?っていう。
まあリリースの日に夕飯食べに行く約束するなっていう話ですね…。ええ。
ひばりなんかのほうがよっぽど柔軟。それは年齢のせいなのか単に性格のせいなのか。
あーでも私もおーまのようなところが大いにあるからなー。
リリースの方がご飯を食べに行くより大事だよ!と思うのも、オレオレな証拠かもしれないしな…。

ま、とにもかくにもリリース終わってバンザイ。
火曜日から一人夏休みや!うほほーい。

***

でろーん。



ペロペロ。

【 2014/08/18 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

土曜日

土曜日は結局落語には行かないことにした。
浮かれていると悪いことが起きるかもしれないから極力地味に過ごした方がいい、とリリース前には妙に迷信深くなる私である。
午前中図書館と買い物に行き、あとはずーっと家にこもって、録りだめた落語を見ながらビーズ。
好きなことだと10時間でもぶっ通しでできるこの集中力。なぜこれを仕事に生かせないのだろうか。むーん。

17時過ぎに夕飯という名のおつまみ作り。
枝豆、焼きナス、納豆の包み焼き、焼ききのこのビネガー漬け、まぐろとアボガド。
参考レシピは「酒飲みダイエット」。この本買って帰ったら旦那が大うけだったんだよなー。「こんな都合のいいダイエットがっ!」って。ぶわはは。
シャワーを浴びてパジャマに着替えて万全の体制でビール。ぷはーっ。
自分で作ったつまみがどれもうまい!(←自画自賛)

ゆっくり食べながら飲もうと思っていたのに結局ちゃちゃっと食べてしまいささっと洗いものをすませ、飲みながらまたまたビーズ。
やり始めると止まらなくて次々作りたくなるマジック。
ひばりにも作ってやろうとネックレスやピアスを量産。

キャンプで1週間留守にしていたひばりが23時過ぎにご帰還。
「つ、疲れた」って、あーた喉がつぶれちゃってるじゃないの。
連続キャンプはかなり過酷だったようだが楽しかったらしい。
そして1年生のリーダーにならないかと声をかけられてしまった、と。
やるとなると徹底的にやってしまいあっという間に最前列に躍り出てしまうというのは我が家の伝統芸のようなもの。
とことんやりなさい。そのせいで見たくないものもたくさん見ることになるかもしれないけれど、つかめるものもたくさんあるはず。

キャンプでボロボロなのに次の日からバイトに行くというひばりに圧倒的な若さを感じたのだった。
(私にはむり~)

***

後ろ姿、色っぽい



はっ!

【 2014/08/17 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

うじうじもするさ、人間だもの

この間あんなことを書いたものの、やっぱり嫌われちゃったのかなぁ、良かれと思って言ったことだったけど余計なお世話だったんだろうなぁ、うざいと思われちゃったんだな…と結局うじうじ考えてしまう私である。
気にするなと言われても気になるものはしょうがないし、うじうじするなと言われてもうじうじしちゃうものはしょうがない。

そして自分が言った余計なことも「まわりの人たちのことを気にしすぎ!」ってことだったのである。
まさに天に唾するってやつですな。あーこりゃこりゃ。

人間関係は難しいのう…。
ほんとに幾つになっても上手になれない。

***

この間きく麿師匠が「最近駅まで歩くと汗だくになっちゃうのが嫌でバスを使うようになったらバスは楽だし涼しいし最高で癖になっちゃってそうしたらみるみる体重が増えてきてこれはあかん!と思ってバス停でバス待ってる時にお腹に力を入れて立つようにしている」という話をしたときに、「いやいやそれぐらいじゃダイエットにはならんでしょ」という空気が流れたんだけど、わかるわー。
何がわかるってきく麿師匠の気持ちがわかるわー。

私も最近すっかり歩かなくなっちゃって、とにかく時間がもったいないって言い訳をしつつ、しかし酒量は衰えず、猛暑にも食欲衰えずで太る一方。
せめて会社で座っている時にダイエットできないだろうかと仕事しながら腹に力を入れたり足を持ち上げてみたりしてるけど、やりながら「意味ねー」って声が聞こえてくるのよねー。
でも他にどうしたらいいのか全く思い浮かばないからわらにもすがる思いで今も無駄に腹に力を入れながらこれを書いてます…。

***

夏は果物がおいしい。
大阪から送ってもらったり生協で買ったりした果物を毎朝食べるのが楽しみ。
その時に小さく切ってココアにもあげていたら、これをすっかり覚えてしまったココア。
毎朝私がキッチンに立つと、ぬん!!とケージにしがみついてこちら見ている。
私がちょっとでも動くとすくっと立ち上がりこちらの様子をうかがっている。

小さく切ってケージの外から差し出すと、食べたことのない果物だとペロペロっとなめて味を確かめる。
甘いものは大好きなのでそのままぱくっとかじりついてくる。
んもうーーーかわいいんだからっ!長生きしてね、ココア。

***

ぬん!



果物?果物?

【 2014/08/16 (土) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

大阪

すみれとおかあさんはよろしくやっているようだ。
ひばりも小中学生の頃は夏休み大阪で過ごすことを楽しみにしていたものだが、すみれもほんとにいつも楽しみにしていて、少しでも長く居たいと塾の夏期講習の予定を恨めしくにらんでいる。
ひばりと比べるとオタクちゃんなすみれはおかあさんと家にいることも多いようなのだが、それでも東京にいるより大阪にいる方がずっと楽しいみたいだ。

ここ数年はすみれが先に大阪に行っていて後から私たちが合流するということが多いのだが、行ってみるとすみれとおかあさんの間にはあうんの呼吸ともいうような独特の間というものができていて、なんか面白いなーと思うのだった。
すみれはおとうさんにも非常になじんでいたので、出不精のおとうさんもすみれとだったら映画に行ったり遊園地に行くようなこともあったようで、そういうこともしておいてよかったな、なんて今になってしんみり思ったりするのだった。

ひばりは8月はキャンプで忙しいのだが9月に入ったら一人で大阪に泊まりに行くと言っていて、家族全員で行けないのはさみしいけれど、ばらけていたらそれはそれでおかあさんも楽しいかも…と思ったり。

旦那は今回大阪に帰ったら、高校の時のバンド仲間と集まって久しぶりにスタジオに入って演奏しようじゃないかということになっているらしく、ここのところ毎晩なにやら練習している。
バンド仲間では一人就職するなり妙に凝り固まった発言をするようになってしまったヤツがいて絶縁状態になっていたのだが、何年か前に他の友だち経由で一緒に集まるようになり、今回のバンド企画もそいつが一番やりたがり実現することになったらしい。
そういう年になったということなのか、最近旦那は高校時代の友だちから連絡が来たり何か月か一回一緒に飲みに行ったりしていて、ちょっとうらやましいのだった。

***

ぎゅっ!

【 2014/08/14 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ダンデイ

日曜日にリリースがあるので落ち着かない。
直前になってデータが来たりデザインが来たり指摘があったりするので、今週はあまり予定は入れずに喪に服すモード。

気をもむのが嫌なので今週よみうりホールである小三治師匠の落語会はあきらめたけんね。くーー。
のわりに、行けたら行こうとチェックしている落語会が二つほど。
当日「行きます」とメールすればOKという緩さなので気をもまずに済むところが素敵なのだ。
で、月曜日は無事そうだったので早速行っちゃったyo!

旦那が土曜日に大阪に行ってしまうのだが、入れ替わりにひばりがキャンプから帰ってくる。
でも帰ってくるのは夜で夕飯も食べてから帰ると言っていた。
ということは土曜日はフリー?じゃ行っちゃう?また落語行っちゃう?
ってなにかというと落語に行こうとする落語バカ。
でも落語行かずに家にこもってビーズ三昧でもいいなー。
そう、ビーズ熱がもりもり燃え上がっていて、昔チャレンジした複雑な編み方に再び挑んでみたりして、やっているうちに感覚を取り戻しすっかり気を良くしている。
老眼が進んだらできなくなりそうだし、頭の体操にもなるからイイネ!
って言うことがなんかとってもばばくさいわ~。頭の体操て!!(とほほ)

***

一時期新人くんたちと一緒にランチというのが義務付けられていたのだが、また新たな企画としてシャッフルランチをやることになった。
私はいつも一人でお昼を食べに行っていてその時間が楽しみなので、こういう企画は「ちっ…」という感じなのだが、でもまあ会社の飲み会も参加しないし、こういう機会でもないと若い子たちと話をすることもないので、楽しみといえば楽しみなのである。

で、その第一回目が来週あるらしいのだが、テーマが「ダンディランチ」。
我こそダンディだという人たちが集って行こうじゃないかということらしい。

え?うちの会社にダンディなんていたっけ?とショールーム子2号さんに聞くと「サロン部長とか」と言う。
え?サロン部長?
会議中に的外れなことをモソモソ話したり、お客さんにこちらが不利になるようなことを進んで提案したり、ちょっと突っ込まれると「てへ!日本語って難しい!」っておでこに手を当てたり、頑張ってるアピールで冷えピタをおでこに貼ったり、会社で爪を切ったりすることをダンディっていうんだっけ?え?

まあ確かに肝臓悪いんか?っていうような顔色だし(「日焼け」サロン部長)、背は高くて細くてハードロッカーみたいなベルトしてるし、オサレといえばオサレと言えなくもない。が。が。が。
あれがダンディだったら、クロコダエルダンディが泣くぜよ!!(←古)

そうねー私が企画を立てるならねー。
・高学歴低体温ランチ(ピノくん、のび太くんを筆頭にしたT大卒の低体温な人たち)
・営業スマイルランチ(スッキリさん、きんにくんなど、顔に営業スマイルを貼りつけた人たち)
・もそもそランチ(モソ男、ウナギイヌくん等、口を開けずにモソソモ喋る人たち)
・腹黒ランチ(ナヨナヨさん、キビ子など出世欲の強い腹が黒い人たち。なんならイーデスも呼び出す)
・説教ランチ(ボス、カトちゃん、柔道一直線等に食べてる間中説教を食らう)
・やるきなしおランチ(私、総務さん、ミオちゃん等、一度会社で激しく心が折れてやるきなしおがデフォルトになった人たち)

…どれも行きたくねぇー。

***

最近チョイ悪オヤジって聞かなくなったわね。



絶滅したのかしら?

【 2014/08/13 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

年齢

約束をキャンセルされて「いいよ~」と返事をした後で、「はっ、もしかして嫌われたのかもしれない…。それで私には会いたくないってことなのかも…」という気持ちがむくむくっと沸いてきてうじうじっとなりかけるが、もうオレいい年なんだぜということを思い出して気にしないようにする、るるる~。
いい年だから相手の気持ちをあれこれ考えたりすることをやめていいっていうわけじゃないんだけれど、そもそも考えてもしょうがないことをああでもないこうでもないとうじうじするような年じゃないだろう、と思ったのだった。

先週誕生日を迎え49歳になった。49歳って!!もう来年は50じゃないですか!うえーっ。
ガッコに行ってた時に仲良くなった人がちょうど50歳で「50ってどんな感じ?」って聞いて「え?どうって言われても…40の時と変わらないよ」と困られたことがあったんだけど、ほんとあたしって失礼だよなー。40も50も変わらないってー。
実際振り返ってみれば変わらないってことはなくて変わってるんだけど、それをその時は自覚してないんだよなー。
40代終わりの今になって、30と40はちがってたなぁってしみじみ思うけど、40になりたての時はそうは思ってなかったもんなー。

誕生日当日、家族から「おめでとう」と言ってもらって、旦那はケーキも買っておいてくれて、うれしかったなー。
我が家の場合、すみれ以外は全員誕生日が近くて、私より前にひばりと旦那の誕生日があるものだから、そこをちゃんとやっておくと自分の誕生日も忘れられにくい、という打算(にやり)。
それでも毎年旦那と話すのは「今が一番若いんだから」ということで、もうそんな年になっちゃったのか!とショックを受けるけど、確かに今が一番若いのだから、こんな年になっちゃったと嘆いても仕方ないんだろうなー。

この間、小袁治師匠の会に行った時、お客さんや小袁治師匠が「おれ、自分がおじいさんになったっていう気が全然しないんだよなー」って話していた。
年齢からすれば「おじいさん」なのかもしれないけれど、その場にいた人たちは確かに全然おじいさんじゃなかった。
「電車に乗って席を譲られたらショックだなぁー」
「じじいに見えてるってことだもんなー」
「えー?あたしは譲られたらありがたく座るけどなー」
「そりゃお前は譲られたことがないから…」
なんて言い合っている姿はどこをどう見てもおじいさんおばあさんじゃなくてなんか楽しくなってしまった。

年相応の落ち着きも欲しいけど、やっぱり私もそんな感じで生きていきたいなっ。

***

昨日は落語のあともしかして飲みにも行くかもね、打ち上げも出ちゃうかもねなんて思っていたのだが、会社に来てみるとお財布がない。
あーまたやってもうたー。最近週末に別のカバンを使うとお財布を戻すの忘れちゃって愉快なサザエさんなんだよー。

そんなときのために命金を用意してあるんだけど、そういえばこの間すみれにお昼代がほしいと言われて財布に万札しかなくて千円抜き取ったのだった。
あと会社のランチ用バッグの小銭入れにもお金を入れていたはず…と見てみると二千円入ってた。
これで三千円。落語会は2500円だからとりあえずセーフ…。
あと小銭も合わせると754円ぐらい。これでお昼をどうにか食べられる…。

コンビニでおにぎりでも買ってくるか?と思ったけど、できれば外で食べたいなぁ。
ラーメンが650円ぐらいで食べられなかったっけ?とラーメン屋に行ってみると一番安いやつが730円。
うへーぎりぎりだー。
ってことはフレッシュネスバーガーのランチの方が安いか。一番安いセットで650円だったから。
で、注文してお金払おうとすると700円近くかかり、ひぇーーー?!なんでーー?はっそうか消費税!あぶねー!!

会社に帰ってきてその話をピノくんにすると「お金貸しましょうか」と言われた。
そ、そんなつもりで言ったわけじゃないのよ!
でもなんかうれしい!(←おめでたい)

***

ポリポリ



ポリポリポリ

【 2014/08/12 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(4)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR