FC2ブログ
bytohohoritu
  • Comment:0

幡野広志さんの写真届く

幡野広志さんから写真の全データが送られてきた。
旦那に「見たい!」と言うと、「さっきすみれと二人で見たけどいい写真だよ~。CDに焼いたからテレビで見よう」。

写真は、旦那が幡野さんを駅に迎えに行ったところから始まって、旦那が車を運転しているところ、我が家に入ってきて私たちが緊張気味に迎えているところ、ココアのかわいすぎるショット、職場の話をするひばり、漫画の話をするすみれ、作ったビーズを見せてる私、料理をする旦那、出来上がったご飯、さあ食べよう~から食べ終わってにこにこする私たち、3人でソファーに座ってのショット、ココアをめでるすみれ、旦那がちょっとわざとらしく仕事机に座ってるショット、漫画を描く机に座るすみれ、机の前に貼ってある恥ずかしい標語、それから送っていく旦那の運転しているところ、まで全部で150枚ぐらい。

旦那は「おれ、こんなに目じりにしわがあるのかー」と嘆き、私も「あたし、こんなに鼻にしわ寄せて笑ってるのかー。そんでもって太ってる!!わかってたけど超太ってる!!ああっ。」と嘆きながらも、「いい写真だねぇ」「撮ってもらってよかったねぇ」と言い合う。
なんだろう。ゴチャゴチャもしわしわもデブデブも目をつぶっちゃってるのもしゃくれちゃってるのも含めて、ほんとに楽しそうな私たちがそこにいて、この一瞬をこうやって幡野さんに撮ってもらえたことが本当に宝物みたいな出来事だったなぁ…と思う。
写真を見てると、あの時の楽しい気持ちがぶわっと蘇ってきて、幸せな気持ちになる。

旦那が「写真を撮ってもらおう」と思い付いたのはたぶん薄くなりつつある髪の毛が完全にハゲちゃうまえに…という思いもあったのではないかと思ってるのだが、ハゲていようがハゲていまいが、撮ってもらってほんとによかった。
酔狂なことを思いついてくれた旦那に感謝。
そしてオープンマインドで私たちの緊張をするっとほどいてくれて温かい写真を撮ってくれた幡野さんに感謝。
スポンサーサイト
tohohoritu
Posted bytohohoritu

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply