FC2ブログ
bytohohoritu
  • Comment:0

委員

キャンプ団体の委員長になったひばり。
楽しみにしていたコンサートも、冬キャンプで隊長をやらないといけないから行けなくなってしまった、と言う。
えええ?と非難の声をあげると「しょうがないじゃん。隊長やれる子がいないんだもん」。

生徒会長の時みたいにまた全部一人で抱えて孤立してるんじゃないだろうかと心配になって話を聞いてみると、どうやらひばりがこの団体に入った時の「同期」というのがみな1つ上の学年だったので引退してしまい、後輩しかいなくなってしまったのだという。

「頼りにできる後輩はいるの?」と言うと「うーん…一人だけいるけどあとはなかなか…やる気はあるけどありすぎて一人で突っ走って空回りしちゃってる子とか、あとはそもそもやる気がなくてあんまり来ない子とか。1つ下の代の子たちってやる気がある子とない子のギャップが激しいからあんまり結束してないんだよねぇ」。

「たしかにやる気がない子にあんまり強制してやめられても困るし難しいところだよね」私がそう言うと「でもね。やる気がない子はやめちゃってもしょうがないと思ってる。だからやる気がある子をなんとかしなきゃと思って。やる気が空回りしちゃってる子は見込みがあるから”おーいそうじゃないぞー”って教えてあげていい方向に動けるようにしたいんだ。だから次回のキャンプは後輩に全部仕切りもさせようと思ってるんだ」。

おおお、おとなになってる…。
前はやる気がない子のご機嫌ばかりとって疲れていたのに。
そうか、たしかにそれは正しいよ。そこに気付くってなかなか難しいことだからすごいよ。

家のことは全くしないし部屋はゴミ溜めのようだし人のタイツは持ってちゃうし脱いだ服は脱ぎっぱなしだしお弁当箱は出さないし…とにかくだらしないけれど、何かそういう仕事的なものはすごく頑張るんだよなー。
それが就職の時にいかせるといいねと思いながらも、就職した会社で体当たりしてぼろぼろになりませんようにとも思う。
親って子どもが幾つになっても心配なんだな。
スポンサーサイト
tohohoritu
Posted bytohohoritu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply