りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2016年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年01月

目覚まし

朝起きて一通り家事をすませコーヒーをいれてパソコンを立ち上げたら、和室で目覚まし時計が鳴りはじめた。
なんでこんな時間に鳴ったんだ?と思ったら、歯医者の時間を忘れないようにと思って昨日かけておいたのだった。

おおお。昨日のあたし、エライ!
歯医者に行くのに目覚ましかけるなんてやりすぎなのではと思ったんだけど、なにせよく忘れるので念のためと思ってかけておいたのだ。
案の定ケロッと忘れてたからよかったよ…。
実は先週は歯医者のことをすっかり忘れて旦那と二人でほよっと出かけてしまい、新宿に着いて「はっ!歯医者!」と思い出して慌てて電話したのだった。二週連続でドタキャンしたら申し訳なかったからよかった。

ほんとに最近の自分のおっぺけぺーぶりはシャレにならないレベルなので、こんなんでこの先まともに生活していけるのか心配になってしまう。
もともと記憶力はない方なんだけど、半年前にした仕事のこととかきれいさっぱり忘れているし、なんかこう経験が積みあがらない感じがあってすごくこわい。
だけど、たとえば落語のことなら、聞いたまくら(落語の前にする小噺や世間話)は結構ちゃんと覚えているし、この噺家さん面白い!とかっていうのは忘れないし、どんどん知識が積みあがっていっているので、要するに興味があることなら記憶に残るけどそれ以外のことはどんどん忘れてしまうということなのかもしれない。

ITの世界は流行り廃りも激しいし技術もどんどん変化していくからそれに付いて行くのはほんとに大変で、まぁ私なんかはなから全然付いて行けていないんだけどそうも言っていられないこともあって。
うちの会社は若い子ばかりなので彼らはなんでも新しければ飛びつく傾向にあってそうすると会社の「標準」もどんどん変わってしまう。
会社の「標準」が変わるとそれには対応していかなければならないので、それだけでも私には結構大変なことなのだ。

あと何年この仕事続けられるかなぁ…。
いろんな面で心配は尽きないのだけれど、もうなるようにしかならないと開き直ってやるしかないのかなぁ。
なんてことをおもうクリスマスイブなのだった。
スポンサーサイト
【 2016/12/24 (土) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

はまる

落語の友だちと落語の後に飲んだ時、「私、のめり込みやすいから」と言ったら、「りつこさんのはのめり込むとかいう次元じゃないよ」と言われた。
「え?そういう次元を超えてるってことは…狂気の世界に足を踏み入れてる?」
「う、うん…」

うへー。
確かに何かを好きになったときのあたしってちょっとキチガイじみてるとは思っていたけれど、まともな人から見たらそうなのかー。やーん。

今日、ネットで長いこと付き合ってる友だちと何年かぶりにお昼を一緒に食べた。
もうお互いに記憶がもやもやしてるので「何年ぶりだっけ?」なんて話をしてもまるではっきりしないのだけれど、おそらく8年ぶりぐらい?
twitterでつながっているので私の最近の落語のはまりぶりは彼女も知っていて、「この間落語友だちにそういわれた」と言うと、彼女には「えーでもりつこさんが何かにドはまりするのは今までも何回も見てるから全然驚かないよ」と言われた。
「なにも落語に始まったことじゃないじゃーん」。

…たしかにそうでしたね。
なにかしらにはまってるんだね、私の人生って。
ビーズにはまったりソーイングにはまったりバンドを追っかけたり嵐にはまったり。
そして一度好きになったものってめったなことでは嫌いにならないから、熱が冷めても好きであることには変わりがないので、好きなものがどんどん積みあがっていくのだ。

この情熱がある間は大丈夫ってことなんだろうな、私。
なんてことをぼんやり思ったのであった。
【 2016/12/19 (月) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)

委員

キャンプ団体の委員長になったひばり。
楽しみにしていたコンサートも、冬キャンプで隊長をやらないといけないから行けなくなってしまった、と言う。
えええ?と非難の声をあげると「しょうがないじゃん。隊長やれる子がいないんだもん」。

生徒会長の時みたいにまた全部一人で抱えて孤立してるんじゃないだろうかと心配になって話を聞いてみると、どうやらひばりがこの団体に入った時の「同期」というのがみな1つ上の学年だったので引退してしまい、後輩しかいなくなってしまったのだという。

「頼りにできる後輩はいるの?」と言うと「うーん…一人だけいるけどあとはなかなか…やる気はあるけどありすぎて一人で突っ走って空回りしちゃってる子とか、あとはそもそもやる気がなくてあんまり来ない子とか。1つ下の代の子たちってやる気がある子とない子のギャップが激しいからあんまり結束してないんだよねぇ」。

「たしかにやる気がない子にあんまり強制してやめられても困るし難しいところだよね」私がそう言うと「でもね。やる気がない子はやめちゃってもしょうがないと思ってる。だからやる気がある子をなんとかしなきゃと思って。やる気が空回りしちゃってる子は見込みがあるから”おーいそうじゃないぞー”って教えてあげていい方向に動けるようにしたいんだ。だから次回のキャンプは後輩に全部仕切りもさせようと思ってるんだ」。

おおお、おとなになってる…。
前はやる気がない子のご機嫌ばかりとって疲れていたのに。
そうか、たしかにそれは正しいよ。そこに気付くってなかなか難しいことだからすごいよ。

家のことは全くしないし部屋はゴミ溜めのようだし人のタイツは持ってちゃうし脱いだ服は脱ぎっぱなしだしお弁当箱は出さないし…とにかくだらしないけれど、何かそういう仕事的なものはすごく頑張るんだよなー。
それが就職の時にいかせるといいねと思いながらも、就職した会社で体当たりしてぼろぼろになりませんようにとも思う。
親って子どもが幾つになっても心配なんだな。
【 2016/12/06 (火) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)

週末のあれこれ

先週の月曜日、落語の帰りに飲みに行った。
彼女と飲むとたいていえらく酔っぱらってしまうのは、お互いに飲むペースが同じぐらいなのでついつい相乗効果的に飲んでしまうからなのだろう。
前も彼女と飲んで電車をぐるぐるまわってしまい、意味不明の駅で降りてスマホをなくしてしまった。
今回はそんなに酔ってない!彼女の方が酔ってるぐらい。大丈夫?気を付けて帰ってね~。なんて言って別れたんだけど、電車の中でまたしても熟睡してしまい乗り過ごす。そして駅から歩いていたらすっころび激しく足首をくじいてしまった。

まぁこれが痛いのなんの。
たいてい酔っぱらってる時に転んだりぶつけたりしても、案外その時は何も感じないものだけど、この時はすごく痛くてひぃひぃ言いながら家に帰った。
次の日も痛くて普通に歩けない。
そんな状態なので満員電車に乗るのが怖かった~。なにせもう容赦なくぐいぐいやられるし足をひねったり無理な姿勢で立ってたりしないといけなくて、それがしんどい。
若い女の子に足を踏まれたときは思わず「ぐえっ」と変な声が出ちゃったよ…よよよ…。
ようやく3日ぐらいたって痛みがましになってきたからよかったけど、ほんとに気を付けないといつか命を落としそうだよ、あたしゃ…。

***

金曜日も落語のあと、飲みに行ったんだけど、これが入った店がちょっと失敗で。
カジュアルなイタリアンかと思ったらコース料理しかなく…単品でも頼めますとはいうんだけど、オードブルが1200円~、メインが1800円~って…全然頼めないやん、そんなんじゃ。
よっぽど「あ、やっぱりいいです」と言って店を出ちゃおうかと思ったけど、お手拭も使っちゃったし、まぁいいかと。
結果的にはいつもの値段にプラス1000円ぐらいってところだったけど、新富町~銀座には気をつけろっ!

***

あー明日から会社かー。あーー。

【 2016/12/04 (日) 】 未分類 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR