FC2ブログ
bytohohoritu
  • Comment:0

7/16~7/19

7/16(月)
海の日。
松坂屋でおこわ弁当を買って鈴本演芸場。今回の番組は嫌いな人が一人もいないので幸せ。ただ通っていると色物はネタが毎日変わらないのでそこがつらくなってくる。全く同じでも太神楽は何度見ても「ほぉーー」と思えるのだが、音楽パフォーマンスや漫才が絵に描いたように同じだとちょっとげんなり。今回漫才は二組ともちょこっとずつ変えていてくれてありがたい。
南喬師匠の「天狗裁き」が素晴らしすぎて胸が熱くなる。好きだ。

鈴本のあと、中野に移動。夜の落語会までの間が1時間強あったので、軽く飲めるところに入ってつなごうと思い、蕎麦屋に入ったらここが大当たり。二種盛りというのを頼んだら冬瓜やうなぎの白焼き、酢の物が小鉢で出てきてひゃっほい。初めてそばがきというのを頼んでみたら思いのほかボリュームがあったので半分以上残してしまった。ジョッキはちょっと細身、値段も安いとは言えないけど、すごい満足度。
夜の落語会も楽しかった。満足。

7/17(火)
今週も水、金と休む。ほんと、いっそ今週を夏休みにしてしまえばよかったかも。というのは、今週結構ヒマ。
今月末で辞めるモデルちゃんとトイレで会ったら、彼女も今週ヒマらしい。退職の旨を伝えた時、柔道一直線から2日しか休んじゃダメと言われたらしいのだが、そういうのっていけないんじゃなかったっけ?労務的に。
今月末で辞めて8月1日から次の会社に出社するって…なんか大変だなぁ。

7/18(水)
有休。
昼間はアプリコホールで小三治一門会。蒲田のホールなのになぜか新百合ヶ丘と勘違いしていて新百合ヶ丘に行くつもりでいた。
朝チケットを確認したら「蒲田駅より徒歩三分」と書いてあって、ひぃーーとなる。
もともと思い込みが激しい上に老化でさらにひどいことになっている。危ない危ない。
外に出ると殺人的な暑さ。やばいよやばいよとあたしの中の出川が騒ぐ。

ホールに着くと、よく落語会で会うおじさんが私の後ろの席。
お互い名前もわからないんだけど、何度か打ち上げで話をしているので、好きな噺家さんだけわかりあっているという不思議な関係。
一緒に帰りながら当然のように「次は?(この後どこの落語会に?)」と聞きあうのがおかしい。
おじさんは春日へ、私は池袋演芸場へ。
立ち見だったら仲入りで帰ろうと思っていたが、好きな席に座れてよかった。
顔付けがいいと評判の番組。確かに。でもひねくれ者だからあんまりそう言われると「でも押しが強い人ばかりだから一回でいいや」と言いたくなる。

7/19(木)
飛び石で会社に行くの、あんまり良くない。楽は楽だけど仕事に身が入らない。
Z社の社内ミーティング。メンバー男子が全員もそもそ喋るのでよく聞こえなくて眠くなってくる。ふと見るとセクレタリーの美女ちゃんも白目をむいていた。ですよね~。

昨日一緒に帰ったおじさんが「頼まれてもいないのに俺たちもよく通うよね」と言っていたことを思い出して笑う。ほんとなんだろうこの熱心さは。好きを通り越して生き甲斐?修行?
そのおじさん、毎回ノートにきれいに演目を書いていて、「わかるー。書くよねー」と思う。
私の本と落語のブログもそうだけど、別に何かこう物申したいわけでも評論したいわけでも通ぶりたいわけでもなくて、書くことでちょっとだけ自分のものにしたいんだと思う。
ただ見て笑ってるだけだとその場限りで全部消えてしまうから、自分の体験として残しておきたいのだ。
ブログの場合は、ついでにそれを誰かが見て「わかるー!」と思ってもらえたら嬉しい、という下心もあるなー。
噺家さんにはとかく嫌がられるけど、悪気はないから許してほしい。


スポンサーサイト
tohohoritu
Posted bytohohoritu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply