りつこのとほほ日記

2回目の引越しだよ~
2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
月別アーカイブ  [ 2017年06月 ] 

ふたり

秋山@ロバート似とキビ子が「僕たち結婚します」発表をしたのは何年前のことだったか。
社内結婚第一号ということもあり、シャッチョさんもボスも大喜びだった。
そもそもシャッチョさんとボスが社内結婚をしているので、うちの会社は社内結婚大歓迎なのである。

キビ子は営業として入社してきたのだが、とにかく野心のかたまりのような女性で、入社当時は鼻息荒くぶひぶひ言っていたのだが、営業部長になった柔道一直線との折り合いが悪く徐々にやる気を失っていき、最近は営業を離れ社長室付けになっていた。

秋山@ロバート似はべらぼうに優秀なエンジニアで2年前は大きな新規プロジェクトを一人きりで…しかもうちの会社で前例のなかった仕組みを使って開発し、お客さんからも感謝され会社的にも褒めたたえ大変なものだった。
秋山がすごいのは、技術力もさることながら、プレゼンテーション能力が高く、「自分の知らない新しい技術」を使うことを極端に嫌うボスに対し、幾度もプレゼンや説明を行い、新技術で開発することを認めさせたところである。
社内の発表とかで、会社やボスに対して歯の浮くようなことを言ったりするので、最初のうちは「けっ、いやなやつ」と思っていたのだが、席替えで隣の席になり話をしてみると思っていたような裏表がある人間ではなく、なにかこう…アメリカ人のような、異様にポジティブなところがある人だということがわかり、それからはそんなに嫌いではなくなった。

秋山はとにかく優秀なのでボスは彼を部長にしたかったようなのだが、秋山は管理職になることを極端に嫌がりごねたため、結局「スペシャルエンジニア」のような新しい役職を作り、そこに彼を据えていた。
非常に優秀なのだが結構気分屋で気持ちが落ちると会社を続けて休んだりすることもあったが、とにかくうちの会社で彼ほど好きにやらせてもらっているエンジニアはいないし、あれぐらい優秀だったらさぞや仕事も楽しかろうね…と私は羨ましく思っていたのである。

一方のキビ子は社長室付になっていて何かちまちましたプロジェクトのサポートのようなことをしていて、ピノくんなどは社長室のことを「窓際」と呼んで下に見ていたが、私から見ると社長室は「窓際」というよりは、「仕事に疲れた女がたどり着く波止場」で、とりあえず辞める前にそこで羽を休める、的なイメージを持っていた。

そうしたら。今日になって総務から二人ともが会社を辞めるというメールが!
キビ子はもう今にも辞めそうと思ってたけど、秋山もなのかい!
キビ子が受けた仕打ちを見て秋山も会社に嫌気がさしたのか、二人でアメリカにでも移住するのかあるいはもうこの会社での仕事に技術的な面白さを見いだせなくなったのか。
特に親しかったわけでもかかわりがあったわけでもないけれど、この退職知らせには少なからずショックを受けた私だった。

あの猛々しかった二人がねぇ…。
猛々しかったからこそ寿命も短かったのかねぇ…。
結局私のような低空飛行でいまにも辞めそうな人間が案外辞めなくて、やる気満々で先頭を走ってた人間の方が先に辞めていくのだなぁ。
自信も野心もあるからいやになったら我慢なんかしないで次行こ次!ってことなのかな。
スポンサーサイト
【 2017/06/01 (木) 】 未分類 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

tohohoritu

Author:tohohoritu
2児の母りつこのとほほな毎日を書いてます。
WEB系エンジニアやってます。

長女ひばりは大学4年生。青春を謳歌しまくり中。
次女すみれは元暴暴な高校二年生。漫画描いてます。
旦那は在宅ワーカーのSE。
ココアは2011年1月生まれのミニウサギ。我が家のアイドルです。

counter
読書メーター
りつこの最近読んだ本
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR