りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2015年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2015年09月

すみれラブな人たち

塾が忙しくて夏休み大阪に帰省できなかったすみれ。
大阪のおかあさんとすみれは本当につよーい絆で結ばれているので、おかあさんは寂しくて仕方がなかったらしい。
すみれが9月に修学旅行で京都に行くと聞いて、その姿を見にこっそり後をつけていこうと企てているらしい。

すみれの行っている中学はいたって平和なので、服装も自由、行く場所やお昼も自分たちで決めて基本は班行動、と非常に自由なのである。
それをいいことにおかあさんは「京都タワーには何時到着予定?そのあとは清水寺?」とストーカーになる気満々らしい。
おかあさんのことだからこっそり後を付けるとかではなく、お菓子を山盛り持って来て班のみんなに配りそうだな…。
ババの愛は山よりも高く海よりも深い…。

いやしかしそういう意味ではすみれは旦那ともとても仲が良いのである。
先週末に旦那は少しだけ大阪に帰省したのだが、出かける時に「(自分がいなくて)寂しそうだね…」なんてことをすみれに向かって言ったらしい。
フツウ中学生のムスメに父親がそんなことを言ったら「おやじ、いい気になるなよっ!」と一喝されそうな気がしないでもないが、すみれの場合は「パパがそんなこと言ってたんだよ」と言いながら少し涙ぐんでいたりして、こういうところが旦那からしたら死ぬほどかわいいんだろうな、と思うのだった。

また、すみれと旦那はそれぞれ100円ショップで買ったサボテンを育てているのだが、なぜかすみれの方はすくすく育ち、旦那の方は虫か鳥にやられて枯れてしまった。
旦那が帰省している間に旦那のサボテンは決定的に枯れてしまったのだが、それを見たすみれが「パパが見たらショックを受けるだろうから、いない間に処分してあげたほうがいいかな」なんて言うのである。
「え、ええ?いいよー。オヤジなんだからこれぐらいのこと受け止められなくてどうするよ!」と私が言うと「ママ…パパに厳しいね…。ひどい…」。
帰ってきた旦那にそのことを話すと「すみれはなぁ…優しいからなぁ」と鼻の下をびろーんと伸ばしている。

暴暴だったすみれがこんなにも優しい女の子になるとは…。
わからないものである。
(でも20歳過ぎて急にまた暴暴が復活したりしてね…ふふっ)

****

お・ひ・さ!(ココアはんの色っぺーうしろ姿)

スポンサーサイト
【 2015/08/26 (水) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

会社

楽しい夏休みが終わり、しょんぼり出社。
よっぽど会社に来るのが嫌だったのか、はたまた年のせいなのか、23時半にばたっと寝たものの2時半にパチッと目が覚めてしまった。
寝よう寝ようと頑張ってみたものの一向に眠れず、もうだめだ!いっそ本でも読んでやれ!と4時半ぐらいに居間に行ってみると、ソファーには先客(ひばり)が…。
暑くてベッドにいられなかったのか、あるいは寝ぼけたのか。

かーっ。居間で起きてることもできないのか。
結局スマホでネットを見ては「眠れる?」と目を閉じ、眠れずまたスマホ…を繰り返し、うとうとっときたのが5時半。
twitterで「おはよう」とつぶやく人たちが現れてきて、なんともいえぬ焦燥感…。

ほんとに眠れないってつらい。
最近寝つきは悪くないんだけど必ず夜中に目が覚めるのがほんとに嫌。
眠るのにも若さが必要だとはしらなかったよ、よよよ…。

というわけで今朝はねむねむの状態で出社。
おそるおそるメールを見ると、爆発するほど溜まっていたけど、こここりはやばい…というメールはほぼなくて、8割方はピノくんがさばいてくれていてありがたや~。
そんなピノくんは今週から夏休み。
お礼に今度は私が旗を織らなくちゃね!

1週間ぶりに出社してみたらグズグズくんが座っていた席がなくなっていて、ひぃーーー。
あいつがそんなに逃げ足が早いわけがない!!と思ってのび太くんに聞いてみたら、なんとボスプロジェクトに本格的に投入されることになり、席を移動したらしい。

あの入ると誰もが目がうつろになる…そして最終的には転職してしまうZプロジェクトに抜擢されちゃったのか、グズグズくん…。
が、がんばれ。
【 2015/08/25 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

夏休み

火曜日から夏休みに入った私。
もうあほのように落語に行きまくっている。
いくら好きでも昼夜合わせて10時間も聞いてればそりゃ疲れるのも当然なわけで。
一昨日は寄席でたまたま嫌いな噺家やコントが続いたこともあって、あたしはせっかくの休みにいったい何をやっているのだろうか、とむなしくなってしまったのだった。

なんてことを言いながら、それでも家でボーッとしてるのは悔しいので、頑張って落語に通っている。
今日は旦那が急に「俺も一緒に行ってもいい?」と言い出したので大喜び。
ひゃっほー!じゃ末廣亭行く?出発は10:30でもいい?
任せるよと言われたので、デパートでお昼を買って自販機でお茶を買って末廣亭へ!
前座からトリまで見て旦那はかなりへとへとになっていたけれど、楽しかった~!

なんやかんやいって、偶然落語友だちに会って、落語会のあとの打ち上げに一緒にでたり、友だちになった噺家さんと本のイベントに行ったり、旦那と寄席に行ったり。
楽しい夏休みを過ごしているのであった。

***

模試の結果を見ながらすみれが言う。
「あーあ、こんなことなら二年生のとき勉強しないでもっと遊んでおけば良かったなあ」

ほえ?
この結果を見たら「こんなことならもっと勉強しておけばよかったな」じゃない?
私がそう言うとすみれが言う。
「いや、こんなに覚えてないならやらないのと一緒じゃん。だったら二年生のとき勉強しなくても同じだったよなぁ。無駄だったわー。」

…何言ってるの?!と怒らなきゃいけないところを、思わずぶぶっと吹き出してしまったのだった。
ほんとすみれってしょうもないけど、面白い。
【 2015/08/21 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

王子

今朝、前をノロノロ歩く旅行者を颯爽と追い越して行ったのは良かったのだが、エスカレータに向かう階段で足がもつれて転んでしまった。
転ぶというよりは崩れ落ちる感じ?ぐにゃ~って。

いやぁこれってほんとにおばあさんっぽいよなぁ。やばいよなぁ。やだわーー。

***

すみれの話をしていたら、グズグズくんが言った。
「りつこさんのムスメさんたちってりつこさんに似て美人ですよね」

…なんていい子なのっ!
ムスメを褒めてくれた上に私のことも褒めてくれるなんて!
グズグズくんなんて呼んで悪かったよ。これからはグズグズ王子と呼ぶことにする!(←相変わらず酷い)

***

ついに今度の日曜日にB社の案件のリリースがある。
これが終われば肩の荷がおりるわーー。
っていうか実は今回は自分の担当した分はそんなに大変じゃなかったから、わりとずっと暇だったわーー。

リリースが終わるとますます暇になっちゃうなぁ…。
どうやらうちのグループ自体が暇気味なのでこのままでいくと別グループに出稼ぎに行かされる可能性も大なのである。

やだなー。
できれば今のこのグループでひからびない程度に仕事があるといいんだけどなー。むーん。
【 2015/08/14 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

勉強会

金曜日の午前中に行われるプロジェクト横断勉強会が憂鬱でしょうがない。
これはプロジェクト間で技術を共有しようという目的ではじめられた勉強会なのだが、技術部の4つのグループに分けてメンバーは6名程度。持ち回りでそれぞれが発表をするという形式。
内容に全く興味がないというのも苦痛の原因の一つなのだが、一番の原因はメンバーの中にボスがいることなのである。
ボスの他には、秋山@ロバート似、鳩さん(全体的に鳩っぽい)という技術的に最も優秀なメンバー、それにグズグズくん、でっちくん(新人のいかにもでっちどんっぽい子)という6名。

誰が発表してもボスがネチネチネチネチ食いついてきて、自分が作ったフレームワークは実に周到に考えれらているけど新しいヤツは考慮が足りてないっていうことを言い、それをみんなで「その通りですね」「そういう知見が失われていくのはまずいですね」とヨイショしまくるという、この状況。これが嫌でしょうがないのだ。

しかもあろうことかボスがいちいち私を自分チームに引き入れようとするのだ。
年寄チームっていうことらしいんだけど、冗談じゃないぜっ!!
ってもちろん私は若者チームでもないしそちらの仲間に入れてもらおうとも思ってないけど。

そんな勉強会の発表順がまわってきてしまい、今日がその当日。
突っ込まれてあたふたするのが嫌だからって今週はほぼその準備に全てを費やす…俺はいったい何をやってるんだ…。
自分がよく分かってないことを発表してもしょうがないので、A社の主に仕様について説明。
プログラミングのふかーいところが聞きたい若い子たちは退屈そうだったけど、それはそれ。
ボスがあれこれツッコミを入れてきたけどどれも昔話程度だったのでどうにかやりすごせた。ほっ…。

いやしかしこれをこれからも毎週やってくの、つらいー。
なんでもかんでも強制参加っていうの、ほんとにやめてもらいたい。
【 2015/08/07 (金) 】 未分類 | TB(-) | CM(4)

それぞれの夏休み

化粧をしているそばから、化粧がどろどろ溶けはじめる今日この頃、みなさんいかがお過ごしか。

朝洗面所でブローしていると乾くのとおなじぐらいのイキオイで汗が吹き出すので、乾かしてるのか濡らしているのかわからない。
いや暑い。ほんとに暑い。
暑い言っててもしょうがないと思うけど暑い。
何年か前は真夏に歩いて会社に行ったりしていたけど、今となっては信じられない。あなた死ぬわよ!

そんな暑さの中、午前中は美術予備校に行き、夕方は塾に直行するすみれ。
ただでさえ体力のないすみれは2つ分の荷物を持って電車で移動するだけで肩凝りと筋肉痛でヘロヘロ。
しかも帰ってきてから塾の宿題をやらないと寝られないので、ヨレヨレになりながら宿題をやっている。
お勤めご苦労さんっす!
今の努力が実りますように…なーむー。

そして我が家の弾丸ムスメひばりは昨日から自分が初めてリーダーを務めるキャンプに出かけて行った。
ちゃんと飯食えよ~水分とれよ~ぶっ倒れてキャンプ場までお迎えなんて嫌だかんね~!
私と旦那がぎゃあぎゃあ言うと、キャンプのスタッフにも同じことを言われているらしい。
あったりまえや!

大阪にも今年は家族で行くことができず、旦那は高校の時の友だちと今年もまたバンドをやるためにお盆に一人で帰り、ひばりは9月になったら帰る予定。
すみれラブのおかあさんはすみれロスのあまり、秋の修学旅行の時に偶然を装ってすみれに会いに行くことを目論んでいるらしい…。

子どもが大きくなるとなかなか家族そろって夏休みってとれなくなるんだなぁ…。しょぼしょぼ。
と言いながら、私はB社のリリースが終わったら次の週からまるっと一週間夏休みをとって落語三昧の予定で、今からどれに行こうかとうきうきわくわく。
こんなに暑くちゃ仕事どころじゃないぜ。
夏休み、早くかも~ん!
【 2015/08/06 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

同窓会の連絡

今まで同窓会やクラス会の類に出たことがない。
同窓会名簿の返信も一度もしたことがないので私はおそらく行方不明者だ。
それが先週、中学の同級生から自宅に電話がかかってきたのである。
いったいどうやって?と思ったら、卒業名簿を見て実家に電話をし、おーまから自宅の電話番号を聞き出したらしい。
旦那から「〇〇さんっていう人から電話があって、11月に中学の同窓会が開かれるらしいよ」とメールをもらってびっくり。
〇〇?覚えがないけどー。
あっ!思い出した。すごい人気のあった女の子だ!たしか吹奏楽部で一緒だったんだ。

日にちを聞いたら小三治師匠の落語がある日だったのだがまだチケットは取っていなかった。
たまには行ってみようかな…。
旦那にそう言うと「ええ?行くのーー?絶対行かないって言うと思ってた!!」とびっくりされた。

正直言って中学校にはいい思い出があんまりない。
と言っても別にいじめられていたわけじゃない。(小学校ではいじめられてたけど。)
でも本当に仲の良かった友だちが中1の時に引っ越して行ってしまって以来、本当に心を許せる親しい友だちというのはいなくて、何かの時に困らない程度にお付き合いをしておくという姿勢を貫いていた。
「本が好きで一人でいることが好きな人」というポジを確保して、でも修学旅行でグループを作らないといけないような時は、はぐれ者を嫌がらずに引き受けてくれるようなグループにしゅっと入れてもらい、一緒にいる間は調子を合わせていた。

そういえばひばりが生まれたばかりの頃にも中学の同窓会に誘われたことがあった。
近所の八百屋で同級生がパートをしていて声をかけられたのだ。
でもその時はその子にいい思い出がなかった(陰口をたたかれていた)こともあって「行くわけねぇだろ、ばーか」と思ってすぐに断ったのだ。
今も中学時代の思い出が美化されたりしているわけではないのだけれど、なんとなく一度くらい行ってみようかな、という気持ちになったのは、すみれが中3になったせいだろうか。
あるいは旦那が最近高校の同級生としょっちゅうクラス会や飲み会をして楽しそうだからなのか?

自分でもこの心境の変化が不思議なのだが、怖いもの見たさで一次会だけでも行ってみよう。
行ってみたら中学の時と同じくポツンとなるような気がしないでもないけど。
【 2015/08/03 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

暴言

旦那とひばりの二人で外食に行ったら、レジの人がひばりがお金を払う体で伝票を読み上げたらしい。
親子ではなく夫婦と思われたのか?あ!もしかすると、よっぽど俺が若く見えたのかも?
旦那が鼻の穴を膨らませてそう言うので、「老眼じじいのくせに」と思わず言うと、「ママひどーーーーい。なんてこと言うの!」とすみれから大ブーイング。

私が「しまった。すみれに嫌われちゃう」と慌てると、旦那が「俺にじゃないのかい!」と大笑い。
普通は思春期のムスメ(中3)の方が父親のことを「くそじじい」呼ばわりして、母親が「なんてこと言うの」とたしなめるものなのに、我が家では母親の方が「老眼じじい」呼ばわりしてムスメにたしなめられている。
「すみれはほんとにパパに優しいよね。ラブラブだよね。」と私が言うと、旦那は「ほんとにいい子に育ったよ」と目を細めていた。

むかし暴暴、いまみんなの癒し。
わかんないもんだなー…。
【 2015/08/02 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR