りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2014年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2014年12月

週末のあれこれ

金曜日は会社の忘年会。
どんどん人数が増えてきてついに今年は協力会社と来年入ってくる新入社員あわせて90名。
入社当時、パートさんや学生アルバイト含めて十数名で超高級フランス料理を食べに行ったことを思うと、10年たたない間にこんなにも会社が変わったのかと驚いてしまう。
こういう宴会では席が大事。えらい人やうるせぇやつと同じテーブルになりませんようにー。
という私の願いが通じたのか、同じテーブルには元WEBデザイナーのノッポさんやR社から転職してきたおじさんや昨年の新入社員や協力会社のビール好きのおっさんという薄いメンバー。ひゃっほい。
最近うちの会社の忘年会は企画から進行は全てその年の新入社員がやることになっていて、しかも年々クオリティが上がっていて、私たちはただ彼らの企画を楽しみ、うまいものを食べビールを飲んでいればいいので、とても楽チン。ほほほ~。

入社当初のフランス料理に比べればお料理はずいぶんカジュアルになったけれど、余計な気を使わなくていいし、偉い人としゃべらなくてもいいし、夢のよう。
フローズンビールのピッチャーがあって、若い子たちがすぐに入れてくれるので、ついついぐびぐび。でもでも私はもう会社の飲み会で失態はさらしたくない!気を確かにもって!
とにかくなにかしでかさないうちに…と一次会で慌てて帰る、るるる~。

電車に乗ったらほっとしたのかそこからの記憶がナッシング。
帰巣本能だけを頼りにどうにか家にたどり着き、風呂に入り、500ml缶を男らしくプシュ!!と開け、こたつで落語番組を見ながら5分もしないうちにぐうぐう…。
旦那に起こされそのまま布団へ移動し、朝までぐっすり。
さんざん飲んできたくせになぜ500m缶を開けるのだ!!という気がしないでもないが、まあ誰にも迷惑をかけなかったのでよしとしよう…。

土曜日は落語。
珍しくお友達3人と行き、落語のあとは飲みに行った。
落語が終わったのが16時でお店に入ったのが16時半。そこから21時まで5時間、喋り通しに喋り、二日酔いだったのでそれほど飲みはしなかったのだが(とは言ってもそれなりには飲んだのだが)食べに食べ、いやぁ楽しかった。ほほほ。

今日は旦那と二人で散歩。
地図を見て歩くコースや立ち寄るお店を考えるのが大好きな旦那が昨日計画を立ててくれていて、1時間ほど歩いてラーメン屋さんに入ってラーメンを食べ、それから地下鉄に乗って本郷三丁目に行って東大に入ってみたり、そこから谷中まで歩いてカフェでお茶を飲んだり…。
楽しかったけど疲れた~。でも楽しかった~。

楽しい週末はあっという間に終わってしまうなぁ。
明日からまた仕事がんばらないと。
スポンサーサイト
【 2014/11/30 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

君津

昨日B社にプロトタイプを見せに行った。
これが一番緊張するんだ…。ドキドキ。
動かして見せたところお客さんにはとても好評で「すごーーい!」「かなり見やすくなりますね!」「もうこんなにできてるんですね!」と評判上々。
はっはっはっはっは。とふんぞり返りかけたのだが、2回めのプロトを12月半ば、その後すぐにテストに入る予定になっていることにいまさら気付き、ひぇぇぇーーーとなる。
そ、それはかなりパツパツですね…。どどどうしよう。

12月は死ぬ気で頑張らないとまずそうだ。
けど、もう死ぬ気でなんて頑張れない私。
しかも落語の予定もぎっちり入ってるし。
とりあえずどうしても行きたい会だけに絞って落語のない日は残業して頑張って終わらせねば。
頑張れるかな…。最近仕事頑張らない癖が…。

***

小三治師匠の来年の落語会が君津である。
君津ってどうやって行くの?と路線検索してみたら、「高速バスにのりたまへ」と言われる、るるる…。
秦野まで行ったことをおもえば君津も行けないことはない?
で、でも、高速バス、か。むーん。
わざわざそこまでして行って席がイマイチだったり聞いたことがある噺だったりしたら…。

はっ、これは私の小三治師匠への追っかけ魂が試されている?!
この勝負に勝てなければ次のステージには進めない?!(どんなステージだよ…)

***

そんなことより昨日の子は誰よ。



浮気者!(ごめん、ごめんよ、ココアはん)

【 2014/11/27 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

鬼平パーキング

旅行の時に、旦那が「あのさ。羽生のPA寄る?」
「え?なにそれ?」
「あのね。ここってね。鬼平とね、コラボしてるんだ」
「ほえ?」
「鬼平。鬼平とコラボしてる」
「さっきから何度もおにへいおにへい言うけど…。だからなに?イマイチ何がいいのか伝わってこないんだけど」
「そ、そうか。そうだよな。ぶわははははは。」
「鬼平で何かいいことが?」
「いやあのさ。なんかこの江戸っぽい感じになってるから、あんたなんか今見たら結構面白いんじゃないかと思って。ほら、落語の」
「あーーなるほど、そういうことね」

私たちの会話を聞いていたすみれが「行こう行こう!羽生!」と言い、じゃ早速行きに寄ろうじゃないか、ということになった。

で、PAに入ってみると、あれ?なんか江戸っぽくない。むしろモダンな感じよ。鬼平鬼平言ってたけど場所を間違えた?それともあなたの勘違い?
「あれ?おかしいな。」
旦那が調べていたが「な、なんと!鬼平なのは上りだけだった!」
…ぶわはははは。あほやー。

「もう鬼平はいい?別に行かなくても?」
弱気になる旦那をみんなで励ましながら帰りに羽生PAに入り、おおおっ!たしかに江戸っぽい風情があるじゃないか。
実際入ってみて、だからなに?と言う気持ちは拭いきれなかったが、旦那が寝言を言っていたわけではないことは証明されたのであった。

***

牧場のウサギちゃんにかぶりつきになられる。



何を期待した?

【 2014/11/26 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

旅行

週末は家族で旅行。
年に一度、おーまも一緒に近場に一泊旅行しているのだが、今年は那須。

・一日目のお昼は那須森のビール園へ。
・ええ?ビール園って言っても私が一人で飲むだけだから申し訳ないよ~いいよ~と言っていたのだけれど、高速を降りると結構な渋滞で最初に行こうと思っていた自然食バイキングの店にはなかなかたどり着けそうにないということで結局ビール園へ。
・私は3種類の地ビール飲み比べ、おーまはグラスで黒ビール。ぷはーっ。
・食事はそれなりだったが、デザートをバイキングでたらふく食べたいと言っていたすみれは満足していたようでよかった。

・お昼を食べた後は、牧場へ。
・ウサギの散歩や羊やヤギに餌をあげられたり馬に乗れたりする牧場だったんだけど、馬と聞いて「乗りたい乗りたい乗りたい」と盛り上がるひばりとすみれ。
・いやいやいや。乗るって言ってもあれだよ、子どもがポニーに乗ってそれを牧場のお兄さんが引いてくれるいわゆる引き馬ってやつだから。子どもがやるやつだから。
・いいのいいのそれでも乗りたい!あたしいつも乗せる側だから乗る側の立場になって見てみたい!と言うひばり。
・あたしも乗りたい!馬!とすみれ。
・小さい子どもに交じって並んで一人ずつ馬に乗りおにいさんに引いてもらう中学生と大学生。
・かなり頭の弱い感じだが本人たちはニコニコご機嫌なので…そして対象年齢も65歳までなので良いのだろう。
・バイキングで鬼のようにデザートを食べていたすみれが牧場でまたソフトクリームを食べる。あんた甘いものは別腹っていうけど、明日にはこの腹になるわよ…。

・念願の馬に乗れて満足してホテルへ向かう。
・部屋も和洋室で広くきれいで眺めも良くてテンションのあがる私たち。ふぉ~。
・早速温泉へ。
・子どもたちは温かいお湯と冷水とサウナに交互に入って…なんてことを繰り返しているのだけれど、長く入っていられないおーまは早々に脱落。
・私も少しでも腹の脂肪を減らせないかしらとジャグジーに腰や腹を当てたり露天風呂で無駄に足をばたばたさせたりしていたけれど、もうだめこれ以上は無理…と脱落。
・結局一番長く入っていたのは旦那だった。(いつもそう)

・夕飯は懐石。
・こここんなにお上品な量?と最初のうちはびびっていたけれど、いろんなものがちょっとずつちょっとずつ出てくるので最終的にはお腹いっぱいに。
・ケチな私たちにしたら珍しくお金をちょっとプラスしてプランをグレードアップしておいてよかった!
・もちろんビールでも腹が膨れる。ぷはー。
・部屋に戻ってテレビを見たりしているうちに眠くなり23時ごろに就寝。ぐー。

・朝食はバイキング。団体さんなどかなりの人数が泊まっていて、さらに出足が遅れてしまったため、レストランに着くとすごい行列。
・途中じじばばの集団に割り込まれたりしてちょっと辛い気持ちになる。(バイキングって人数が多いと配給待ちな気分に)
・でもホテル側のスペックが非常に高く、思っていたほどは待たずに入れてほっ。
・さらに取りに行ってみれば食べ物の種類がとても多く、どれも一手間かけてあってとてもおいしくてテンションがあがる!
・特にフレンチトーストがめちゃうま!
・私は食べなかったのだがパスタ、ヨーグルトもうま!だったらしい。
・もう昼も食べなくていいぐらい食べちゃえ!とばくばく。
・いつもバイキングといっても、プチトマト2つ、ちくわ1つ、ブロッコリー1つ、コーン、以上。ぐらいしか盛らないすみれが今回はいろんな種類のものをたくさん盛ってきて驚く。
・食べられるの?大丈夫?2時間ぐらいかかる?と思っていると、パクパクと完食。
・さ、デザートデザート♪とフルーツやフルーツポンチやゼリーも持ってきてパクパク。
・カフェオーレも飲もう♪と注いできてゴクゴク。
・んまぁ、すみれったらたくさん食べられるようになって!しかも食べるのもはやくなって!えらいぞう!
・って考えてみたら中2だよ、この人。
・どうもすみれはいつまでも赤ちゃんみたいな気がしていて、ちょっとしたことで本気で褒めてしまう。いかんいかん。

・すみれが食べ終わったので部屋に戻って荷物をまとめてチェックアウト。
・アウトレットへゴー!
・女4人で洋服を見て回るも、すみれが早々に脱落。
・最近ようやくシャレっ気が出てきたすみれだが、やはり長く服を見ていると飽きるらしい。
・すみれが終わったよーと旦那にメールして引き取っていただく。(いつもこれだ)
・残る3人であちこちの店をめぐり安物買いの銭失い。
・もうええやろ!ということになり、旦那チームと合流し、お昼ご飯用にサンドウィッチを買い、アウトレットを後にする。

・思っていたほど渋滞もしなかったので2時間半ほどで東京へ到着。
・うさぎホテルからココアを引き取り帰宅。
・あーーーたのしかった。
・おーまが「年に一度はこれからも行きたいわ。わたしもいつまで元気かわからないけど。元気はあってもボケるかもしれないけど。」と。
・楽しかったようでよかった。
・帰ってきて体重を測ったすみれが「2キロ太ってた!」と言うので二人で大爆笑。ぐわははははは。
・そりゃあれだけ食べればねー。
・お風呂の時測ったら私も1キロ太ってた。
・人生最大体重をさらに更新。
・ぶわははははは!
・笑ってるばあいじゃない…。

***

その間私は預けられ…(ごめんよ、ココアはん)

【 2014/11/25 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

きんにくんという男

B社の営業担当、会社としてはいずれはきんにくんを抜いてフツ子さんに移行したかったようなのだが、お客さんがきんにくんを気にいっているでのきんにくんは抜かないでほしいと私が根回しをしたせいなのか、フツ子さんの方が抜けることになってしまった。

何度説明しても毎回いつも初めて聞いたかのように「なるほどっ!」と言い、そのくせまた次の時には「分からないんで教えてください!」と平気で言ってくる。
議事録一つ作れない。
そのくせ障害が出たりスケジュールに遅れが出そうになると「それって防げたんじゃないんですか?」とか「今言うのはルール違反だよね」などと平気な顔して技術を糾弾してくる。

一番腹が立つのは失敗は全て技術のせいにして、褒められることは全て自分の手柄にしちゃうことだ。
それってものすごい腹黒い印象だけど、ほんとに彼の場合は悪気はなくて素直にそういう反応をしちゃうおぼんぼんなのである。
「障害が多いよ」とお客さんから電話があれば「うちの技術が申し訳ございませんっ!お恥ずかしいです!」と臆面もなく言い、「今回リリースした機能、すごく評判がいいよ」とお客さんから褒められれば「ありがとうございます!頑張った甲斐がありました!」と受け止める。
…ほんとにいい性格してるよ…。
褒められて育つとこうなるのかね…。(ぞくっ)

そんなきんにくんに比べてフツ子さんはまだ数回しか参加してないのに議事録の完成度も高いし、SEの経験もあるからシステムのことも理解しているし、少ない情報で提案資料もちゃちゃっと作り、と非常にスペックが高い。
フツ子さんの方がやりやすいんだけどなぁ…。ちっ。
そんでもってフツ子さんの代わりに今度は新人の赤メガネちゃんが入ることになったらしい。
またこの子が悪い子じゃないんだけどなんでも鵜呑みにするタイプっていうか、きんにくんをキラキラ尊敬のまなざしで見ていて、なんかいらっとする…。
なーんもわかってないきんにくんが赤メガネちゃんに先輩ヅラしてあれこれ言いつけるところをこれから目の当たりにするのかと思うと、なんかげんなり…。

でも営業としてはああいうのが好まれるのよね、お客さんに。
なんか納得いかないなー。ちぇーっ。

***

会社なんてそんなもん。(近いよ、ココアはん)

【 2014/11/20 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

アンパンマン

ランチで隣に座ったカップル。
最初サッカー選手の話をしていたのだが、しばらくすると彼女の方が「あたしアンパンマンが好きなんだよねー。これ見て」と言って携帯を見せた。
「げ、なにこれ?」と彼氏。
「アンパンマンの豆知識が書いてあるの、ここ」

「あのね。チーズってね、もともとはバイキンマンがアンパンマンを倒すために送り込んだ手先だったんだって。アンパンマンって犬が苦手なの。でもね、チーズがバタコさんになついちゃったらそれ以来アンパンマンちの犬になったの」
「へー。ダメじゃん、チーズ」

「あとね。バタコさんはおむすびまんと付き合ってるんだって」
「え?付き合ってる?」
「付き合ってるっていうか、両想い、ってここには書いてある」
「ふ、ふーん」
「カレーパンマンはシュークリーム姫と付き合ってる」
「シュークリーム姫って知らないな」
「でもね、カレーパンマンってチャラ男なの」
「え?チャラい?」
「うん。いろんな子に手を出してるの。」
「そっか。浮気症なのか。だけどあれだな、シュークリーム姫と比べちゃうとバタコはダメだな。だってバターだろ?バターと白米が恋人同士?だめだな、そりゃ」
「だよねー」

それ以上アンパンマン話を連発すると彼氏がドン引きしちゃうよ!そこらへんでやめておきなよ!と隣でひやひやしながら聞いていたのだけれど、彼氏の返しがなかなかイカしていて素敵だった。
このカップルに幸あれ、と後ろ姿を見送ったのだった。

***

ほんとは今日免許を取りに行く予定だったのだが、いろいろ準備ができてないから来週にする、とひばり。
ってことは、旅行で運転をさせてみる、という旦那の野望はくじけてしまったわけだ。
残念なようなほっとしたような。

***

アンパンマンは君だ。(とんだ言いがかり!)

【 2014/11/19 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

免許

週末、とてもうれしい出来事があったので昨日日記にアップしたのだが、あっちにもこっちにも似たようなこと書いて、そんなに浮かれてるとまた酷い目にあうような気がして、慌てて削除した。
なんかいっつもこんなことしてるよなー。いつまでたってもいっつもこんなだ。

***

日曜日は車屋さんへ保険の書き換えに行った。
ついにひばりが免許証を取得してしまったのだ。
してしまったのだっていうこともないけどいやしかし正直言ってついに来てしまった感が強いんだよなぁ…。むーん。

しかし旦那はせっかくとったのだから車に乗った方がいいよという考え。
今度の連休に家族で旅行に行くことになっていて、そこでちょっと運転の練習をさせてみよう、なんてことを言っている。
死のドライブにならないといいけどね…。

「試験受かった」とひばりに言われて「こわっ!!」と言うと、「キャンプのメンバーにも報告したら全員が一斉に”こわっ!”って言ってたよ」。
いやそれにしてもずいぶん時間かかったなぁ。
私が大学生になった時、推薦で決まっていた友だちは免許証を持っていたものだけど…ひばりが教習所に通いだしてから約8か月ぐらい。特に試験で引っかかったりすることもなかったのだが、なかなか予約が取れないと言って、だらだらと教習所通いを続け、ようやく…なのである。

保険も今までは旦那しか運転していなかったので安めの保険に入れていたんだけど、ひばりが参戦するとなるといきなり保険料も倍近くに跳ね上がり、とほほ。
しかしさすがにここをケチるわけにはいかないので、書き換えを行ったのであった。
とにかく事故だけは起こしませんように。それだけを祈っている。

***

会社の棚になぜか「ちゃんこ鍋のもと」がばーんと置いてあったんだけど、袋の重みで微妙に折れ曲がっていて、一瞬目を疑う。
え?ええええ?なんですとーー?!
あ、な、なんだ。ちゃんこか…。びっくりした。

分かった瞬間におかしくて思わず「ぷぷぷっ」と吹き出すと、近くにいた森のくまさんが「ぶふふふ」と笑っている。
「あ、わかった?」
「え、ええ。わかりました。わかっちゃいました。」
「私の心が汚れてるからそう見えちゃったんだね、きっと。」
「ぷぷぷ」

…おいら、精神年齢小学生。

***

おとなこども(まさにそれだよ、あたしは。ココアはん。)



開き直ったわね!

【 2014/11/18 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

肝炎疑惑

おーまが区の健康診断でB型肝炎の抗体の値が高いと言われたと、家に電話をしてきた。
おーまの説明がどうも要領を得ないのだが、抗体の値が高くても抗原が低ければ問題がないんだとか。
それでおーまの場合は抗原の値は分からないんだけど、とりあえず抗体が高いという結果が出たので、検査をしないといけないのだと言う。

その話を旦那に聞いた時(電話に出たのが旦那だった)、ああ、いよいよ来たかーと思った。
ダンスを辞めてほしくなかったのは、辞めた途端に老人っぽくなってしまうんじゃないか、病気になっちゃうんじゃないか、と思ったからだった。
検査に行くなら、すみれやひばりが手術をした病院が比較的行きやすいしなんとなくちゃんとしている風だからいいんじゃないかな、とメールした。
まずは近所の病院で紹介状を書いてもらうわ、とマッドドクター(明らかやぶ…というか最近ではボケの症状も出てきて相当やばい)のところに行って紹介状を書いてもらったらしい。
のだが、旦那がまずは近所のもうちょっとちゃんとした病院で健康診断の結果を見せてアドバイスをもらった方がいいんじゃないか、と言い出して、おーまにそう伝えてくれた。
おーまは「それもそうね」と旦那が勧めた病院に行って検査したら、肝炎の方は問題がない、とのことだったらしい。

とりあえずはほっとした…。
でも昨日友だちにおーまの年を聞かれて「74歳」と答えて、そうか、おーまももうそんな年なのかとはっとしてしまった。
この年までダンスをやっていたっていうことのほうが驚異的なのかもしれないなぁ…。
最近、ちょっと耳が遠くなってきたし…これからあちこち具合が悪くなってきたり衰えてきたりもするのかもしれない。
そんなことを考えると、なんだか急に心細くなってきて、自分はいい年していつまで「こども」のつもりでいたんだろう、となんだか情けなくなるのだった。

***

ん?



ひょいっ。

【 2014/11/14 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

結婚祝い

先月、テンパリくんが結婚するという報告があったのだが、今月はもとWEBデザイナーのノッポさんが結婚するらしい。
会社からお祝いの品をプレゼントということで、以前は自分が好きなものを注文できるカタログを贈っていたらしいのだが、「もっと心のこもったものを!」とシャッチョさんが言い出し、テンパリくんの時からは、会社のロゴ入り高級グラスが贈られることになった。
…会社のロゴ入りって…いやらがせとしか思えない…。

そういえば私が前にいた会社でも創立20周年の時、社員に記念品が配られたことがあった。
それが社長の自伝と会社のロゴ入り腕時計。
…いらねぇ…。かと言って捨てられねぇ…。
腕時計の方は、ひばりを出産する時に陣痛の間隔を測るのに使ったけど、自伝の方は5年ほど寝かせてから古紙回収に出したなー。

削り直したりしてどうにかロゴを消すことはできないんだろうかとこっそり考えていると、そんな私の想いを察したみたいに、「彫りこんであるから会社のロゴは絶対に消せませんから!」とシャッチョさんが付け加えた。

げろげろ。

***

あなたは缶ビール、缶のまま飲むんだから、グラスはいらないでしょ。(おっしゃる通りだよ、ココアはん)

【 2014/11/13 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ランチタイム

経理のパー子と能無しオヤジは隣合って座っていて、一日中ベラベラベラベラ世間話をしながら仕事をしている。
ぱーぱーぱーぱー独断的な意見を言いまくるパー子と、仕事をしないサラリーマンの鏡のような能無しオヤジで話をして何が楽しいのかと思うのだが、一日中喋っているところを見るとよっぽど気が合うのだろう。子供のお受験、住宅事情、相続話、海外旅行話、前にいた会社の経営話、ワイドショー的な話題、文春的な話題、社員の個人情報、二人にはいくらでも話すことがあるらしい。

今日はその2人が休憩室で向かい合ってお弁当を食べていた。
仕事の間中二人で喋っていてさらに昼休みも二人で喋りながら食べるなんて。
もう付き合っちゃえばいいのに、と思う。

今日はたまたまこの二人で食べていたが、最近は休憩室で新人くん何名かに、パー子、カトちゃん、シャッチョさんでお昼を食べている姿もよく見かける。
会社にいる時間で唯一の幸せなランチタイムに、パー子、カトちゃん、シャッチョさんに「ちゃうちゃう!!」「そうやない!」「あたしがー社員だった時はー」「うちのご主人様はー」「あたしが学生の時はー」「うちの子たちはー」「あたしが就職した時がー」「わしがー」「あたしがー」「わしがー」言われながら昼を食べるなんて、私から見れば地獄以外の何物でないのだが、彼らは平気なのだろうか。

私だったらお金もらってもあそこでお昼は食べたくない。
ほんとにうちの会社のワカモノたちはえらいわー。(←尻をポリポリかきながら)

***

年が近いくせにえらい嫌いようね。

【 2014/11/12 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR