りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2015年01月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728 ≫ 2015年03月

再会

何年かぶりに会った友だちに「前よりずっと元気になったね」と言われる、るるる~。

何年か前、彼女に会った時は、かなり鬱っぽい状態だった。
仕事で追い詰められて辞めたくて仕方なくて、だけど辞めるとまた逃げることになっちゃう、絶対それは嫌!と意地にもなっていて、家にいてもため息ばかり、会社にいても誰とも喋りたくなくて、そのくせ味方が誰もいない、独りぼっちだ、という気持ちも強くて、身動きができなかった。

彼女は私とは反対に、遊びの方から仕事の幅が広がってきていて、しぼんだ私から見るとキラキラ眩しくて、こんな沈んだ状態の私と飲んでも楽しくないだろうなぁ、と思った。
それから何年も会おうという話にならなかったところを見ると、ほんとに私は飲んでも楽しい相手じゃなくなっちゃったんだろうな、とひがむ気持ちもちょっとあった。
でもなによりも自分の元気がなくて、しばらくの間、誰かを誘ったり外に飲みに行くような気持になれずにいた。

働き方を変えて、会社に若い人がどんどん入ってきて、落語という新しい趣味を見つけ、一時期の鬱状態を抜け出した(と思う)ので、久しぶりの友だちに会おうと思ったり、声をかけられたりするようになってきた。
twitterでつながっていた彼女が仕事でちょっとへこんでるようだったのでリプを送ったら、「飲もう!」ということになり、何年かぶりに会うことになった。

前に会った時私だめだめだったでしょ、つまらなかったでしょ?と話すと、「え?そうだっけ?」と彼女。
「確かに疲れてるように見えたし仕事の愚痴をこぼしてたけど、いつものことだから、特に何とも思わなかったよ」。

ぐわははは。そうかい!
私は結構あの時のことにこだわっていて、「つまらなかったろうな」「仕事で沈んでたからな」と長らくうじうじ考えていたんだけど、いつもそうだからたいして気にならなかったと言われて、笑ってしまった。

それでもその後何年も会わなかったところを見ると、やっぱり楽しい飲みじゃなかったんだろう。
あの時私が感じた、彼女も面白くなかったろうな、というのは、多分当たっていたんだと思う。
ただそれって別にそんな深刻になるようなことじゃなくてよくあること。
それを、この世の終わりみたいに感じてしまっていたことが、あの時の自分の状態を表しているように思う。

もうあんなふうにはなりたくないと思いながら、簡単にあんなふうになってしまう私なので、きっとまたなるんだろうなと、諦めにも似た気持ちでいる。

***

元気があればなんでもできる!(そうだね、近いよ、ココアはん)


スポンサーサイト
【 2015/02/27 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

振り返り

この間リリースした機能の振り返り会がB社で行われた。
うちの社内の振り返り会は「ここが良かった」「ここが素晴らしかった」といいところをことさら強調するのが暗黙のルールなのだが、お客さんとの会ではそうはいかない。
ここが良くなかった、この点がだめだった、だから次回はこのように対策をとります。という反省を表明する資料を用意して、出かけて行った。

いろいろ怒られるんだろうなぁと覚悟して行ったのだが、納品時の品質については厳しく言われたのだが、リリース時には問題のない状態に仕上げていたこと、そしてとにかくこの新しいサイトがお客さんに非常に評判がいいということで、お礼を言われてびっくりしてしまった。

なんでも実際にサイトを使っているユーザー千人にアンケートをとった結果、「使いやすくなった」と答えた人が全体の90%を占めていたらしい。
さらに「すごくよくなって感動した」という選択肢を選んだ人がそのうち20%を占めていたということで、「うちのサイトでアンケート取って今までこんなにいい結果になったことはなかったんですよ」と言われて、本当にうれしかった。

いやぁほんとに頑張った甲斐があったよ。
なにより、今までは「そんな風にしなければいいのに」と思いながら、お客さんの要望を聞いて実装していたのが、今回はこちらから「こうしたほうがいいですよ」「こういう風にしたらどうですか」と提案をして実際に動きを見せながら作っていったので、お互いに出来上がりに満足して、さらに使った人が「使いやすい」と言ってくれたのだったら、ほんとにこんなに嬉しいことはないのだった。

考えてみればもう長いことお客さんから褒められていなかったもんなぁ…。
頑張った結果、認めてもらえるって、うれしいことなんだね。
なんかそういう気持ちを忘れてたなぁ。

***

もふもふ。



【 2015/02/26 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(4)

予防注射

年度が終わるので取締役との面談がある。
一人ずつ呼ばれて役員会議室に入るのだが、総務のかわいこちゃんが名簿を見ながら声をかけてくる。
以前はすごーく早く呼ばれていた私だが、今はかなーり後の方。
面談にえらい時間がかかってる人もいれば、会議室から笑い声が聞こえてくることもある。
待つ時間が長くなるほど行きたくないという気持ちがつのる。

この感じ、なんかちょっと懐かしいなと思ったら、小学校の時の予防注射を待つ時間に似ている。
先に男子が呼ばれ腕をさすりながら戻ってきた子の中に涙の跡があったりすると、そ、そんなに痛いのか…とドキドキする。
あーーー熱が急に上がってくれないかなー。
あ、でも今日受けられなかったから、自分で病院に行って受けるのはもっと嫌だなー。
っていうのは、あーー障害がばーんと起って面談がなくなるといいなー。
あ、でもそのせいで別途日にちを設けてたっぷり…っていうのはもっといやだー。
に、とてもよく似ている。

すごく痛いとしてもあっという間なんだから。目をぎゅっとつぶって息を止めてやりすごせばいいんだから。
そう自分に言い聞かせる年だけオトナ。

実際の面談はほんの5分ぐらい。
ボスとしゃべったの、3年ぶりぐらいかも。しかもわたしのめをみて笑顔で話してくれたのなんて、ヤングくんが辞めてはじめてだよ。
ようやく許されたのかなぁ…?
とにかく終わって良かった。もうこれで一日は終わったようなもんだ。とっとと帰りたい。
と思うのも、予防注射と一緒なのだった。

***

最近スマホが充電をさぼるようになってきた。
USBで接続すると「充電してるよん」と赤いランプが付くのだが、ちょっとしてから見ると、赤いランプが消えていて電池が全然増えていない。
だめじゃない!ほら、頑張って!と励ますと、ようやくまた充電し始める。
が、暫くしてみるとまたさぼってる。
こらーだめでしょーと励まし、また充電。その繰り返し。

充電器との接触が悪いんじゃないかと思うのだが、会社でも家でもダメなところを見ると、充電器の方じゃなく本体の接続に問題があるようだ。

あたしの使い方が粗いっていうのもあるだろうけど、最近の電化製品は命が短い。短すぎだよ、ふんとにもう。
このスマホだってまだ2年経ってないよ。
だましだまし充電して使ってるんだけど、「新機種が出ました」ハガキが届いて、いっそ買い換えちゃう?という誘惑にかられる…。

前のは酔っ払ってゲ〇まみれにしてしまい次の朝錯乱して洗ってしまってお陀仏に。
今度は大事に長く使おうと思ってたのになぁ。
ってもうあきらめムードかよ。おい。

***

注射きらい。(だよね!)

【 2015/02/24 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

和解

試験前なので塾の自習室に通っているすみれ。
先生が決まった時間教室で待っていてくれて質問に行くと教えてくれるからと言って、美術学校の後直接塾に行ったりしていて、勉強嫌いなのにがんばるなぁ、と思っていた。
そういえば一時期ほど塾に行くのを嫌がらなくなった(嫌は嫌そうだが)と思っていたら、旦那が「そういえばすみれ、先生と和解できたみたいよ」と言う。

一番好きだった先生に宿題の答えを丸写ししてきたと思われ、問答無用で居残りさせられたのが年末。
帰ってきて泣きながら夕飯を食べていたすみれは、その後も気持ちの整理がつかず塾を変わりたいとも言っていた。
もともと塾は合わなければ変わってもいいのよと話していたのだが、こういう理由で変わるのはどうなんだろうと思ってもやもやしているうちに、すみれのほうから「4月になればまたクラスも変わるからいいよ」と言うようになっていた。

おおごとにしたくないから塾には何も言わないでくれとすみれには言われたものの、ここは親がでばってもいい場面なんじゃないか。すみれの話を聞いてやってほしいと一言言うだけでいいんじゃないか。
そんな思いにもかられたのだが、しかしこれから先、いつも親が出て行ってあげられるわけじゃないし、これも大切な経験なんだろうか、どうしてやるのが一番いいんだろうか、そう考えて結局何もできずにいた。

これからは計算に使った裏紙も全部持って行く!
また疑われたらそれを見せるんだ、と言っていたすみれ。
この間その裏紙を先生に「これはなに?」と聞かれた時に、「前に裏紙に計算をして行ったけど答えを写したと思われてしまったので、持ってきました」と言うと、先生は「ああ、そうか。そうだったのか。あの時はごめんね」と謝ってくれたらしい。

そうかーそんなことがあったのかー。それですっきりした顔になっていたのかー。
やっぱり自分で伝えてわかってもらえるのが一番良かったんだなぁ。
そこまで根に持つすみれもすみれだが、でも本人が納得できたのならよかった、と思った。

***

ぬん!!(ち、近いよ、ココアはん)

【 2015/02/23 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

週末のあれこれ

金曜日は有休をとって、午前中は頭痛外来へ。
頭痛ダイアリーを持って来ればすみれの分も薬を出しますよと言ってもらっていたので、ふたり分の薬をもらって、ほっ。
私の方はほんとに頭痛が少なくなってきて薬もほとんど飲んでいないのだが、漫画や試験勉強でこんを詰めるととたんに頭痛が起きてしまうすみれは薬の減りも早く、もらってきてあげたかったのだ。
ネットで予約できるし、何かと合理的なので本当に助かっている。

昼は一人で焼肉&生ビール。
ああ、幸せ~。でもたくさん飲んで落語で眠くなったら元も子もないと思い、一杯で我慢。
それから池袋に移動して、池袋演芸場の昼の部へ。
芸協まつりで池袋演芸場の招待券をもらっていたので、使いたかったのだ。
平日の昼間にもかかわらず、お客さんが結構たくさん入っていてびっくり。
みんな、なにしてるの…?(お前もな!)

昼の部が終わったあとは、御徒町へ移動。
落語協会の場所を確認したあと、まだ時間があったのでカフェに入ってフレンチトーストなんか食べて、再び落語協会へ。
2Fで行われるきく麿師匠の勉強会を見に来たのである。
この会が18時始まりだったので、休暇をとったのだ。でへへ。
大いに笑ってちょっと泣いて、満足満足。
平日休みってほんとに幸せ。

土曜日は浅草で行われた落語会へ。
落語のあとの打ち上げにも参加。
会が終わったのが16時でその後から飲み始め、2次会まで行ってしまった。
いやぁ調子に乗って飲みすぎたわー。
粗相はしなかったけど、ちょっと危ないところだった。ドキドキ。

今日は家にいてパンを焼いたりブログを書いたり。
ああ、週末ってなんでこんなに楽しいのかしら。
その分、明日からが憂鬱だなあ…。
なにせ木曜日に会社を出る直前にメールをチェックしたらお客さんから障害報告メールが来てたからなぁ…。
開けずに帰っちゃったから、ほんとに月曜日が憂鬱なのだ。
これをひとは、自業自得という。ちゃんちゃん。
【 2015/02/22 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

オンオフ

結局骨に異常はなく激しい打撲のみだったので痛み止めをもらって家でじーーーっとしているしかないひばりは今完全なオフ状態。
「おねえちゃんほんとに寝てばっかりだよ。学校から帰ったらベッドで寝てて、夕方になってひーひー言いながらえっちらおっちらベッドからおりてきてやっと起きるのかなと思ったらまたコタツで寝てるの。結局寝るんかい!!と思って」とすみれ。

ほんとにひばりはオンの時とオフの時の差が激しいんだよなぁ。
オンの時は5時にぱきっと起き、まだすみれが眠っている子ども部屋の電気をばーーーんとつけ、髪の毛をブローし化粧をしドスドスいわせながら出かけて行く。
オフの時はとにかく一日中寝てる。あきれるほど寝てる。
あれだけ昼間寝てさすがに夜は眠れなくなるんじゃないか?と思うけど、全くへっちゃらで夜も寝る。
小さい頃、ひばりの寝かしつけにはものすごく苦労したことを思い出すと、なんだか笑っちゃうのだった。

***

寝る子は育つ(もう育ち終わってるはずだよ、ココアはん)。

【 2015/02/19 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

リリースが終わって気が抜ける、るるる…。
特に大きな障害もなくほっとしている。
って書いたとたんに大きな障害が出そうでこわいのだが。(←どこまでもネガティヴ)

早くリリースが終わって落ち着いてほしいと願っていたのに、終わってちょっと暇になるとなんかいたたまれない貧乏性。
ほんとは暇を愛しているんだけどねー。
でもなんかこういうピリピリした会社にいるとヒマ=悪って感じでね…。つらたん…(←すみれのまね)。

***

日曜日に休日出勤した時から、机のまわりを小さな虫(小蠅?)が飛んでいるのが気になっていた。
今朝も出社するとふわっと飛んでいたのでがしっと掴もうとしたら、隣に座っているグズグズくんがびっくりした顔をしてイヤホンを外した。
集中して作業をしたかったのかイヤホンで音楽を聴きながら仕事をしていたグズグズくん。
私が虚空に向かって何かをつかむようなポーズをしたように見えてびっくりしたらしい。

「何もないのに掴もうとしてると思った?」と聞くと「は、はい。びっくりしました」とグズグズくん。
「いやおとといからここらへんに小蠅がね…。私にしか見えない何か、愛をつかもうとしてたとかじゃないよ!」
私が言うと、ようやくほっとしたように笑うグズグズくん。
いったい私をなんだと思っているんだか…。

***

あきらかにアブナイヤツと思われてるわね(やっぱりそうだよね、ココアはん)。

【 2015/02/18 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

幻のイケメン班

席替えを嫌がっているすみれ。
今の班が、男子も女子も面白い子ばかりで給食の時間笑いっぱなしですごく楽しいのだと言う。

席替えは、班長が話し合って決めるらしい。
この子とこの子は一緒にするとうるさいとか、この子とこの子は訳ありだから離したほうがいいとか、そういう事情を考慮して班分けをするのである。
席替え当日までは秘密厳守ということらしいのだが、中には聞かれると教えてくれる子もいて、すみれは早速前の日にZくんにLINEで聞いたらしい。

「あーー今の班の子全員と離れちゃった…」とがっくりきているすみれにメンバーを聞くと、男子はAくんとBくんとCくんだと言う。
「ち、ちょっと!BくんとCくんっていえばイケメンじゃん!」
「はっ。そういえばそうだ!!Bくんは直視できないほどのイケメンだし、Cくんは顔はそうでもないけどスポーツマンだからいい身体してるの!」
「なにさ、そのいい身体してるのって…」
「背が高くて肩幅がすごく広くてね。顔はそうでもないけど身体がいいんだよ~」
「中学生が”身体がいい”とか言うなよ!」
「そうかー。考えてみたら今までBくんCくんと同じ班になったことないからラッキーかも。なにより漫画の参考になるよ!イケメンが二人もいると!」

暗い表情だったすみれがニコニコ笑顔になったので、「単純なやつめ…」と思いながらも、よかったね…と思っていたのだ。

そうしたら次の日になってすみれが「あのさ。あの席幻になっちゃった」と言う。
「え?どういうこと?」
「あのね。新しい席を席替え当日まで絶対秘密にするっていうことに担任が妙にこだわってるんだけど、前の日にZくんがいろんな人に教えちゃったっていうのが耳に入っちゃってね、激怒して、やり直し!!ってことになっちゃったの」
「あららー。せっかくイケメン班で喜んでたのにねー。」
「ほんとだよー。もうその班はないのかと思うと急にすごく惜しくなっちゃってー。あーーー残念だーー。」

ぶわはははは。
すみれの学校の話がちょいちょい面白くて和むわ。

***

しゃくしゃくしゃく。



しゃくしゃく…(ん?見てる?)

【 2015/02/17 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ついに小三治師匠の打ち上げに出ることができた。
とは言っても、偉大すぎるし好きすぎるので近づくことなどとてもじゃないけどできない。
離れた席からお姿をチラチラと拝見するだけで精一杯。

もう胸がいっぱいで何もいらないかと言うと案外そうでもなく、やたらと飲んだり食ったりしている私なのだが、ビールが足りない。圧倒的にビールが足りない。誰か気付いてくれないかなぁと思うが誰も気づいてくれずビールが足りない。
森のくまさんが幹事をしているようだったので「ビールを頼め」と目で合図を送る私。
ビールビール。とりあえずビール。

そのうち小三治師匠が靴を脱いで〆治師匠に足を揉んでもらい始めた。
ああっ、あれが有名な(?!)弟子による足揉みね!
チラチラ見てると今度は小三治師匠が上着を脱いで上半身裸になっている。
うわ、すごい毛深い!なんか熊並みの毛深さ!
そんなに毛深そうには見えないのに意外だなぁ。腕とかそんなに毛深くないのに、上半身は毛で覆われてるのかー。へーー。

と感心しながら目が覚めた…。

ああ、せっかく夢の中で小三治師匠と同席できたんだから、毛深い毛深いと感心して見てないで、もう少し近づけば良かったのに。
ビールばっかりほしがってないでもっとちゃんと師匠をみればよかった。
ビールなんか家に帰ってから飲めばいいだろう!もうっ!

それにしてもなんでこんな夢を見たんだろう。
夢占いとかしてもらうと、私の邪な何かを指摘されそうで怖い。

***

紅茶を飲もうとティーパックを用意して、ぼけーっとしていて自分のマグカップではなく、ひとのマグカップに入れてしまう。しかもそこにはすでにコーヒーが入っていたので、ティーパックもだめにしひとさまのコーヒーもだめにする…。
げげっ!と思っていると、新入社員の負荷くん(自称負荷がかかればかかるほど力がつくタイプ)が「あっ、すみません!それ自分のカップっす!」
「ごごごめん、コーヒー入ってるのに紅茶のティーパック突っ込んじゃった」
「大丈夫す!ずっとそこに置き忘れてたんでどのみち飲めないっす!」

ええ子や…。
ええ子過ぎて心配や…。
負荷をかけるほど力がつくタイプ言うけど、人間って結構弱いものよ…?
という言葉をぐっと飲み込み、「ごめんねぇ」とヘラヘラ笑顔でその場を離れたのだった。

***

熊並みの体毛…(夢のなかでだよ!あくまでも!実際の師匠はさらっさらだよ!←勝手なイメージ)

【 2015/02/16 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

リリースとぎっくりと

今日は休日出勤してリリース。
今回はかなり大きな開発だったので心配だったのだが、とりあえずリリース自体は予定通りの時間で無事に終了。
「思ったより順調ですね」とにやりと笑うピノくんに、「そ、そうね。明日出社したら大変な騒ぎになってたりしないといいね」とどこまでもネガティヴな私。
いやーでもリリース当日はわからずに、次の日にどかーんと何かが起きるっていうのがよくあるパターンだからな。
明日は覚悟して会社に行こう。
なにもありませんように。なーむー。

とりあえず家で夕飯は食べられるからよかったわーと思って家に帰ると、旦那がちょっと深刻な顔で「あのね、ひばりのことなんだけど…」。
ひぃーーーなにーーー。
木曜日の夜からスケートキャンプに行っているひばり。
「もしかして事故?」
「いや、そこまでじゃないんだけど」
「骨折?骨折れ?」
「いや、そこまでじゃなくて」
「じゃどこまでーーー?」

なんでも転びそうになった子どもに後ろからがっと引っ張られ、そのまま転ぶと子どもが下敷きになってしまうと思って、体を捻ってリンクに激しく体を打ちつけて、動けなくなってしまったらしい。
おそらく骨折はしてないようだが、激しい打撲と、もしかするとぎっくり腰をやってしまったかも、ということらしい。
自力で動けないのでバスが到着する場所まで車で迎えに来てくれ、という電話があったのだという。

あー…なんてこと。
やっぱりスケートは怖いなぁ…。
子どもに怪我をさせる方じゃなくてよかったけど、しかしそれにしても…。ううう。

帰ってきたひばりは「キャンプに来てた子じゃなくてよかった」「私のほうが逆に怪我をさせたんじゃなくてよかった」とケロっとしていたけど、ほんとにもう気をつけてくださいよ…。
明日、旦那が会社を休んで病院に連れて行ってくれることになったけど、大した怪我じゃないことを祈るわ…。
【 2015/02/15 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR