りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2015年02月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年04月

リアクション


今朝は出社した時からニコニコ顔のボス。
社長のバースディサプライズがうれしくてしょうがないらしい。
やる気のある若者にはクラッカーが配られ、総務のかわいこちゃんの音頭で「社長お誕生日おめでとうございまーす」のご唱和。
さすが社長、「げーーやめてーーー」とのけぞったりすることなく、「ありがとうー」と笑顔でこたえ「こんなに大勢の人に祝ってもらえることを嬉しく思います」とスピーチ。
かーっ。やっぱりねぇ。これでなきゃ社長は務まらないよねぇ。
そんな羞恥プレイ耐えられないー!!とのた打ち回るようなヤツは一生会社の下の方にくすぶっていればいいのだ。

昨日の夕方、「社長がりつこさんと同じリアクションだったらいきなり修羅場になりますね」と言うあわわさん。
「社長が私みたいなリアクションするわけないじゃん。ありがとうーー!!ってこぶしを振り上げるよ、きっと」
私がそう言うと「そのこぶしはいつ振り下ろすんですかね」。
…知らねぇわ…。

夕べ旦那に、ボスが言い出して明日社長の誕生日を祝うんだよーと話すと、「家でやれや!」。
まるっきり私と同じリアクションで、さすが長年夫婦やってると似てくるんだなぁと笑ってしまった。
昔はもう少し穏健っていうかいい子ちゃんだったような気がするんだけどなぁ。
そしてそんなことを言ってるから私たちは一生偉くはなれないだろうなぁ。

***

身にしみついた貧乏人根性(三つ子の魂百までだよ、ココアはん)。

スポンサーサイト
【 2015/03/31 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

アニバーサリー

会社でシャッチョさんの誕生日祝いをやるらしい。
発起人はボスで、社員全員で「おめでとうございまーーす」と唱和し、「50歳おめでとう!!」というバルーンアートをシャッチョさんの机の後ろにばーーん!と飾るのだという。

…50歳おめでとうのバルーンアート…。どんな羞恥プレイだよ…。ありえないありえないよー。
私がもしそんなことされたらいやすぎて泣いちゃうなぁ。
私のーお墓のー前でー泣かないでくださいー。
私のー50のバースディー祝わないでくださいー。

でもきっとそう感じるのは、あたしが万年平社員だからで、社長ともなるとそこらへんのモチベーションは全然違うのであろう。
そういう時に「ありがとーーー!!」とこぶしを振り上げるような人でなければ社長にはなれないのだ、きっと。
そして発起人がボスって…。
そんなこたぁ家でやれよ!!
と思うのもきっとあたしが万年平社員だから…同族経営者じゃないから…きっとこのファミリー感、公私混同感が会社の成長の道しるべ…なのだろう…ほんとか?…ばたっ。

営業部の朝礼でのエイエイオー!すら見たくない私は、社長誕生日おめでとうの唱和なんて聞いただけでゲロ吐きそうなんだけど、嫌いな食べ物を息を止めてごくんと飲みこむように、こういうことも笑顔でさらっとこなせないようでは、会社員は務まらないのであーる。
人間辛抱だ。ごっつぁんです!どすこいどすこい!

そういえば私は子どもの頃ものすごーく偏食で食べることが嫌いで「食べ終わるまで遊びに行っちゃいけません」と言われて一人残されると、親が目を離したすきに食べ物をソファーの後ろに捨てていたのであった。
子どもの私に「引っ越し」という概念はなく、ソファーは一生その場所に置いてあるものだと思い込んでいたのである。
それが私が小学1年生の時に引っ越しをすることになり、これはやばい、父親にバレたら殺される!(虐待に近い体罰をする父親だった)とビビっていたのだが、不思議なことに注意すらされなかった。
あーこれは多分ネズミさん(「さん」を付けて可愛い感じを装う←当時から姑息)が食べてくれたんだなーむしろ私はいいことをしたのかもしれない、ネズミさん一家を助けたのだから、なんていいように解釈していたんだけど、大きくなってからおーまに聞いてみると「出てきたわよーー。かぴかぴのパンとかなんだかもうよくわからない白骨化した食べ物がぞろぞろと」と言う。
「なのに何も怒られなかったよね」と言うと「さすがにあれを見た時、”あいつはそんなに嫌だったのか”ってショック受けて怒れなかったみたいよ」。

そうか。
鬼の目にも涙。鬼も頼めば人食わず。
そういうこともあるのだから、ほんとに嫌だったらそういう暴挙に出ることでむしろ分かってもらえるっていう可能性もなきにしもあらずなのだな。
って何を言ってるんだ、そして何をやろうというのだあたしは。
いやなにもやらない。やらないよー。
かわいそうーーーーっと思いながら口パクでみんなに合わせて言ってるふりをするよ。「誕生日、おめでとう!50歳!!」。

***

ネズミさんって…(大好きだった「ねずみの嫁入り」の絵本のイメージだよ、ココアはん)。

【 2015/03/30 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

週末のあれこれ

金曜日は落語休暇。
まぁよく休むこと。ほほほー。
いつか誰かに怒られそうな気がしないでもないけど、今仕事の切れ目で暇で暇な状態で会社にいるとそれはそれで辛くてーって誰に言い訳してるんだ、おい。

土曜日は三鷹に小三治一門は会を見に行った。
会のあとは落語ともだち4人で吉祥寺に飲みに行った。17時から飲み始めてお店を3軒はしごしてまぁ飲んだ飲んだ。
2軒目は立ち飲みなんかにも行っちゃって、まるで酒つまのようではないか。ぐふふ。
3軒目を出たあたりで記憶が…。
帰りは営業所行きのバスに乗ってしまい、そこから歩くはめに…とほほ。
帰ってからの記憶は全くないのだが、どうやらヘロヘロで帰ってきた私は風呂からあがると冷蔵庫からビールを出し、「酒つま」の最終回を見ながら柿ピーをポリポリ。さすがにビールは十分だったらしく出してきた缶を開けることはなかったらしい…。
あんなに飲んで食べて帰ってきたあとでまたビール飲もうとするとか…ほんとに最悪だわー。

今日はすみれが大阪に泊まりに行くので品川まで見送りに。
塾と美術学校の春期講習があるので今回は2泊しかできないのだが、大阪に行ったらりぼんフェスティバルに行くんだーというすみれはウキウキ。
後から聞いたら京都で待ち合わせをしたおかあさんを、「頑張って急いで行けば大好きな漫画家さんの実演タイムに間に合うから」と言って、一緒に走って行ったらしい。
78歳を走らせるなよ、すみれよ…。

すみれを見送って家に帰ると11時。
旦那がマンションの総会に行っているので、帰ってくるまでちょっと昼寝でもしようかなぁなんて思っていたら、なんと鍵を忘れている、るるる…。
昨日と同じカバンだったから安心しきっていたのだが、どうやら酔っ払って帰って鍵の入ったポーチだけカバンから出してしまっていたらしい。
落語でもらったチラシや昨日買ったペットボトルはそのまま入っているのに鍵だけないとは…くぅーーーー。
マンションの前の公園で旦那の帰りを待とうかとも思ったけど、暑いしトイレにも行きたくなったしここで一時間は待てないなぁ。
仕方がないので近所のファミレスに行って昼ご飯。なんか昨日の昼からまともなものを食べてない…。そろそろ家のご飯が食べたいよう。

旦那から「今終わったよ~」とメールが来たので家へ戻る。
そのあとは家でパンを焼いたり読書メモを書いたりして過ごし、夕方図書館&スーパーへ。
すみれは大阪、ひばりはキャンプ。
気楽だけどちょっと寂しい日曜日。
【 2015/03/29 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

記憶

私はじっとりした性格なので、嫌なことをされたり言われたりすると結構長いことうじうじ思ってしまう。
一晩寝ると忘れちゃうなんていう人がいて、心底かっこええ!と思うけど、私は絶対にそうはなれない。

のだが、最近加齢のせいか、怒りが長いこと続かなくなってきた。
そもそもなんで嫌だったんだっけ?と内容を忘れてしまうのだ。

この間も読書メーターである本の感想を読んでいたら、見覚えのあるアイコンを見つけた。
あらこの人知ってる。どこで知ってたかは覚えてないけど確かにこのアイコンには覚えがあるよ。
懐かしい~と思いお気に入りに入れたのだが、相手はというともうとっくに私のことをお気に入りに入れているのである。

ほえ?なんだっけ?とよくよく考えてみれば、多分「あまちゃん」の最終回の時。
ネタバレが嫌で(朝見る暇がないのでいつも録画して夜に見ていた)その日一日twitterは見ないようにしていたのだけれど、読メは大丈夫だろうとチェックしていたら、その人がラストシーンを写真に撮って読メのつぶやきにアップしていたのである。

なんでこんなところにアップするかな?!
そんなにまでして広めたいのか?
そもそもテレビのラストシーンを写真撮って読メにアップする意味がわからない!!
かーーーっとなってその人をお気に入りから削除したのだ。
それをすっかり忘れて「懐かしい~」ってまたお気に入りに入れるあたしっていったい…。

でもまあその程度のことなのだな。
だからそれぐらいケロッとしてた方がいいのだ。どう考えても。

昨日日記に書いたtwitterのことも、その晩は心臓がバクバクして眠れないほどショックだったし、次の日も無意識のうちに何度も「こわい」と独り言を言ってしまうほどショックだったのに、その次の日には「ま、それほどのことでもないか」と日記に書けてしまっている。

これは年をとって良かったなぁと思う数少ないことの一つだな…。
ってそのうちほんとに何もかも覚えていられなくなったりして…ぞぞぞ。

***

大人になれないうちにおばあさん…(言っちゃったね、ココアはん)。

【 2015/03/26 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ごっつぁん

リツィートされてきたつぶやきが面白かったので何の気なしにある噺家さんをフォローした。
しばらくするとその噺家さんからDMが届き何事かと思ったら私がプロフィールに書いている好きな落語家さんの名前の漢字が間違っているとあった。

間違えて覚えていたわけじゃないけど変換ミスをして長いこと気付かずにいたのだ。
あわてて直してお礼のDMを返したのだが、おそらくDMするためだけに一瞬フォローしその後外したのだろう。送信エラーになってしまった。

私の方はフォローしていたのでその人のつぶやきが見えていたのだが、「名前を間違えるなんて失礼だ」というのがそのあとすぐに流れてきてドキっとした。
自分がフォローしたから自分のタイムラインに表示されるのは当たり前なのだが、私自身に向けて怒りの言葉を吐いているように見えて心臓がバクバクした。
DMはわりと軽い感じに書いてあったけど、内心ははらわたが煮えくり返っていたのだろうか。
生々しいつぶやきが怖くてその後眠れなくなってしまった。
もっと激しい言葉が続いたらと思うと怖くてすぐにフォローをはずしたのだけれど、そのことにも怒っているかもしれない。

読書メモの方に落語の感想をパーパー書いているけどあれもたいして見直しもしてないので漢字が間違っていることもあるかもしれない。
それで気を悪くしている人もいるのかもしれないなぁ。
と思うとなんか途端に書くのが怖くなるなぁ…。
と言いながら、もうこうやってパーパー書いているんだから、ほんとに私って懲りないな…。

***

塾がある日はすみれが22時半頃に帰ってくるので落語に行って帰ってからでも夕飯に間に合う。
前の日にある程度準備を済ませておくのだが、それでも帰ってきてからはガスレンジフル稼働で夕飯を作ることになる。
どうにか作り終わってほっとすると、ココアがケージの扉にはりついて私に向かってアピールしている。
あっ!ペレットあげてない!
「ごめんねぇ、遅くなっちゃって」謝りながらペレットを入れると、いつものようにものすごい飢餓状態で食らいつくココア。
その姿に「ええ子やのう…」と目を細める私。

この間塾から帰ってきたすみれにその話をすると「え?あたしいつも塾に行く前にペレットあげてるよ」と言う。
「え、ええええ?あげてたのーー?じゃなに?遅くなっちゃってごめんねぇなんて言ってあげてたけど…」
「ココアにしてみれば、ごっつぁんだったってことだね」と旦那。

ぶわはははは。そうかー。ココアのやつー。こちらが勘違いしてるのをいいことに、暫くの間ペレットを2倍もらってたんだな。
いつも本気で欲しがるからだまされちゃってたよ。

***

あたしはいつでも欲しいだけ(あたしもそうだよ、ココアはん)。

【 2015/03/25 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

ホームページ縮小

落語協会のホームページが大幅に縮小されてメルマガの配信も終了になるということを、podcastと落語協会のメルマガで知る。

落語協会のホームページは情報も豊富だしその日の寄席の出演者情報がきちんと更新されて本当にすばらしかったのだ。
インターネット落語会で見て好きになった落語家さんがたくさんいるし、メルマガの談話を見て好きになった落語家さんもたくさんいる。
マックくん(小袁治師匠)の日記によれば、ホームページ委員会の人たちが大変で辞めたいと言ったのではなく予算削減で縮小と上から言われたらしい。
委員の人がボランティアで本当に頑張って作っていたのに…と思うと、なんだか忸怩たる思いだ。

さらに神田連雀亭の夜の部が今までは19時開演だったのが17半開演になるということも聞き、それじゃもう私は行けないじゃん!と悲しくなる。
働いている人で17時半開演に間に合う人なんてめったにいないよなぁ。
ってことはあれか。私たちはもともと客として視野に入っていないってことなのか。

そんなこんなをtwitterにつぶやいたら何人かにリツィートされたのだが、それから私がフォローしている人たちがつぶやいたり他の人のつぶやきをリツィートしたりっていうのを見ていると、「不便になる」「行けなくなっちゃう」と嘆く人が多かったのだけれど、中には「素人がとやかく言うもんじゃない」とたしなめたり「贅沢な悩みだ。地方だと落語自体がめったに見れないのだから」という声もあった。

私にしたって自分が心の中でぼそっと思ったことをつぶやいただけなので、他の人が違う意見をつぶやいたって全然かまわないのだ。
だけれども…。
こういうときに必ず「そんな判断をするようじゃもう○○は終わってる」と激しい言葉で批判する人が出てきて、そのうち「外野がとやかく言うな。黙ってろ」と言う人が必ず出てくる。
終わりだとまで言うことはないのにとも思うけど、黙ってろっていうのが本当になんか嫌になってしまう。
今ってほんとになんでもかんでもいつも最後は「だまってろ」なんだよな…。
会社でもそう。学校でもそう。日本という国もそう。
何も言うなと言われたらほんとに何も言えなくなる。

そんなこんなを見ているうちに、なんかどーでもよくなってきた。
落語協会のホームページのことも連雀亭の開演時間のことも。
いやほんと言うとどうでもよくなったんじゃなくて、どーでもいいや!と思いたくなった。

悲しいとかなんとかつぶやいたりしてないで、黙って去ればいいのだよな、要するに。
それをなんだかんだと言ってしまうのは、もしかして同じ意見の人がいて共感し合えるのでは、そんな意見がまとまれば結果が変わるのでは、そんな期待があるからなのだな。
それは期待ではなく甘えなのかもしれない…。
そう言われるとぐうの音も出ないなぁ。ぐぅ…。

なんにしても時代の流れに逆らうような決定に、落語はじじばばのものじゃ!女子どもは落語なんか来るなと言われているようで、しゅんとしちゃうのだった。

***

ひがまないひがまない。(うん、そうだね、ココアはん)


【 2015/03/23 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

週末のあれこれ

土曜日は昼間落語。
前回、近くの有名そば店に入ったものの、かっこつけて(?)ざるそばにしたら、お腹が全然いっぱいにならず。その足でミスドに行ってドーナツを食べるという意味不明。
今回はちょっと通っぽく、ビール+つまみ+鴨南蛮でもやってみるか!といさんで行列の後ろについたものの、全く列が動かず。
こんなことしてる間に開始の時間になっちゃうー。
あきらめて近くのカレー屋「トプカ」へ。
「インドムルギカリー」食べてみたけど、辛くておいしかった!

落語会場に入ると、予約の方は座席にお名前を貼ってありますと言われ、行ってみると最前列のど真ん中に名前が貼ってあって、ひえー。
確かに私は前の席が好きなんだけど、ど真ん中はさすがにびびるでー。
と言いながら喜んで座り、たくさん笑って、ちょっと泣いて、楽しい時間だった。談幸師匠、かっこええ。

落語ともだちが来ていたので二人でお茶をしようとタリーズへ。
どの会に行ってきたとか、誰がよかったとか、小三治師匠の「猫の災難」がよかったとか、落語のともだちができて飲みに行って楽しかったとか、話がなかなか止まらない。
気がつけば2時間ぐらいしゃべりっぱなし。
いやぁ楽しかったー。

夜は旦那と二人でピザ専門店へ。
食べログで高評価だったというので行ってみたのだが、確かにおいしかった!
でも店のおねえちゃんが感じ悪かった!
店が人気なだけでお前が人気があるわけじゃないんだぞ!

今日は家でパンを焼いたりブログを書いたりして過ごし、夕方は図書館と買い物。
帰ってきてからは平日の分の作り置き(旦那が)。
楽しい時間はあっという間に過ぎるのう。
【 2015/03/22 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

小三治休暇

昨日は久しぶりの小三治休暇。
逗子で19時開演の落語会。
さすがに会社終わってから逗子には行けないからと有休をとり、せっかく有休とったから昼間は寄席に行こうという鬼計画。

帰りが遅くなるので出かける前に夕飯の準備。
本当はひばりが作ってくれる予定だったんだけど、午後大学に行かないといけなくなったからちゃちゃっとカレーを作っちゃうと言うのでいやちょっと待ってくれ、と私。
旦那が外勤になって夕飯の準備が大変なので週に一度はカレーにしていたら、先週すみれがぽつりと「カレーにテンション上がらなくなったな…」。
うわーさすがに飽きちゃったかー。そうだよなー。給食にカレーも出るしなぁ。
じゃしばらくカレーは控えようということになったのだ。
ひばりにそう言うと「はぁぁぁ?すみれそんなこと言ってるの??」と明らかにむっとしている。
「じゃあもう何を作ったらいいか思いつかない」と言うので、「じゃ、じゃあ私が作ろうか」ということになったのである。ちぇっ。そんなに怒らなくてもいいじゃんねぇ。

40分ぐらいで夕飯の支度をし、すみれに置手紙を書いて、いざ池袋へ。
お昼ごはんにカツサンドを買って演芸場へ行くとまだ誰も並んでない。平日の昼だもんね。
近くのコンビニで時間を潰して再び演芸場へ行くとちょうど開場時間。
切符を買って中に入ると席は選びたい放題。あーーうれしいー。
席に着いて早速お昼を食べていると太鼓が鳴って前座の小かじさんが出てきた。
そのうち徐々にお客さんも増えてきて、最終的には6割ぐらいは入ってたかな。
いやぁ、ほんとに寄席は楽しい。仕事辞めたら毎日寄席に通いたい。

昼の部終了でまだ時間が少しだけあったので、池袋構内のパブに入って生ビール&ポテトフライ。
ぷはーっ、幸せ。
私一人だったら多分毎日こんな夕飯だろうなぁ…などと思いつつお店を後にし、湘南新宿ラインで逗子へー。

いやぁ逗子遠いわー。
わざわざ逗子まで行くのにあんまりいい席じゃないのが悲しいー。
と思っていたのだけれど、昨日の小三治師匠、凄く良くて、ほんとに来た甲斐があった…。
生で初めて見た小三治師匠の「猫の災難」。
平日に仕事を休んで一文無しなのに兄貴分のおかげで酒を飲めたくまさん。
ちょっと飲むともっと飲みたい。飲んでると楽しくなってきて、でもそのうちちょっと寂しくなってくる。
大きなホールで結構遠くの席だったのになんかくまさんの幸せな気持ちがじわじわと伝わってきて見ていてじーん…。
うまいとか名人とかそういうのはよく分からないんだけど、なんかでもやっぱりすごいことになっちゃってるんじゃないかな、今の小三治師匠。
確かに体調が悪いともやっとなっちゃうこともあるし、全盛期と比べれば…というのはあるのかもしれないけど、なんか小三治師匠自体が落語そのものになっちゃってるって感じる時があって、昨日の「猫の災難」はまさにそれだった。

落語会が終わって逗子の駅に着くと21時過ぎ。
家に帰ると23時を回っていて、やっぱり逗子は遠いわーーと思ったけど、行ってよかったー。
私もくまさんと一緒、楽しい休日だった。
【 2015/03/20 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

カイロ

昨日は昼間すごく肩が凝ってることに気づき、カイロの先生に電話するとちょうど19時だったら空いてますよ~というので行ってきた。

今回も政治の話や中国の悪口を聞きたくないので、落語やウサギや音楽の話。話が嫌な方向に行きそうになるとすかさずバカバカしい話で軌道修正。ぜいぜい…。
ほんとに私は何をしに行っているんだろうかと思わなくもないけれど、大好きな先生からがっかりするような言葉を聞きたくない。
私は、しない方がいいような話はしない方がいいの党なのだ。

真打ちのお披露目興行のチケットを買おうと連絡先として書いてあった電話番号にかけたら、噺家さん本人の携帯番号だった、という話をしたら大うけの先生。
結構上の方の師匠でもご本人へのメール申し込みで、返信も本人から来たりするのでそのたびに「きゃー♪」と思うんですよと言うと、「なんか平和でいいですねぇ…」とほのぼのしていた。

老眼の話になると、先生が50代ぐらいの時にトロンボーンを習いに行ってた先生がまだ30代初めで「楽譜がよく見えない」と言うのを、ただのヘタの言い訳だとおもわれたと言うので、二人で憤ったり、先生が妖怪ウォッチはずっと見ているというので驚いたり。
先生からジャズのアドリブのコツを聞いたり。
好きなことの話は分からなくても聞いていて楽しい。

腰はわりといい状態だったのだが、肩と背中と首がバキバキに固かったらしくグリグリとほぐされたり伸ばされたりポクポクした器具でポクポクされてすっきり。
そのかわり、家に帰ったらどっと疲れが出て、お風呂に入ったらもう目を開いていられないぐらい。
つつつかれた…と布団に倒れこんだのだった。

***

びよーん。(散らかってるヨー)


【 2015/03/18 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

白髪染め

白髪染めが必要になったらそう言ってくださいね、とすーさんにお願いしたときに、「そ、そんなこと…(言えやしないよ)」と言われたことがあった。
まだ大丈夫かなぁとそろそろしたほうがいいんじゃねぇ?で揺れ動いていたんだけど、この間カラーをもう少し明るい色にしたいと言った時に「あ、でも白髪染めだと黒めの色になっちゃうから今から少し黒めにした方がいいんですよね」と言ったら「あ…いえ、だいじょうぶですよ」とすーさん。
え?と思ったら「実は前回から白髪染めも少しやってます」。

ええええ?
もしかしてそうとは言わずに白髪染めも始めていたってことー?
しかも「少し」ってどういうことーー?
そう言ったら私が傷つくと思ったのかなぁ…。
どんだけ慎み深いんだよ…。

でも「いい感じにして」「お手入れが楽ちんな髪型」と言った甲斐があったのか、朝のブローが前より楽。
なんとなくぶわんと巻きながら乾かすだけで、もやもやっといい感じになるようになった。
さすがすーさんだわっ。

***

もやもやっといい感じ、ねぇ。

【 2015/03/17 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR