FC2ブログ
bytohohoritu
  • Comment:0

なつかしい人

前の会社の時に通っていたR社。
ひばりの産休に入るまで常駐していたのだが、ひばりが23歳になったということはすでに23年以上前のことなのだよなぁ。
3年ぐらい通っていたと思うのだが、初期開発時は会社から何十人も投入されていたけれど、保守フェーズに入るとどんどん人を減らされて、最後は私とフリーで来ていたしばぞう(本名)の二人になってしまった。
開発時はお客さんと同じ並びに席も用意してもらっていたのだが、人数が減るにつれ徐々に追いやられ、最後は席がない状態。
仕方ないので会議用のデスクにしばぞうと二人で陣取っていると、ちょっと席を外したすきに我々の荷物が隅にまとめられてお客さんが打ち合わせをやっていたりして、いろいろ辛かった~。
席って基本的人権だと思うんだよな…。
そういう意味で、前の会社では客先常駐が多くて、ろくな席を用意されていなくて(ワーク机とか、段ボールを引き出し代わりにしたりとか)悲惨だったなぁ。
今の会社は大きな机といい椅子で、パソコンも定期的に新しくしてくれるし、ダブルディスプレイだし、夢のようだな…。

常駐していたので結構お客さんとも仲良くなってよく飲みにも行った。
開発の時にフリーで来ていた女の人がいて、タバコをすぱすぱ吸い、お酒もがぶがぶ飲み、ガハハ!と笑う豪快さんで、一緒に仕事をしているうちにとても仲良くなった。
その人とはずっと年賀状のやりとりだけをしていたのだが、今年の年賀状に「ノリダーさんもついに結婚することになり、この間一緒に飲んだのですが、りつこさんにとっても会いたがってました」と書いてあった。

ノリダーって誰だっけ?と最初はわからなかったのだが、そうだ、初期開発の時の担当者だった!と思い出した。
とってもポジティヴな人で野心家で神経質でヤンエグ(死語)で、当時私は本当に彼が苦手だった。
憎しみが募って、あいつの机の上にうん〇してやろうか!と思ったこともあった(←低次元)。
それでも私が産休に入る時にはお客さんたちが送別会を開いてくれて、全員で色紙を書いてくれたりプレゼントをくれたりしたのだが、ノリダーはみんなとは別にプレゼントを用意してくれて、なんかじーんとしたのだった。

もう一生会うことはないんだろうなぁと思っていたのだが、ノリダーの結婚祝いを兼ねて当時のメンバーで同窓会をしようという話が出ているらしい。
あの時机にうん〇してやろうかと思ったことも、隅田川を眺めながら「死んじゃいたい」と思ったことも、このビルが明日火事になってなくなればいいのにと思ったことも、今となってはみんないい思い出(笑)。
行けるといいな。会いたいな。
スポンサーサイト
tohohoritu
Posted bytohohoritu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply