FC2ブログ
bytohohoritu
  • Comment:0

平日の日記

昔ブログやってた友だちもほとんどみんな書かなくなってしまったけど、今も楽しみに読んでる日記がいくつかある。
読むとなんかほっとして心が穏やかになる。
もちろん彼女たちの生活がいつも穏やかなわけじゃないことはわかるんだけど、書いてあること、書いてないこと含めて、なんだか心が慰められる。

私もまた毎日書きたくなってきて、そのうちの1つを真似してやってみることに。
いつまで続くかはわからない。(今週だけかも)
--------------

6/11(月)
B社プロジェクトの飲み会。メンバーだけなので気楽。
会社と同じビル内のニューヨーク料理の店。
店はおしゃれだけど食べ物はあんまりたいしたことなさそうと思ってたけど、いろんな種類が出てきてどれもおいしかった。
飲み放題じゃないからあんまり飲まないようにと思っていたのに、飲み始めると加速がついてしまい結局生ビール5杯。
最近5杯以上飲むと必ず電車を乗り過ごしてしまうんだけどどうにかセーフ。ジョッキが通常のものより小さめだったからかもしれない?
そのかわりまたやってしまった。地元の駅でコンビニに寄ってクレープ買って食べながら歩いて帰ってきちゃった。
最近酔っ払うと卑しくなってお腹がすいてるわけでもないのにそういう暴挙に出てしまう。がっくり。(一応ダイエット中)

6/12(火)
二日酔いもないし記憶もあるのでよかった。
先週末に席替えをして、中途入社のおじさんの隣の席になった。
こういうことを言うと完全に「天に向かって唾を吐く」になってしまうのだが、中途で入ってくるおじさんにろくなものがいない。
今回おじさんが中途で二人入ってきて「また性懲りもなくこんなおっさんをとって…」と思っていたら、一人は10歳年下、もう一人の「この人はほんとのじじい」と思ってた方は2歳上なだけだった。

10歳年下の方はかなりできる感じ。フットワーク軽くすぐに環境を作って若い子たちともワイワイ喋りすっかりプロジェクトに溶け込んでいる。
2歳上のおっさんの方はきらびやかな経歴の持ち主なのだが、なんかもやもやした感じ。先日自己紹介プレゼンで会社が期待している分野について「やる気はない」と言い放った(じゃなにをやる?)。
席替えで隣になったのはこのもやもやおっさんの方。
10歳下のおじさんはまだ子供が小さくて保育園のお迎えに行ったりもしていていろいろ話が合いそうなんだけど、もやもやおっさんとは何一つ接点が見つけられず。今のところ一言も喋ってない。

6/13(水)
落語の後に落語の友だちと飲むのが楽しい。でも「友だち」と言っても距離感はさまざま。LINEで「今日の会行く?そのあと飲む?」とストレートに聞ける人もいれば、その場で様子を見て…という人もいる。
落語家のシュミがあまりにも合うので自ら話しかけて会の後に飲むようになった人がいるのだが、彼女との距離感がちょっと微妙。というのは、彼女にはほかにも落語の友だちがいてその人がいるときは私とは飲んでくれないのだ。
なので私はその人の友だちのことを(心の中で)「本妻」と呼んでいる。
それが寂しいのかといえばそんなこともなく、結構面白がってもいる。

自分がAさんとBさんと飲むのが好きだったとしてもAさんとBさんが合うかどうかはわからない。
そういうことを面倒がらずどんどん自分の友だちとの飲み会に誘う人もいるが、そうじゃないタイプもいて、私もそうじゃない方だしきっと彼女もそうなのだろう。
なので彼女自身、会場で私のほかの友だちがいると逃げるように帰ってしまうし、誘っても「いやいやいや」と帰ってしまう。

今日行く落語会、彼女が来ることはわかっているのだが、本妻が来るのかどうかが微妙。
本妻がいれば私は一人で帰るし、いなければ飲みに行くと思う。
はたして今日私は彼女と飲みに行けるのだろうか。

6/14(木)
本妻が来なかったので昨日は飲みに行けた\(^o^)/
なんて書くとやっぱり本妻に来てほしくないみたいだな、あたし。ぷぷっ。
落語の友だちと飲むのがとっても楽しいのだが、とりわけ彼女は私と同じぐらいの熱で落語が好きでマニアなので話が尽きなくてほんとに楽しい。そして飲むペースも同じくらいなのでそれもまた楽しい。
しかしおかげでまたしてもたくさん飲み電車を乗り過ごしトイレに行ってる間に終電も行ってしまい一駅分タクシーに乗って帰宅。あうあうっ。
レシート見たらひとり生ビール8杯ずつ飲んでた。あかんて。

6/15(金)
このスタイルで書くのならもっと一日に書く量を減らした方がいいね…と金曜日まで来て気づく。
ようやく金曜日。
水曜日にすでに金曜日気分になっていたのでそこからが長かった。
明日は9:30に歯医者。11:30からの落語に間に合うかちょっと心配。
スポンサーサイト
tohohoritu
Posted bytohohoritu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply